違いをわかりやすく説明!「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」って何が違うの?

「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」って何が違うの?

 

世の中には、混同しがちなものがあります。しかし、よく調べてみると、違いが存在するのです。銀行と信用金庫の違いを瞬時に答えられる方は、そんなに存在しないと思われます。キャッシングにおいても、同様なことが見受けられるのです。銀行系キャッシングと銀行キャッシングです。

 

名称は酷似しているようなイメージがありますが、どのような明確な違いが存在するのでしょうか。

 

「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」にはどんな違いがある?

銀行系キャッシングは、銀行が経営資金を出資している消費者金融が融資してくれることを示します。

 

銀行キャッシングは、銀行そのものが融資してくれることになります。

 

この違いは、借入するときの借入のしやすさ、及び実質年率に反映されるのです。即日融資が可能である銀行キャッシングには、カードローンやフリーローンは該当しますが、総量規制の対象外であること、そして、低い実質年率も加味されて、キャッシング可能となるわけです。

 

この総量規制の有無が大きな違いとして、浮かび上がります。総量規制とは、年収の3分の1までの金額しか借入できないという制限のことです。銀行系キャッシングは、正直、消費者系金融系業者なので、総量規制の対象となってしまうのです。同時に、銀行からの借入である、銀行キャッシングは総量規制の対象にはならないのです。この総量規制の対象になる方が多く、新たな借入が困難になるケースも増加してきています。

 

そういう影響を考慮してみると、総量規制の対象にならない銀行キャッシングの方が、借入する方からしてみれば、メリットとなると思います。

 

銀行キャッシングのメリット

 

銀行キャッシングには、何点かのメリットが存在しています。

 

まず、一つ目は、総量規制の対象にならないことが挙げられますが、その他にも、実質年率が低いということもメリットのひとつです。この実質年率が低いということは、いわば、利息の負担額が減少するということです。総返済額において、大きな違いが出てくるので、決して、無視出来ないメリットです。そのため、銀行キャッシングでは、利息及び返済額を軽減させたい、といった複数のローンを一気にまとめて支払うことが可能な、おまとめローンというものも存在します。

 

借入が難しい、という一面を考慮し、銀行がきちんと、信頼可能であると判断をしてくれるわけですし、他よりも有利な融資が受けられるということに直結するのです。時間に余裕があり、審査を難なく、通過することが可能な方は、銀行キャッシングを利用することがベストな方法である、と思われます。銀行キャッシングには、このようなメリットがあります。

 

銀行キャッシングのデメリット

銀行キャッシングにも、実は、デメリットが存在します。メリットを考慮してみると、銀行キャッシングを利用してみたい、と思われるのは当然ですが、デメリットも考慮しておきましょう。

 

まず、一般的なキャッシングローンの業者と比較すると、審査が厳しい面があります。そして、即日の借入が出来ない場合もあります。銀行の対応にもよりますが、詳細な個人情報の入力など、申込手続きが面倒でもあります。年収の制限がある場合も存在します。

 

そして、返済が滞った場合は、法的処置を伴った方法で、借金を回収されるといったことがデメリットとして挙げられます。要約すると、借入するためのハードルが高目に設定されているのです。

 

例えば、年収の制限があり、年収が300万円以上でないと、申込が不可といったケースがあるなど、所定の条件をクリアしていなければ、申込が出来ないことも存在するのです。

 

銀行系キャッシングよりも、審査が厳しいという事実は反目するポイントのひとつです。

 

銀行系キャッシングのメリットは?

銀行系キャッシングには、様々なメリットがあります。これらは、利用者にとって、受け取り方が違うかもしれませんが、酸いも甘いも含まれています。金利が低いことが挙げられます。借りたお金を返すには、元金に金利を付随させなければなりませんから、金利は少しでも安いところが良いわけです。

 

有利な金利で借りたい人には、銀行系キャッシングがおすすめです。利用限度額を大きくなることもメリットです。

 

手順を踏んで、利用限度額を増枠させていくことも可能です。銀行系のキャッシングは、利用限度額に応じて、金利が決定されるわけですから、増枠される度に、金利も低くなっていくのです。そして、即日融資が可能な点もメリットです。基本的に、銀行系キャッシングは、審査に時間を掛けません。

 

条件によっては、最短30分で、審査結果が出て、即日融資も可能になるというわけです。急いでいる方には、銀行系キャッシングが向いているのではないか、と思います。

 

銀行系キャッシングのデメリット

銀行系キャッシングは、消費者金融であるケースがほとんどですから、当然、デメリットも存在します。専業主婦は借入不可になるケースが多く、配偶者に安定した収入があるかどうかが大きなポイントとなってきます。そして、返済が滞ってしまうと、個人信用情報に登録されてしまい、他にもし、ローンがあるのであれば、金融機関の審査に響く可能性があります。これが、新規に住宅ローンを組むことになったとしたら、融資が受けられなく可能性があるということです。

 

要するに、小さな事故により、大怪我をする可能性があるということです。返済事故には注意をするべきです。

 

もうひとつのデメリットとしては、総量規制の対象となることです。年収の3分の1までしか、借りることは出来ません。この総量規制は、利用者にとっては、デメリットですが、長期的な視点で言えば、メリットとも言えるのです。何故なら、返すことの出来ない借金は、自己破産など、自分が社会的に制裁を受けかねないことに成り得るからです。

お金借りるランキング

お金借りる

×