お金借りる至急.com

自動車ローンに頭金は必要?頭金を払うメリット・デメリット

 

自動車ローンを組みたいというときに、以前は頭金を支払うことがよくありました。しかし、最近ではそうした傾向も変わってきているようです。頭金がなくてもローンが組めるようになりましたが、頭金がある場合とない場合では、自動車ローンの組みやすさや、組んだ後の支払総額が変わってきます。

 

そうした頭金を入れて自動車ローンを組むときのメリットとデメリット、また頭金なしのフルローンで自動車ローンを組むメリットとデメリットについて触れていきます。

 

何が正解かはそれぞれ異なります。無理のない自動車ローンの返済プランを立てるようにしましょう。

 

自動車ローンの頭金は必要?

自動車を買う場合、以前は頭金が必要となることも少なくありませんでした。ただ、その状況は変わりつつあります。今、自動車ローンを組むのに頭金は必ずしも必要ありません。自動車を買う場合に、手元にお金がなくてもローンが組めればほしいと思ったときに購入できます。そのため、自動車を購入したい人には大きなメリットとなるでしょう。

 

ただ、自動車ローンを借りる場合に、全く頭金の支払いがなされないというわけではありません。中には頭金を払って自動車ローンを利用している人もいます。実際、1割から3割程度、頭金を払って自動車ローンを利用している人がいます。そこにはローンの支払額を抑えたいという支払う側の都合もあれば、自動車ローンを組むためには必要だったなど様々な事例が存在します。

 

こうした頭金も、払える金額が金融機関によって制限があります。頭金を支払おうとしたとき、どのくらい払えばいいのでしょうか。それは自動車ローンの総額に関係しています。総額の1割から3割程度です。ただ、この支払額は事例によって様々で、常時適用されるわけではないことは知っておきましょう。頭金の上限と下限が設けられている金融機関もあります。

 

下限は自動車ローンを組むにはこれくらいは前もって必要だとされる額で、1割のところもあれば、5パーセントのところもあります。ただ、この額は絶対ではありません。下限額を設定していない銀行もあります。そうした銀行の多くは、自動車ローンを組むときに頭金が必要ないとしているためです。

 

頭金の上限も金融機関によっては設定されていところもあります。そうした場合は、100万のローンを組むために20万支払ってもいいし、50万支払ってもいいとなっています。ただ、金融機関によっては、100万のローンを組むために92万円を頭金として支払うと、ローンが組めないことがあります

 

それは頭金の額が大きすぎることに関係しています。ローンを借りた場合、完済してしまえばいいのではないかと考える人も少なくないでしょう。しかし、単にそういうわけではありません。完済するのはもちろんのこと、自動車ローンの特定の取り決めが金融機関によってあるためです。

 

自動車ローンの最低貸出額も金融機関によって取り決めがあります。金融機関によっては自動車ローンの下限額が10万や20万と具体的に設定されているため、その設定額以上のローンを組む必要があります。そのため、頭金が多すぎる場合はローンを組むことができません。

 

また、頭金を必要としないことも増えましたが、必ずしも必要ないというわけではありません。頭金が必ず必要とされる場合もあります。そのうちの一つの事例は、年収よりも必要額のほうが多い場合です。年収200万の人が250万の車を買いたいといった時、にこうした問題が生じます。なぜかといえば、年収以上の自動車ローンを組むことができないからです。

 

また、キャッシングやローンの返済、クレジットカードの分割払い、携帯代の分割払いなどの各種支払いが多い場合にも頭金が必要となるケースがあります。支払い能力がないのではないかと判断されるためです。

 

問題なく自動車ローンを組める額としては、年収の35から40パーセント以内とされています。

 

それ以上であれば、頭金が必要となったり、必要な額の許可がおりなかったりする可能性もあります。

 

例えば年収500万の人であれば、40パーセント以下、すなわち年間200万までのローンを組むことができます。250万円の自動車を買い、2年ローンを組んだ場合は通りますが、1年だと年収の40パーセントを超えてしまうため、審査には通りにくくなります。また、2年ローンを組んでも他のローンがあり、その支払いが75万以上であれば40パーセントを超えてしまいます。こうした場合は自動車ローンを契約できません。

 

こうしたときに役に立つのが頭金です。その40パーセントを超える分を頭金として支払うことで、ローンの総額を抑えることができ、自動車ローンを組むことができるでしょう。

 

また、自動車ローンを250万借りたいと言っていても、審査次第では200万までしか下りないこともあります。こうしたときの差額を頭金として支払う必要があります。

 

頭金を払うと、自動車ローンが通りやすくなるというメリットがあります。しかし、自動車ローンを組むときに頭金を払えば必ず通るかといえば、そうとも言い切れません。

 

審査に通らないというときに見直したいのが、他の金融機関からどれくらいお金を借りているかです。他者からの借り入れが多いと自動車ローンの審査も厳しくなります。そうした場合は、自動車の購入をしばらく待ち、他の金融機関の返済をしてから借り入れをしたほうが審査が通りやすくなるでしょう。

 

頭金を払うメリットとデメリット

 

自動車ローンを払うときに、頭金も払う場合には、メリットとデメリットがあります。

 

まず、メリットとしては、審査に通りやすくなります。頭金を支払うことで、前もって金融機関との間に信頼関係を築きやすくなります。頭金を前もって準備した人のほうが、返済も滞りなく行えているという事例もあります。

 

頭金を払うメリットとしては、金利が下がることもあります。例えばある金融機関の場合では頭金を払わないと3パーセントの金利がかかるのに対して、頭金を払えば2パーセントまで金利が下がることがあります。ここまで大きな変化はなくても、頭金を払えば、0.2パーセント前後金利が下がるとされています。

 

頭金を払えば、その分借りる金額も減ります。そのため、利息が高く、借りる金額が大きいほど、返済回数が同じであっても、利息の総額が大きく変わってきます。

 

また、200万必要な時に、頭金を40万払えば、借りる金額は160万で済みます。これを200万頭金なしで借りた場合と比較すると、頭金40万円分の支払いが少なくて済みます。そのため、支払回数が同じであれば、月々の支払額が減ってくれます。頭金があればその分ローンの支払額が減ってくれます。そのため、他のローンを組みやすくなります。

 

頭金を払うデメリットと言えば、まずはまとまったお金が必要になることです。車がほしいと思っても、まとまったお金を持っていない場合は、頭金を支払うことができません。その場合、まずは数か月頭金を貯める必要性があります。

 

具体的にどれくらいの頭金が必要となるかは場合によって違いますが、一般的な金額である2、3割で考えてみましょう。2、3割程度の頭金を払う場合、100万の車を買った場合、20万、30万のお金を支払う必要が出てきます。自動車を買うためのお金と考えると当然の金額ですが、それだけの額を一度に払うと負担は大きくなるでしょう。

 

他にも預貯金があればよいですが、いざというときの貯金をそれだけの額を切り崩すというのも気が進まないと感じる方も少なくないでしょう。

 

ディーラーへの支払いを銀行が行う場合には、手間がかかることがあるのもデメリットの一つです。その自動車ローンを借りている金融機関と支払いを行う金融機関が違う場合は、お金を移す必要もあります。また、頭金を金融機関ではなくディーラーに支払った場合には、支払う残額が違ってくるため改めて確認をする必要があります。

 

頭金を払ってもまだ貯蓄に余裕がある場合はいいですが、そうでない場合は注意が必要です。急に出費が必要になった場合、多額の頭金を払っているとお金が回らなくなってしまいます。また、車を購入した後には費用がかさみます。そのため、車を買った後に、どれくらいのお金が必要になるかを改めて考えておきましょう。

 

車を買うときは、その金額も大きく負担になります。ただ、それだけではありません。

 

車本体のお金に比べて、自動車取得税、自動車税、納車費用、登録費用、ナンバープレートの料金、車庫証明申請手数料、リサイクル料がかかります。これらの全てで数万円の費用がかかります

 

自分で陸運局に足を運び、こうした登録手段の場合は若干安く済みますが、もし忙しくて行けないなどといった理由で販売店や業者にこうした手続きを依頼した場合、余計に費用が掛かります。

 

具体的には自動車取得税は車体価格の3パーセント、軽自動車の場合は2パーセントがかかります。

 

自動車税は軽自動車の場合は10800円ですが、普通車の場合は排気量によってその金額が変わってきます。

 

納車費用は1万から3万円、検査登録費用は700円、ナンバープレート料金は7000円ほど、車庫証明手数料は500円から2800円、リサイクル量は最大1万8000円とされています。都道府県によって料金が変わってくるため、前もって確認しておきましょう。

 

また、車検費用も大きな出費となりますし、保険にも入らないといけません。車検の費用は7、8万円ほど、自賠責保険は3万ほど、任意保険は10万ほどとなります。車検の費用はすぐにかかるものではありませんが、金額が大きいため、自動車を持つ場合には意識してためておきたい金額の一つです。

 

これは最低限必要な金額です。車を停めるなら駐車スペースが必要です。家に駐車場があるというときはいいですが、そうでない場合は駐車場も探さないといけません。その駐車場代も考慮しておきましょう。また、故障が起こった時のメンテナンス代金は確保しておきましょう。

 

頭金があると支払い自体に余裕が出てきますが、その後、急にお金が必要になった場合には困ってしまう可能性もあります。頭金がない場合は余剰資金はありますが、支払自体が大変になってしまうというデメリットもあります。

 

頭金なしのメリット・デメリット

頭金を支払わない場合のメリットとデメリットもあります。頭金を払わない場合はフルローンとなりますが、まずはメリットとして、車の購入時にお金が必要とないことです。そのため、他のことで出費してしまい、手元にお金がない状態でも車を買うことができます。逆に頭金が必要な場合は、頭金を貯めるまで車を買うことができません。

 

また、預貯金がある場合でも、現金を手元に残しておけば、その現金を生活費用に充てることもできます。急な出費が必要になっても安心感があります。お金を貯めておき、余裕があるというときは、自動車ローンを繰り上げ返済するといった対応も可能です。

 

繰り上げ返済をすることで、返済期間の短縮ができます。そのため、トータルでかかる利息を減らすこともできるでしょう。しかし、どの自動車ローンでも繰り上げ返済ができるというわけではありません。中には繰り上げ返済ができないローンもあるためです。繰り上げ返済をしたい場合には、繰り上げ返済ができる自動車ローンかどうかを前もって確認しておきましょう。

 

繰り上げ返済が可能といっても注意したい点もいくつかあります。それは繰り上げ返済時に別に手数料がかからないかということです。他に手数料がかかってしまえば、毎月利息がかかっても返済していたほうが得だったとなってしまう可能性もあります。

 

自動車ローンによっては、繰り上げ返済は認めていても、残額を一括で払う場合に限るとされている場合もあります。そうした場合には早めの繰り上げ返済は厳しいため、タイミングを見て支払いを行いましょう。

 

自動車ローンで頭金を払わないデメリットとしては審査に通りにくくなるということです。頭金がある場合は、審査が通りやすくなりますが、同じくらいの収入があっても、頭金ありと頭金なしでは審査の通りやすさが変わってきます。

 

同じくらいの収入の人が同じくらいの額の自動車ローンを組んだとしても、一方は頭金ありで審査に通り、もう一方は頭金がなく審査には通らなかったという結果が生じる可能性もあります。

 

また、頭金があると金利の優遇制度がある場合もあります。頭金なしでは3パーセントの金利がかかっても、頭金を入れると2.7パーセントの金利ですむという可能性も少なくありません。そのため、根本的な金利自体が変わってきます。100万単位でお金を借りれば、その金利の差も数万円の差となってでてきます。そうした事例から、同じ額を借り入れても金利に違いが出てきてしまいます。お金を返済するときに支払う総額も変わってくるでしょう。

 

フルローンの場合はローンの金額自体が大きいため、支払額が多くなってきます。その支払額を問題なくこなせればいいですが、難しいかもしれないと感じる場合は、返済期間を長くして、回数を多くしてみましょう。ただ、返済期間が延びれば、その分利息も増えるため、トータルの支払額は多くなります。

 

無理をしてローンの返済期間を短くするために、返済額をあげても、問題なく返済ができれば問題ありません。しかし、自動車ローンを滞納をしてしまうと信用情報に残ってしまい、新規のローンを借りる場合の足かせになってしまう場合もあります。そのため、自動車ローンの返済は毎月お金を払わないといけないため、必ず返せる金額に設定しておくことが大切です。

 

日常生活を送る上では自動車ローンだけではなく、教育ローンや住宅ローンなど各種ローンを組む機会も少なくないでしょう。そのため、自動車ローンを借りた場合にはほかのローンが通りにくくなる可能性もあります。収入の35パーセントから40パーセント程度と決まっているためです。

 

今の収入であれば問題なく返済できると考えていても、いつどんな状況になるかは分かりません。できるだけ余分なお金は使わずに繰り上げ返済を積極的に検討するようにしましょう。これは長期のローンを組んだ場合にも該当します。

 

また、自動車ローンの期間は金融機関によって様々です。半年で終わるものもあれば、最大10年までローンを組むことができます。期間が長ければ長いほど、月々の支払額に余裕ができてきます。

 

自動車ローンのために7、8年のローンを組んだとします。そのローンを支払い終わる前に新しい車を買うと、二重ローンになってしまう可能性もあります。フルローンであれば支払期間が長くなることもあるため、こうしたことを避けるようにしましょう。

 

また、新しくローンを借りても同じことがいえるでしょう。住宅ローンに自動車ローンを借りていては、その支払額も多額のものになってしまいます。そのため、ローンを毎月返済しているから十分だとは考えるのは控えましょう。そして、これは借金であるということは忘れずに、着実に返済するようにしましょう。

 

まとめ

結論からいえば、頭金は自動車ローンを借りる場合には必要ありません。ただ、頭金を払っておくことにメリットはあります。

 

頭金を払う場合には必要額の1割から3割となっています。ただ、細かい制限がない金融機関のほうが多いでしょう。

 

金融機関によっては最低額、最高額が設定されていることもあります。その場合はその設定額を守るようにしましょう。

 

頭金は必ず必要ではありませんが、必要となる場合もあります。年収が必要額より低い場合には、必ず必要となります。また、年収に対し自動車ローンの額が多い場合にも頭金が必要となる場合もあります。

 

他にもローンを借りているときは、他に借りているローンも含めて、年収の35パーセントから40パーセントにとどめておきましょう。また、自動車ローンは必ずその額が下りるというわけではありません。自動車ローンが必要な額下りなかったときは、その足りない額を頭金として準備する必要があります。

 

頭金を支払うメリットとしては、ローンの審査に通りやすくなることです。誠意があると思われ、実際に支払う金額が減ることも多いでしょう。

 

また、頭金を支払うことで金利が変わってくる場合もあります。これは金融機関によって違うため、自動車ローンを借りる金融機関に確認しておく必要があります。金利が下がれば、必然的に利息総額が安くなります。結果として、毎月の返済額が減ってきます。

 

頭金を支払うデメリットというのは、数十万円ほどのまとまった金額を準備しないといけないことです。購入手続き方法によっては手間がかかる場合も少なくありません。預貯金を減らし頭金にしてしまうと、日常生活において負担になってしまうこともあります。

 

車は購入後にも諸経費がかかります。そのため、特に車の購入後の費用が十分に確保できていないというときには気をつけておきましょう。いざ車を購入しても、乗れないといった事態に陥りかねないからです。無理のない金額を頭金として払うようにしましょう。

 

頭金を支払わないメリットとしては他の費用にゆとりができるということです。必然的に支払回数や支払期間は長くなり支払う額は増えますが、生活にゆとりができるのではないでしょうか。

 

フルローンを組んだ場合の対策としては、余裕があるときは、繰り上げ返済を積極的に活用することです。繰り上げ返済をしていくことで、早めに返済を終えることができます。結果として、支払う利息の額を減らすことができます。

 

フルローンのデメリットとしては審査に通りにくくなることです。頭金があるのとないのでは審査の通りやすさも違いますし、その後の支払いの額も変わってきます。

 

また、自動車ローンを組んだ後に住宅ローンを組みたいと考えているときには注意が必要です。ローンを二つ組んでしまうと、ローンを組むことが可能な年収の割合の35パーセントから40パーセントの範囲を超えてしまい、住宅ローンが断られてしまう可能性もあります。

 

車を買い替えたい、二台目を買いたいという場合にも、もう一台分の自動車ローンを組むようになったということもあるかもしれません。一つのローンの支払いは負担にならなくても、二つの支払いをこなすのは家計の負担になってしまう可能性もあります。

 

そのため、できる限り次から次にローンを組むのは控え、繰り上げ返済などを活用して一つずつローンを組むようにしましょう。他の金融機関から借りれば、分からないのではないかとかんがえてしまいがちになりますが、実際は情報の共有がなされています。また、二社以上からローンを組んでいると、金融機関のローンに通りにくくなってしまうという可能性もあります。

 

不払いを起こしてしまうと信用情報に残ってしまい、次のローンが一定期間、借りられないということも出てきます。そうなると、自動車ローンだけではなく様々なところに問題が出てきてしまいます。他のローンを借りていて、どうしてももう1つ借りないといけなくなったという状況になることもあります。そうした場合は、1つの金融機関でまとめるということを意識してみてもいいのではないでしょうか。

 

金融機関によりますが、1つの金融機関で複数のローンを借りていると、金利の優遇制度もあるためです。借りている額や、借りている順番にもよりますが、場合によっては大きな差が出てくることもあるでしょう。

 

自動車ローンだけに限らず、他のローンと組み合わせてみることで、より多くのメリットを受けることができます。

 

ただ、いかなる場合も共通しているのが、いかにトータルの支払額を抑えるかを意識しておきましょう。自動車ローンに限らず、ローンを借りた場合は早めの返済を常に心がけることで、支払額も大きく変わってきます。それが最も重要なことでしょう。

 

 

≪関連ページ≫

 

お金借りるランキング

関連ページ

融資トラブルを回避!安全にお金を借りるポイント
消費者金融でお金を借りるのは危険?それとも安全?
過払い金請求後の借り入れは可能か?
給料の前借りは労働基準法で禁止されている理由
ゴールデンウィーク(GW)中でも借りれるキャッシング
急な出費で10万借りる時の理由・言い訳
どうしても金欠、貯金0になってしまう人の為の無理なくお金を増やす方法
5万円〜10万円で損をしないキャッシング方法
生命保険で一時的に現金を手に入れる方法
無利息で借りたい方向けのキャッシング業者を紹介
総量規制で自動車ローンが借りられない場合
長期借入・ビジネスで利用したいビジネスローン
どっちがお得?嫌われ者のリボ払いはなぜ危険なのか?
即日振込希望!スピード重視!ネットで完結させたい方向けのキャッシング
キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのか?
過去に金融事故を起こした人のリストは存在するって本当?
借金が返せない!どうしても返済不能の時の最終手段
初めて車を買う人必見!カーローンはこう選ぶ!
職業別&借り方別!お金を借りる方法大調査
知らないうちに連帯保証人に!?連帯保証人の責任と注意点
遅延損害金とは?各社別に返済遅延時の対応まとめ
労金(ろうきん)のカーローンのメリットとデメリットを徹底比較!
自分に合う住宅ローンって?選び方のポイントと審査
住宅ローンを利用するなら早めが肝心!カードローンの解約方法!
使わなきゃ損!目的別ローンの種類と選び方
債務整理と過払い請求について

お金借りる

×