安全にお金を借りるためのポイント

安全にお金を借りるには、どのようなことに気をつけるべきでしょうか?最近起こっている「融資トラブル」を例に、安全な方法を考えることにしましょう。

 

融資トラブル

 

融資トラブルの例・その1

専業主婦や年金受給者、無職の方をターゲットに「無審査で融資します!」と甘い話を持ちかけて来る悪徳金融業者(個人または団体)が存在します。

 

一旦申し込みをしてしまうと、法定外の金利で違法に融資を行い、返済できない分は債務者の家族なども巻き込み、回収できるまで徹底的に取り立てを行う様です。

 

また、債務者の年金手帳や生活保護の制度などを、悪用するケースも多いので非常に危険です。被害に巻き込まれた場合は、早めに警察や自治体に相談してください。

 

融資トラブルの例・その2

貸金業社として登録を行っていると見せかけ、違法な融資を行う街金業社が存在します。大手金融機関や業者に似た名前を使うところも多く、シニア層の利用者が違法融資の被害に遭いやすくなっています。

 

また、返済できない分は家族を巻き込んで、厳しい取り立てが行われるので大変危険です。個人情報が悪用されやすいので、絶対にコンタクトを取らないようにしてください。

 

融資トラブルの例・その3

高額融資を無審査で実施!」など、甘い言葉で勧誘を行う闇金融業者が存在します。手数料等と称して別の金融機関で融資を受けさせ、キャッシングしたお金を悪徳業者に郵送するよう指示されます。

 

もちろん郵送をしたお金は返金されることはなく、こうした貸します詐欺の被害が多発している様です。

 

安全にお金を借りるには、何が必要か?

現在起きている「金融被害の例」を説明しましたが、安全にお金を借りるには以下のポイントに注意する必要があります。

 

  • 金融機関は大手銀行や消費者金融の場合は銀行系を選ぶ
  • おかしいと思ったら、すぐに警察に相談をする
  • 現金を送るよう指示されるのは危険!違法業者の可能性大!

 

みなさんも、甘い話には乗らないようにしてください。また、お金を借りる場合は名前の分かる金融機関でお金を借りるようにしましょう。
本サイトでご紹介している金融機関は、誰もが安全に利用できる金融機関ばかりです。

 

お金借りる至急.com ランキングTOPへ戻る