今すぐ、消費者金融でお金借りるには?

 

「生活費を節約しているのに大ピンチ!今月の給料日まで待てないよー!」


予定していなかった出費がかさみ、このような状況に陥ってしまうことはあります。
不用品をリサイクルショップに売る、口座に残高がないか確認する、さまざまな方法を試してみてもどうしても給料日までの生活が苦しくなってしまうというときには、一時的にお金借りるという方法もあります。

 

急ぎで借り入れをしたいときには、銀行カードローンよりも消費者金融がよいでしょう。
なぜなら、銀行カードローンは少なくても、審査に3営業日はかかるものと考えなくてはならないからです。
その点、消費者金融はスピード勝負のキャッシングになっており、即日融資でピンチをしのぐことができます。

 

お金借りるランキング

プロミス

プロミスの特徴

  • WEB完結でカードレス※ご希望に添えない場合もあります
  • 最短1時間融資
  • 土日・祝日も審査実施
  • 来店不要で即日融資も可能!
  • 主婦・学生、パート・アルバイトも安定収入あれば借入可
  • 30日間無利息サービス※詳しくは公式サイトの確認を
  • 30日間無利息が借り入れ翌日から適用される
  • オペレーターの対応に定評がある
  • 女性専用のプロミスレディース

年利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価5
プロミスの総評

平日14時までにWEB契約完了で当日振込(口座への振込キャッシング)
14時を過ぎても、ネットで申込んでから近くの自動契約機で契約すれば、現金を引き出すことができます。プロミスは大手消費者金融なので、全国各地に自動契約機が豊富にあります。また、三井住友銀行のローン契約機も使えます。

モビット

モビットの特徴

  • WEB完結申し込みでカードレスのキャッシングが出来る
  • 従来通りカードありのキャッシングもできる
  • ネットで24時間お申込みOK!10秒簡易審査
  • 返済シミュレーション機能で返済計画が立てれる
  • 銀行やコンビニなど全国の提携ATMで利用可能
  • 即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があり

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
モビットの総評

カードレスは新しいキャッシング方法です。なによりもモビットの人気の理由は、勤務先に電話連絡がない申し込み方法もあることでしょう。
そのためにはWEB完結申し込みを利用することになりますが条件があります。
・三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に普通預金口座があること
・社会保険証か組合員保険証があること
・直近の給与明細書2か月分を用意できること
それができればモビットでは勤務先への電話確認がありません。

アコム

アコムの特徴

  • 30日間無利息が契約翌日から適用される
  • 初めての契約の時には振込キャッシング対応時間が延長される
  • 楽天銀行口座への振込キャッシングは24時間対応
  • 14時までに必要書類の提出が完了すると即日融資可能

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
アコムの総評

平日14時までに必要書類を提出しアコム側が確認すると即日振込が可能です。
14時を過ぎても、ネットで申込んでから近くのむじんくん(自動契約機)で契約すれば、当日出金もOKです。

 

消費者金融を選ぶときのポイント

今では消費者金融は即日融資が珍しいことではありません。ポイントを押さえれば多くの消費者金融で即日融資の可能性があります。

 

もちろん、今すぐに借り入れをしたいというその気持ちもわかりますが、まずはそれ以降つまり利用中のことについても考えて消費者金融を選びましょう。

 

消費者金融では借り入れの方法に不便がありません。それもそのはず、貸し付けがなければ利息という利益を上げることができないからです。
一方で返済はどのようになっているでしょうか?

 

多くの場合、一回の借り入れに対して複数回の返済を行うことになります。返済期間が長くなればそれだけ面倒が生じることも出てくるでしょう。
少しでも早い返済をすること、利用日数を抑えることで利息は節約ができます。便利で手数料がかからない返済方法があることも消費者金融選びの重要なポイントです。

 

消費者金融といえば怖いイメージがあるかもしれません。
2010年、貸金業法が改正され私たち利用者は安心して消費者金融に申し込みができるようになりました。
利息制限法、出資法、取り立てに関する規制や借り入れ金額を制限する総量規制など、私たちが消費者金融を安全に利用できる土台ができています。

 

今の時間によって申し込み後の借入方法が変わる

新規申し込みをインターネットで行った場合、カードは後日自宅への郵送となります。

カードがないため借入方法は振込キャッシングだけの対応になりますので時間には気をつけなくてはなりません。
通常の振込キャッシングは平日の14時までに手続きが必要です。
銀行の営業時間に準ずる振込キャッシングになることは覚えておきましょう。

 

ただし、24時間振込キャッシングが可能な方法もあります。
プロミスなら三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座、アコムなら楽天銀行口座を振込キャッシングの受取口座に指定することで24時間利用ができます。

 

通常は14時以降のときには、インターネットで申し込みをした後に、自動契約機か店頭窓口での契約を行うと即日融資が可能です。

 

振込キャッシング 自動契約機
通帳・銀行口座 ATM・自動契約機

銀行営業時間に準ずるため、15時よりも少し前に手続きが完了していることが必要。プロミスは14時50分、アコムでゆうちょ銀行宛なら14時までなど時間が異なるため確認する。24時間利用可能なメリットの高い口座があることもある

店舗によって異なるが、年中無休で9:00〜22:00の間で借りれる。土曜日、日曜日、祝日でもお金を借りれる。審査の待ち時間が長いためネット申し込みとの併用がおすすめ

直接、自動契約機に来店すると、審査に落ちた時の無駄足&時間のロスとなるので、先にネットで申込完了して、審査結果を待ってから来店するのがおすすめです。

 

家族や会社にバレたくない

自分がキャッシングをしていることが家族にバレるとすれば自宅への郵送物があります。会社にバレるとすれば在籍確認があります。
いずれも消費者金融はプライバシーに配慮しているため、消費者金融名を出すことはありません。

 

しかし、心配であれば自宅への郵送物をなくす方法を考えましょう!
インターネットで申し込みをすると審査結果が早くわかるものの、カードが後日自宅への郵送となります。その為、インターネットで申し込みをしてから自動契約機で契約をしてカードを受け取ると自宅への郵送物がありません。

 

在籍確認は相談をすることで時間の指定も対応があります。
それでも心配な場合にはモビットのWEB完結を利用して、在籍確認を電話ではなく書類で対応する方法もあります。

 

プロミスの場合、申込完了後、オペレーターから連絡があった際、「郵送をして欲しくない。」と相談すれば、詳しく案内してくれます。また、カードが手元になくても、借入・返済は可能です。(※事前にカードを受け取っていることが前提)

 

借入 カード番号&暗証番号でインターネットからお申込み。(振込先の銀行口座の登録が必要)
返済 プロミスのATMなら最初の画面で「カードなし」を選択し、「氏名」「生年月日」「電話番号」の3項目を入力すれば返済可能です。(カード番号も不要)

 

会社への在籍確認についても、消費者金融の名称ではなく、個人名で確認するだけなので安心です。不在であっても、在籍確認はとれます。

 

キャッシングカードのデザインは?

キャッシングカードのデザインも、「プロミス」などと大きく記載されているわけではありません。普通に銀行カードローンのように見えますので、消費者金融のカードであると見分けはつきにくいです。

プロミス モビット アコム
プロミス モビット アコム

 

カードって、必ず発行されるの?

「消費者金融=カード」という認識がない人も多いようです。後日カードが郵送されていても、消費者金融からの郵送物だと気付かなかった、という声もあります。

 

また、カードの受取方法が郵送以外にも複数あることを知らない人も多いです。例えば、プロミスの場合、契約後に発行されるカードの受取方法には、3パターンあります。

 

  1. 郵送 (プロミスからの郵送物とわからない形で、カードと契約書類が郵送される)
  2. 自動契約機コーナー、もしくは、三井住友銀行内のローン契約機
  3. 来店(店舗、お客様サービスプラザ)

 

2.と3.の場合、カードと一緒に、契約書類も受け取れる為、自宅に郵送物は届きません。

 

モビットなら、ネットからWEB完結を申込むと、カードレスでの利用が可能です。

 

お金借りる時の必要書類は?

お金を借りるときには必ず、本人確認書類が必要です。印鑑、銀行口座、担保、保証人は必要ありません。

 

本人確認書類は運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

本人確認書類
運転免許証・健康保険証・パスポート
収入証明書類

以下に該当する場合、総量規制に基づいて収入を証明しなくてはなりません。

  • 1社からの借り入れ金額もしくは借入希望金額が50万円を超す場合
  • 貸金業全てからの借り入れ総額が100万円を超す場合

 

現在の収入を証明できる書類として、以下のいずれかの書類を提出します。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は、直近2ヶ月の給与明細書を用意します。

プロミス

借入額が50万円を超える場合
借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

アコム

借入額が50万円を超える場合
借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

モビット

収入証明書は必要

 

金利は気にしなくてもよい?

大手消費者金融になると上限金利が18.0%です。プロミスでは唯一低く設定してあり17.8%になっていますが、消費者金融で借り入れをするときの金額を考えると0.2%に、それほど大きな差が出てくることはありません。

 

また、消費者金融では初めての利用には上限金利が適用される傾向にあります。下限の金利をいくら比較しても意味がないということです。

 

金利を比較するよりも、無利息期間がある消費者金融を探す方が得策でしょう。
利息を節約するために金利を考えることになります。しかし、利息は金利だけで決まるのではなく、実は最も重要になるのは利用日数の節約です。

 

ここで消費者金融選びのポイントに戻りますが、上限金利が適用され、どこの消費者金融でも金利が変わらない以上、利用日数を節約するために、便利で手数料無料の返済方法が用意されていることが重要です。

 

至急借りるならプロミスがおすすめ!

プロミスなら最短1時間融資
プロミスの公式サイトへ移動します⇒