生命保険で一時的に現金を手に入れる方法

生活している中でどうしても現金が足りなくなってしまった場合、保険料を節約したり解約返戻金目当てに生命保険の解約を検討する人もいるでしょう。ただ、目先の生活費も大切ですが将来の備えも重要です。

 

備えも確保しつつ必要な現金も準備したいという場合、実は生命保険を活用すれば一時的に現金を貸し付けてもらえるということをご存知でしょうか。全ての生命保険で貸し付けが可能になるわけではありませんが、どのような仕組みでどのように貸し付けてもらえるのか、メリットやデメリットなどについてもしっかり理解しておく必要があります。

 

解約返戻金の範囲内でお金が借りられる

生命保険を活用すれば現金を貸し付けてもらうことができると述べましたが、これは正式には契約者貸付制度と呼ばれています。契約している生命保険に解約返戻金がある場合、その金額の範囲内で一時的に現金を借りることができるという内容です。

 

どこか一つの生命保険会社のみが行っているサービスというわけではなく、どの生命保険会社でも契約によって等しく行われている制度です。具体的には、その生命保険契約の解約返戻金の約70%から90%に相当する金額まで借りることができます。どの割合まで借りられるかは生命保険会社によって異なるため、自分の契約の場合どうなっているかは生命保険会社に確認してみましょう。

 

そもそも解約返戻金とは、名前が示す通り該当の生命保険契約を解約した場合に返還されることになる現金のことです。一般的に積立型となっている生命保険契約であれば、いずれも解約返戻金が存在しています。

 

生命保険を契約した場合に支払う生命保険料には、実際の保険料に当たる純保険料と、保険を提供する保険会社の経費として利用される付加保険料という2種類から構成されています。

 

純保険料は更に掛け捨て部分と積立部分に分けられ、基本的にはこの積立部分が解約返戻金に該当することになります。積立型になっている生命保険契約であれば基本的には解約返戻金が存在するため、契約者貸付制度によって一時的に現金を借りることができるのです。

 

ただ、ひと口に積立型とは言っても厳密に見ればいくつかの種類に分けることができます。

 

例えば終身保険や養老保険、個人年金保険に学資保険など名前を耳にした覚えのある人も多いのではないでしょうか。これらのタイプの契約になっている場合は、解約返戻金があって契約者貸付を利用できる可能性が高いので、該当する生命保険会社に確認してみると良いでしょう。

 

ただ、契約してからあまり期間が経過していない生命保険契約の場合は解約返戻金もまだ溜まっていないので、契約者貸付を利用できないか、できてもごく少額までしか借りられないようになっているので注意しておきましょう。

 

解約返戻金が十分にあり、その範囲内であれば何度でも契約者貸付制度を利用することができます。ただ、利用した金額に応じて利息が付くことになるので、借り過ぎには注意が必要です。

 

手続きの流れ

 

解約返戻金が存在する生命保険契約の場合、その金額までなら契約者貸付制度によってお金を借りることができます。

 

実際にお金を借りるためには、生命保険会社ごとに定められた所定の手続きを踏む必要があります。細かい手続きのポイントなどは生命保険会社によって異なることもありますが、大まかな流れは同じなので覚えておくと良いでしょう。

 

契約者貸付制度を利用したい場合、一般的には

  1. 書類で申し込む方法
  2. インターネットから申し込む方法

などが挙げられます。

 

書類で利用を申し込む場合
まずは自分が契約している生命保険会社のコールセンターや営業担当者などに連絡を入れ、契約者貸付制度で一時的にお金を借りたいのですがという旨を申し出ます。すると所定の申込用紙が郵送されてきたり、営業担当者が自宅などへ持ってきてくれます。

 

その書類に必要事項を記入し、同封されている返信用封筒などを使って返送するようにしましょう。返送する際に、保険証券や契約者の本人確認書類などのコピーを添付するよう求められるケースもあるので、同封されている説明書などはしっかり読んでおくようにしましょう。

 

生命保険会社に返送した書類が到着すると実際の手続きが開始されるので、そこから約1週間程度で指定した口座に現金が振り込まれます。申込書には解約返戻金の額や借りられる上限額が記載されていることが多いので、その範囲内の金額を指定するようにしましょう。

 

生命保険会社の公式サイトなどインターネット経由で申し込む場合

事前に利用登録などを行う必要があります。マイページへログインして契約者貸付が可能な金額などを確認し、所定のフォームから希望する金額や振込先の口座などを入力するようにしましょう。情報を送信すると受付完了などのメールが生命保険会社から届き、時間帯や曜日によってはその日のうちに口座に現金を振り込んでもらうことも可能です。

 

その他のケース

この他、電話での申し込みや生命保険会社が発行するカードなどを利用して所定のATMから借りることができるケースもあるので、手続き方法は保険会社に確認してみましょう。貸し付けを受けるのを恥ずかしく思う人もいるでしょうが、生命保険会社には毎日何件も貸し付けの依頼が入るので全く珍しいことではなく、恥ずかしがる必要はないので遠慮なく利用しましょう。

 

返済方法

契約者貸付制度はいざという時にお金を借りることができる便利な制度ですが、あくまでも一時的に貸し付けて貰っているだけだということを覚えておきましょう。

 

貸し付けということは、指定された返済期日までに利息を含めた金額を返済する必要があります。返済する方法や利息などは生命保険会社によって異なりますが、具体的にどうやって返済すれば良いか分からないという人も多いでしょう。

 

一般的な契約者貸し付けの返済方法としては、

  1. 全額返済
  2. 一部返済
  3. 毎月返済

の3種類が挙げられます。

 

全額返済はその名の通り、貸し付けてもらった元金と利息の全てを、まとめて一度に返済するという方法です。貸し付けを受けた保険契約が有効になっている間であれば、いつでも返済を行うことができます。

 

一部返済は、元金や利息の一部分だけを少しずつ分割して返済していく方法になります。返済する金額はいくらでも構わないとされていますが、生命保険会社によって1,000円以上や10,000円以上など返済額の最低ラインが設定されているので確認しておいた方が良いでしょう。全額返済と同じように、生命保険契約が有効になっていればいつでも返済が可能です。

 

毎月返済は、毎月決められた日に元金と利息の一部を少しずつ返済する方法です。1ヶ月分として返済する最低金額が設定されており、その返済額に満たなければ延滞と見なされてしまうこともあります。

 

具体的な支払いのやり方としては、生命保険会社から郵送されてくる振込用紙を金融機関などで使用して振り込む方法や保険会社が契約者貸付用に発行しているカードを利用してATMで返済する方法、生命保険会社の窓口で直接返済する方法や公式サイトを通じてネットバンク経由で返済する方法などが挙げられます。

 

毎月返済を選択している場合は、多くの生命保険会社で口座振替が利用されることになります。貸し付けには毎月利息が発生するため、返済期間が長引けば長引くほどトータルで返済すべき利息の金額が高くなってしまいます。

 

せっかくお金を借りても利息がかさんでしまえば元も子もないので、経済的に余裕があるのであれば少しでも早く返済を終えるために、毎月の返済額を多めにしたり、できるだけ一度に返済しておくようにしましょう。返済する金額は保険会社や契約ごとに異なるので、事前によく確認しておくことが大切です。

 

まとめ

上述したように、解約返戻金が存在する生命保険契約であれば、所定の手続きを行うことで現金を借りることができます。具体的な利用方法ばかりでなく、制度に関するメリットや特徴なども知っておくことが大切です。

 

大きなメリットとしては、やはりいざという時の備えである生命保険契約を解約することなく、現金を準備できる点が挙げられます。

 

しっかり返済を行っていけば、保険金が減ったり保障内容が変わることもありません。

 

また、一般の消費者金融などでお金を借りる場合と比べ、圧倒的に低金利で借りられるという点も大きな魅力です。

 

大手の生命保険会社の場合、契約者貸付で利用されている利息の利率は高いもので約6%ほどとなっています。銀行のカードローンなどと比べても遥かに低い利率であり、非常に有利な条件でお金を借りることができるのです。さらに、お金を借りるための審査も必要なく、手続きも書類を送付したりカードを利用するだけなので非常に手軽です。

 

このように様々なメリットがある契約者貸付制度ですが、いくつか注意しておくべき点もあります。

 

例えば、貸し付けを受けられるのはあくまでも契約者のみであり、被保険者や保険金受取人など他の人では利用することはできません。また、貸し付けを多く受けすぎてしまい、解約返戻金の範囲を超えてしまう場合は、生命保険会社から事前に通知される一定の金額を決められた日までに返済できなければ、生命保険契約が失効してしまう可能性もあります。

 

契約が失効してしまうと、失効日以降に保険金の支払い事由が発生したとしても当然保険金を受け取ることはできません。せっかく加入していた万一の際の備えが無駄になってしまうので、解約返戻金の範囲や現在いくら借りているかという点には十分注意しておくようにしましょう。

 

また、もし契約者貸付を利用している最中に保険金の支払事由が発生した場合、本来受け取れるはずだった保険金額から貸し付けを受けていた金額とそれに応じた利息が差し引かれることになります。

 

保険金額から返済すべき金額を清算した後に保険金受取人に対して残りの保険金が支払われるので、貸し付けを多く受けていると思いの外保険金が減ってしまうこともあるので注意しておきましょう。

 

このように、契約者貸付制度は現金が必要になった場合に低金利で手軽に借りることができる制度となっているので、利用したい場合は保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。