親しき中にも礼儀あり!親にお金を借りる時の理由や金利ってどうすれば良い?

親しき中にも礼儀あり!親にお金を借りる時の理由や金利は?

親や親族、友人知人からお金を借りる時、どうやって切り出そう、何て理由を言えば良いのだろうと悩む人は多くいる事でしょう。お金を借りる事で関係がギクシャクしないか、当然返済はきちんとするけれど果たして自分の事を信頼してもらえるのか、また、いくら親や友人で会っても、お金を借りる際は何か手続きが必要になるのかなど、様々な事が気になります。

 

ここでは、それらの事について、詳しくご説明していきます。

 

親子間のお金の貸し借りでも注意が必要!

親にお金を借りる場合、いくら親子であっても血のつながりがあるからこそ、トラブルが起きないように気を付けなければなりません。一番身近な人だからこそ気を付けなければならない事を、予め知っておく必要があります。自分の子供が困っていれば助けてあげたくなるのが親心であり、お金を貸してくれることでしょう。

 

しかし、だからこそ、親にお金を借りる際は、その気持ちを踏みにじらないように心掛けなければなりません。これまで通りの親子関係を継続する為にも親子間でのお金の貸し借りには注意が必要なのです。

 

生活費に困った、銀行や金融業からの借金返済で苦しんでいるなどの場合、やはり頼りになるのは親ではないでしょうか。親からお金を借りる際は、言い訳や嘘はつかず、正直に事情を話しましょう。また、面倒な契約や利子、審査が無い為気軽に借りられると考えている人も多くいるでしょうが、実は、親から借りる場合でも借用書の作成や、金利の設定は必要です。

 

なぜなら、後々税金が生じる場合があるからです。いくら気軽に何でも言い合える親子であっても、しっかりやる事をやっておかないと、税金絡みの問題が発生した場合、面倒なことになりかねません。親子であっても注意が必要なのです。

 

実の親からお金を借りる場合でも契約書は作っておきましょう

親からお金を借りる際、そのまま現金を受け取るだけで良いのでしょうか。血のつながりがある親とは言え、お金を借りてきちんと返済すると言う意思を証明する為に、契約書を作成した方が良いと考える人もいる事でしょう。しかし、血のつながりがあるからこそ、逆に契約書などは必要ないと考える人もいるでしょう。

 

一番身近にいる親であるからこそお金の事で迷惑を掛けたくない、今後も良好な関係を維持していきたいと言う事であれば、たとえ親子でも契約書は必ず作っておく事を、お勧めします。

 

中には、親子なのだからそんなもの必要ない、いつ返してくれても良いと言う親もいるかもしれませんが、実は親子だからこそ契約書は必要であり、それにはわけがあります。実は税金が絡んでくる事から、作成した方が良いと言われています。実は、親子間の口約束であっても贈与税が絡んでくるからです。

 

契約書では、誰が、誰から、いくら借りた、毎月いくらずつ返済するのかをきちんと記載し、本人の署名、捺印などで契約を交わします。契約書は手書きでも問題は無く、お金を誰が誰から借りたのかをはっきり証拠として残す事が、重要であります。自分と近しい人間とお金の事でトラブルが起こったと言う話は山ほどありますから、お金を貸す人、借りる人どちらにとっても契約書は必要と言えます。尚、契約書などはコピー用紙のものでも全く問題ありません。

 

血のつながっている親子間でであれば必要ないんじゃないか、契約書を作成するなんて面倒臭いと思っている人はたくさんいるようです。まさか親子間で税金が発生するのか、と驚く事でしょう。しかし、親子間での口約束でお金の貸し借りをしたとしても、贈与税はからんできます。これらは忘れずにきちんと覚えておきましょう。

 

親にお金を返すときでも金利は必要?

親からお金を借りる際、住宅ローンとして借りるなどの場合は金額が大きい為、契約書を作成したり金利を設定して金利を足した金額を支払っていかなければ贈与とみなされ、贈与税を支払わなければならなくなります。

 

生活費として数万円を借りると言う事であれば、少額な為問題無いかもしれませんが、金額が大きい場合は税務署から贈与とみなされ贈与税の支払いを求められます。これを回避する為には先程述べたように、契約書などを作成して金利を支払う旨を記載する事を、お勧めします。

 

 

金利の額についてですが、お金を貸すのは銀行でも消費者金融でもなく親ですから、親子で話し合って決めても何も問題はありません。いくらでも良いのです。無利子に設定する事もできますが、その場合、金額相当の贈与税の支払いが発生します。

 

親からマイホーム資金をあげると言われたら贈与になり、贈与税が発生します。マイホーム資金を貸してあげると言われたら、親に借金をする事ですから、利息が発生します。贈与税と区別を付けたいと言う理由から、利息を払う事を条件に、親からお金を借りると言う形をとっている人が多いようです。はっきりとした線引きがないと言う点で難しいところでありますが、例えば親から1,000万円を借りた場合、商事利率を6パーセントで計算するとします。

 

その場合、利子分は60万円となります。利子が110万円以下の場合は贈与税が掛かりませんので、贈与税で支払う額を考えると、利息を支払った方がお得になります。

 

また、多くの人が混同しやすい金利、利率、利息、利子の違いについて、ご説明します。

 

金利とは利息の割合を意味し、その割合をパーセンテージで表したものを金利と言います。利率、利息、利子とは、一般的に金利と同じ意味で使用されており、同じ意味で使っても何も問題ありません。

 

このように、金利、利率、利息、利子は同じ意味で使用されています。もちろんお金を借りる事に限ります。多少捉え方が違うケースもありますが、お金を借りる場面ではこれらの事は気にしなくても良いでしょう。

 

どんなケースが贈与税や相続税の対象になる?

親からお金を借りた際、どんなケースが贈与税、相続税の対象になるのか、いくらから税金がかかるのか、これらは気になるポイントになります。銀行や消費者金融などからお金を借りた場合は、当然税金はかかりません。あくまでも親や親族からお金を借りた場合だけ、贈与税がかかる場合があります。

 

なぜ贈与税がかかってしまうかと言うと、先程も述べたように、親から無利子でお金を借りたからです。その他、親から返済はいつでも良いよと言われた場合も同様に、贈与税を支払わなければいけなくなるので注意が必要です。

 

親子間で貸し借りが合った場合、契約書やお金を返済している事を証明する銀行の通帳など、貸し借りを証明するものを証拠としてしっかり残しておきましょう。契約書には、金利がいくらなのか、利率の記載も必ずして下さい。

 

親にお金を借りる時はどう頼めば良い?

いくら親とは言えお金を貸して欲しいと言いにくかったり、借りたばかりに肩身に狭い思いをするなど、親子であるからこそ芽生える感情もあります。しかし、自分の置かれている現状を考えた際、親からお金を借りる事が最良であると判断した場合は、包み隠さず親に相談しましょう。

 

その場合、ただお金を貸して欲しいと言うのではなく、お金を借りるからにはたとえ親子と言えどもきちんと契約書を書く、金利をきちんと支払う事を伝える事で、親も必要以上に心配しなくなりますし、親子関係の悪化を防ぐ事もできます。親子だから口約束だけで済ますと言う事はいけません。親子だからこそ、一般的にしなければいけない手続きをきちんと実践するべきなのです。

 

世の中にはお金の貸し借りが元で、不仲になってしまった親子、顔を合わせられなくなった親子は少なくありません。自分たちがそうならない為にも、きちんと取り決めをして契約書を作成して下さい。また、毎月決まった日に返済を行うという取り決めになった場合、やむを得ず遅延する時は、いくら親子でも必ず連絡はしましょう。

 

本来であれば、遅延行為は信用問題につながる事になり、場合によっては、たとえ1回でも信用を失ってしまいます。親子だから少しくらい構わないだろうと言う考えはいけません。取り決めはきちんと守って下さい。

 

借りる理由は正直に!

親にお金を借りる際、状況や理由によっては嘘をついてしまう人もいます。また、後ろめたさを感じたり、社会人になってもまだ親に甘えている事に、これで良いのだろうかと罪悪感などを感じる人もいる事でしょう。これらが原因でなかなか本当の事を言い出せなかったり、言い訳に悩んでしまうと言う声も聞こえてきます。

 

しかし、実際に親からお金を借りた人の口コミや体験談などを見ると、借りる理由を正直に話した方が良いと言っている人は多くいます。嘘をついた場合、お金を借りた本人がうっかり忘れてしまう事もあり、そこから親に嘘をついていた事がバレて、結果、どうして嘘をついたんだ、自分達は信用してもらえていなかったと、親を悲しませてしまう事になります。

 

お金を借りる際、親に嘘をついて借りる事は、ウソがばれた時よりも罪悪感を強く感じると聞きます。アルバイトをしている学生は多くいますが、本業はあくまでも勉強ですから、いくらアルバイトをすると言っても限度があります。どうしても切羽詰まってしまった場合は、参考書を買いたい、食費が底をついた、光熱費を払う余裕が無いなどの理由であれば、親も納得するでしょう。

 

また、お金を借りるところは銀行や消費者金融など数多く存在しており、一定の条件をクリアしていれば、手軽に借りられます。しかし、一番安心して借りられるところはどこかなどを考えた時、最終的に頼りになるのはやはり親ではないでしょうか。生活費が足りないなどの理由の他、買いたいものがあるけどお金が無い、人に言えない事情があってお金が必要になったなどと言った場合でも親心から子供の為ならと、お金を貸してくれる親もきっと少なくありません。

 

子供が困っていると聞けば、放っておける親はいないでしょう。

 

上記のようにどんな理由であっても、仕方が無いと最終的には協力してくれるかもしれません。けれど、場合によってはどうしてもっとお金の管理をしっかりとしていなかったのかなど、親だからこそ厳しい事を言ってくる場合もあります。あまりしつこく言われ続けると精神的に苦痛を感じてしまいますが、お金を貸してくれるのであれば、多少言われても仕方がないと反省の気持ちを持ち、何を言われてもきちんと聞きましょう。

 

これ以上信用を失わない、親を悲しませない為にも、次の給料日などの約束した日には遅延する事無く必ず返済して下さい。

 

お金に困る理由は人それぞれでありますが、どんな状況であっても嘘をつく事はせず、正直にお金が必要な訳を話しましょう。下手な言い訳などはせず正直に話す事は、自分の為だけでなく、親の為でもあります。

 

親からお金を借りる理由でよくある理由とは?

 

世の中の人たちは、どういった理由で親にお金を借りているのか、気になるところであります。自分が親からお金を借りる理由について、もしかしたら世間では非常識なのではないかと考える人もいるようです。ここでは、よくある理由についてご紹介します。

 

まず、転職や退職です。転職した事で以前より収入が減ってしまった、退職した事で一時的に収入が得られなくなった、そして一番は、生活に困っていると言う事です。当たり前ですが、収入が無くなれば光熱費や食費、子供の学費や各ローンなどの支払いが出来なくなります。生活費や各ローンなどの支払いの為に、親からお金を借りたと言う話は少なくありません。

 

次に、マイホームを買う為です。マイホーム購入の場合、必要とする頭金が足りなくて不足分を親から借りた、銀行や金融会社からお金を借りるのではなく、親から住宅ローンとしてお金を借りるなどと言う話もあります。また、子供の教育資金です。高校進学や大学進学の為の教育費を、親から借りたといった話もよく聞きます。

 

子供が多ければ多い程、その分教育費は必要となり、足りなくなる事もあります。そういった場合、親を頼ったと言うケースもよくあります。

 

住宅ローンを親から借りる時の注意点

マイホーム購入は一生に一回であり、簡単に買えるものではなく、人生で一番大きな買い物と言われます。決して安い買い物ではありませんから、慎重に手続きなどを進めていきます。一般的には銀行などで住宅ローンを組みますが、親にお金を借りてマイホームを購入する事も可能です。

 

マイホームの購入代金として数千万を親から借りた場合、無利息でお金を借りれば贈与とみなされ贈与税を支払わなくてはなりません。元金が数千万ですから、利息は数百万円となります。この額を税金として支払うのであれば、利息として親に支払いたいと誰もが思う事でしょう。

 

税率など親子間で決めるのも、もちろん良いですが、ここは税のプロである税理士に相談するのも良いでしょう。親からどのくらいお金を借りるのか、金利はどのくらいにするのが妥当なのか、作成した契約書の確認、相談するのも良いでしょう。

 

車を買う時に親からお金を借りる時の注意点

車も家に次いで大きな買い物であると言えます。都会であればバスや電車が多くあり、交通の便が良いので、車が無くても通勤や通学、買い物するのにあまり問題はないでしょう。しかし、都会からはずれると、交通の便がそれほど良いわけではなく、1時間に1本しか電車やバスが来ないなどと言った場所もあります。そういった場合、やはり車があると便利であり、生活に車が欠かせなくなります。

 

しかし車は決して安い訳ではなく新車は勿論、中古車であっても高額です。また、ガソリン代や車などの維持費もかかる事から、それらをどうやって捻出したら良いのか頭を悩ませる事でしょう。もし親に車の購入代金を借りられるのであれば、車の購入代金を代わりに支払ってもらい、毎月決まった額を親に返済すると言う方法は、いかがでしょうか。

 

この場合も、マイホーム程ではないにしろ、車も高額なものですからきちんと契約書を作成して、毎月何日にどのくらい支払うのかをきちんと取り決めを行う事で、今後も親子関係が崩れる事はないでしょう。もし贈与税などが心配な場合は、税理士に相談して的確なアドバイスをしてもらいましょう。

 

因みに、借りた金額が年間110万円以下であれば、贈与税は発生しません。

 

この事から、親にお金を借りる金額は110万円以下に抑えておいた方が賢明でしょう。

 

結婚資金を親から借りる時の注意点

結婚式は想像以上にお金がかかり、いくら幸せの絶頂とは言っても夢ばかり見てはおられず、きちんと現実を見なければなりません。結婚式では親族や友人、同僚などからご祝儀を頂いたり、身内から贈与も受け取れます。これらを元に結婚式にかかったお金を支払うと言ったケースが多いようですが、気になるのはやはり、身内からの贈与です。

 

しかし、結婚式を挙げた人たちから贈与税を支払ったと言った話を、あまり聞いた事はありません。結婚に関する贈与の場合、一般的に贈与税の課税対象から外れるのです。ですから、結婚式などの結婚に関する事で親や身内から贈与を受け取っても、贈与税は一切掛からないので心配は要りません。

 

ただし、受け取った贈与が預貯金の場合、これに関しては、課税対象となりますのでご注意ください。

 

生活費に困ったとき親からお金を借りる時の注意点

親からお金を借りる理由として多いのが、会社が倒産したなどで仕事を失い収入が無くなり、生活するのに困った場合ではないでしょうか。もちろんそれ以外にも様々な理由がある事でしょう。例えば冠婚葬祭などで急な出費が必要となり、生活費が不足した為、親からお金を借りたなどの声も多く聞きます。

 

親から生活費としてお金を借りる場合、自身の年齢やこれまでの生活状況が気になるところであり、特に苦しい生活をしていたわけでもないのにどうしてお金が足りなくなってしまったのかなどと考える事でしょう。結婚をしていた場合、両方の両親から問いただされたり、口うるさく言われてしまう可能性もあります。しかし、親としては子供を想っているからこそ厳しく言ってしまったり、心配しているからこその言葉だと真摯に受け止めて下さい。

 

もし失業中に生活費として親からお金を借りる場合は、直ちに新しい就職先を探して返済の目途を立てたり、冠婚葬祭などの急な出費で生活費に困ってしまった場合は、次の給料が振り込まれたらすぐに返済をしましょう。今後の親子の信頼関係に影響する事ですので、返すと言う約束は必ず守る事が大切です。

 

学生が親からお金を借りる場合

勉強やアルバイトなどで忙しい日々を送っている学生ですが、アルバイトをしていてもお金が足りなくなるなど、どうしてもお金が必要になる事はあるでしょう。そういった場合、やはり一番に頼るのは親ではないでしょうか。学生が親からお金を借りる理由は色々ありますが、一人暮らしの学生であれば生活費としてお金が必要になったり、サークル活動や飲み会、自分の趣味や服飾費など人それぞれあらゆる理由があります。

 

しかし、一番お金が必要となるのは、やはり大学にかかる費用です。学費はもちろんの事、参考書代や資格取得の為の費用、学校に通学する為の交通費などもかかります。また、大学の友人との飲み会などの交際費でお金がかかるという人も少なくありません。20歳を過ぎればお酒を飲む機会も増え、飲み会続きで金欠になったり、友人同士で旅行に出かけるなどと言った事も増えてきます。いくら学生と言えどもやはり付き合いは大切であり、生活費の中で交際費に一番お金をかけている人も多くいます。

 

その他の理由として挙げられるのが、自動車運転免許証の取得をする為です。自動車運転免許証の取得には、結構なお金がかかります。まとまったお金が必要となる為、親からお金を借りる学生は多くいます。自動車運転免許証を持っていると、就職の面接の際に有利になる事もありますので、どうしても自力で運転免許証の費用が捻出できないという人は、親に相談をして借りられるようであれば貸してもらいましょう。

 

学生と言っても20歳未満の未成年は、銀行や金融業者などからお金を借りる事は出来ません。お金に困った場合、友人に頼りたいと考える人も少なくないでしょう。しかし、周りの友人もアルバイトをしてやっと生計を立てている人がほとんどでしょうから、人に貸すほどの余裕は無く、お金を貸してくれる人は少ないでしょう。ですから、お金を借りる際、やはり一番頼れる存在は親になります。親にあまり迷惑をかけない為にも、日頃からきちんと計画を立ててお金を使うようにしましょう。

 

親以外でお金を借りる場合

自分の知らないところで彼氏や夫、彼女や妻が親からお金を借りている事実を知ってしまった時、やはり複雑な心境になります。どうして自分に相談してくれなかったのだろう、なぜお小遣いの範囲内でやりくりが出来なのだろう、借りたお金は一体何に使うのだろうと気になるところです。子供がいる場合は、今後子供にかかる費用の事を考えたら、必要以上にお金を借りる事はしたくないと考えます。もし夫が夫の親からお金を借りていた場合、妻としては面子丸つぶれでショックを受ける人もいるでしょう。

 

やはり一番気になるのは、なぜお金を借りたのかです。理由がギャンブルであった場合は、夫の両親にこれ以上夫にお金を渡さないよう強く言うべきです。お小遣いの範囲内でやりくりできず、お昼代や飲み代としてお金を借りたいと言う事であれば、月々の夫のお小遣いを見直す必要があるかもしれません。しかし、これが彼氏となると、婚姻寒けにあるわけではないので少し視点も変わってきます。けれど、どうしてお金を借りたのか、何に使うのかという点については、たとえ彼氏であっても気になるところであります。

 

大学生であれば、大学の費用として借りているのか、友人との交際費なのか気になる事でしょう。しかし、先程述べたように、ギャンブルに必要なお金を借りたと言う事であれば、もし彼と将来結婚を考えていたのであれば、その考えは改めた方が良いです。ギャンブルの為にお金を借りる事は癖になりますから、この先思いやられるかもしれません

 

どうしてもお金が必要となり、親に相談できない為友人や知人にお金を借りる人は少なくありません。親に言えないような事でも、友人には相談してお金を借りるというケースは案外多いのかもしれません。しかし、何でも相談出来る間柄であったとしても、お金を借りるという行為はお互いの信用が全てであり、お金の貸し借りが元で友人関係が崩れてしまうと言うケースもあります。友達からお金を借りる際のメリット、デメリットにはどう言った事があるのでしょうか。

 

まず、メリットとして、簡単に借りられるという点でしょう。この時の借りる金額にもよりますが、例えば生活費として1万や2万程度借りるのであれば、案外スムーズに貸してくれる事が多いです。返済についても、次の給料日に必ず返すと言う約束であれば、友人からそんなに渋られる事はないでしょう。しかし、ある程度まとまった金額である場合、さすがに悩むはずです。どんなに親しい間柄でも、金額がおおきくなると、本当に大丈夫なのかと不安になるものです。そういった場合、友人を不安にさせない為にも、契約書を作成する事を、お勧めします。

 

契約書は2通作成し、それぞれ持っておくようにします。トラブル防止の為にも、内容を出来るだけ詳しく記載し、いつ、誰が誰にいくら貸した、いつ返済するかなどを記載します。署名や印鑑も忘れずに行って下さい。次に、デメリットですが、やはりお金の貸し借りによる友人関係の悪化です。

 

どんなに仲が良くてなんでも相談出来る間柄であっても、止むを得ない特別な事情が無い限り、お金の貸し借りを簡単にしてはいけません。やむにやまれぬ事情であれば、友人も心情を察してくれてお金を貸してくれるかもしれません。

 

しかし、いくらきちんと返済をしているからと言って、何度もお金を借りたり、返済が滞る事があれば一瞬で信用を失います。自分自身の価値も当然下がり、それを取り戻すのは容易ではなく、長い時間を擁さなければいけません。下手したら、無理かもしれません。友人からお金を借りる際は、やむを得ない場合のみ出来るだけ少額で借りるようにしましょう。もちろん返済もきちんとして下さい。

 

また、銀行や消費者金融などから借りるという人もおおくいます。安心感から言うと、やはり銀行です。その中でも手軽に借りられる銀行のカードローンは、金利が安い事が特徴です。また、無職や学生であっても一定の条件をクリアしていれば、お金を借りる事が可能です。専業主婦として過ごしていて仕事をしていない場合、夫が仕事をしていれば条件はクリアできます。契約する場合は、夫の収入証明書が必要となりますが、おおよそ30万円から50万円程借りる事ができます。

 

学生の場合、学費を払う為にカードローンを利用する人が多く、その他にも1人暮らしの生活費などでも利用する人は少なくありません。アルバイトをしていれば収入を得ているとみなされるので、条件をクリアできます。また、専業主婦にも言える事ですが、年齢が20歳以上であればカードローンの利用が可能です。融資額はおおよそ20万円から30万円ほどが一般的です。消費者金融の場合、即日融資可能なところが多く、担保や保証人が不要である事も特徴です。また、パートやアルバイトなどの正社員でなくても、融資を受ける事ができます。

 

無人契約機などもありますので、誰にも知られずにお金を借りる事もできます。金利は銀行よりも高いですが、次の給料日までの生活費を借りたいなどであれば、無利息期間を設けている消費者金融を選べば、借りた分だけ返済すればよいので大変お得と言えます。

お金借りるランキング

関連ページ

融資トラブルを回避!安全にお金を借りるポイント
消費者金融でお金を借りるのは危険?それとも安全?
過払い金請求後の借り入れは可能か?
給料前借りの前に確認したいこと【保存版】
ゴールデンウィーク(GW)中でも借りれるキャッシング
急な出費で10万借りる時の理由・言い訳
どうしても金欠、貯金0になってしまう人の為の無理なくお金を増やす方法
5万円〜10万円で損をしないキャッシング方法
生命保険で一時的に現金を手に入れる方法
無利息で借りたい方向けのキャッシング業者を紹介
総量規制で自動車ローンが借りられない場合
長期借入・ビジネスで利用したいビジネスローン
どっちがお得?嫌われ者のリボ払いはなぜ危険なのか?
即日振込希望!スピード重視!ネットで完結させたい方向けのキャッシング
キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのか?
借金が返せない!どうしても返済不能の時の最終手段
初めて車を買う人必見!カーローンはこう選ぶ!
職業別&借り方別!お金を借りる方法大調査
知らないうちに連帯保証人に!?連帯保証人の責任と注意点
遅延損害金とは?各社別に返済遅延時の対応まとめ
労金(ろうきん)のカーローンのメリットとデメリットを徹底比較!
自動車ローンに頭金は必要?頭金を払うメリット・デメリット
自分に合う住宅ローンって?選び方のポイントと審査
住宅ローンを利用するなら早めが肝心!カードローンの解約方法!
使わなきゃ損!目的別ローンの種類と選び方
債務整理と過払い請求について
どうしてもお金を借りたい!でも審査に通過できる自信がない!そんな時の最終手段を考えよう!
過去に金融事故を起こした人のリストは存在するって本当?
審査に影響が出てしまう他社での借入状況どんな場合?他社にも借入れがある人の審査について

お金借りる

×