職業別&借り方別!お金を借りる方法

お金を借りる方法はさまざまありますが、お金を借りるためには一定の収入が必要なことも珍しくありません。そのため収入が低かったり、正社員でない人はお金を借りることをあきらめてしまっていることもあります。

 

しかしカードローンは正社員以外でも利用することができますし、職業によってはカードローン以外の選択肢もあります。きちんと選べば収入がゼロの専業主婦でもお金を借りる方法はあるのです。

 

しかしどの方法でもお金を借りると金利に応じた利息を負担することになります。金利は契約者の信用力や、利用している金融商品によって異なります。同じような借り入れをしている人でも、契約条件が違うことは珍しくありません。注意して利用しないと危ないものもありますし、甘い誘いには思わぬ落とし穴があることも。

 

ではどのような方法でお金を借りることができ、それどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

自営者(固定電話なし)でもOKのカードローン

自営業者はお金を借りるとき、正社員よりもステータスが低いと判断されます。自営業者は収入が不安定ですので、今年たくさん収入があっても、来年もまた同じように収入があるとは限らないためです。また、自営業者は事業でかかった経費を申告し、非課税にすることができます。

 

金融機関が判断する「年収」とは、所得からこれらの経費を引いた数字で判断するため、自営業者は本来の収入よりもかなり年収が低くなっている人も多いのです。また、最近事業を始めたばかりの人ではまだ仕事が安定しておらず、厳しい判断をされてしまうこともあります。自営業者でカードローンの契約をする場合は、安定して事業を続けているかが重要になります。

 

銀行系のカードローンの場合、自営業者でも申し込めるものは多くあります。しかし「ビジネスローン」として契約する場合はさまざまな書類が必要になります。細かな事業計画書を用意するのは少し面倒ですし、審査に時間がかかることもあります。銀行系のカードローンで契約するメリットは何と言っても金利の低さですが、金利が低いローンというのは、総じて信用力が高くないと契約することが難しいのです。

 

もちろんビジネスローンではなく一般のカードローンに申し込むこともできます。しかし正社員のみとなっている金融機関もありますので、申込前に自分が対象かどうかもチェックしておきましょう。自営業者の中でも固定電話がある人とない人がいます。普段の仕事では携帯電話だけあれば事足りるかもしれませんが、実はこうしたローンの契約では固定電話がないと圧倒的に不利になります。

 

また、携帯電話だけではもしかしたら逃げられてしまうかもしれないというリスクがあります。また、審査では職場への在籍確認がありますので、やはり固定電話がないと職場の電話、個人の電話の区別をつけることができないのです。

 

その場所で確実に働いていることを証明するために固定電話は重要なのです。

 

消費者金融で固定電話なしの自営業者が契約できるのは、アコムとプロミスだけです。

 

消費者金融のローンでも、ビジネス向けのローンは総量規制の対象外となっています。そのため経費を多く申告している人でも銀行のようにまとまった金額を融資してもらうことができます。銀行ほど手続きが面倒ではありませんが、事業を証明するための書類が必要になることがあります。

 

取引履歴であれば何でもよく、取引先からの発注書などを送れば問題ありません。また、発注書の額面は審査に影響をしませんので、少額のものでも高額なものでも大丈夫ですが、なるべく直近のものを送るようにしましょう。3か月から半年以内のものであれば問題ありませんが、それ以上古いものでは事業を現在行っているという証明にはならないこともあります。

 

銀行のローンで固定電話なしでも申し込みができるのは、みずほ銀行や三井住友銀行があります。どちらもメガバンクですので安心して利用できるでしょう。

 

派遣社員はカードローン審査で注意が必要?

 

派遣社員でもカードローンを利用することができます。派遣社員は正社員と比較すると雇用形態が不安定なため、審査に通りにくいと思っている人もいます。また、派遣社員は正社員よりも給料が低いというのは間違いで、残業時間が多い職場で働いている人は正社員よりもかなり高い給料を得ていることもあるのです。

 

「派遣」で気を付けなくてはならないのは、「派遣」には誰でもなれてしまうという点です。派遣は登録制で、派遣会社に登録して1回でもお仕事をすれば、一応は派遣で働いているということになります。毎日定時で働いている派遣社員もいれば、1か月に1回しか働いていない人もいます。

 

そのため一言に派遣といっても、勤続年数が長く、収入が高い人が有利になります。また、どの程度働いているかを判断する材料として社会保険証があります。

 

派遣社員でも、週の所定労働時間が所定の4分の3以上(30時間以上)あり、月に所定労働日数の4分の3以上(15日以上)働いていて雇用期間が2か月以上を超えるような場合、社会保険に加入することになります。これは派遣元となる派遣会社のものが適用になります。社会保険に加入している派遣社員は安定して働いていることの証明にもなりますので、カードローンで審査に通りやすくなるでしょう。

 

派遣の人がカードローンに申し込むときの注意点は3つあります。
1つは、同時申し込みは控えることです。

金融機関によっては短期間に申し込みができる件数を制限しているところが多く、たくさん申し込みをすればするほど審査に落ちやすくなります。おおむね1か月での上限が4件としているところが多くあります。多くても3社程度にしておくと良いでしょう。

 

また、申込書に記入する会社の電話番号にも注意が必要です。

出向先の会社の電話番号ではなく、派遣会社の電話番号を書かなくてはなりません。あくまでも雇用主は派遣元の会社ですので、在籍確認は派遣元の会社で行う必要があるのです。

 

また、派遣会社に登録していても普段会社にいるわけではありませんので、派遣元の会社に在籍確認が言ったときにスムーズに確認が取れないこともあります。在籍確認が発生するような場合は、あらかじめ派遣元の会社に連絡をして、そういった連絡が入る可能性を伝えておくと良いでしょう。

 

勤続年数を書く場合、今の出向先への勤続年数ではなく、派遣に登録した日から起算した数字を書きましょう。
のような雇用形態でもそうですが、勤続年数は長ければ長いほど有利になります。ただし年齢が高くなってくると派遣労働者の信用力は低下してくることがあります。

 

昨今ニュースでも話題になった「派遣切り」問題があるためです。高齢の労働者ほど派遣切りにあうことが多いため、長い間働いていたとしても、やはり正社員の信用力には勝てないのです。今派遣社員の人はカードローンは若いうちに作っておいたほうが有利でしょう。

 

 

アルバイト・パートでもOKのカードローンは?

アルバイトやパートでもカードローンの契約ができる会社はたくさんあります。アルバイトは時間給ですので、正社員のようにボーナスによる手当やさまざまな保障がないことも多いのですが、たくさんの仕事を掛け持ちしてたくさん収入を得ている人もいます。一言に、「アルバイト」、「パート」と言っても、審査に通りやすい人とそうでない人がいます。

 

審査に通りやすい人は、勤続年数が長い人です。また労働時間が長ければアルバイトやパートでも社会保険証を持っている人もいます。社会保険証は国民健康保険よりも信用力が高いので、審査でも有利に判断されるでしょう。

 

反対に審査に落ちてしまう人は、申込書に見栄をはった嘘を書いてしまう人です。特に注意しなくてはならないのが、年収や他社借り入れ状況です。

 

審査では信用情報を確認されますので、他社借入件数や金額は嘘を書いてもすぐにばれてしまいます。もし申込内容と信用情報の間で違いがあれば、お金の管理ができていない、あるいは嘘をつく人だと判断されてしまうでしょう。金融機関も嘘をつくような人にお金は貸したくありませんので、審査での印象が非常に悪くなります。また、同時にたくさんの申し込みは厳禁です。

 

アルバイトやパートで利用したいのが、無利息キャンペーンを行っている金融機関です。無利息キャンペーン期間内に返済すれば負担がありません。正社員や派遣社員は1日の労働時間が決められてしまっていて、追加で別の仕事をすることが難しいです。しかしアルバイトやパートは自分の体力さえ許せば、別の仕事を増やして収入を増やすことができます。

 

収入が増えれば無利息キャンペーン期間内に返済することも可能でしょう。特に休みの日に日雇いのバイトを入れたり、何かのお手伝いをすることで、収入を増やすことができます。アルバイトやパートは自分の好きなスタイルで働くことができますので、正社員や派遣社員よりも臨時収入を得ることができる可能性が高くなります

 

大手の会社で無利息キャンペーンを行っているのが、アコム、レイク、プロミスです。レイクは銀行系カードローンですが、審査通過率も非常に高く、アルバイトでも申し込みが可能です。

 

5万円以下の借入であれば最大180日無利息になります。借入の全額を30日無利息にするキャンペーンと選択することも可能です。こうしたキャンペーンは契約した直後、もしくは最初の借入のみ適用されますので、一時的にお金を借りる予定の人は有効活用しましょう。

 

もし長期的にお金を借りるのであれば、金利の低い銀行系ローンの中から、アルバイトやパートもOKなものを探すと良いでしょう。銀行系カードローンでも意外と収入があれば誰でも契約できるものは多くなっており、消費者金融と比較しても有利な条件でお金を借りることができます。特に給料の振込先となっている金融機関では審査が優遇されることもあります。

未成年でも親バレせずにカードローンで借りられる?

 

学生でもお金を借りる必要がでてくるケースはたくさんあります。一言に学生と言っても、成人なのか成人でないのかで大きく変わってきます。「契約」という行為は未成年には認められていませんので、未成年がお金を借りる場合は原則、保護者の承諾が必要になります。しかし親には内緒でお金を借りる方法を探している人も多いのが実際のところです。

 

成人を迎えた学生であれば一般の銀行や消費者金融からお金を借りる選択肢もあります。しかし未成年は契約できないものも多くあります。そこで利用したいのが、未成年でもお金を借りることができる「学生ローン」です。

 

学生ローンの契約条件は18歳以上(高校生不可)となっているものが多くあります。こうしたローンではきちんと返済していくことを条件に、親の承諾がなくてもお金を借りることができるものが多くあります。

 

学生ローンのメリットは未成年でも利用することができるという条件以外にもさまざまあります。自宅に固定電話がなくても契約できます。また、バイト先への在籍確認がありません。一般のカードローンよりも金利が低くなることがあり、学生しか利用することができませんので、学生であれば一般のカードローンに申し込みをするよりも先に学生ローンを検討したほうが良いでしょう。学校を卒業したあとも利用することができますので、社会人1年目でお金を借りる必要が出たときにも、すぐに借りることができます。

 

学生ローンはカードローンではないものが多く、

  • 店頭でお金を借りる方法
  • 振込融資を利用

できます。

 

カードローンではないので、再度融資が必要になったらその都度審査が発生します。

 

利用状況次第では追加融資が難しくなってしまうこともあります。また、学生ローンは総量規制の対象です。総量規制では年収の3分の1以上の借り入れができませんので、学生でもアルバイトで一定の収入が必要です。

 

学生ローンを提供している金融機関は老舗が多く、東京の高田馬場には学生ローンを提供している会社が多数存在しています。

 

駅からも看板が見えますが、一般的に学生街と言われるような場所にはローンを提供してくれる会社があるかもしれません。老舗なので臨機応変に対応してくれる会社が多く、初めての契約で不安なこととかあれば気軽に相談してみるのも良いでしょう。ローンの内容に関しても詳しく教えてもらうことができます。

 

敷居は少し高くなってしまいますが、三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンは学生でも安定した収入があれば申し込みが可能です。銀行系カードローンなので金利が低いメリットがありますが、バイト先への在籍確認があります

 

ただし在籍確認は必ず行わなくてはならないというものではなく、金融機関側の判断で省略されることもあります。こちらはカードローンですので、カードが手元にあれば自分の好きなタイミングで好きな分だけお金を借りることができます。

 

旦那にバレたくない専業主婦が使えるカードローン

家計を切り盛りしていて、お金を借りる必要が出てくるケースもあります。その場合、専業主婦の人が使えるカードローンにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、一般的な消費者金融のカードローンは総量規制対象となっていますので、収入のない専業主婦が借りることは不可能です。専業主婦の人でもお金を借りる方法としては、消費者金融の配偶者貸付制度があるところ、もしくは銀行系カードローンの2択となります。

 

配偶者貸付は信販会社のベルーナやエレガントなどが行っています。しかし配偶者貸付を利用するためには、配偶者の同意書が必要なので、旦那さんの承諾が必要になります。

 

配偶者貸付とは旦那さんの収入も含めた夫婦二人の所得の3分の1を上限に貸し付けができるようになる制度です。しかし専業主婦が利用する場合はそこまでの限度額を設定してもらえることはほとんどなく、多くても50万円程度が上限となることがほとんどです。

 

まとまったお金を借りる方法で旦那さんに内緒で利用できるのは銀行系カードローンということになります。意外にも専業主婦が利用できるローンはたくさんあり、みずほ銀行、じぶん銀行、イオン銀行、東京スター銀行、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行などがあります。

 

そして旦那さんにばれないようにする方法もいくつかあります。まず金融機関から郵送物があると、バレてしまう可能性があります。同様に家族の前でお財布を開く機会が多い主婦では、財布の中にカードローンのカードがあれば、そこからばれてしまうこともあります。カードローンのカードが見つかってしまえばもう言い訳はできませんが、郵便物であればごまかしたり、捨ててしまったりすることで対策をすることができます。

 

銀行系カードローンでもキャッシュカードと一体型になっているものがあります。ローン専用カードはごまかしようがないので、どうしても旦那さんに知られたくないのであればローンカードの発行がないものを選びましょう。

 

自分の収入がない場合、返済する方法は家計を切り詰めるか、自分である程度の収入を得る努力をしなくてはなりません。家事で忙しいと働く時間はあまりないかもしれませんが、返済ができなくなってしまうと家族にも借金の存在を知られる可能性が高くなります。

 

延滞をすると金融機関から連絡が入ったり、手紙が届いたりすることがあります。旦那さんに知られるリスクも当然高くなってしまいます。専業主婦の人がカードローンでお金を借りる場合は、しっかりと返済する計画を立てるようにしましょう。使いすぎてしまうと利息の支払いが増えて元金が減らなくなってしまいますので、なるべく随時返済も利用するようにし、元金を圧縮していく必要があります。

 

一か月の生活費を預かったらまず全額返済にあて、必要になったときだけ少額借りていく方法でも、利息負担を減らしていくことができます。

 

無職でも大丈夫!安定収入がない人の借入方法

無職と言ってもさまざまな状況があります。例えば前職を辞めて失業中の人、就職が決まったのでアルバイトを辞めた学生、本当に働いたことがない人など。カードローンやクレジットカードといった金融商品は、原則安定した収入がある人しか利用することができませんので、無職であると契約できる可能性が限りなく低くなってしまいます。

 

しかし内定が決まっている人であれば利用することができるものもあります。例えば内定者専用ローンです。内定者専用ローンは実は一般的なカードローンよりもかなり低い金利で借りることができます。例えば東京都民銀行の大学卒業予定者ローンでは、金利は8.8%となっています。都内に就職することが決まっている必要があります。

 

また、静岡ろうきんの就職内定者応援ローンも金利が2.5%〜3.7%とかなり優遇された貸し出し条件です。こちらも静岡県内で就職する必要があります。利用するのには年齢制限もありますので、利用可能条件は確認が必要です。

 

就職にあたって新しく車が必要になったり、免許を取らなくてはならないこともあります。そのようなケースで利用できるのが、しんきんカーライフプランです。こちらも内定者が利用することができるローンで、車やバイクの購入費用、免許取得などに利用することができます。金融機関の提供している自動車ローンと比較しても金利が低いのが特徴です。こうした特定の人しか利用できないローンは金利が低くなっているものが多くあります。

 

失業中でこうしたローンが契約できない人にも、別の借り入れ方法が残っています。それは国や自治体の行っている貸付制度です。生活福祉資金貸付(総合支援貸付)とも呼ばれ、生活費や就職活動費、転居費用などに利用することができます。

 

こうした制度を利用するためにはまず、自立相談支援事業を利用して相談をしなくてはなりません。相談した結果、貸付をすることで生活再建ができると判断されれば、融資を受けることができます。また、少額の融資であれば、国の緊急小口融資制度を利用することもできます。

 

生命保険加入者の場合は契約者貸付も利用できるでしょう。こちらは審査がないため確実に融資を受けることができます。これは解約したときに払い戻される資金を前借しているような状態で、返済が遅れて払戻金よりも借り入れが多くなると、解約になってしまう危険性もあります。

 

年金生活者でも利用できるカードローンはあります。みずほ銀行や新生銀行では収入が年金だけでも利用することができます。ただしカードローンは契約できる年齢制限がありますので、高齢すぎると利用できないものもあります。

 

母子家庭の場合も、国や自治体から援助してもらうことができます。また、援助の中には貸付だけでなく、給付として返済不要のお金を受け取ることも可能です。まずは自治体で確認し、自分が利用できる条件に当てはまっているものがないか探してみましょう。

 

カードローンだけがお金を借りる手段じゃない!

金融機関や国などからお金を借りると、少なからず金利による負担が発生します。しかし金利ゼロでお金を借りる方法もあります。それは身内に相談することです。親や兄弟、親族にお金を借りればほとんどのケースで金利はかからないでしょう。もちろんそれは話し合いの結果、個々の状況によってことなります。こうしたお金の相談を身内にしたくないと考える人も多くいますが、本当に困ったときは相談するべきです。

 

ただし親からお金を借りると「贈与」とみなされて相続税が発生する可能性があります。

 

相続税の控除は110万円ですので、年間の借入額が110万円以下であれば問題ありません。親からの借金の場合、「返してね」と言われてはいても、内心返さなくても良いと考えている人もいるのです。その場合そのお金は贈与になってしまいます。

 

贈与税を避けるためには金額を抑えて借りるか、借用書を作っておく必要があります。場合によっては少額の金利を設定しておくと良いでしょう。また、一度も返済したことがないと贈与だと判断されやすいので、毎月少しずつでも返済をするようにしましょう。

 

カードローンは非常に金利が高いのですが、他にももっと有利な条件で金融機関から借りる方法もあります。例えば不動産担保ローン。不動産を担保にすることで大金を借りることができるものです。いくらまで借りれるかは担保となる不動産価格次第ですが、金融機関のリスクを大幅に下げることができるため、金利が低いものも多くなります。

 

不動産担保ローンであったとしても、無職は借りることができません。

 

安定した収入がないと返済できないからです。返済ができなくなってしまうと担保として入れてあった不動産が差し押さえられてしまいます。不動産価格は市場での売却価格よりもかなり低く査定されることがありますので、大損してしまわないようにしなくてはなりません。不動産価格の調査費用や、登記費用など別の手数料がかかる点も注意が必要です。

 

質屋という選択肢もあります。質屋も不動産担保ローンのように、担保を入れてお金を借りる制度です。3か月程度利用することができ、毎月返済が必要です。

 

返済できなくなると「質流れ」と言い、預け入れていた担保の所有権が質屋に移ります。借金の返済は必要なくなります。質屋の借入は1か月あたり9%程度になるものも多く、手数料だけで見るとかなり割高です。しかし質屋の利用は審査が必要なく、信用情報に記録が残ることもありません。一時的にお金が必要になるだけであれば、便利なシステムなのです。

 

自営業者であれば、未回収の売掛金をファクタリングするという方法もあります。ファクタリングは売掛債権を買い取り業者に買い取ってもらうことで、すぐに現金化する手段です。ファクタリングには2社間で行うものと3社間で行うものがあり、3社間のほうが手数料は安くなります。しかし取引先にファクタリングを利用することが知られてしまいます。

 

トラブルに注意!利用は避けたい融資の種類

他にもお金を借りる方法はさまざまありますが、中には注意をしなくてはならないものもあります。特にインターネットを利用して、見知らぬ人からお金を借りる方法です。

 

こうした借り入れはインターネットの普及とともに増えてきましたが、中には違法業者がはびこる掲示板もあり、事件に巻き込まれるケースもあります。個人間融資ともいわれます。SNSやインターネット上の掲示板では、顔も知らない人同士での融資、借り入れの募集が行われています。

 

個人間融資と言っても、もちろん友達同士でお金を貸し借りすることは違法ではありません。トラブルになる可能性もあり、嫌っている人も多いでしょう。見知らぬ人のほうがトラブルになる可能性はあります。また、貸付には身分証明書を提出しなくてはならないことも多いのですが、その身分証明書が不正利用されないとも限りません。知らないところで勝手に利用される危険もありますし、最悪闇金に売られてしまうこともあります。

 

一度闇金に個人情報が流れてしまうと、それをまた別の業者に売られることもあり、引っ越しや電話番号を変えない限りデータが消えず、しつこい勧誘にあってしまうこともあります。お金が必要な頃に融資の電話がかかってきたりしたら、それは個人情報が闇で売りさばかれたあとなのかもしれません。

 

クレジットカードを持っている人の中には、ショッピング枠を現金化しようとする人もいます。しかしクレジットカードのショッピング枠の現金化は契約違反となります。特に金券や高価格で買い取りをしてもらえるようなブランド品やゲームを購入して現金化する方法が主流です。発覚すればカードが強制解約になるばかりか、信用情報に重大な傷を付けることになってしまいます。

 

実はクレジットカードで購入したものは、代金を支払うまでは所有権がカード会社にあります。その品物を勝手に売却してしまうと、横領罪や詐欺罪に問われる可能性があるのです。また、売却した代金は購入した代金より高くなることはなく、結局はお金を払わなくてはなりません。売却した代金が低いとかなり高額な手数料がかかっていることになりますので、結局はさらにお金に苦しむことになってしまうのです。

 

例えば購入価格の95%で売れれば高額と思うかもしれません。しかし1か月後には請求が来てしまいますので、1か月で5%の金利を取られているのと同じことです。これは年間で60%の金利ですので、カードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りたほうが断然コストが低いのです。

 

また、車を担保に融資をするローンも危険です。

 

中古車として扱われますので、よほどの高級車でない限り査定価格が下がり、融資可能な金額がとても少額です。それでいて車の所有権は貸金業者になってしまいます。車検証の書き換えで高額な手数料がかかるものも多く、闇金業者もたくさんいます。また、所有権が業者に移った車を乗り続けることで「リース料」を請求されることもあります。

 

関連ページ

融資トラブルを回避!安全にお金を借りるポイント
消費者金融でお金を借りるのは危険?それとも安全?
過払い金請求後の借り入れは可能か?
給料の前借りは労働基準法で禁止されている理由
ゴールデンウィーク(GW)中でも借りれるキャッシング
急な出費で10万借りる時の理由・言い訳
どうしても金欠、貯金0になってしまう人の為の無理なくお金を増やす方法
5万円〜10万円で損をしないキャッシング方法
生命保険で一時的に現金を手に入れる方法
無利息で借りたい方向けのキャッシング業者を紹介
総量規制で自動車ローンが借りられない場合
長期借入・ビジネスで利用したいビジネスローン
どっちがお得?嫌われ者のリボ払いはなぜ危険なのか?
即日振込希望!スピード重視!ネットで完結させたい方向けのキャッシング
キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのか?
過去に金融事故を起こした人のリストは存在するって本当?
借金が返せない!どうしても返済不能の時の最終手段
初めて車を買う人必見!カーローンはこう選ぶ!
知らないうちに連帯保証人に!?連帯保証人の責任と注意点
遅延損害金とは?各社別に返済遅延時の対応まとめ
労金(ろうきん)のカーローンのメリットとデメリットを徹底比較!
自動車ローンに頭金は必要?頭金を払うメリット・デメリット
自分に合う住宅ローンって?選び方のポイントと審査
使わなきゃ損!目的別ローンの種類と選び方