お金借りる至急.com

今すぐ、消費者金融でお金借りるには?

 

「生活費を節約しているのに大ピンチ!今月の給料日まで待てないよー!」


予定していなかった出費がかさみ、このような状況に陥ってしまうことはあります。不用品をリサイクルショップに売る、口座に残高がないか確認する、さまざまな方法を試してみてもどうしても給料日までの生活が苦しくなってしまうというときには、一時的にお金借りるという方法もあります。

 

急ぎで借り入れをしたいときには、銀行カードローンよりも消費者金融がよいでしょう。なぜなら、銀行カードローンは少なくても、審査に3営業日はかかるものと考えなくてはならないからです。その点、消費者金融はスピード勝負のキャッシングになっており、即日融資でピンチをしのぐことができます。

 

お金借りるランキング

 

プロミス

プロミスの特徴

  • WEB完結でカードレス※ご希望に添えない場合もあります
  • 最短1時間融資
  • 土日・祝日も審査実施
  • 来店不要で即日融資も可能!
  • 主婦・学生、パート・アルバイトも安定収入あれば借入可
  • 30日間無利息サービス※詳しくは公式サイトの確認を
  • 30日間無利息が借り入れ翌日から適用される
  • オペレーターの対応に定評がある
  • 女性専用のプロミスレディース

年利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価5
プロミスの総評

平日14時までにWEB契約完了で当日振込(口座への振込キャッシング)

14時を過ぎても、ネットで申込んでから近くの自動契約機で契約すれば、現金を引き出すことができます。プロミスは大手消費者金融なので、全国各地に自動契約機が豊富にあります。また、三井住友銀行のローン契約機も使えます。

 

アコム

アコムの特徴

  • 30日間無利息が契約翌日から適用される
  • 初めての契約の時には振込キャッシング対応時間が延長される
  • 楽天銀行口座への振込キャッシングは24時間対応
  • 14時までに必要書類の提出が完了すると即日融資可能

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
アコムの総評

平日14時までに必要書類を提出しアコム側が確認すると即日振込が可能です。

14時を過ぎても、ネットで申込んでから近くのむじんくん(自動契約機)で契約すれば、当日出金もOKです。

 

モビット

モビットの特徴

  • WEB完結申し込みでカードレスのキャッシングが出来る
  • 従来通りカードありのキャッシングもできる
  • ネットで24時間お申込みOK!10秒簡易審査
  • 返済シミュレーション機能で返済計画が立てれる
  • 銀行やコンビニなど全国の提携ATMで利用可能
  • 即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があり

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
モビットの総評

カードレスは新しいキャッシング方法です。なによりもモビットの人気の理由は、勤務先に電話連絡がない申し込み方法があることでしょう。

そのためにはWEB完結申し込みを利用することになりますが条件があります。
・三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に普通預金口座があること
・社会保険証か組合員保険証があること
・直近の給与明細書2か月分を用意できること
それができればモビットでは勤務先への電話確認がありません。

 

 

 

 

消費者金融を選ぶときのポイント

今では消費者金融は即日融資が珍しいことではありません。ポイントを押さえれば多くの消費者金融で即日融資の可能性があります。

 

もちろん、今すぐに借り入れをしたいというその気持ちもわかりますが、まずはそれ以降つまり利用中のことについても考えて消費者金融を選びましょう。

 

消費者金融では借り入れの方法に不便がありません。それもそのはず、貸し付けがなければ利息という利益を上げることができないからです。一方で返済はどのようになっているでしょうか?

 

多くの場合、一回の借り入れに対して複数回の返済を行うことになります。返済期間が長くなればそれだけ面倒が生じることも出てくるでしょう。

 

少しでも早い返済をすること、利用日数を抑えることで利息は節約ができます。便利で手数料がかからない返済方法があることも消費者金融選びの重要なポイントです。

 

消費者金融といえば怖いイメージがあるかもしれません。2010年、貸金業法が改正され私たち利用者は安心して消費者金融に申し込みができるようになりました。

 

利息制限法、出資法、取り立てに関する規制や借り入れ金額を制限する総量規制など、私たちが消費者金融を安全に利用できる土台ができています。

 

今の時間によって申し込み後の借入方法が変わる

新規申し込みをインターネットで行った場合、カードは後日自宅への郵送となります。

 

カードがないため借入方法は振込キャッシングだけの対応になりますので時間には気をつけなくてはなりません。通常の振込キャッシングは平日の14時までに手続きが必要です。銀行の営業時間に準ずる振込キャッシングになることは覚えておきましょう。

 

ただし、24時間振込キャッシングが可能な方法もあります。プロミスなら三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座、アコムなら楽天銀行口座を振込キャッシングの受取口座に指定することで24時間利用ができます。

 

通常は14時以降のときには、インターネットで申し込みをした後に、自動契約機か店頭窓口での契約を行うと即日融資が可能です。

 

振込キャッシング 自動契約機
通帳・銀行口座 ATM・自動契約機

銀行営業時間に準ずるため、15時よりも少し前に手続きが完了していることが必要。プロミスは14時50分、アコムでゆうちょ銀行宛なら14時までなど時間が異なるため確認する。24時間利用可能なメリットの高い口座があることもある

店舗によって異なるが、年中無休で9:00〜22:00の間で借りれる。土曜日、日曜日、祝日でもお金を借りれる。審査の待ち時間が長いためネット申し込みとの併用がおすすめ

直接、自動契約機に来店すると、審査に落ちた時の無駄足&時間のロスとなるので、先にネットで申込完了して、審査結果を待ってから来店するのがおすすめです。

 

家族や会社にバレずに借りる方法

自分がキャッシングをしていることが家族にバレるとすれば自宅への郵送物があります。会社にバレるとすれば在籍確認があります。いずれも消費者金融はプライバシーに配慮しているため、消費者金融名を出すことはありません。

 

しかし、心配であれば自宅への郵送物をなくす方法を考えましょう!インターネットで申し込みをすると審査結果が早くわかるものの、カードが後日自宅への郵送となります。その為、インターネットで申し込みをしてから自動契約機で契約をしてカードを受け取ると自宅への郵送物がありません。

 

在籍確認は相談をすることで時間の指定も対応があります。それでも心配な場合にはモビットのWEB完結を利用して、在籍確認を電話ではなく書類で対応する方法もあります。

 

プロミスの場合、申込完了後、オペレーターから連絡があった際、「郵送をして欲しくない。」と相談すれば、詳しく案内してくれます。また、カードが手元になくても、借入・返済は可能です。(※事前にカードを受け取っていることが前提)

 

借入 カード番号&暗証番号でインターネットからお申込み。(振込先の銀行口座の登録が必要)
返済 プロミスのATMなら最初の画面で「カードなし」を選択し、「氏名」「生年月日」「電話番号」の3項目を入力すれば返済可能です。(カード番号も不要)

 

会社への在籍確認についても、消費者金融の名称ではなく、個人名で確認するだけなので安心です。不在であっても、在籍確認はとれます。

 

一見キャッシングカードとはわからない!デザイン性にこだわる

キャッシングカードのデザインも、「プロミス」などと大きく記載されているわけではありません。普通に銀行カードローンのように見えますので、消費者金融のカードであると見分けはつきにくいです。

プロミス モビット アコム
プロミス モビット アコム

 

カードって、必ず発行されるものなの?

「消費者金融=カード」という認識がない人も多いようです。後日カードが郵送されていても、消費者金融からの郵送物だと気付かなかった、という声もあります。

 

また、カードの受取方法が郵送以外にも複数あることを知らない人も多いです。例えば、プロミスの場合、契約後に発行されるカードの受取方法には、3パターンあります。

 

  1. 郵送 (プロミスからの郵送物とわからない形で、カードと契約書類が郵送される)
  2. 自動契約機コーナー、もしくは、三井住友銀行内のローン契約機
  3. 来店(店舗、お客様サービスプラザ)

 

2.と3.の場合、カードと一緒に、契約書類も受け取れる為、自宅に郵送物は届きません。

 

モビットなら、ネットからWEB完結を申込むと、カードレスでの利用が可能です。

 

お金借りる時の必要書類は

お金を借りるときには必ず、本人確認書類が必要です。印鑑、銀行口座、担保、保証人は必要ありません。

 

本人確認書類は運転免許証(交付を受けていない方はパスポート等)※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

 

収入証明書類

以下に該当する場合、総量規制に基づいて収入を証明しなくてはなりません。

  • 1社からの借り入れ金額もしくは借入希望金額が50万円を超す場合
  • 貸金業全てからの借り入れ総額が100万円を超す場合

 

現在の収入を証明できる書類として、以下のいずれかの書類を提出します。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は、直近2ヶ月の給与明細書を用意します。

プロミス

借入額が50万円を超える場合
借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

アコム

借入額が50万円を超える場合
借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

モビット

収入証明書は必要

 

金利は気にしなくてもよい?

大手消費者金融になると上限金利が18.0%です。プロミスでは唯一低く設定してあり17.8%になっていますが、消費者金融で借り入れをするときの金額を考えると0.2%に、それほど大きな差が出てくることはありません。

 

また、消費者金融では初めての利用には上限金利が適用される傾向にあります。下限の金利をいくら比較しても意味がないということです。

 

金利を比較するよりも、無利息期間がある消費者金融を探す方が得策でしょう。利息を節約するために金利を考えることになります。しかし、利息は金利だけで決まるのではなく、実は最も重要になるのは利用日数の節約です。

 

ここで消費者金融選びのポイントに戻りますが、上限金利が適用され、どこの消費者金融でも金利が変わらない以上、利用日数を節約するために、便利で手数料無料の返済方法が用意されていることが重要です。

 

大至急お金借りるにはどこがおすすめ?

至急借りるならプロミスがおすすめ!

プロミスなら最短1時間融資
プロミスの公式サイトへ移動します⇒

 

初めてお金を借りる時は、同じ消費者金融でも大手を選べば安心・安全のキャッシングが始められます。大手消費者金融の中でも特におすすめなのがSMBCコンシュマーファイナンスの「プロミスです。

 

「プロミス」をおすすめする理由はなぜ?

  • 即日融資が可能なので、大至急お金が必要になった時でも安心。
  • 大手消費者金融の中で、もっとも金利が低い
  • 無利息期間サービスはポイントを貯めれば再度利用が可能
  • 充実した会員サービスがある

というように多くのメリットがあります。

 

大至急お金が必要な時は、ネットからの申込みで振込キャッシングを利用するか、ネット申込みから自動契約機でカードを受け取る方法が最も早く確実に借りる方法です。

 

審査は最短30分ほどで終わるので、申込みから借り入れまで1時間前後で終わる場合もあります。ネットから申込みをすると、すぐに審査が行われ、電話やメールで審査結果の連絡があるのでで、店舗へ行く必要がありません。

 

振込キャッシングを希望する場合は受付時間が決まっています。今日中にお金が必要と言う時、14時までに審査結果の回答が得られないようであれば、自動契約機でカードを発行してもらいATMで借入れするという方法が確実です。

 

ネットキャッシングを擦る時は、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座が有れば、24時間365日振込が可能なので、振込キャッシングを希望する時は、2行のどちらかの口座を作っておくことをおすすめします。

 

また「プロミス」は三井住友銀行グループの傘下にあり、ATMは三井住友銀行のATMでも申込からカード発行までが可能なので、「プロミス」の店舗に出入りしているのを見られたくない人にもおすすめです。

 

初めての借入限度額はいくらが良い?

 

「どうせ借りるなら少しでも多くを借りたい」という方も少なくありませんが、いくら借りられるかは消費者金融と信販会社、銀行カードローンで借入限度額が決まる方法が違ってきます。消費者金融と信販会社が適用される法律は貸金業になります。

 

貸金業法には総量規制という法律もあり「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限があるので、たとえば年収300万円の方なら、融資限度額は最大で100万円までになります。ただし、初回申込時の限度額は50万円以下となるのが一般的で、増額申請を重ねる事で限度額100万円まで上げる事が可能です。

 

銀行カードローンの場合は、銀行法が適用されるので、総量規制の影響を受ける事はないので、審査に通れば年収に関係なく限度額が決まります。「年収が少ないけれど少しでも多くを借りたい」とい場合は銀行カードローンをおすすめします。

 

限度額は低い方が審査に通りやすいの?

消費者金融で契約する時50万円以上の借入希望額の場合や、他社借入が有る時はその借入残高と借入希望額を併せて100万円を超える場合は、所得証明書の提出を求められます。

 

50万円以下の場合は、運転免許証や健康保険証の提出だけで審査を受けられるので、至急お金が必要と言う場合でも心配ありませんが、借入限度額が高くなると、所得証明書類を提出しなければなりませんし、審査も厳しくなってくるので、必要最低限の希望額で申込む事が審査を通す秘訣です。

 

口座開設不要のカードローンはある?

大手消費者金融は特にどこの銀行口座でなければならないという事はありません。基本的にどこの銀行口座を利用しても問題ありませんが、ネットキャッシングをするのなら口座を持っておいた方が便利という銀行口座はあります。

 

たとえば「プロミス」でネットキャッシングを擦る時は、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座が有れば24時間365日振利用できます。

 

「アコム」の場合は楽天銀行に口座が有れば同じく24時間365日振込キャッシングが可能です。

 

繰り上げ返済の効果とメリットを知っておこう

消費者金融でお金を借りた時は「借入残高リボルビング方式」という返済方式を採り入れているところがほとんどです。

 

「借入残高リボルビング方式」は毎月の借入残高に対して毎月の返済額が決まる方法で、毎月返済額は低めの設定になっているので、利息を含めた総返済額が高くなります。

 

返済方法には

  • 毎月決められた返済額を支払う
  • 繰り上げ返済

と言う方法があります。

 

繰り上げ返済は、

  • 毎月返済が苦に上乗せして返済する方法
  • ボーナスなどの臨時収入が有った時、返済額を上乗せする方法
  • お金に余裕が出来た時位上乗せして支払う方法

があります。

 

繰り上げ返済が出来れば、返済回数が少なくなるので、利息を含めた総返済額を少なくすることが出来ます。

 

繰り上げ返済は、出来るだけ初期の段階で行えば効果的で、最初に借入残高を減らしておけば、それに対しての利息になるので、返済総額を大幅に減らすことが出来ます。ですから、普段は毎月返済額で返済を続け、お金に余裕がある時は多めに支払うという方法なら無理のない返済が続けられます。

 

こんな状況なら至急借りられる?

今すぐお金を借りたいという時、お金を借りる方法には様々な方法がありますが、今すぐ借りたいという時はカードローンがおすすめです。しかし、カードローンでお金を借りるには、誰が申込をしてもすぐに借りられるわけではありません。

 

申込先や申込者の条件によっては、融資までに時間がかかったり、悪くすると審査に通らなかったりする事もあるので、どこへ申込をすればよいのか、事前によく確かめてから申込む事が大切です。

 

郵便局では至急借りられる?

郵便局で取り扱っているカードローン「したく」があります。このカードローンはスルガ銀行のカードローンで、郵便局が窓口になっているカードローンです。

 

「したく」の申込からカードを受け取るまでの方法は、一番早い申込み方法として公式サイトからネットで申込みます。

最短で即日審査(仮審査の結果は電話か郵送)

審査に通ると、本申込書が送られてきます

本申込書に必要事項を記入し返送します。

必要書類の内容確認とカード発行

カードの受け取り(郵送)と言う流れになるので早くて2週間はかかってしまうので、至急借りたい時は、他のカードローンを選ぶ必要があります。

 

無職だけど至急借りられる?

カードローンの一般的な申込条件は「20歳以上の安定した収入がある方」となっているので、原則収入のない人は、カードローンの申込は出来ません

 

無職の人がお金を借りる方法として、手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる事は出来ます。ただし、翌月には返済するお金が必ず用意できるというのが条件になります。

 

また、無職と言っても「学生」や「専業主婦」「年金受給だけで生活している方」は利用が可能なカードローンや借入方法があります。

 

金利が安いところで至急借りたいならどこ?

カードローンで借りる時「出来るだけ安い金利で借りたい」と誰もが思います。消費者金融で借りる時、低金利で借りたいのなら「プロミス」がおすすめです。

 

 

大手消費者金融の金利と融資限度額は

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%〜18.0% 800万円 最短30分
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 最短30分
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 最短30分

となっています。

 

初回借入時の金利比較は、上限金利で比較しなければならないので、上限金利で最も低いのは「プロミス」の17.8%になります。

 

ちなみにもっと低い金利を希望する時は、銀行カードローンがおすすめで、銀行カードローンなら13.8%〜14.6%の金利で融資が受けられます。ただし、銀行カードローンは消費者金融と比べて審査が厳しいので、借り易さと審査スピードを考えた時は消費者金融がおすすめです。

 

即日借りられて、審査なしの融資なんてあるの?

大手消費者金融や、銀行の一部のカードローンで即日融資が可能となっています。どちらの場合も審査基準を設け、審査に通らなければ融資が受けられません。ですから審査なしの融資は通常出来ない事になっています。

 

唯一、審査なしでお金を借りる方法は、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるという方法があります。クレジットカードのキャッシング枠は申込時に審査を済ませているので、今すぐ借りたいという場合でも、問題なくキャッシング枠でお金が借りられます。

 

インターネットや週刊誌の広告には「審査なしで即日融資」とか「断る事はありません」と言うような宣伝文句を見かける事がありますが、これらは正規の業者ではなく「闇金」と思って間違いありません。

 

「闇金」へ申込むと在籍確認や本人確認もそこそこに、簡単に貸してくれますが、申込をしてしまうと、法外な金利で、借金が雪だるま式に増えていくので、一度借りてしまうとほぼ返す事は不可能な状態になってしまいます。

 

問題解決には警察や弁護士に入って貰わなければ、自力での解決は難しくなります。ですから、安易な考えでこの様な機関を利用しないように注意が必要です。

 

審査があるということは、きちんとした法律に守られている証でもあるので、審査の無い借り入れはするべきではありません。

 

お金借りる審査に通らないときは?

消費者金融や銀行でお金を借りる時、審査を受けなければなりません。中には「いくら審査を受けても通らない」とあきらめている人もいますが、まだあきらめるのはまだ早いです。全国で正規の貸金業者として登録しているのは平成26年現在で2,100社以上の貸金業が存在します。

 

審査に通らなかったと言っても、名前がよく知られている大手消費者金融などへ申込をして断られたという場合が多いですが、キャッシングの申込は、大手以外にも中小消費者金融と呼ばれるところでも申込が可能です。

 

最近は大手に限らず、中小消費者金融もインターネットで審査の申込みを受け付けています。ですから、地方に存在する業者であっても、インターネットから申込が出来ればわざわざ店舗へ出向く必要がなく、利便性を考えると大手も中小消費者金融もほとんど同じです。

 

では「大手消費者金融と中小消費者金融とでは何が違うの?」という事ですが、それがはっきり解るのが審査方法です。大手消費者金融はコンピューターを使い、スコアリングシステムで審査を行っています。

 

スコアリングシステムとは過去に借入れをした人たちのデータから「融資が可能か、融資が可能ならいくらまで貸せるか」という判断がわずか数分で結果が出るようになっているシステムで、これまで蓄積されたデータの中で、優良顧客のデータに近ければ、融資の可能性は高くなります。

 

しかし、過去に延滞を起こした事が有るような顧客のデータに近ければ、審査を通る事は難しくなります。大手の審査方法はマニュアル通りに進められるので、少しでもデータにそぐわなければ、その場で断られてしまいます。

 

しかし、中小消費者金融は本来地元密着型で事業展開をしていましたが、最近ではネット申込が出来るようになったため、全国展開をしているところも少なくありません。審査をコンピューターで行っているところはそれほど多くはありませんが、即日融資が可能な業者も増えています。

 

中小消費者金融でも、きちんとした自社の基準に基づいた審査を行いますが、過去のデータだけにとらわれず人間性を見て審査するという、対面形式ならではの良い面があります。

 

たとえば、過去に滞納した事があるという場合、大手だとそれだけで審査に落とされてしまいます。しかし、対面形式の審査なら、返済が出来なかった理由聞いてもらえるので、それがやむを得ない状態であれば、過去にはとらわれず、現状の収入状態や生活環境から審査に通る可能性が出てきます。

 

インターネット上を探せば数多くの中小金融がヒットします。大手で借りられなかった人は、中小消費者金融も選択対象として探せば、きっと見つかるはずです。

 

学生がお金借りることはできる?

 

無職の学生がカードローンを申込む事は原則として出来ません。アルバイトをしていれば、どこへでも申込が出来るのですが、無職の学生がお金を借りるには、クレジットカードの「家族カード」ならお金は借りられます。

 

「家族カード」ならクレジットカードの名義者である親が払う事になっているので、無職の学生でも借りられます。

 

主婦がお金借りることはできる?

無職の専業主婦がお金を借りる方法として、ひとつは「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融で申込ができますが、申込は本人名義で申込が出来ない事や、配偶者の同意を得る必要があります。

 

ただ、消費者金融の中でも「配偶者貸付」を取り扱っているところは少なく、大手消費者金融はすべてで「本人に収入がある事」となっているので、消費者金融で借りるのなら「配偶者貸付」を取り入れている中小消費者金融で融資が受けられる可能性があります。

 

もうひとつは銀行カードローンで申込む方法があります。銀行カードローンも基本的には本人に収入が有ることが条件ですが、無職の専業主婦でも申込ができるカードローンがあります。配偶者に安定した収入があることが前提になりますが、運転免許証や健康保険が有れば本人名義で申込できるので、借りられないという事はありません。

 

親からお金借りる言い訳は何が良い?

親からお金を借りると言っても、学生が親から借りる場合と、社会人がお金を借りる場合、家庭を持った息子や娘が借りるのとでは違いがあります

 

学生でお金が足りないという時は仕送りを少し多めにしたリ、アルバイト代が入るまでの一時的に借りる事は比較的頼みやすいですが、社会人になった子供や世帯を持った子供はすでに独立しているので、お金を貸してほしいと申し出ても「お金が管理できていない」と小言のひとつも言われるだけです。

 

しかし、親にとって子どもはいつまでたっても子供という気持ちがあり、お金に悩んでいるのなら何とかしてあげようと思うのが親です。ですから、言い訳などを考えずに、正直に話せば親も納得してくれるはずです。

 

ただ、親に頼むにしても貸してもらいたいお金が高額になると、簡単に言い出せなくなります。そんな時は、最初から消費者金融のキャッシングで借りる事をおすすめします。キャッシングは担保や保証人は必要なく、自分の責任だけで借りられるので親に迷惑を掛ける事がありません。

 

キャッシングの即日融資ならその日の内にお金が借りられるので、至急お金が必要になったという場合でも安心です。また、限度額が決まればその範囲内ならいつでも何度でもお金が借りられるので追加融資が必要になっても改めて申込をする必要がありません。

 

お金が必要になるたびに言い訳を考えてお金を貸してほしいと頼むのも限界があります。キャッシングは利用しなければ利息を支払う事もありませんし、会費も不要です。親に心配や迷惑を掛けない為にも、一度キャッシングの利用を考えてみてはどうでしょうか。

 

お金借りるランキング