銀行でお金を借りる時、保証人は必要なの?どうやって申し込めばよい?

銀行でお金を借りる時、保証人は必要なの?

お金を借りるにはどのようにするのがいいのでしょうか?お金は銀行などの金融機関からの借入が一般的ですが、誰でも借りられるという訳ではありません。借入に際しては審査が必要になって来ますし、場合によっては保証人を立てる必要も出て来ます。

 

いつ何時お金が必要になってくるかはわからないような事態が人生においてはたくさんありますので、そのような事態に対して、遺漏無き準備が必要になって来ます。もちろん、家族や親類更には友人に借りることが出来れば、一番良いのは間違いありませんが、なかなかそんな風に上手く行くことはないものです。

 

そのような場合には銀行からお金を借りる方法を選択しなくてはならないことになります。銀行からお金を借りることが出来れば、消費者金融よりも安心できると思っているかも多いでしょうから、できれば銀行からお金を借りるようにしたいものです。

 

と言っても誰でもお金を簡単に借りることが出来る訳ではありませんので、必ず審査が必要になりますので、審査がどのようになってくるのかも知っておくと良いでしょう。

 

本人であることを証明する書類や自分の給与について証明する書類が必要になります。また、在籍確認と呼ばれるプロセスもありますので、どのように準備すればいいのかをあらかじめ自分でシミュレーションしておくと良いでしょう。

 

銀行からお金を借りるには安定した収入が必要

銀行からお金を借りるには当たり前のことですが、借りたお金は必ず返さなくてはなりません。そのためには借りる方が一定の収入を持っていることが必要になります。更には、20歳以上であることも求められます。一定の収入が無くてはならないのですが、必ずしも正社員である必要はありません。

 

アルバイトやパートによる給与を持った方であっても、銀行から借り入れをすることが出来るようになります。全く仕事をしていない学生は借り入れは不可能ですが、アルバイトをしている場合であれば、20歳以上の学生もお金を借りることが可能になって来ます。専業主婦の方の場合には、配偶者の方が一定の給与をもらっていることを証明できればお金を借りることが可能になってきます。

 

このような借入の場合には銀行のカードローンを活用すると良いでしょう。学生の場合には、最高でも10万円までしかお金を借りることが出来ないと考えておいて良いでしょう。

 

いくつかの銀行でカードローンを提供してくれていますが、消費者金融に比べてその金利が非常に低く設定されています。一番金利が安い銀行のカードローンは1.7パーセントとなっています。これは、カードローン以外で銀行からお金を借りる場合には、1.7パーセントといった低い金利でお金を借りることはできないと考えておいて良いでしょう。

 

ほとんどの銀行では、カードローンの申し込みに際して、そこの銀行に口座を持っていることを求めることが多いのですが、必ずしもすべての銀行でそれを求めるわけではありませんので、そのようなタイプの銀行であれば、仮に口座を持っていなくてもその場で借り入れの申し込みをすることが可能になってきます。

 

しかしながら、銀行からの借入の際には小額の場合には、消費者金融とそれほど変わらない利息となることがあります。小額の借入の場合には最大金利が適用されることがおおくなりますので、50万から100万円までの借入をする時には消費者金融であっても銀行であっても返済の額は大きな差はない場合がほとんどです。

 

むしろ銀行に比べて消費者金融では、借入までの時間が短くてすみます(最短で即日)ので、場合によっては消費者金融からの借入の方がお得であると言えます。

 

一般的には消費者金融からの借入の審査の方が銀行のそれに比べて基準が甘いことが知られています。即日でお金が必要というような時には、消費者金融に頼ることも考えておくと良いでしょう。多くの窓口がありますので、利便性も銀行に比べて高いものとなっています。

 

銀行からの借り入れの審査においては、他の金融機関からの借入の件数及び金額をチェックされます。多くの金融機関から借り入れをしているとそれが審査に対してはマイナスに働く可能性が出て来ます。しかしながら、それを意識してしまって、嘘の申告をすることは避けましょう。銀行の方でも、申込者の借入の状況は、信用情報機関に問い合わせをしますので、嘘の申告をするとバレてしまうことになります。

 

借入の際には金融機関からの信用も非常に重要なポイントになりますので、嘘の申告をしていることがバレてしまうとそれだけで、審査に落ちてしまうことになってしまいます。どんな場合にも、正直な申告を心がけるようにすると良いでしょう。

 

消費者金融からお金を借りる際には、総量規制という法律がありますので、年収の3分の1までしかトータルでお金を借りいれることが出来ません。しかしながら、銀行からのお金の借入の場合にはこの総量規制のルールに抵触することはないので、気にせずにお金を借りることが可能になります。

 

しかしながら、年収の3分の1の借入をしてしまうと、非常に返済が大変になってしまって、場合によっては債務整理をすることになってしまうかもしれません。ですから借入の際には十分な計画性が必要になります。一般的には、年収の2割までの借り入れと考えておいた方が良いでしょう。

 

銀行からの借入の際には、銀行独自の審査が行われるのですが、それと並行して保障会社の審査も行われます。保証人なしでも銀行のカードローンでお金を借りることができるのですが、その場合には保証会社の方で保証人の役割を果たしてくれることになります。銀行の審査でOKとなっても、保証会社の方の審査がダメとなってしまうとお金を借りることが出来なくなってしまいますので注意しましょう。

 

2種類の審査が銀行からのお金の借入には必要になってきますが、それほど審査に時間がかかる訳ではありませんので、心配する必要はありません。消費者金融のように即日で審査が完了するというようなこともありませんが、何カ月も待たされるというようなこともありません。審査についてのノウハウがあるので、迅速審査が可能となっています。

 

銀行カードローンの種類

銀行からお金を借りる時の種類には、どのようなものがあるのでしょうか?銀行には色々な種類のローンが用意されていますので、それぞれの目的に合わせたお金の借入が出来るようになっています。

 

ここでは代表的な銀行のローンを紹介していきます。
こちらで → カードローンにまつわる豆知識を掲載中!

 

カードローン

カードローンは使途が決められているローンではありませんので、幅広く借り入れたお金使うことが出来ます。しかしながら、カードローンは会社の運営のためにお金を借りることはできないルールとなっています。カードローンでは借り入れの申し込みをする際に、審査が行われて、どれくらいまで借入が可能かどうか決められます。

 

カードローンの申し込み時に専用のローンカードが支給されますので、それを使うことによって、ATMからお金を借りることが出来るようになります。同様にATMを使ってお金の返済を行っていくことも可能になります。また、希望をすれば、ローンカードを使わずに、銀行振り込みによって融資を受けることが可能になってきます。

 

フリーローン

カードローンと同じように、フリーローンの場合も使途を限定せずにお金の借入を銀行からすることが可能になります。カードローンとは異なって、利用の限度額が設定されていませんので、金額を決めてお金を借りるスタイルになります。

 

フリーローンの場合には、再度お金を借りる際には、追加の融資を受けることはできませんので、再度審査を受けてお金を借りいれる必要がでてきます。一方で、カードローンの場合には、利用限度額内であれば、追加融資を受けることは無審査で可能です。

 

住宅ローン

住宅ローンは住宅を購入するためのローンです、購入することになる住宅が担保になってきます。住宅が担保になっていますので、仮に返済が出来なくなってしまうと競売などのプロセスによって住宅を手放すことになってしまいますので、注意が必要です。住宅ローンは金利が低いことが特徴です。

 

しかしながら、本人がその住宅に住むことが借入の条件になってきます。また、他の住宅ローンを借りている方のための借り換え用の住宅ローンもありますので、金利などを見てそちらの方が便利な場合には活用すると良いでしょう。

 

マイカーローン

マイカーローンは自動車またはバイクを購入するために借り入れをする使途が決められているローンです。銀行からお金を借りる場合には、担保なしでお金を融通してもらえるようになるそうです。比較的審査が難しい場合も多く必ずしもすべての人が借り入れを行うことが出来ませんが、ディーラーなどから借入をする一般のローンに比べて、非常に金利が安いというメリットがあります。

 

ディーラーからお金を借りる場合には、お金を払い終わるまでは、車は自分の所有とはなりませんが、銀行からお金を借りる場合には、最初から車は自分の所有物として取り扱われることになります。

教育ローン

お子さんが学校に通うために必要になってくる、入学金や授業料の支払いのためにお金を借りいれることが出来るのが教育ローンです。借り入れたお金によって、購入できるものはそれぞれの銀行で異なっています。幅広く使えるタイプのものもありますし、一方で入学金や授業料に限定したもののあります。

 

そのような場合には、他の費用への転用を避けるために、初めから銀行の方からそれぞれの学校に費用が振り込まれるシステムになっている場合もあります。英語の塾や予備校などはその対象にならないことがほとんどです。

 

事業者ローン

事業者ローンは事業者を対象に行うローンです。対象は個人事業者や自営業者更には中小企業の方となっています。仕事に必要な費用を借りる制度になっていますので、ビジネスローンとも呼ばれています。

 

銀行で証書によってお金を借りるよりも、迅速にお金を用立てることは可能ですが、一方でそれに比べて金利は高くなってしまうことが多くなります。

 

保証人不要で借りられるカードローンとは?

銀行からお金を借りることは低い金利でお金を用立てることができますので、非常に便利な物です。しかしながら、銀行からお金を誰でも簡単に借り入れることが出来るわけではありません。銀行からのお金の借入の際には、必ず審査があります。

 

かなり厳しい審査が行われるようになっていて、銀行がお金を貸しても大丈夫と判断しない限りお金を貸してもらえることはありません。銀行の審査はかなり厳格で、しかも年々その厳しさは増しているとも言われています。ですから、銀行の審査に落ちてしまった場合には、消費者金融にお金の借入の申し込みをしてみるといいでしょう。場合によっては、お金の借入をすることが出来るようになります。

 

また、お金を銀行から借り入れる際にその使途が決まっている方がその金利が低くなる傾向にあります。もちろん、使途を決めて借りるわけですので、他に流用することはできません。また、使途を決めない借入(カードローンやフリーローン)も可能ですが、その場合には金利が高くなってしまいますので、銀行からお金を必ずしも借りなくても良い部分もでてきます。

 

銀行からお金を借りる場合には審査に時間がかかりますので、場合によっては消費者金融から借りたほうが合目的であることもおおくなります。

 

銀行のカードローンは低金利であることが多いのですが、その分利便性が下がってしまいます。

 

例えば、返済の期日などを消費者金融からの借入の際には、自由に設定できるようなサービスが用意されているのですが、銀行ではそのようなサービスはかなり限定されています。ほとんどの銀行のカードローンはその銀行の口座での返済しか行うことができなくなっています。

 

また、ATMを使う場合にはその度に手数料を請求されてしまうこともありますので注意が必要です。

 

返済の負担が小さくなってくる分、銀行の場合にはそれほど便利なサービス形態にはなっていない場合も多くなります。利便性だけを考えるのであれば、むしろ消費者金融からの借入を検討してみても良いでしょう。初回30日間は無利息でお金を貸してくれる消費者金融もありますので、借入の際には十分検討してみても良いでしょう。

 

銀行からのお金の借入に際しては、その銀行の口座を開設しておく必要がある場合がほとんどです。今すぐお金を借りたい時には、口座の開設をしておかないと時間的なロスが出てしまうこともあります。しかしながら、銀行のカードローンの場合には、口座をすでに持っていれば、その日のうちに融資をうけることも可能になってきます。銀行のカードローンを活用したいと思ったら、まずは口座を開設する必要が出て来ます。

 

銀行からお金を借りる際には、保証人を設定する必要が出てくる場合があります。しかしながら、いくつかある銀行のローンの中でも、保証人が必要なものとそうでないものがありますので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

保証人が不要の場合には、保証会社に保証料を払ってお金を借りいれることが必要になって来ます。といっても、全ての銀行のローンで保証料が必要になる訳ではありません。

 

例えばカードローンの場合には借入額もそれほど大きくなりませんので、無担保更には無保証でお金を借りいれることが可能になります。

 

同じ収入でも借りやすい人とそうでない人がいるのはなぜ?

 

同じ給与であっても銀行からお金を借りやすい方とそうでない人がいます。

 

例えば、サラリーマンの方が自営業の方に比べ審査に通りやすいということになります。

 

銀行の方では継続して給与をもらっている人の方が、返済能力が高いと考えることが多いようです。自営業の方の場合には、給与が必ずしも安定していないことが多いので、年収などの証明をしても、果たして返済能力があるのかどうかを銀行の方で心配することが多くなってしまいます。

 

審査基準はもちろん公開されてはいないのですが、自営業の方の方が、サラリーマンの方に比べて、その審査基準が少し厳しく設定されていることになります。

 

お金を借りいれる際には、銀行の方で借りたいと思っている人に対して信用できるかどうかということが非常に重要なポイントになって来ます。たとえば、これまでその銀行と長年取引があるような方の場合には当然のことながら審査に通りやすくなります。口座をもっていて、金融関連のトラブルがこれまで、なければ優良な顧客としてお金の借入が可能になってきます。

 

十分な預金残高があれば、当然ですが、借入には有利になってきます。また、その銀行の住宅ローンを利用している人の場合には、その銀行の各種ローンに通りやすくなってきます。したがって、銀行からのローンを考えている時には普段口座を持っていてそれを頻繁に利用している銀行を選んで申し込みをするといいでしょう。

 

しかしながら、過去において銀行からの借入に際して延滞などがある場合には、その銀行からの借入は非常に難しくなってしまいます。他の銀行からの借入などについて金融的なトラブルを起こしてしまっていると、いわゆるブラックリストに載ってしまって銀行からの借入に対して不利になってしまいます。

 

ブラックリストの情報は少なくとも5年は消すことができませんので、その間は銀行からの借入が難しくなってしまうと考えて良いでしょう。

 

これまで、銀行からの借入が無い方の方が借り入れには有利であると考えてしまいがちですが、実際の所は多くの借入実績を持った人の方が借りやすくなっています。これまでの借入において、返済について全くトラブルなく期日通りに返済を行っているとするならば、それは銀行からの信用につながっていきますので、銀行からの借入の審査において有利に働くことになります。

 

銀行からのお金の借入合法的なものですので、どんな時にも期日までに正しく返済をしていれば、それは信用とつながっていくことになります。ですから、何度も銀行からお金を借りている人にくらべて、初めて銀行からお金を借りいれる人の方が利用の限度額が限定されてしまうことになることが多くなります。

 

銀行からお金を借りることが出来ればお金を有益に使うことができますので、非常に有益なものになってきます。しかしながら、借りたお金は返すことが必要です。それを行わないでいると、自分の信用を失ってしまうことになりますので、いろいろと不自由な生活を強いられることになります。ですから、お金を借りる際には計画的にそして本当に返済できるかどうかを十分に検討することが必要です。

 

自分の給与から考えて返済することが出来るか、客観的に分析することが必要です。返済できなくなってしまうと債務整理をする羽目になって、ブラックリストに載ってしまうことになります。また、贅沢のためにお金を借りるというのは非常に危険なことですので絶対にそれをすることはやめたほうが良いでしょう。

 

審査が甘いと言われているような金融機関も話題になることがありますが、多くの場合においてそのような金融機関は闇金であることが多いので、間違ってお金を借りてしまうと返済できないことになってしまいます。闇金は法定利息よりもはるかに高い金利でお金を貸しだすので、到底払うことが出来ない利息が科せられてしまいます。

 

また、違法な取り立ても行われますので、精神的にも追い詰められてしまうことになります。不幸にして闇金からお金を借りてしまったら、弁護士に相談をしてすぐにその対応を取ることが必要です。被害を拡大させないことも必要です。

 

また、お金を借りることを考えた際には、本当にお金を借りなくてはならないのだろうかということも考えてみると良いでしょう。

 

例えば、ムダをなくすことによって、お金を生み出すことも出来るようになることが考えられます。お金を生み出すことが出来れば、わざわざお金を借りることも必要ではなくなります。意外と倹約できるものは存在しているものです。

 

また、身の回りにあって、使っていない物を処分することも賢い方法です。処分をすることによって、お金を得ることが可能になりますし、仮に維持費がかかるようなものであれば維持費の節約にもつながっていきます。本当に必要なお金を十分に精査したうえでお金を借りるというスタイルをいつももっていることが重要です。

 

消費者金融に比べて、低い金利でお金を借りることが可能な銀行のローンですが、審査がかなり厳しいという特徴があります。しかも借入の際に時間もかかりますので、場合によっては消費者金融を活用したほうが良いかもしれません。しかしながら、お金を借りたら必ず返すことが必要です。

 

その意識を持って常にお金を借りることをしていくことがとても重要になります。生きたお金を使うようにしていくことは、責任のあるお金の借り方であるとも言えます。

 

お金借りるランキング

お金借りる

×