生活費のために銀行カードローンを利用するのは地獄のはじまり!安易にお金を借りてはいけない理由

生活費のために銀行カードローンを利用するのは地獄のはじまり!安易にお金を借りてはいけない理由

キャッシングなどでお金を借りる場合は、大抵、軽率な気持ちで利用をするのですが、大切なのは、そのお金を返済する理路整然とした返済計画です。この計画に従わずにいると、借金地獄の始まりとなります。そうならないためにも、安易にお金を借りずに、何とか自力で、返済する気持ちを強く持つことが必要なのです。

 

銀行カードローンは手軽に借りられる便利なサービス

ちょっとした出費のために、銀行カードローンを利用することは誰にでも、その可能性はあります。しかし、どこかで歯車が狂い、お金を更に借りるようになり、気付けば、その返済額を別の銀行カードローンで補うという自転車操業状態になってしまうケースは、考えているよりも、多いのです。銀行カードローンには、手軽にお金を借りられる手軽さが存在します。

 

しかも、メリットが多いのです。

 

まず、金利が低いということが挙げられます。低金利でキャッシング出来るのが魅力ですが、カードローンの一番の比較基準は、金利です。それ故に、カードローンは人気があるのです。金利が低いということは、返済時に支払う利息を少額で支払える、ということにもつながります。そして、キャッシングに安心感があるということも、メリットのひとつです。

 

金利と同様に重要なものは、キャッシングに対しての安心感の有無です。借入への信頼感が無ければ、お金を借りることへの不安感が拭えなくなってしまいます。しかし、銀行カードローンは、銀行からの借入ですから、借入先への不安は無いのではないでしょうか。限度額まで何度でも、再融資可能、借入したお金の使用方法は自由であるという点は、消費者金融のカードローンと遜色はありません。

 

総量規制の対象外ということもメリットのひとつです。貸金業法の改正により、消費者金融や信販会社から借りることが可能なお金には、制限が掛かってしまったのです。年収の3分の1以上のお金を借りることが出来なくなってしまった背景には、利用者の借金地獄とも表現出来る、壮絶な返済事情があったのです。

 

しかし、対象は、消費者金融であり、銀行カードローンは、この総量規制の対象外ですので、年収に関わらず、自由なキャッシングが可能となるわけです。このような事情から、銀行カードローンから、気軽にお金を借りることが可能なのです。

 

生活費を賄うために借りると返せなくなる可能性も

銀行カードローンは、気軽にお金を借りることが出来るわけですが、その気軽さのためか、借入金額が増加していく傾向も、見受けられるのです。

 

借入金額が増加すると、当然、金利も加算された返済金額が多くなっていく状態になります。人間は、自分に甘いのが特徴です。甘い味を覚えてしまうと、その味に浸ってしまうのです。これぐらいの借入金額であれば、大丈夫と思ってしまい、その返済金額の重大さを忘れてしまい、返済金額を返済出来なくなってしまった時点で、初めて、気付くのです。

 

生活費を賄うために、また、借りてしまうという悪循環に一度、陥ってしまうと、自力で這い上がることは無理となります。

 

何故かといえば、自分に甘く、借入額も増加してしまったのですから、返済時においても、甘い一面を見せるということです。

 

これは、借金地獄に落ちた人物特有の思考です。返済においても、限度額を引き上げながら返済していくことを実行します。それが無理であるなら、別のカードローンを利用することも模索するでしょう。しかし、それは、借金地獄への登竜門なのです。

 

返済することに、集中力を注いでしまい、借入の全体像を見渡すことが出来なくなってしまうのです。

 

別のカードローンへの借入が膨らんでくると、その借入をしなければならないために、更に別のカードローンを利用するというという事態になってしまうのです。借入を順調に返済するためには、収入を増やし、支出を抑制することがベストですが、収入が増えたとしても、支出を抑制したとしても、強固な意志が必要です。理路整然とした返済計画を立案し、その正確な実践が求められるのです。

 

よく、会社の業績が悪化し、民事再生法が適用された報道を耳にすることがありますが、それと一緒なのです。厳しい計画を実践していかなければ、スタートには戻れないのです。生活費を賄うために、キャッシングを更に使用するという安易なことは考えないことです。

 

カードローンを生活費の一部にしてはいけない!

生活費というのはその名のとおり、生活に費やすための費用です。それを捻出するということは難しいことであります。大抵の人は、生活費を固定しておき、残りの費用に使用するわけですが、キャッシングを利用している方は、逆の傾向になるケースが多いのです。

 

大概的に表現すると、生活費を返済金額に充てているわけです。そうなってしまうと、残り少ない金額で、生活をおきうらなければならない羽目になり、その状況に耐え切れずに、理解していても、再度、キャッシングに手を伸ばしてしまうのです。

 

キャッシングは、手軽に、そして、気軽に利用出来るものなのですが、他意はありませんが、悪用されてしまうのです。キャッシングを利用する場合は、使途を明確に管理し、実践することも必要なのです。返済が滞ると、督促状が送付されてきたりすることや、職場にも連絡が入る場合もあり、プライバシーにも諸問題が発生し、更に追い込まれることにもなります。そうなると、思考回路の大半を借金が占めるようになり、精神衛生面でも、良好な状態には戻りません。それが、借金地獄という生活なのです。

 

生活において、必要なものは余裕ではないでしょうか。

 

緊急事態というものは、余裕というものが成立して、初めて、対応出来るのが前提条件となるわけですが、キャッシングを繰り返していると、借金返済という緊急事態に対応は出来ないわけです。この要因は、余裕がないからです。生活費とは分離された金額を借金返済に充てていれば、基本的な生活を営みながら、緊急事態に対応することが可能なのですが、逆になってしまうと、金銭的余裕がないため、対応不能となってしまうのです。

 

カードローンを生活費の一部に充当することは考慮せずに、借金を返済する方法を立案することが大切なのです。精神的余裕の充実は、肉体的余裕の充実にも連結しています。正常かつ冷静な判断能力を戻し、現状の生活を変化させるためには、何かを変化させなければならないのです。

 

借りやすさだけで安易に利用してはいけない

 

カードローンやキャッシングというシステムを利用することに抵抗感を感じる方は多いと思われます。これは借金に対してもそうですが、それは杞憂と受け取られるかもしれません。スリルを味わうことと一緒ですが、一度、それをやってしまうと、案外、抵抗感が一気に薄れてしまうのです。

 

言葉を置き換えると、依存症とも表現出来ます。必要に応じた金額を利用し、それを乗り越えてしまうと、重大局面を乗り越えた反動で、ついつい、使途目的が不明瞭なことにカードローンを使用してしまうのです。

 

簡単にお金を借りることが出来るというシステムの持つ罠にはまってしまうことになります。最近では、直接、出向くことをしなくても、簡単に借りることが出来るようになりました。コンビ二のATMでも借りることが出来ますし、インターネットを経由したWEB上でも、簡単に借りることが出来る時代なのです。

 

最早、借金という感覚は薄れ、自分の銀行口座として、勘違いしてもおかしくはないのです。

 

返済日にお金が用意出来ない状況の中で、カードローンを利用したりすることや、クレジットカードを利用している時点で、自身の生活力を超える生活を営んでいるわけです。勘違いをしてしまうことが悪いとは言えません。借金は手軽に作るものではないのですが、現状、簡単に作ることが出来るのです。しかし、その借金の大半は、高額な金利の支払いに加え、結局は支払いを先延ばしにしているだけなのです。その事実を踏まえた上で、納得するのであれば、カードローンを利用しても良いのです。

 

借りやすさというメリットは少額の借金をしているにのみ、該当するものであり、借金の階段をのぼっている方向けのメリットではないことを自覚しましょう。借金は、お金を借りることは容易でありますが、返済することは決して、容易ではないのです。日常的な生活を変貌させることは、もっと容易なことなのです。

 

もうすでに借りてしまっているなら

収入がもし、生活費及びローン返済額となっているのであれば、正常な日常的生活を営むことはほぼ、不可能といえます。この場合、自力で解決する方法を模索するか、他力を借りるしかありません。

 

カードローン地獄に浸ってしまい、もう、どうしようもなくなっているのであれば、出来ることはやりましょう。収入を増加させる方法があります。職場内での昇給が無理であれば、ダブルワークを考える必要性があります。

 

収入増加が無理であれば、支出を減らすことを実践することが必要です。無駄な支出を減らし、生活費の切り詰めが必要になります。この自力での解決が不調、もしくは、無理であるならば、他力を借りなければなりません。借金をしたときのように、解決もまた、他人の手を借りるという羽目になります。要するに、一度、借金を整理するということを選択しなければなりません。

 

債務整理と呼称される個人再生手続きを利用するのです。

 

債務整理という言葉は、よく広告で見掛けたりすることや、一度は聞いたことのある言葉であると思います。債務整理には、3種類、あります。

任意整理
とは、当事者間の話し合いによる返済計画の整理です。債権者(カードローン会社)と債務者(借り手)が話し合って、今後の返済計画を立て直すのです。一時的な返済金額の減額、金利のカット及び利払いの停止が見込まれます。

 

個人再生とは、借金の総額を減額して、返済を続行させていくのです。メリットは、自分の財産を残せるということです。債務整理が可能であれば、マイホームに住むことが出来ます。

 

最後に自己破産があります。これは、裁判所に申し立てをし、借金の免責が認められれば、借金が帳消しになるのです。すべての財産を処分します。債務整理は最終的手段です。こうならないためにも、安易にカードローンでお金を借りてはいけないのです。

お金借りるランキング

お金借りる

×