お金借りる至急.com

銀行カードローンにも種類がたくさん!便利な銀行カードローン

カードローンという存在は、現代の世の中に上手に溶け込んでいるという印象があります。どんな方でも使用することが可能なシステムであります。

 

そして、その中でも、銀行カードローンの存在が見直されてきており、地方銀行も力を入れてきています。

 

銀行カードローンとは何なのでしょうか

 

銀行カードローンをざっくり説明すると

巷でよく耳にするカードローンは2種類、存在します。

 

  1. 銀行が提供している銀行カードローン
  2. 消費者金融や信販会社など、銀行機関以外の金融機関が提供しているカードローン

があります。

 

銀行カードローンは、融資限度額の中で、何度でも借りることが可能であり、返済を分割して行うことも可能なのです。

 

銀行カードローンには特徴があります。

 

まず、銀行カードローンの金利が挙げられます。銀行カードローンは、低金利で、借り入れが可能です。下限の金利だけではなく、上限の金利も他のカードローンと比較すると、低水準となっています。

 

金利が低いということは、返済時に必要な利息が少なくなるということですから、返済への負担が少なく、賢明に利用可能である、と言えるでしょう。

 

銀行カードローンの借入限度額も特徴のひとつです。借入限度額については、消費者金融や信販系のカードローンの上限額は500万円めでの設定となっているのに対し、銀行カードローンでは、800万円や1,000万円まで、借入限度額を設定している銀行カードローンも存在しています。

 

これは、大口融資に適応していると推測することが可能です。

 

そして、銀行カードローンの審査も、特徴のひとつなのです。審査そのものは厳しいと考慮しても構わないでしょう。どの分野においても、審査が緩い審査は存在しませんし、もし、審査が緩いのであれば、それは、審査としての体をなしていないのです。

 

他のカードローンの審査は、そんなに厳しくはありません。安定収入を見込める利用者に幅広く融資するというスタイルなのです。

 

しかし、銀行カードローンにおいては、生活にゆとりがあり、返済することにおいて、何の支障も来たさない方を対象としているのです。中には、本人が無収入であっても、配偶者の方に、収入が存在する場合、融資が可能なカードローンも存在しますので、確認が必要です。

 

デメリットとしては、まず、審査にも、融資にも、時間が掛かることが挙げられます。即日融資は不可能であると認識しておいた方が賢明です。

 

銀行カードローンを利用する場合の確認事項のひとつとして挙げられるのは、口座を開設するのかどうかです。場合によっては、そこの銀行の口座を開設していないと、お金を借りられないことも有り得ますし、申込の際に開設を求められることも考えられます。それでは、即日融資も、かなりの確率で、厳しくしなってきますので、可能な限り、先に開設しておくことが賢明でしょう。

 

メガバンク系の銀行カードローンは、知名度もあり、非非常に人気がありますが、審査が厳しくなる傾向が存在します。その傾向が把握しておくべきです。銀行カードローンで、即日融資をどうしても、受けたいのであれば、借入件数及び、キャッシング履歴には注意を払っておくべきです。高い信用度が存在しない限り、銀行で借入を行うことは、非常に難しくなってくるのです。

 

銀行カードローンのを利用するメリット

何事も利便性が高いものには、メリットとデメリットが存在しますが、銀行カードローンにも、メリットは存在します。

 

まず、金利が低いことがメリットでもあります。限度額が高ければ高いほど、金利は下がります。銀行カードローンは、限度額が低くても、上限金利が15%ほどに抑えられていることが多いのです。よって、消費者金融や信販系のキャッシングよりは、有利な金利で借りられるということになります。

 

銀行カードローンの金利は、限度額によって、段階的に分別されていることはご存知でしょうか。消費者金融の場合、限度額が200万円であっても、金利は15%になることがありますが、銀行であれば、限度額200万円で10%以下の金利になることも有り得るのです。

 

例を挙げれば、限度額200万円で、1万円を借りる場合でも、金利は9%になります。支払い能力を超える金額を借りることには注意が必要ですが、限度額は高いほど、良いということには間違いありません。総量規制の対象外であることもメリットのひとつです。

 

総量規制というものは、借入総額を年収の3分の1までに抑制しなければならないというものであり、貸金業法に定められているのです。

 

この背景には、借金を返済出来ずに、自己破産などの債務整理を行う利用者が急増したことが挙げられます。

 

この総量規制は、消費者金融や信販系のカードローンに適用されているものであり、銀行系のカードローンには、適用されていません。大概的に表現すると、限度額を気にせずに、お金を借りることが可能なのです。

 

総量規制は、年収をベースに、最大借入可能額を決定するので、無収入であれば、借入可能額もゼロとなります。

 

専業主婦の方は、消費者金融や信販系のカードローンには、申込が出来ません。しかし、銀行カードローンは、年収の3分の1を超過する金額でも、返済能力があれば、借入可能ですし、専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入が存在すれば、申込は可能となるのです。専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事

 

キャッシングに安心感が存在することもメリットのひとつです。借入先への信頼が無ければ、お金を借りることへの不安感は拭えないと感じます。メガバンク系を問わずに、銀行からの借入ならば、借入先への不安は無いはずです。倒産の危険性はほぼ、少ないですし、消費者金融と比較したとしても、借入先が消失してしまう危険性は非常に少ないと思われます。

 

そして、限度額約300万円ぐらいまでであれば、所得証明書は不要とする銀行も多いのです。消費者金融は、借入を行うときには、所得証明書の提出を求められることが多いのです。社会的には、お金を借りる際には、きちんと、所得証明書を提出し、手順を踏んだ方が美徳ですが、別の見方をすれば、煩わしい手順でもありますし、プライバシーの問題も存在しますので、所得証明書の提出は不要の方が、良いのです。

 

銀行カードローンの審査は厳しいイメージに対して実際は?

銀行カードローンに関わらず、カードローンを利用する際には、必ず、審査があり、その審査を通過しないと、お金を借りることが出来ません。審査を通過しやすい属性としては、公務員や一流企業に勤務されている方は、審査を通過しやすい傾向にあります。安定した収入があり、離職の可能性が低いからです。これは、返済能力が高いという判断に連結します。

 

逆に、専業主婦、パート及びアルバイト、派遣社員、水商売の方は、審査を通過する可能性は低いと考えられます。

 

無収入及び低収入であること、そして、離職率が高いということは、返済能力が低いと考えられてしまうからです。銀行カードローンは、審査が厳しいという評判がありますが、実際は、どうなのでしょうか。

 

考慮してみると、消費者金融と比較すると、厳しいと言えます。全観点において、厳しいということではなく、銀行の方が、審査において、厳しい項目が多いということです。その審査項目の中で、まず、厳しいと言えるのが、他社からの借入状況です。何処から借入をしているか、そして、その借入は何件か、を注意深く、審査します。

 

銀行は、消費者金融からの借入があると、他からも、借りているのではないか、と疑いの目を掛けます。

 

借入が3件以上もあれば、1箇所からまとめて、借入が出来なかったとして、マイナスの評価をしてしまいます。メガバンクの審査は、迅速に行われます。審査時間は、遅くても、即日であり、最短では30分という銀行も存在します。その影響で、即日融資も可能となるのです。銀行カードローンの審査は厳しいですが、審査に落ちる理由も存在します。勤務年数が短いと、厳しいのです。

 

これは離職する可能性が高いとみなされるからであり、審査通過には、最低でも、1年間は必要です。

 

スーパーホワイトと呼称される30歳以上で、過去にカードを保持したことが皆無な方も、審査に通りにくいと思われます。

 

利用限度額の設定においても、収入に似合わない額であれば、審査を通過しにくい傾向にあります。そして、短期間に、多くの申込を行ってしまう申込ブラックも審査を通過出来ません。

 

過去3ヶ月以内で、他社において、遅延や滞納であると、審査通過は厳しいです。銀行カードローンは、総量規制の対象外ですが、年収の3分の1を超過している借入を行っている方も、審査は通過しにくいと考えられます。しかし、よく考慮してみると、この条件を満たしていなければ、審査は通過すると思われますので、審査は厳しくないのではないか、とも考慮可することが出来るのです。

 

銀行カードローンの審査を通過する条件としては、

  1. 安定した収入が存在すること
  2. 使途目的が明確であること
  3. 個人情報に問題がないこと

この3点をクリアしていれば、銀行カードローンの審査を通過することは、難しくはなく、むしろ、厳しいとは言えないことは断言出来るのです。

 

銀行カードローンは返済方法も利便性が高い!

銀行カードローンは、申込が簡単であり、利便性に富んでいるシステムでありますから、利用しようと思えば、短期間で、融資実行が可能ということもあり、その利用者は増加の一途を辿っています。利用限度額内であれば、何度でも、借入が行えることから、その利便性を活用している方も多いのではないか、と推測出来ます。しかし、その利用者が見落していることが存在するのです。

 

それは、返済方法です。

 

銀行カードローンの返済方法には、2種類、存在します

 

約定返済という返済方法があります。これは、極度型と呼称される利用限度額を設定した範囲内で、繰り返し、借入可能なローンの返済方法として、導入されており、毎月、決められた額を完済するまで、返済し続ける返済方法です。毎月の返済額は約定返済額と呼称され、借入した金額に対して、毎月、返済しなければならない最小返済額のことを示します

 

借入額が大きいほど、返済額が大きく推移するという性格を持っており、設定額は返済に困窮するほどの高額設定とはされてはいません。随時返済という返済方法があります。これは、極度型ローンのもうひとつの返済方法として。導入されており、毎月、決められた額を返済する約定返済とは違い、好きなときに好きな額だけ、返済するという方法です。

 

随時返済は、2種類の方法が存在します。元金と返済日までのすべての利息を合算し、一度に返済する全額返済と、元金の一部のみを返済する方法があります。

 

これらを理解し、返済しなければなりません。

 

銀行カードローンで利用される返済方法としては次の4種類が考慮されます。

 

インターネットから返済する方法があります。このインターネットを活用する返済方法は、時代の流れもあり、最近、急激に利用者が増加している背景が存在しています。

 

インターネットからの返済は、主に、インターネットバンキングを利用して行います。借入を行い、インターネット上の会員ページや返済日お知らせメールなどで、返済日を確認し、約定返済日までに、各返済方法を利用して、約定返済金額を返済するという流れになります。

 

返済用口座に振込をするという方法もあります。これは、返済金額を確認し、その金額を振り込むという方法です。現在、多くの方が返済方法として、利用されている返済方法は、ATMからの返済ではないか、と思われます。ATMは、自社ATMと提携ATMに分けられており、各社それぞれ、利用出来るATMは異なります。

 

ATMは現在、コンビ二にも配置されていますので、そのATMを探すのには苦労はしないと考えられます。ATMを利用した返済方法が多く利用されている背景としては、コンビ二が、いかに、利用者の生活範囲内にあることが挙げられるのではないでしょうか。

 

このように考慮すると、銀行カードローンの返済方法も、利便性が高いことが証明されるのではないでしょうか。

 

銀行カードローンに自主規制の方向へ

総量規制というものが存在します。総量規制は年収の3分の1までしか、お金を借りられることが出来ない制度であり、これは、貸金業法に定められています。

 

この総量規制は消費者金融のカードローンに適用されており、銀行カードローンには適用されておりませんでした。しかし、銀行カードローンにも、自主規制の流れが組み込まれそうです。問題の背景は、銀行カードローンが多重債務の新たな温床となっている、との批判が多いことなのです。

 

多重債務に陥り、債務整理を行い、自己破産を選択した多重債務者が増加した時代がありました。そのため、消費者金融や信販系のカードローンに、総量規制という法の縛りが付加されたわけですが、総量規制が敷かれていない銀行カードローンは、現在、規模がその消費者金融を上回っただけではなく、利用者の返済能力を超過した悪質とも表現出来る貸付も目立つようになってきたのです。

 

悪質な例としては、無収入の方に融資したりすることもあったのです。このスタイルは、貸金業法改正前の消費者金融が行っていたスタイルと酷似しており、銀行に対する批判が強まってしまい、銀行側も、その批判を交わしたい思惑もそこには、存在するのです。

 

バブル時代を経験し、既存の価値観が狂った時代を経験した1990年代以降、複数の消費者金融から借金を行い、生活破綻や自殺に追い込まれた多重債務者の存在が、社会を賑わせたことがあり、改正貸金業法が成立したわけですが、銀行は、強い社会的責任の下に成立しており、明確な返済能力の選定を審査し、過剰融資はしないはずである、という信頼感が存在していたのですが、最近の銀行に対する信頼感が音を立てて、崩れ落ちていくという事態に現状、陥っているのです。

 

このような批判が渦を巻いて、存在感を増したことに銀行業界も危機感を覚え、重い腰を上げたということになるのです。金融庁は推移を見守っている状況ですが、銀行も何も手を打たない状況とは、最早、言えないのです。対応が後手になってしまえば、状況が更に悪化したときに、厳しい規制を強制されるかもしれない、という懸念がそこにはあるのです。

 

気軽に、そして、手軽にキャッシングでお金を借りられることは消滅し、ますます、お金を借りることが難しい時代が到来するかもしれません

 

要するに、多重債務者がこれ以上、増加してしまうと、銀行側も、現状通りには、お金を貸せなくなるためです。大手銀行による自主規制の強化は既存策となっていますが、この流れを鑑みると、地方銀行にも流れていくと推測されます。銀行カードローン利用の幅は、最早、狭いと断言しても、過言ではありません。

 

最近は地方銀行でもカードローンに力を入れている!

利便性に富んでおり、手軽にお金を借りられるカードローンの主役はかつて、消費者金融がその覇権を握っていましたが、総量規制が敷かれ、そう気軽には、お金を借りることが出来なくなりました。近年、覇権を握っている存在が、銀行カードローンです。その増加数は目を見張るものがあり、銀行でも、独自のカードローンを提供するケースが目立っています。

 

その中でも、地域密着で営業する地方銀行の存在は無視出来ません。そのカードローンの違いは、従来のカードローンと比較してみると、魅力的な借り入れ条件、サービスを実施いていることも珍しくないのです。

 

地方銀行とは、一般社団法人である全国地方銀行協会に加盟している銀行のことであり、本店所在県内で、最大規模の金融機関であることが多いのが特徴です。グループ企業やメガバンクとの関係性により、バブル時代には、栄華を極めましたが、バブル崩壊後は、その影響と景気低迷により、やむを得ず業務縮小をすることとなっています。

 

地方銀行カードローンの最大と特徴は、給与振込指定や住宅ローンなどの他のサービスに応じて、利率引き下げなどの、様々なサービスがあることです。住宅ローンにおいては、利率引き下げの条件となることが多く、適切に利用することで、数%の借入利率での借入が可能となることも珍しくはありません。

 

そして、地方銀行によっては、目的や用途に応じ、申込、借り入れ条件が異なる複数のカードローンを提供していることもあるので、より目的と用途に合致したカードローンを選択することが可能となります。

 

地方銀行のカードローンは、大手銀行のカードローンと比較すると、金利が少し、割高に感じることがあるかもしれませんが、それは、最高融資額が大手銀行と比較すると、少額であるということも関係性があります。限度額が大きくなれば、金利が低くなることは周知の事実ですから、地方銀行の最低金利が、高いということは当然とも言えるのです。

 

しかし、借入限度額が低いという指摘がありますが、個人が借りることの可能な限度額は、その個人の信用度によって決定されるものであり、最大限度額まで借入が可能な人は存在しませんから、借入限度額は正直、無意味であるとも言えます。地方銀行の金利が高いといっても、あくまでも、平均値です。

 

大手銀行は、大口の融資が多いため、平均すると、金利が低くなるのです。しかし、どの方でも、低金利で借りられるというわけではなく、金利は融資額に応じて、決定されるものですから、実際に利用する金利は、さほど、違いは存在しないのです。地元民に、融通を利かせてくれる地方銀行のカードローンを活用することに、躊躇する必要性はないと思います。

お金借りるランキング

お金借りる

×