消費者金融でお金を借りるのは危険?それとも安全?

消費者金融は危険?それとも安全?

消費者金融でお金を借りることに、今でも抵抗を感じる方も多いのですが、消費者金融は銀行と並んで、非常に安全な金融機関です。

 

実際に、消費者金融を動かしているのは、大手銀行の三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のほか、オリックス銀行楽天銀行など、私たちにとって馴染み深い金融機関ばかりです。

 

プロミスアコムのような消費者金融も、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行が親会社として経営を支えています。

 

このため、現代の消費者金融にマイナスのイメージは存在していません。女性や若者からお年寄りまで、誰もが安心して利用できるキャッシングサービスを幅広く展開しているのです。

 

消費者金融カードローンのメリット

消費者金融の中でも、特に親会社に大手銀行を抱える銀行系消費者金融は人気の存在です。こうした銀行系(消費者金融)での契約はそれぞれの店舗だけでなく、親銀行の支店からも申し込みが可能です。

 

また、銀行に設置された無人契約機を使えば、最短30分ほどで審査が完了します。プロミスのような消費者金融では、カードの受け取りも銀行内で行われるので、銀行ローンを申し込む感覚で簡単にカードローンの申請が済ませられます。

 

審査スピードが早い

消費者金融のキャッシング審査は、クレジットカードや銀行カードローンと比べてもスピードが早い融資商品です。特に、スピードと審査の的確さを売りにするプロミスでは、最短スピードでの融資が期待できます。

 

審査をお急ぎの方や即日融資を希望される方は、こうした金融機関を利用してみてください。

 

無利息期間が魅力

一部の金融機関を除いて、プロミスのような消費者金融は「金利0円」のサービス期間を設けています。メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすることで、はじめての借入から30日間は、無利息でキャッシングが利用できるので大変お得です。

 

利息が適用されるのはいつから?

利息が適用されるのは31日目からになるので、期間内に完済しておけば、無駄な利息を払う必要はありません。早めに完済できる方は、銀行ではなく消費者金融でカードローンを利用してみてください。

 

申込から融資までの流れ

消費者金融の中でも、大手消費者金融の申込から融資までの流れにそれほど違いはありません

 

申込方法は、

  • インターネット申込
  • 電話による申込
  • 自動契約機で申込む方法
  • 郵送

などで申込が出来ます。

 

大手消費者金融はすべてが即日融資に対応しているので、今日明日中にお金が必要な場合は、平日の午後2時までに契約や振込手続きが完了していれば、その日の内に指定口座へ振込してもらえます。

 

申込方法でインターネットを利用する場合、24時間365日いつでも受付が可能で、最近では最も人気のある申込方法です。

 

 

申込から融資までの流れは

パソコンやスマホを使って、ホームページにアクセスし、申込手続きをします。

申込の記入を終えて送信すると、すぐに仮審査が始まります。

仮審査時間はどこも最短30分ほどで完了します。

仮審査を通過していれば、本審査となります。本審査では在籍確認や、本人確認が行われます。

 

借入希望額が50万円を超える場合や、すでに他社で借入があり、借入希望額と借入残高の合計は100万円を超える場合は、別途収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書など)の写しが必要になります。

在籍確認や書類の送付が完了すれば契約になります。

 

ここまでに必要な時間はそれぞれに違いがあり、最短即日としているところもあれば、最短1時間程度としているところがあります。

平日の午後2時までに契約や、振込手続きが完了すればその日の内に、指定口座へお金が振り込まれます。

 

即日融資は、平日だけでなく土日・祝日でも当日中にお金が借りられますし、銀行の営業時間が過ぎていても心配ありません。申込はインターネットから済ませ、仮審査までを終えておきます。仮審査で融資が可能となれば、自動契約機(無人契約機)へ行き、そこで本審査を受けます。

 

自動契約機の営業時間は、午前9:00~早くて午後9時まで、365日営業しているので、土日祝日に関係なく、審査が受けられます。自動契約機(無人契約機)の本審査が通れば、ローンカードが発効されるので、そのカードを使って、備え付けのATMや提携ATMからお金が引き出せるようになります。

 

自動契約機へ行く時は、必要書類をスキャナーで読み込ませる場合が多いので、忘れずに原本を持って行く事がポイントです。

 

消費者金融の審査に通りやすい人は?

カードローン審査でよく聞くのが「A社で融資が受けられたけれど、B社で通らなかった」とか、反対に「A社で通らなかったけれど、B社で借りられた」という事があります。

 

カードローンの申込をすると、必ず審査を受けなければなりませんが、審査はそれぞれ金融機関が独自の基準で審査を行っているので、申込者の属性によってそういう事が起こります。

 

では、審査に通りやすい人とはどういう人をいうのでしょう。

審査は申込書に記入した内容(属性)と信用情報機関の個人情報を基にして審査が行われます。

 

審査の方法は、コンピューターを利用し、申込書に記入したそれぞれの項目と、個人情報の内容それぞれに点数をつけ、その合計点が規定の点数以上であれば融資が可能になり、点数以下の場合は、融資限度額が下げられたリ、融資を断られたりします。

 

 

基本的には、最低でも申込条件をクリアする必要がありますが、属性の中でも影響があるのは

 

住居種別 持家や分譲マンションは資産となる為、評価は高くなります。
居住年数 居住年数が短い人は評価が低くなる原因になります。

居住年数10年以上が理想です。

家族構成 1人暮らしはすぐに転居が可能という点から、低く見られる傾向があります。出来れば同居家族が居ればよいのですが、さほど重要な項目にはなりません。
勤務先 公務員や従業員数300名以上の大企業は評価が高くなります。

逆に自営業や、中小企業では評価が低いですが審査に通らないわけではありません。

勤続年数 勤続年数は短くても1年以上、3年以上継続していることが高評価につながります。
役職 役職は付いてなくても構いませんが、役職があれば社会的信用があるとみなされ高評価につながります。
年収 年収は高ければ高いほど評価は高くなります。

しかし、パートやアルバイトで安定した収入が有れば融資が受けられます。

 

など、細かく分ければさらに多くの項目がありますが、審査では上記の表のような項目でポイントが高ければ、審査に通りやすい人と言えます。

 

次に信用情報機関の個人情報は、他社で借入をしている場合や、クレジットカード、携帯電話で分割払いをしている人は、すべて個人情報が登録されています。新しく申込をした場合、これらの情報が変わっていないか、虚偽の申告をしていないかなどを調べます。

 

氏名生年月日 信用情報に登録されている氏名と生年月日が違っていないか、確認します。生年月日を偽って申込みをすると、同じ氏名や住所で別の生年月日が出てきますので、虚偽の記載をしたと疑われます。
住所電話番号 申込みをした時の住所や電話番号が、登録されている住所や電話番号と違いがないかを確認します。既に記載されている住所と現在の住所が違う時、住所が変わって短い時は居住年数で評価が下がってしまいます。
他社借入件数借入残高 借入残高の合計が年収の3分の1を超えて居れば、それ以上の融資は受けられませんし、他社借入件数が多ければ審査に通らない可能性も出てきます。
他社返済の状況 他社で借入れ有る場合、遅延や延滞などをおこしていないかなどを確認します。他社での返済が遅れたり滞納していたりする場合は、審査を通過することはありません。
事故情報の有無 延滞や債務整理などの事故情報の有無を調べます。事故情報があった場合はその場で断られる場合があります。
他社申込み件数 他社へ申込みした場合は、信用情報に登録されます。この件数が続けて5件以上になると審査で不利になります。

 

カードローンの審査は、信用情報の個人情報の内容が8割程度占めると言われています。どんなに高属性の人でも、信用情報で問題が有れば融資を受けることはできません。

 

審査の流れとして最初に信用情報の審査、続いて属性の審査になるので、信用情報の審査が通らなければ、属性はあまり意味がありません。

 

個人情報の内容は、審査を受けるからと言ってすぐに変えられるものはそれほど多くはありません。しかし、これらすべてで高ポイントを取る必要はないので、努力すれば変えられるところもあるので、日頃から意識しておく事が大切です。

 

大手消費者金融の通過率を比較

一般的に「銀行系カードローンは審査が厳しく、消費者金融系は審査に通りやすい」と言われます。確かに、銀行系カードローンは金利が低く、高額融資が可能なので、それに伴うリスクも高くなるので、必然的に審査が厳しくなります。

 

特に銀行系カードローンの場合は、高属性の方なら問題ありませんが、パートやアルバイト、自営業の方は消費者金融と比べて審査が通りにくくなります。

 

そこで気になるのが「本当に大手消費者金融の審査は通りやすいのか?」という事ですが、審査が通りやすいかどうかを調べるのに「審査通過率」というものがあります。

 

「審査通過率」とは、カードローンの申込者数に対して、何人の人が審査を通過したかという割合を示したもので、大手消費者金融は「モビット」を除く「プロミス」「アコム」「アイフル」は審査通過率を公表しているので、この数値を見れば、審査が通りやすいかどうかが解ります。

 

2016年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 平均
プロミス 44.3% 41.9% 44.2% 43.9% 43.6% 43.5% 41.0% 43.2%
アコム 48.7% 48.0% 49.2% 48.6% 49.3% 50.2% 46.9% 48.7%
アイフル 47.5% 44.8% 47.0% 47.0% 46.3% 46.5% 43.5% 46.2%

 

大手消費者金融3社を比較すると「プロミス」は少し承認率が低く、最も高いのが「アコム」となっています。ただ、どこを見ても40%台なので、10人申込をすると4人〜5人は審査を通ったことになり、率で比べると違いはありますが、実際の借り入れ数に大きな違いにはなりません。

 

「アコム」は新規の貸付率が45%~50%と、高い貸付率となっていますが、「アコム」の場合属性が低い人には限度額を下げて対応しているので、必然的に審査通過率は高くなるようです。

 

「プロミス」の場合は、審査通過率の低い時は12月の41.0%、高い時は6月の44.3%とですが、借入や返済の利便性、会員サービスなどからも違いが出てきます。「ノーローン」や「レイクの成約率は20%〜30%程度なので、これらと比べても決して低い数値ではありません

 

「アイフル」は唯一、独立系消費者金融と呼ばれ、どこの銀行グループにも属さず、独自のサービスで貸金業を展開している業者です。アイフルの審査通過率は12月43.5%、6月47.5%と月間成約率の差が大きくなっていますが、全体的に高い通過率を誇っており、特に新規申込者への融資を積極的に行っています。

 

銀行カードローンの審査に通らなかった方は、大手消費者金融なら安心して申込が出来ますし、金利の違いもわずか3~4%程度の違いなので、短期借入ならそれほど気になるほどではありません。たとえば10万円を4%の差で1カ月間借りたとしても、わずか330円ほど増えるだけです。

 

カードローンは審査に通らなければ融資が受けられません。急いでいる時や、短期借り入れで計画している場合は、審査通過率の高い大手消費者金融へ申込む事をおすすめします。

 

お金借りる至急.com ランキングTOPへ戻る

お金借りるランキング

関連ページ

融資トラブルを回避!安全にお金を借りるポイント
過払い金請求後の借り入れは可能か?
給料前借りの前に確認したいこと【保存版】
ゴールデンウィーク(GW)中でも借りれるキャッシング
急な出費で10万借りる時の理由・言い訳
どうしても金欠、貯金0になってしまう人の為の無理なくお金を増やす方法
5万円〜10万円で損をしないキャッシング方法
生命保険で一時的に現金を手に入れる方法
無利息で借りたい方向けのキャッシング業者を紹介
総量規制で自動車ローンが借りられない場合
長期借入・ビジネスで利用したいビジネスローン
どっちがお得?嫌われ者のリボ払いはなぜ危険なのか?
即日振込希望!スピード重視!ネットで完結させたい方向けのキャッシング
キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのか?
借金が返せない!どうしても返済不能の時の最終手段
初めて車を買う人必見!カーローンはこう選ぶ!
職業別&借り方別!お金を借りる方法大調査
知らないうちに連帯保証人に!?連帯保証人の責任と注意点
遅延損害金とは?各社別に返済遅延時の対応まとめ
労金(ろうきん)のカーローンのメリットとデメリットを徹底比較!
自動車ローンに頭金は必要?頭金を払うメリット・デメリット
自分に合う住宅ローンって?選び方のポイントと審査
住宅ローンを利用するなら早めが肝心!カードローンの解約方法!
使わなきゃ損!目的別ローンの種類と選び方
債務整理と過払い請求について
どうしてもお金を借りたい!でも審査に通過できる自信がない!そんな時の最終手段を考えよう!
過去に金融事故を起こした人のリストは存在するって本当?
審査に影響が出てしまう他社での借入状況どんな場合?他社にも借入れがある人の審査について
親しき中にも礼儀あり!親にお金を借りる時の理由や金利ってどうすれば良い?
意外と掛かる公立小学校の学費はいくら?学費内訳と利用できる援助制度を紹介

お金借りる

×