どっちがお得?嫌われ者のリボ払いはなぜ危険なのか?

リボ払いはなぜ危険なのか?

クレジットカードを利用したことがあるという人であれば、一度はリボ払いという言葉を聞いたことがあるのでは無いでしょうか。実際に支払い方法として選択しているという人も言葉を聞いたことがあっても利用したことがないという人でも、リボ払いは危険を伴う支払い方法であると言うことをしっかりと理解をしておく必要があるでしょう。

 

トラブルにならないためにも、これから利用しようとしている人はもちろん、これまで利用している人も、リボ払いの危険性や特徴について今一度、確認してみることをおすすめします。

 

 

≪目次≫

  1. リボ払いと分割払い!それぞれの特徴
  2. リボ払いが分割払いより優れている点はココ
  3. リボ払いの際、気をつけるべきポイント!
  4. 結局、分割払いとリボ払いではどちらがお得?
  5. 支払回数を後から変更する場合
  6. リボは損!おすすめな支払方法は

 

 

リボ払いと分割払い!それぞれの特徴

クレジットカードを利用して、品物を購入したり、サービスを受けた場合、その支払い方法は一度に全額を支払う一括払いの他にリボ払いや分割払いという方法があることに気が付きます。

 

リボ払いと分割払いは、支払額を複数回に分けて支払うという点では同じですが、違う点もいくつかあります。

 

リボ払いの特徴としては、毎月の支払額が一定であるということです。

利用した金額によって支払額は異なりますが、例えば10万円が一つの基準となっている場合、利用額が2万円であっても9万円であっても10万円以下である場合には毎月の支払額は同じということになるのです。カード会社によっては、毎月の支払額を自身で設定することが出来る場合もあります。支払い回数は利用額に応じて異なります。

 

一方の分割払いはあらかじめ支払い回数が決められています。

あらかじめ選択することが出来る支払い回数はカード会社によって決められていることが多いようです。その為、支払い費用は利用額が多くなればなるほど、高額になります。いずれの方法でも、支払いをする際には金利を上乗せする必要があります。

 

なお、リボ払いにはいくつかの種類があります。まず、事前にすべての支払いをリボ払いにて行うように設定するというものです。クレジットカードを使用した時に一括払いを選択することが出来る場合もあります。そして、リボ払い専用のカードもあります。このようなカードの場合には、クレジットカードの利用時に一括払いを希望した場合でも、一括払いにすることは出来ませんので、注意が必要です。

 

クレジットカードを作る際に、知らず知らずのうちにリボ払いが優先的に選択されている場合もあります。そのような場合には、自身で手続きをしなくては、支払い方法を変更することが出来ませんので、確認し、必要に応じて手続きをするようにしましょう。

 

リボ払いが分割払いより優れている点はココ

リボ払いが危険という先入観があると、その言葉を聞いただけで損をする、危険であるというイメージを持ってしまいがちですが、実は、他の支払い方法よりも優れている点もあります。なぜ、危険と言われているのか、どのような点が優れているのかをきちんと知った上で選択することが大切です。

 

リボ払いが分割払いに比べて優れている点としては、支払額が一定であるということです。分割払いのように利用額によって支払額が上下するということはありませんので、支払い管理が簡単です。カード会社によって最低支払額が決められていますので、少なくともその金額以上を毎月支払っていく必要があります。

 

そして、繰り上げ返済をすることが出来るという事も、優れている点といえるでしょう。

 

繰り上げ返済とは、毎月の支払額以上の金額を支払うというものです。お金に余裕があるという場合に繰り上げ返済をしておくと、返済回数を少なくすることが出来ますので、その分利息の支払額も少なくすることが出来ます。

 

分割払いも繰り上げ返済をすることが出来ないというわけではありませんが、繰り上げ返済を希望する場合にはカード会社に連絡する必要があったり、別途手数料を支払う必要があるという手間がかかります

 

リボ払いを選択した場合、1回目はリボ払いで決められている金額を支払い、2回目の支払いで残額を返済するという方法をすることも出来るのです。利息や手数料がかかるのは、1回目の支払い時だけということになります。

 

 

返済回数を自身の懐事情に合わせて決めることが出来るということも大きなメリットということが出来るかもしれません。クレジットカードの支払い時にはお金を用意することが出来ないという場合でも、後からお金を用意することが出来るアテがあるという場合には、リボ払いを選択しても良いのかもしれません。

 

リボ払いの際、気をつけるべきポイント!

リボ払いを利用するという場合には、事前に知っておくべきポイントがあります。

 

まず、金利手数料が分割払いに比べて高く設定されているということです。分割払いの場合には、その相場は12%〜15%であるのに対して、リボ払いの場合は15%〜18%程度であると言われています。この値は、消費者金融からお金を借りる時に設定されている金利を同じ程度であるというと、分かりやすいかもしれません。

 

そして、利用額が高額になりやすい傾向にあるということも注意しなければならないポイントと言えます。分割払いの場合には、あらかじめ決められた支払い回数で全額を支払う必要がありますので、高額利用の場合には、支払額も高額になります。その為、使い過ぎたことを自覚することが出来ますし、危機感を感じやすいものです。

 

しかし、リボ払いはどうでしょうか。リボ払いの特徴は、支払額が毎月一定であるということです。つまり、高額利用時でも、その金額が一定額を超えなければ、支払額に変動はないということです。

 

その為、自分がいくら使ったのかを知ることが難しいため、危機感を感じにくいということになります。なぜ、リボ払いが危険と言われるのか、それは、危機感を感じにくいためと言っても過言ではありません。

 

リボ払い時の金利について、消費者金融からお金を借りている場合の金利を同程度ということからも分かるように、クレジットカードで支払いをするということは、借金をしていることと一緒であると言うことも出来ます。クレジットカード払いは非常に便利であり、身近なものであるということもあり、このような認識を持ちにくいようです。

 

しかし、支払いを後回しにするということは、借金をしているということと同じという認識を持たなければ、支払いをすることが出来ないなどのトラブルに発展する可能性があるということを理解するべきでしょう。

 

結局、分割払いとリボ払いではどちらがお得?

リボ払いと分割払い、どちらがお得に利用することが出来るのかというと、これは、状況により異なると言えます。

 

例えば、お金が入ってくることが事前に分かっているという場合で、それを返済に充てることが出来るという場合には、リボ払いに設定をしておいて、あとで繰り上げ返済をすることで、金利手数料を抑えることが出来るというメリットがあります。

 

しかし、2回で支払いを終えることが出来るという場合には、話が別です。この場合には分割払いがおすすめです。分割払いやリボ払いでの支払いでは、金利手数料がかかりますが、2回払いまでであれば、金利手数料を無料としているカード会社がほとんどです。

 

繰り上げ返済をする予定がないという場合には、分割払いを選ぶことをおすすめします。

 

その理由としては、クレジットカードの使いすぎを防ぐことが出来るということです。分割払いでは、使えば使うほど、支払額が増えます。その為、危機感を得やすく、使いすぎを防ぐことが出来ます。

 

どちらがお得なのかを自身で選ぶことが出来ないという場合には、支払いシミュレーションを利用してみると良いでしょう。大手クレジットカード会社のほとんどで、ホームページ上に支払いシミュレーションをすることが出来るシステムがあります。無料でいつでも利用することが出来ますので、利用額や支払い回数などを考慮して決めるようにすると良いでしょう。

 

毎月の支払額だけではなく、支払う手数料を計算することが出来ますので、自身が利用した分以外の支払い額を知ることも出来るようです。利用しているカード会社でこのようなサービスが用意されているのかを確認し、用意されているようであれば、ぜひ利用してみると良いでしょう。

 

結果としては、よほどの理由がない限りは、リボ払いを選択するよりも分割払いを選んだほうが無難なようです。

 

支払回数を後から変更する場合

一般的なクレジットカードの場合、利用する度に支払い回数を選択することが出来ます。クレジットカードを利用する際に支払い回数を指定することにより、分割払いにすることが出来ます。しかし、特に指定をしなかった場合には一括払いが選択されます。

 

一括払いを選択したとしても、後から支払い回数を変更することが出来るということが多いようです。カード会社によって異なりますが、後から分割払いもしくはリボ払いに変更する方法としては、ホームページや電話でその旨を伝えるだけで良いようです。

 

ただし、引き落とし日直前に変更の手続きをしても、それが反映されるまでは時間がかかってしまう可能性がありますので、いつまでに手続きをするべきかを事前に確認しておくと良いでしょう。

 

支払い回数や支払い方法によっては、請求される手数料に違いがみられる可能性がありますので、その点も確認をした上で手続きをする必要があります。分からないことがあれば、手続きをする前に問い合わせをするなどして、不明点を解消しておきましょう。

 

電話で手続きをしたり、問い合わせをするという時には、対応可能な時間が予め決められている場合があります。また、一部のクレジットカード、法人カードの場合には、支払方法を変更をすることが出来ないこともあります。一括払いを分割払いやリボ払いに変更することが出来るという場合でも、分割払いの回数を減らしたりすることは出来ないというケースもあるようです。

 

いずれにしてもクレジットカードを利用するということは、借金をするということと同じであると考え、利用をする時には慎重に考えるようにしましょう。

 

最近は不正利用などのリスクもあります。クレジットカードを利用していて、「なぜ」と感じられるようなことがあった場合には、早めに問い合わせをすることが重要でしょう。

 

リボは損!おすすめな支払方法は

リボ払いと分割払いを比較した時、リボ払いは分割払いと比較して金利が高くなるので、利息を多く払う事になります。ただ、毎月返済額が変わらないので安心できるというメリットがあります。

 

分割払いは、リボ払いに比べて、2回払いまで利息が不要で、リボ払いと比べて利息が少なくなるというメリットがありますが、一度返済回数を決めると途中で返済方法を変えることが出来ません。ですから、金利はわずかに高くなりますが、一括返済や繰り上げ返済が可能なリボ払いがおすすめです。

 

リボ払いの場合、毎月返済額が低く設定されているので、毎月の返済が楽になります。しかし、毎月返済額だけの支払いを続けていると、利息を含めた総返済額が増えてしまいます。

 

リボ払いのおすすめできる返済方法は、普段は支払いが楽な毎月返済額で支払いを続け、ボーナスが入った時や、お金に余裕が出来た月に、一括や繰り上げ返済をすれば返済期間が短くなり、結果的に利息を少なくする事が出来ます。

 

もうひとつは、クレジットカードの利用が増えてしまった時は、キャッシングでお金を借りて、一括払いをしてしまうという方法があります。

 

クレジットカードの上限金利は18.0%と高めなので、オリックス銀行カードローンの様な金利の低いカードローンに借り換えるのもひとつの方法です。オリックス銀行カードローンなら金利1.7%〜18.0%、融資限度額は最大で800万円まで借りることが出来ます。

 

ちなみに100万円以下の金利は12.0%〜17.8%となっているので、クレジットカードのリボ払いより利息が少なくなります。

 

おすすめの返済方法として、オリックス銀行カードローンを選択肢のひとつに考えてみてはどうでしょうか

 

 

こちらで、リボ払いを計算したとんでもなく損をしていた話を掲載しています。

お金借りるランキング

関連ページ

融資トラブルを回避!安全にお金を借りるポイント
消費者金融でお金を借りるのは危険?それとも安全?
過払い金請求後の借り入れは可能か?
給料前借りの前に確認したいこと【保存版】
ゴールデンウィーク(GW)中でも借りれるキャッシング
急な出費で10万借りる時の理由・言い訳
どうしても金欠、貯金0になってしまう人の為の無理なくお金を増やす方法
5万円〜10万円で損をしないキャッシング方法
生命保険で一時的に現金を手に入れる方法
無利息で借りたい方向けのキャッシング業者を紹介
総量規制で自動車ローンが借りられない場合
長期借入・ビジネスで利用したいビジネスローン
即日振込希望!スピード重視!ネットで完結させたい方向けのキャッシング
キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのか?
借金が返せない!どうしても返済不能の時の最終手段
初めて車を買う人必見!カーローンはこう選ぶ!
職業別&借り方別!お金を借りる方法大調査
知らないうちに連帯保証人に!?連帯保証人の責任と注意点
遅延損害金とは?各社別に返済遅延時の対応まとめ
労金(ろうきん)のカーローンのメリットとデメリットを徹底比較!
自動車ローンに頭金は必要?頭金を払うメリット・デメリット
自分に合う住宅ローンって?選び方のポイントと審査
住宅ローンを利用するなら早めが肝心!カードローンの解約方法!
使わなきゃ損!目的別ローンの種類と選び方
債務整理と過払い請求について
どうしてもお金を借りたい!でも審査に通過できる自信がない!そんな時の最終手段を考えよう!
過去に金融事故を起こした人のリストは存在するって本当?
審査に影響が出てしまう他社での借入状況どんな場合?他社にも借入れがある人の審査について
親しき中にも礼儀あり!親にお金を借りる時の理由や金利ってどうすれば良い?

お金借りる

×