知って得する!銀行からお金を借りる時の知識と必要な準備事項

知って得する!銀行からお金を借りる時の知識と必要な準備事項

 

銀行からお金を借りるにはどのようにしていくのがいいのでしょうか?このサイトでは銀行でお金を借りる際に必要になる情報などを紹介していきます。

 

銀行がお金を貸すことに同意しなくてはお金を借りることが出来なくなってしまいます。同意してもらうにはどのようにするのが良いのかを常に考えていくことが必要になります。

 

お金を借りる際には確かにその人の仕事上のステータスや給与状況が大きな意味を持ってくることは事実ですが、銀行のほうで、この人にお金を貸すと必ず返済されると思われることも大事になります。信用が全てのファクターになると言っても過言ではありません。このサイトでは銀行からスムーズにお金を借りる際に知っておくと良いポイントについて紹介をしていきます。

 

銀行からお金を借りる時に準備をしておけばスムーズに進む!

銀行からお金をスムーズに借りることを考える場合には、どのような手続きで銀行からの借入が行われていくかについて知っておくことはとても重要なことになります。

 

わかっていれば、次に何をすればいいのかをあらかじめ予想を立てながらその手続きを行っていけば、効率よく進めていくことが可能になるはずです。必要な書類もあらかじめ用意しておくことができますので、とても便利です。

 

これから銀行からお金を借りようと思っている方にはまさにお勧めの内容であるのは言うまでもありませんが、いつ何時お金に困ってしまって、銀行からお金を借りるようになるかわかりませんので、今はお金には困っていないという方であっても、手順を知っておくことお勧めといえます。

 

銀行からお金を借りる時の種類と方法

銀行からお金を借りるという行為は基本的には会社を運営している方や会社自体がそれをするというイメージを持っている方も多いかもしれません。ところが、個人のレベルであっても銀行からお金を借りることは可能です。

 

例えば以下の借入は個人のレベルでもすることが出来ます。

 

住宅ローン

以前は住宅金融公庫からお金を調達するのが、家を作る際には一般的ではありましたが、最近では、最近では銀行からお金を調達することが多くなってきています。金利政策の転換がその原因であると考えられています。更には、銀行からお金を調達する際には、金利を固定型あるいは変動型に自分の希望によって決めていくことが可能になっています。

 

教育ローン

自分の子供の教育資金を銀行から調達することも可能です。この場合には、お子さんが、幼稚園や保育園を除く各種学校に通っていることが条件となります。大学や私立の高校などに通っている親御さんがお子さんの入学金や授業料のために借入をすることが多くなっています。

 

マイカーローン

マイカーローンは自動車を購入するときに活用することが可能なローンです。銀行からローンを借りる際の審査はかなり厳しいものがあるのですが、比較的金利が安いので、申し込みをしてみる価値があります。最初から、自動車を販売しているディーラーさんが提供してくれるマイカーローンにするのは避けたほうが良いでしょう。

 

多くの場合において、銀行からの借入の方が低金利であることが多いので、最初に銀行の方にローンを申し込んでそれがだめなら、他のローンを検討するという方法が一番適していると言えます。

 

銀行ではそれぞれの様々な種類のローンプランを持っていることが多いので、ご利用の銀行の色々なローンプランを調べてみると良いでしょう。お得なローンプランに巡り合えるかもしれませんね。

 

銀行カードローンと消費者金融のそれぞれの特徴

銀行のカードローンと消費者金融の違いはどのようなものなのでしょうか?その違いを知っておくとお金をスムーズに借りることが出来るようになります。更には、あれこれ悩む必要もなくなることが考えられます。

 

銀行のカードローンを使う場合に、お金を使う目的がはっきりしているのであれば、それに合わせたローンプランを組むことがお勧めです。

 

たとえば、自動車を買うためであれば、カーローンを組むと良いでしょう。一方で全く目的が無い場合には、銀行のフリーローンがお勧めです。借りたお金の使途は限定されていませんので、自由に使うことが可能になります。生活費として使ってもいいですし、旅行などに使ってもOKです。娯楽に使うことも可能ですので、人生を充実させることも出来るようになってきます。

 

銀行の場合には目的がある場合と無い場合でローンの組み方が変わってきますので、その点についての注意が必要になります。一方で、消費者金融の場合には、基本的にお金を借りる場合にその目的を明らかにする必要はありませんので、銀行で言うとフリーローンを同じイメージと考えておくと良いでしょう。

 

銀行と消費者金融の違いは、借入の限度額が銀行の場合には変わることが無いことに対して、消費者金融の場合には、借入の限度額が変わることがあるという点にあります。また、消費者金融の場合には借入の度に審査が必要になってきます。

 

【目的別】ローンの条件

お金の使途が決まっていてその目的が定まっている時には銀行からお金を借りるのがお勧めですが、目的別のローンはどのように使うことができるのでしょうか?

 

  1. 住宅ローン

    住宅ローンは家を購入する際の金利を銀行の方で決めることができるものです。また融資の額も銀行の方で設定することが可能です。住宅ローンの使途は家を買うためだけに限定されていません。家をリフォームする際に活用することができます。借入の金額などについては、その方の給与や職場、更には何年くらい同じところで働いているかが審査の尺度になります。

  2.  

  3. 教育ローン

    お子さんの教育に関する費用を捻出するためのローンですので、家の改築などに使うことができません。そのようなトラブルが起こらないように、銀行の方では、振込先を学校の方に決めている場合が多くなります。

     

    実際に学校の方に入学金や授業料を銀行の方で振り込む形になりますので、不正が行われることはなくなります。教育に関することであれば何でもいいということはありません。予備校や塾、英会話スクールなどの費用に使うことはできません。

  4.  

  5. マイカーローン

    マイカーローンの場合も同様に車を買うためのものと使途は限定されています。家の修理や学校の入学金などにそれを充てることは不可能です。

     

    また、ローンを組む際に、車を購入することを証明する書類の提示が必要になってきます。銀行のマイカーローンの審査は非常に厳しいことが知られていますが、金利が低いので、申請してみる価値はあります。

     

    一般に車の販売を手掛けている会社でもカーローンが用意されていますが、その場合には金利が高くなってしまいます。

 

仕事をしていなくてもお金は借りられる?

仕事をしていない方であっても、お金を借りることができるのでしょうか?仕事をしていない場合には収入が無いことになりますので、お金を借りるのが難しいと思われがちですが、実は仕事をしていなくでもお金をある一定の条件を満たしさえすれば借りることが出来るようになります。

 

学生であっても銀行のカードローンを活用することが可能になる場合があるのです。また、無職の方であっても専業主婦の場合には、その方の旦那さんが仕事をされていて、ある条件を満たしていれば、お金を借りることが可能になります。

 

旦那さんの所得証明書の提示が必要になってきます。その条件を満たすことが出来れば、30-50万円ほど借りることが出来るようになります。学生の場合も銀行のカードローンを活用するといざという時にとても便利です。

 

学費のために借りるというよりも急にお金が必要になった時に活用すると良いでしょう。学費の調達は奨学金の利用がお勧めです。銀行のカードローンよりも低金利で借りることが可能になります。学生の場合には20歳以上であることが必要になります。

 

主婦の場合も同様に20歳以上でないと銀行のカードローンを活用できません。また、学生の場合には、アルバイトなどをしていて、一定のそして継続的な給与をもらっていることが必要になります。その点は確認しておくと良いでしょう。

 

お金を借りる事は出来るだけ内緒にしていたい

家族や職場にお金を借り手いることを知られたくないという方は多いのではないでしょうか?確かに銀行からの借入であってもお金を借りていることはできるだけ内緒にしておきたいものです。

 

では、家族や会社に知られることなく銀行からお金を借りることができるのでしょうか

 

銀行から借り入れをしていることを家族や職場に知られてしまう最大の理由はそれに関する書類が郵送されてくることです。ですから、インターネットを活用して、銀行への融資を申し込むことをすると、家族や職場に知られにくくなります。間違っても銀行の窓口で融資の申し込みをしてはいけません。誰がその場でそれを見ているかわかりませんので、借入をしていることがあっという間に知られてしまうことになります。

 

銀行とのやり取りは基本的に郵便物を使うのをやめることもお勧めです。メールであれば、誰にも見られなくて済みますので安心です。どうしての郵送の必要があるときには私書箱を設定すると良いでしょう。

 

銀行からの借入の際には、銀行からの職場への在籍確認が行われます。ですから、会社に自分がいる時間帯を銀行の方に伝えて、その時間帯に在籍確認をしてもらうように依頼するといいでしょう。また、銀行からカードが送られてくることによって、家族に知られてしまうことも考えられますので、その点についても十分に注意をしておくと良いでしょう。

 

お金を借りる時に必要となる書類

銀行からお金を借りる際には言うまでもありませんが、それに対する審査がおこなわれます。また、審査にあたってはいくつかの証明書の提示も必要になってきます。

 

ではどのような証明書の提示が必要になってくるのでしょうか?

 

申請者の方の給与を証明するための書類の提示が必要になります。源泉徴収票または所得証明書で行うことができます。給与明細でも場合によってはOKとなりますが、その場合には数か月分の給与明細の提示が必要になります。本人を確認するための書類も必要になります。その場合には、運転免許証、パスポート、住民票、印鑑証明書、住民基本台帳カードでそれを行うことが可能です。銀行からお金を借りる場合には、保証人を指定することが求められることが多くなります。

 

一方で、担保を提出することは求められないことが多くなっています。

 

一定以下の融資額であれば、ほとんどの場合において担保は不要です。個人での借り入れの場合には担保が必要ありません。しかしながら、企業への融資の場合には額が大きい場合が多いので、この場合には、担保が必要になってきます。

 

審査の申し込みと審査内容について

銀行に融資を申し込んだときにはどのような審査が行われるのでしょうか?一連の流れはおさえておいた方がいいでしょう。

 

一般的にどのような場合であっても行われる審査は以下のようになっています。

 

申請者の方に安定したそして一定の給与があることが確認されます。また、複数の借入をしていないことが確認されます。あまりに多くの借入がある場合に審査に通りにくくなってしまいます。更には20歳以上であることが必要になります。少なくとも銀行のからの借入に際しては上記の条件は満たしていなくてはなりません。

 

銀行に借り入れの申し込みをすると、審査がスタートします。審査の結果は申請者に連絡されることになります。審査にパスをすれば、契約するかどうかについての、意思確認が行われることになります。その結果をもとに、本人を確認する書類と申請者の給与に関する書類の提示が行われます。

 

すべての確認が完了した段階で、銀行との契約を締結します。契約が締結されますと、カードが発行されますので、そのカードを使って銀行のATMなどからお金を借りることが可能になってきます。

 

これらの審査を行っている間に、申請者の方の在籍確認の手続きが行われます。在籍確認では申請者の方の職場に銀行の方から連絡が行われて、申請者の方の勤務状態を把握することが行われます。銀行の名前で連絡を職場にされるのを避けたいと思う場合には、あらかじめ銀行の方にそれを伝えておくと、銀行名を伏せた形での職場確認が行われるようになります。

 

金利はどれぐらい?

 

銀行からお金を借りる際にはどのくらいの金利となるのでしょうか?実は調べてみれば明らかになると思いますが、銀行の金利はかなりばらつきがあります。低い金利でお金を貸してくれるところもありますが、高い金利を設定している銀行も存在しています。

 

銀行から借りたお金は金利によって決められる利息を付けて返済しなくてはなりません。ですから、銀行からお金を借りる際には、できるだけ低い金利の所から順に申請をしていくことが必要になります。

 

そのようにしていくと、返済の負担を軽減することが可能になってきます。また、実際に借り入れる金額をいくらにするかも冷静に分析しておくことが必要です。いくら借りて、そして何年かけてそれを返済していくのかを十分に分析検討した上で、返済をしていくことが肝要です。

 

万が一、お金を返せないような状態になってしまうと、債務整理などの手続きをすることにもなってしまうので、それは避けるようにしなくてはなりません。更には、借金の返済のためにほかの金融機関からお金を借りるのも避けたほうがいいでしょう。借金の総額がどんどん増えてしまって、最終的にお金を返すことが出来なくなってしまって、自己破産をしてしまう可能性が考えられます。

 

銀行カードローンの返済方法

銀行からお金を借りた場合の返済の方法はいくつかの方法が決められています。利用者があらかじめ銀行と契約をする際に、一番利用しやすい方法を選んで返済をすることが可能です。また、返済の期日になったら、確認のメールなどを入れてくれる銀行ですと返済を忘れてしまうこともなくなります。

 

また、自動引き落としの方法を使うと、毎月決まった日に銀行への引き落としがおこなわれますので、返済をうっかり忘れてしまうこともなくなります

 

また、指定口座に十分な残額が無いと引き落としができなくなってしまうので、その点については確認しておくことが必要です。また、銀行の店頭まで行かなくても、ATMから返済を行うことも可能です。一般的には銀行設置のATMを使うことになりますが、場合によってはコンビニにあるATMを使って返済をすることも可能です。

 

更には、銀行のローンを組んでいる口座にお金を振り込むこともできますが、この場合には多くの場合において手数料を負担することになってしまいますので、避けたほうが良いでしょう。ATMを使う場合には、銀行から発行されたローンカードが必要になって来ます。

 

銀行の口座は持っていますか?

銀行からお金を借りる場合にはその銀行の口座を持っていることが必須であることがほとんどです。ですから、実際に銀行からお金を借りる場合には、その銀行の口座をまず作ることからスタートさせなくてはなりません。窓口であれば、その場で口座を作ることが可能になります。しかしながら、口座を作るための時間が必要になってきますので、お金の借り入れをするための時間が余計にかかってしまうことになります。

 

口座を持っている場合には、インターネットバンキングという方法がお勧めです。インターネット介して、銀行からの借入の申し込みが可能になりますので、自宅のPCやスマホからお金を借りいれることが出来るようになります。また、お金を借りいれた後の返済の手続きなどもパソコンやスマホによって行えるとても便利なシステムです。銀行口座を持っていないとお金を借りる際に時間がかかってしまうことをあらかじめ知っておくと良いでしょう。

 

また、どうしても急にお金が必要になってしまって、銀行口座を作っている暇がないような時には、消費者金融のご利用がお勧めです。最短で1時間以内にお金を借りいれることが可能になります。銀行では間に合わないときにはそれも視野に知れておくと良いでしょう。

 

しかしながら、銀行からであっても消費者金融からであってもお金を借りたら必ず返すことが必要になります。しかも、利息を付けて返済することになりますので、大きな負担となることを知っておくと良いでしょう。ですから、お金を借りる際には、本当に必要な額だけを借りるようにすると良いでしょう。

 

更には、生活費の見直しなどをして、倹約できる部分が倹約をすることもお勧めです。生活における無駄を省くだけでも、お金を生み出すことが可能になります。お金を借りるのは目的がある時は仕方がないにしても、単にお金を借りるようなケースの場合にはお金の管理の見直しをしておくと良いでしょう。

 

自分の身の回りにあるものを処分することによってもお金を生み出すことが可能です。また、職場から緊急の場合には給料の前借をすることも可能です。いろいろな方法での金策を行って、それでもお金が足りないという時だけお金を借りるようにすると良いでしょう。また、災害や病気などの場合には、小額のお金であれば、自治体などから無利子でお金を借りることができますので、その制度も検討してみても良いでしょう。

 

いずれにせよ、お金の管理はどんな時にも厳密にそして堅実に行って、更には返済プランの青写真を明確にしておくことが必要です。お金をきちんと返済できなくなってしまって、自己破産などの債務整理を行うことになってしまうと、その後の生活において大きな制約を受けるようになってしまうので、十分な注意が必要です。

お金借りるランキング

お金借りる

×