銀行カードローン審査の不安を解消!受けた審査は絶対通るよう臨むべき!

銀行カードローン審査の不安を解消!

銀行カードローンは上手に活用できれば使えるお金の幅が増えますのでとても便利なものであるのですが、それを活用していくには、金融機関が行う審査に通ることが必要になります。果たして、審査に通るのだろうかと誰もが心配になるものです。

 

確かにデータによれば誰もが審査に通る訳ではありませんので、少し緊張してしまうのは当然かもしれませんね。では、非常に多くの数が存在している金融機関の中のどこからお金を借りるのがいいのでしょうか?実際に返済のことまで考えると、じっくり考えてから借入の申し込みをする方がよさそうです。

 

意外と世の中にはそれを考えずに借入を行っている人が多いのですが、良く考えてから申し込みをした方がお得になることも多いものです。

 

このサイトでは、審査のことも考えて更には後からの返済のことも考えて一番お勧めのカードローンを紹介していきます。

 

カードローンには「消費者金融」か「銀行カードローン」の2つがある

カードローンを取り扱っている金融機関には2種類のものがあります。

 

  1. 一つは消費者金融が取り扱いをしているカードローン
  2. もう一つは銀行が取り扱いをしているカードローン

です。

 

それぞれ、メリットとデメリットが存在しているのは事実ですが、借入に関しての審査に不安を覚えている人の場合には消費者金融が取り扱いをしているカードローンをチョイスする方が良いでしょう。

 

消費者金融は、即日での融資を希望する場合にはとてもお勧めです。また、審査に関しても銀行ほど厳しいものではありませんので、多くの人が借入れをすることを可能にしています。一部の消費者金融では、無利息でお金を借りることが出来る期間を設定している場合があります。

 

消費者金融は正規の金融業者ですので、法定の利率の範囲内でお金を借りることができますので、高利貸しとは全く違ったものであることを認識しておくと良いでしょう。また、銀行とは異なりお金を貸すことだけに特化して仕事をしていますので、銀行よりも迅速な対応が可能になってきます。

 

場合によっては、即日での融資も可能ですし、30日間であれば無利息の消費者金融も存在しています。30日以内であれば元本だけを返済すればいいシステムになっています。

 

審査スピードが速くて人気のカードローン

借入までの時間がそれほどかからず非常に迅速で多くの人に愛用されている、お勧めの消費者金融を紹介していきます。

 

プロミス

プロミスからの借入は最短で1時間以内で行うことも可能です。平日であれば、ネットで借り入れの申し込みをした後に、審査にパスすれば、即座に自動契約機で手続きを完了すれば、お金を借り入れることが出来るようになります。

 

しかも、自動契約機でカードを受け取り、それを使って借り入れをすることをすると、郵便物は自宅などに届くことはありませんので、家族にそれを知られてしまうこともありません。とにかく今すぐにお金を借りいれたいと思っている方には大変お勧めの消費者金融機関といえます。

 

女性の方は女性専用の窓口が用意されていますので、そこを利用すると、負担を覚えることなくお金を借りいれることが出来るようになっています。

 

みずほ銀行(カードローン)

みずほ銀行は全国規模のメガバンクであるので、安心してそれを活用していくことが可能です。すでにみずほ銀行に口座を持っている方であれば、直ちに審査に通りさえすれば、お金を借り入れることが可能になります。

 

みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちであれば、それにローン機能を付けるだけですぐにローンカードとしてそれをご利用になれます。住宅ローンの場合には、金利の引き下げサービスを受けることが可能です。

 

楽天銀行(カードローン)

審査に通ると楽天ポイント進呈。楽天銀行のカードローンはその審査に通ると楽天ポイントを得ることができます。非常に使いやすいカードローンで借り入れはコンビニのATMで行うこともできます。

 

しかも手数料が無料となっています。入会およびそれを利用することで最大で31000の楽天ポイントを得ることが可能となっています。

 

モビット

コマーシャルでも多くの人に認知されているモビットのカードのローンが非常に審査が速いことで知られています。

 

web上で全ての手続きを行うことが可能で、郵送物および電話での連絡が行われませんので、他の人に知られることなくお金を借りいれることが可能になります。

 

オリックス銀行(カードローン)

オリックス銀行のカードローンは審査のスピードが速いことで人気を集めています。オリックス銀行はいわゆる店舗形式ではないネットバンクですので、他の金融機関のそれよりも低金利でお金を借りることが出来るようになっています。

 

安定した給与を持っている方のためのカードローンですので、30-50代のサラリーマンの方や、公務員の方に愛用されています。(主婦や学生であっても安定した給与が確保されていれば、お金を借りることが出来るようになっています)提携しているATMからは24時間いつでもお金を手数料不要で借り入れることが可能です。

 

アイフル

アイフルのカードローンですと、初回の借入の際には30日間無利子でお金を借りることが出来ます。更には審査はとても速くて、最速では30分で審査が完了します。お金の借入も1時間以内で完了することも可能です。初めてお金を借りる人の場合には無利子で借り入れが可能ですし。

 

また、借入に不安を感じている女性の方は女性専用のフリーダイヤルが用意されていますので、誰もが安心してお使いになれるカードローンです。非常に利便性が高いので多くの人がこのローンを活用しています。ローンの申し込みはweb上で全てを行えるようにもなっています。

 

生活費の借りいれをしたいというような場合にもカードローンは非常にお勧めと言えます。

 

また、どのようにかれることをすれば利息を減らすことが出来るかを検討しながら借りるようにすると良いでしょう。生活費などの場合には、ムダをなくして借入を最小限にするようにすると良いでしょう。

 

計画的な借入をしていかないと、返済の負担がどんどん大きくなってしまうので注意が必要です。カードローンはどれも便利なものですが、借りたお金は必ず返済をするようにしなくてはなりません。そこの点についてはいつでも留意しておくようにしましょう。

 

カードローンならどれでもいい!わけではない!

カードローンには色々な種類があることはすでに紹介をしてきましたが、それぞれのカードローンを特徴とメリットを知ることによって、自分にとって最適なカードローンからお金を借りることが可能になって来ます。ここではそのために参考になるような情報を紹介していきます。

 

どれでも同じようなものだと初めから思ってしまうと損をしてしまうことになるかもしれませんので、この情報を参考にしながら自分に一番合ったカードローンを探して行くようにすると良いでしょうね。

 

カードローンを申し込む際に一番気になるのがその審査ではないでしょうか?

 

審査に通らなければカードローンを作ることが出来なくなってしまいます。つまり、すぐにお金を借りることが出来ると言われているカードローンであってもそれは審査に受かった場合に限定されることになりますので、申し込みの際には審査におちてしまったらと心配になるのは当然のことであると言えます。

 

このようなカードローンの申し込みの際の審査において申し込みにあたっての注意事項をあらかじめ知っておくと、心配を少しは軽減することが可能になります。更には、審査におちてしまった場合にはその後はどのような対応をすればいいのかということも知っておくと良いでしょう。

 

生活に対して借入れによって潤いを与えるようにするには色々な情報を知っておくことはかなり有利であるといえます

 

カードローンは、金融機関からお金を借りいれることを言います。もちろん一定期間無利息であるようなプランも存在していますが、借りたお金は利息を付けて返済をしなくてはなりません。更には、総量規制に抵触するような借入はできないルールになっています。総量規制は年収の3分の1まで借入しかできないというルールです。

 

カードローンは迅速にお金を用立てることが出来るものでありますので大変便利なものであるのですが、それを享受するためには審査に通らなくてはなりません。それぞれのカードローンでは申し込みをすることが出来る、年齢が決まっていますので、それに該当していることが必須となります。更には一定の給与をもらっていることも必要になります。

 

これに該当しない場合には、審査におちてしまうことになります。また、審査にあたっては本人確認をするための書類を提示する必要もでてきます。複数の借入があるような場合には、おまとめローンなどによって、その数を減らしておくと良いでしょう。5-6件以上の借入がある場合にはかなり審査において不利になってしまいます。

 

また、過去に金融事故の経歴があって、その情報が信用情報機関に掲載されているような場合も審査におちてしまうことになります。いわゆるブラックリストの状態は5年ほどで解消しますので、一定の期間が過ぎるまではお金の借入が不可能になってしまいます。審査においては在籍確認が行われますので、勤務先の情報は正しく伝えておくことが肝要です。

 

間違った情報を不本意にも記載してしまうと、それが原因で在籍確認が困難になってしまいますので、それも審査におちてしまう原因になります。金融機関の方で申請者は信用にたる人物であるかどうかの査定も行いますので、誠実な対応をいつも心がけておくと良いでしょう。

 

カードローンの審査は公開されているデータを見ても明らかなようにすべての人が100%パスするものではありません。更にはどうして審査に通らなかったかについての情報を得ることも不可能です。しかしながら、どうしてダメだったのかを自己分析してみると良いでしょう。

 

例えば、一度に複数の金融機関のカードローンに申し込みをしてしまうと、お金に困った人というイメージをもたれてしまう可能性が高くなりますので、それはやめておいた方がいいでしょう。

 

審査の時間がほとんどの場合において、短時間で完了しますので、一つずつ審査の申し込みをしてもそれほど多くの時間がかかる訳ではありません。

 

また、総量規制に抵触していると、絶対に審査に通ることはありません。いろいろと自分の申請について振り返ってみると、審査におちにくくなってくることが期待できます。

 

信用情報機関に照会をすると、申請者のこれまでの金融履歴を全て把握することができます。ですので、複数の借入がある場合や、他の金融機関で返済のトラブルを起こしてしまっているようなことを隠すことが出来なくなります。また、給与の情報なども過大に申告してもすぐにそれが嘘であることは簡単に解ってしまいますので、落ちた場合にはその点も確認しておくといいでしょう。

 

また、カードローンの審査に受かった人と落ちた人の体験談などを知っておくと良いでしょう。

 

審査に受かった人の体験談

意外と浪費をしてしまう方なので、全く貯金を持っていないという状態でした。生活はいつもギリギリの状態でしたので、本来であれば、どこかで家計の見直しをすることが肝要であるのですが、それもしないでいました。冠婚葬祭が重なってしまって、急にお金が必要になりましたので、カードローンの審査に申し込みをしました。

 

とりあえず、生活がそれほど楽ではないので、冠婚葬祭の費用だけを借り入れることにしました。カードローンには審査があるので、果たしてうまく借入が出来るか不安でしたが、無事に借り入れをすることが出来ました。おそらくは、無理のない借り入れでこれまで生活には全く余裕はありませんでしたが、金融関係のトラブルを全く起こしたことが無かったのが良かったようです。

 

ギャンブルで失敗してしまって大きな赤字を作ってしまいました。もちろん浪費癖がある訳ではありませんので、カードローンでその穴を埋めて、堅実に返済と考えました。

 

問題は家族に知られないようにお金をかりることでしたが、web方式のカードローンを選んでお金を借りたので、家族に知られることなくお金を借りることができました。借りたお金は返さなくてはなりませんので、堅実に返済をしていこうと考えています。在籍確認も本人のプライバシーを配慮した方法で行ってもらえたので助かりました。

 

これまで、金融面でのトラブルが全く無かったのが良かったようです。ギャンブルは楽しいものですが、このような事態に陥らないように、今後は控えようと思っています。

 

審査に落ちてしまった人の体験談

毎月のサラリーが45万円のサラリーマンです。それほどお金に困っている訳ではないのですが、趣味の方にかなりの投資をしてしまっているので、生活にはそれほどゆとりがある訳ではありません。先日車にのっていて、道路標識を壊してしまうという失態をしてしまいました。

 

車の修理代も含めてお金が必要になりましたので、カードローンの申し込みをいたしましたが、残念ながら、どこの金融機関からもOKとはなりませんでした。

 

そうなってしまった一番の理由としては、2年ほど前に債務整理をした経歴があるからではないかと思っています。いわゆるブラックリストの状態になってしまうと、カードローンの審査に通ることはないと考えておいて良いでしょう。

 

消費者金融と銀行カードローンならどっちがお得?

カードローンを行っている金融機関が銀行と消費者金融であるとするときに、どちらの方がお得にお金を借りることが出来ると考えることができるのでしょうか?

 

一概にどちらが良いということはできません。なぜならばそれぞれにメリットとデメリットがあるからです。それらを総合的に分析をしてみて、自分にとって一番合ったカードローンを考えていくのが良いでしょう。ここではそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきますので、参考にしてみるといいでしょう。

 

銀行のカードローンのメリットとは

銀行のカードローンの金利は消費者金融のそれに比べて、かなり低く設定されていることがほとんどですので、同じ金額の借入をした場合には返済の負担がかなり変わってきます。更には、消費者金融からの借入に比べて、銀行のカードローンは総量規制の対象外ですので、それに抵触していてもお金を借りいれることが可能になります。

 

しかしながら、総量規制の範囲を全て使ってお金を借りていると、返済は非常に大変なものになってしまいますので、その点は注意が必要です。年収の20%までに借入の総額を抑えるようにした方がいいでしょう。

 

銀行のカードローンのデメリットとは

銀行のカードローンは即日での借り入れに対応しているものが非常に少ないというデメリットが存在しています。一部の銀行カードローンでは即日融資に対応をしていますが、それでもカーンカードが郵送されてくるまでは借り入れをすることが出来ないというケースがほとんどですので、急にお金が必要になってしまったときには利用するのが非常に難しくなってしまいます。

 

銀行のカードローンの審査は非常に厳しいことが知られています。ほかの金融機関からのお金の借入がある場合にその総数が3件を超えてしまうと、審査に通るのは至難の業になってしまいます。

 

消費者金融のカードローンのメリットとは

消費者金融のカードローンは非常に柔軟性のとんだ富んだサービス内容をもっています。例えば、30日間無利息のサービスを持っている金融機関もありますし、即日融資に対応可能な金融機関も存在しています。

 

午後3時までに契約が完了すると、その日のうちにお金を貸してもらえるようになりますので、急な物入りの時は非常に助かることになります。また、消費者金融の場合には4つ以上の借入件数があっても審査に通ることがあるということもメリットです。すなわち銀行のカードローンの審査にくらべるとその審査基準は一般的に甘いものとなっています。

 

消費者金融のカードローンのデメリットとは

消費者金融のカードローンの金利は多くの場合において、銀行のカードローンのそれよりもはるかに高いものとなっています。したがって、借りたお金の返済に際して、より多くの金額を返済しなくてはならないというデメリットがでてきてしまいます。借りる場合には大手と言われている信用できる消費者金融からの借入が肝要です。

 

場合によっては闇金のようなものも存在していますので、到底払うことが出来ない返済を迫られてしまうこともありますので、契約内容や返済のプランは十分に検討してみると良いでしょう。

 

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンにはそれぞれ一長一短がありますので、自分に最適なものを検討してから、申し込みをしていくようにすると良いでしょう。

 

カードローン利用者の平均借入額

カードローンの平均の借入額はどの程度のものなのでしょうか?ほとんどの方が10万円未満の借入となっているようです。中に100万円以上の借入をする方もいるようですが、その割合は非常に少ないと考えて良いでしょう。

 

多くの給与をもらっている人であれば、仮に30万円くらい借りても問題なさそうですが、実際の所は給与の額とその方の返済能力は対応するものではありませんので、最初はそれほど多くのお金を金融機関の方でも貸すことはしないようです。

 

また消費者金融からの借入の限度額はだんだんと増やしていくことも可能になっていますので、計画的にお金を借りて、誠実にそして期日までに返済を行っていくようにするとだんだんと借入の限度額を増やしていくことが可能になります。

 

カードローンの借入の使途ですが、ほとんどの方が生活費の足しにとしているようです。また、冠婚葬祭の費用としてそれを使うという方も多くなっています。贅沢のためにカードローンを使うことはほとんどないようですね。贅沢のためにお金を借りてしまうと、返済のためにお金をうまく捻出できなくなってしまうので、避けたほうが良いでしょう。

 

本当に必要なものを計画的に借りることが最良の借入の方法といえます。

 

利用したカードローンはどこ?

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンですが、実際の所どちらを利用する人が多いのでしょうか?

 

データによりますと半分以上の方が銀行のカードローンを活用されているようです。消費者金融に比べて銀行の方が知名度と信頼性が高いためと考えている人が多いからのようです。更には金利も銀行の方が消費者金融に比べて低く設定されていますので、それも銀行のカードローンを使う方が多い理由といえます。

 

しかしながら、銀行のカードローンは審査に際して時間がかかりますので、即日での借り入れを考えている場合には消費者金融を使う方もいます。更には、初回は30日間は無利息でお金を借りることが出来るという理由で消費者金融を活用する人もいます。借りる方のニーズと緊急性によって、どちらの金融機関を使っていくのか決められていくようなイメージです。

 

結局のところ、金利と安心感を上位のプライオリティにしてお金を借りている方がたくさんいることになるようですね。

 

カードローンで重視するとことは?

カードローンを活用する際に一番重要と考えているポイントが金利となっているというデータがあります。金利はお金を返済する際にその負担に直結してくる要素ですので、それを重要に考えている人が多いようです。また、お金を借りる際に、取り立てのことが心配になるので、信頼できる金融機関を選ぶ方が多くなっています。

 

しかしながら、間違っていわゆる違法な金融機関からお金を借りてしまったら、すぐに法律の専門家に相談をして、対処をすることが必要です。そのようなトラブルに巻き込まれないようにするには、どんな場合においても、大手の金融機関からお金を借りることを考えなくてはなりません。もちろん審査はありますが、金融関連のトラブルが無く、計画的な借入であれば、必ずしも難しい訳ではありません。

 

巷では審査の甘いと言われている金融機関も存在していますが、多くの場合において返済に大きな負担を抱えることになって、最悪の場合は債務整理をする羽目になってしまうことも考えられますので、注意が必要です。堅実にそして安定感のある金融機関をどんな場合においても活用することがお勧めです。

 

カードローンは誰にもバレずに借りられる?

金融機関から、ばれずにお金を借りることが出来るのでしょうかという問題ですが、たとえばwebでの申し込みをすればバレてしまう可能性はほとんど考えられないことになります。

 

また、お金を借りる時に必ず行われる在籍確認ですが、在籍確認によって仕事場に連絡が入るのを避けたい場合には、あらかじめ金融機関の方とそれについて相談しておくと良いでしょう。もちろん在籍確認をスキップすることはできませんが、職場への電話は避けることが出来るようになることもあります

 

しかしながら、手続きの上では借金をしていることがバレてしまうことはあまり考えられませんが、借りたお金は返済をしなくてはなりません。決まった期日に返済をしなくてはなりませんが、万が一滞納してしまったりすると、督促状が郵送されてしまったり電話がかかってくることも起きてしまいます。それによって、借入をしていることがばれてしまう可能性もでてきますので、その点は注意が必要になってきます。

 

うっかり返すのを忘れてしまっても、当然のことながら督促はやってきますので、返済の期日をリマインドしてくれるシステムを持った金融機関からお金を借りることをした方が良いでしょう。

 

気を付けて!悪徳金融業者の手口

 

世の中には悪徳金融機関が存在しています。そのような金融機関にあたってしまうと大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性が出て来ますので注意が必要です。

 

悪徳金融機関の話は誰もが、媒体などから聞いたことがあると思うので、自分はまさかそんな悪徳金融機関に騙されてしまうことはないだろうと思うかもしれませんが、お金が急に必要になってしまって、精神的に動揺しているような場合には、通常の場合と異なって、冷静に物事をすることが出来なくなってしまいますので、うっかり悪徳金融業者の魔の手にはまってしまうことも起きてしまいます。

 

いわゆる法定金利よりも高い金利でお金を貸しつけて違法な取り立てを行う闇金も「多重債務であってもお金を借りることができます」などと言って忍び寄って来ますので注意が必要です。誰もが審査に不安を覚えることを逆手にとって「審査不要でその日のうちに融資します」などと言ってしのびよってくる場合もあります。

 

悪徳金融業者に騙されないようにするにはその手口を知っておくと良いでしょう。ここではその手口のいくつかを紹介しておきます。

 

アルバイト詐欺

アルバイト求人に応募してきた人にたいして、その人にカードローンを契約させることを行います。契約後に作られたローンカードを相手に渡してしまうと勝手にそれを使ってお金を借りられてしまうことになります。

 

もちろん、渡してしまうと相手とは連絡が取れなくなりますので、自分が借りてはいないお金を返すことになってしまいます。カードローンは即日での融資に対応しているものが多いので、その仕組みを巧みに使った悪質な詐欺ということになりますので注意が必要です。

 

ダイレクトメール

全くこれまでコンタクトの無かった金融機関からダイレクトメールが来て「審査に通過しましたので、**円まで借りることが出来るようになりました」ということが知らされることになります。良く考えてみれば明らかなように、全くコンタクトの無い金融機関が審査をすることは事実上不可能なので、明らかに悪徳金融機関と考えて間違いありません。

 

闇金は、大手の金融機関と類似の名前を使っていることも多いので混同しないようにしなくてはなりません。高利貸しでの貸付なので、到底返済できない請求が違法に送付されてくることになってしまいます。

 

保証金詐欺

カードローンの申し込みをする際に、申込者の返済能力を調べるという口実でほかの金融会社からお金をかりてその金額を送金するように言われます。

 

送金すると、相手の金融機関と連絡が取れなくなってしまって、別のカードローンの返済だけを行う羽目になってしまいます。

 

カードローンは非常に便利なものですので、ますます多くの利用者が今後見込まれています。お金を使える幅が増えることは生活の利便性を高めてくれることになります。しかしながら、中には悪徳金融機関も存在していますので、どんなに甘いことも言われても、信用のおける大手の金融機関からの借入を検討することが肝要です。

 

また、必要以上に多くのお金を借りてしまうことはいたずらに返済の負担を大きくしてしまうので、これも避けたほうが良いでしょう。さらに、不幸にも悪徳金融機関に騙されてしまった場合には、すぐに法律の専門家に相談をしてその対応を取ることを考えるようにしなくてはなりません。

お金借りるランキング

お金借りる

×