審査に影響が出てしまう他社での借入状況どんな場合?他社にも借入れがある人の審査について

審査に影響が出てしまう他社での借入状況

 

他の金融機関からすでにお金を借りいれている時に新たな借り入れをする場合にそれはどのように影響するのでしょうか?しばしば、複数の借入があるとキャッシングの審査に少なからず影響するとも言われているので心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

キャッシングの申し込みをする際にはどんな時でも他の金融会社からの借入状況(件数と金額)を記載することになります。しかも総量規制(年収の3分の1までしか借り入れることが出来ない)の問題もありますので、必ずキャッシングの申し込みをした方についての借入の状況の確認が行われることになります。

 

このサイトでは、他の金融機関からの借入がある場合に、新たなキャッシングをする場合にどのような影響が出てくるかについて紹介をしていきます。同時にキャッシングの審査の際に重要なポイントになってくる信用情報機関の内容についても紹介していきます。

 

他社から借入がある場合にどのような条件をクリアしていればお金を新たにキャッシングによって借り入れることが出来るのかについても紹介していきます。また、巷で話題になっている審査が甘い金融機関の実際についても紹介します。

 

審査に影響が出ない他社の借入件数はどれくらいまでOK?

他の金融機関からの借入はどのくらいまででしたらキャッシングの審査に通ることができるのでそうか?

 

キャッシングの審査について実は利用者には知らされてはいません。ですから、どのくらいの件数まででしたら問題ないという最低ラインは公開されてはいませんそれぞれの金融機関でそれぞれの最低ラインが決められているのですが、それが公開されていませんので、なかなか推測が難しい部分があります。しかもキャッシングにおける審査の可否は借り入れの件数だけで決まるものでもありません。

 

キャッシングの申し込みをされた方の信用情報の内容によっても審査は大きく影響されて来ます。したがって、この金融の場合には何件まで借入を他の金融機関から行っていても問題ないということを簡単にいうことが出来なくなってしまいます。それがはっきりとわかるのであれば、最短で何時間でキャッシングをすることが出来るということが可能になるですが、非常にその部分はいくつかの要素によって決まってくるので、できれば、借り入れ件数が0であることが望ましいということしか言えません。

 

例えば、他の2つの金融機関から25万ずつお金をしているよりも1つの金融機関から50間円を借りている方がキャッシングの審査に通りやすいという傾向があるのは事実です。

 

なぜならば後者の方が返済能力が高いと多くの金融機関が判断するからです。実際に1つの金融機関からお金を借りている方が返済の負担が少なくなる場合が多いものです。更には2つの金融機関からお金を借りていると金融機関の方でお金の管理が下手な人と判断してしまうことが多くなります。

 

これはあくまでも口コミ情報でしかありませんが、2つの金融機関からの借入の場合には審査にそれほど影響することはありませんが、3つ以上ですとマイナスに働くことが多くなるようです。必ずしもこれが全ての場合に当てはまることにはなりませんが、3つ以上の金融機関からお金を借りいれている場合には、それをたとえばおまとめローンなどを活用して、1つまたは2つに減らすことが新たな借り入れの審査には有効です。

 

特に4-5件以上の借入がある場合にはほぼ間違いなく借入の審査に落ちてしまうことになりますので、おまとめローンを活用することがお勧めです。1-2社からの借入であればかなりの確率で新たな借り入れがOKとなります。

 

新たな借り入れをする際には銀行よりも消費者金融の方がお勧めです。なぜならば銀行の審査は非常に厳しいので、一般的になかなか通りにくいものです。銀行に比べて利息が高いのが難点ですが、初めての借入の場合には30日間の間は利息が0円というような消費者金融もありますので、そのメリットを活用するとお得にお金をキャッシングによって借り入れることが出来るようになります。

 

消費者金融の利用に際して躊躇してしまう方もいると思いますが、大手の消費者金融であればそれほど心配なくご利用になれます。

 

しかしながら、お金を借りた場合には利息を付けて返済することが必要になってきます。ですから、どのような状況であっても計画的な借り入れをすることが求められます。さもないと大きなトラブルを引き起こしてしまうことになります。最短で1時間ほどでお金を貸してくれるような金融機関も存在していますので、緊急時にはとても便利です。

 

30日間無利息でお金を貸してくれるような金融機関も存在していますので、次の給与までのつなぎにお金を借りるということも可能です。

 

更には女性専用の窓口を設けている金融機関もあります。女性のオペレーターが対応してくれますので、ストレスを感じることなくお金を借りいれることが出来るようになっています。女性専用の窓口から男性の方がお金を借りいれることも可能です。

 

低金利で借入できる消費者金融はどこ?

 

お金を借り入れる際には返済の利息のことを考えるとできるだけ金利の低いところから借りたいものです。大手の消費者金融と銀行のカードローンを比較しても実際の所金利の面ではそれほど大きな差はありません。ではどこの消費者金融から借りても同じかというとそうでもありません。

 

たとえばプロミスでスト初回は30日間であれば無利子でお金を借りいれることが出来ます。

 

更にはプロミスは非常に審査が速いという特徴も兼ね備えていますので、最短で1時間での借入が可能になります。無利息のプランを利用するには、プロミスのwebサイトにメールアドレスの登録が必要になります。30日間であれば利息が0円ですので、元本だけを返済すればいいことになりますので大変お得なプランであるといえます。通常の消費者金融から30万円を1か月借りた場合の利息は5000円弱ですのでかなりお得であるといえます。

 

大部分の消費者金融や銀行では借入れを行う際の審査では、本人を確認するための書類と申請者の収入を確認するための書類が必要になってきます。本人を確認するための書類としては、運転免許証・各種健康保険証・パスポートがお使いになれます。消費者金融の場合には、収入証明書は50万円以上の借入を希望する場合には必要になってきます。銀行の場合には金額にかかわらず書類の提示が必要になります。

 

一方で奨学金を借りている場合にはその情報は一切、信用情報機関に掲載されてしまうことはありませんので、キャッシングの申請に対してマイナスに働くことはないと考えていいでしょう。しかしながら、奨学金の返済に対して延滞をしてしまった場合にはブラックリストの状態になってしまうこともありますので、その場合に限りキャッシングの申請に対してマイナスとなることが考えられます。奨学金も借り入れとおなじものですので、どこから借り入れたものであっても必ず期日を守って返済を行っていくようにすることが肝要です。

 

審査が通る借入額はいくらまで?

一体どのくらいの額であればキャッシングの審査にパスすることが出来ると考えておけばいいのでしょうか?借入の限度額の設定の方法については金融機関によって異なっているのではっきりとした規定があることにはなりませんが、それ以外にも借入の限度額を制限するための法律が存在しています。

 

総量規制と呼ばれる法律がそれに該当して来ます。この法律によりますと年収の3分の1以上の借入はできないことになってしまいます。したがって、法律に抵触するような借入の申請をした場合には確実に審査に落ちてしまうことになります。総量規制の考え方は金融会社それぞれに対して適応されるものではありません。借入の総額に対して適応されることになります。

 

例えば年収が600万円ある方の場合にはA金融機関から100万円、B金融機関から60万円、C金融機関から40万円の借り入れをしている時には、総量既定の考え方によってそれ以上の借入が出来なくなってしまいます。更に40万円の借りいれを可能にするには、年収を720万円にする必要がでてきます。総量規制の対象にはクレジットカードのキャッシング機能での借入も含まれるのでその点も留意しておくことが必要です。

 

しかしながら、銀行のカードローンは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超えての借入も可能です。そのために、総量規制に抵触するような場合には銀行のカードローンを使って借り入れをする人も増えてきています。更には、住宅ローン、車のローン、医療費のローンも対象外です。住宅ローンの場合には金利は安いのですが、手数料がそれなりに発生して来ますので注意が必要です。

 

複数からのお金の借入がある場合にはおまとめローンを活用すると、借り入れの枠を作り出すことが可能になってきます。ここでは借り入れが可能かどうかについて紹介をしてみましたが、借りたお金は絶対に返すことも必要です。計画的で無理のない借り入れをどんな場合であっても検討することが必要です。

 

信用情報は個人情報のどこまで知られているの?

キャッシングをする際に行われると言われている信用情報の審査はどのような内容が含まれているのでしょうか?

 

キャッシングの申し込みをすると、金融機関の方でその方の金融関連の情報を信用情報機関に問い合わせることをします。一部の金融機関では自社でその内容を審査しているような場合もあります。信用情報機関に問い合わせをすると、その方の他の金融機関からの借入の状態を調べることが可能になります。残高とそして、返済にトラブルがあるかどうかを調べることが出来るようになります。

金融機関ではキャッシングの申請者に対して以下のポイントを調べていくことをします。

個人情報

申請者のお名前、生年月日、性別、おすまい、電話番号についての確認が行われます。
同時にお勤め先の情報とその連絡先、更には配偶者の方のお名前の確認が行われます。本人確認書類についての確認もこのタイミングで行われます。

 

契約内容

申請者の方がどのような種類の借り入れを行っているかの確認が行われます。借入の限度額についての確認も行うことが出来るようになります。

 

返済の状況

申請者の方の借入に対する返済状況の確認が行われます。詳細を全て把握することが出来ようになっています。仮に支払いに延滞などがある場合にはすぐに判明するようになっています。短期間の延滞であってもその状態を全て把握できるようになっています。次の支払いのタイミングを知ることが出来るようになっています。

 

分割払いの状態

余りキャッシングの審査には影響を与えることが無いのですが、申請者の方が商品などを分割で購入した場合はその情報も確認することができます。クレジットカードの分割を行った場合も同様にその情報を確認できるようになっています。仮に支払いに遅れがあった場合もここに記載されることになります。

 

事故記録

申請者の方が借り入れなどに対しての返済にトラブルを起こしている場合にその情報が記載されることになりますので、金融事故記録の確認を行うことが可能です。また、債務整理を行った場合もその情報が記載されていますので、確認が可能です。

 

債務整理(任意整理、自己破産、個人再生など)を行った記録がある場合にはほぼ100%キャッシングの申請が却下されてしまいます。また債務整理の情報は一生のものではなくて5年ほどで消滅する仕組みになっています。

 

わが国には3種類の信用情報機関があります「CIC」「JICC(日本信用情報機構)」「KSC(全銀協)」。それぞれの情報機関間での情報交換が十分に行われていますので、金融事故などの情報を隠すことはできないと考えて良いでしょう。大手の金融機関からの借入だけでなく、中小の金融機関からの借入の情報も確認可能となっています。

 

信用情報は本人の信用度を確認するためのものですので、これまで正しいお金のやりくりをしていればそれは信用をアップさせてくれます。しかしながら、金融関連のトラブルを起こしてしまうと新たな借り入れをすることがほとんど不可能になってしまいます。

 

複数業者に借入していても審査に通るポイントとは?

他の金融機関からの借入があっても新たな借り入れの審査に通るためのポイントのようなものはあるのでしょうか?いうまでもありませんが、他の金融機関からの借入がある場合には確かにあらたなお金の借入に対してマイナスに働いてしまうのが事実です。

 

しかしながら単に複数の金融機関からお金の借入があるという理由だけで審査に落ちてしまうということもそれほどないということもあります。

 

複数の金融機関からの借入がある場合にそれを補う要素としては次の項目が考えられますので、新たな借り入れの申請をする際にはその点をよく考えてから申請を行うようにしたいものです。

 

1:借入の件数を減らす

複数の借入れを金融機関から行っている場合には、まとめてできるだけ1つの借入にするようにすると良いでしょう。いくつかの金融機関では借り入れのまとめをする場合には限度額のアップをOKしてくれることもありますので、金利などを検討してそれの方がメリットがある場合にはできるだけ借入の件数を減らすようにするといいでしょう。

 

2:借入の総額

複数の金融機関からの借入があったとしても、借り入れの総額がそれほど大きなものではないときにはあまり問題にはなりません。しかしながら、自分の収入に対して借入の総額が大きなものである時には新たなお金の借入は非常に難しくなってしまいます。

 

もちろん総量規制に抵触するような場合は法律に違反してしまいますので、これは絶対にお金を借りることが出来なくなってしまいます。これ以上の借入が難しい場合には。おまとめローンや借り換えローンを検討してみると良いでしょう。場合によっては審査に通りやすくなります。

 

3:信用情報

金融機関が申請者にお金を貸すかどうかの最終判断はもちろん借入の件数も検討はしますが、その人が信用できるかどうかということにかかってきます。この人は確実にお金を返してくれる人であると金融機関が判断すれば複数の借入があってもお金を貸してもらえるようになって来ます。すべての金融機関は借り入れの申請に対しる審査の際に信用情報の確認を行っていきますので、これまでの金融履歴の中にトラブルが無ければそれは信用をアップさせてくれる要因となりますが、トラブルがある場合には、信用を低下させてしまう要因となります。

 

例えば、債務整理などを行ってしまうと、それが記録に残されてしまいますので、借り入れは不可能となります。しかしながら、債務整理などの記録は一定期間が経過しますと相殺されますので、そのタイミングを待って借入の申請を行うこともお勧めです。

 

4:総量規制

借入に際しては総量規制の枠内でしか行うことが出来なくなっています。これは法律上の規定ですので、絶対に守らなくてはなりません。意外と忘れてしまうことが多いのはクレジットカードのキャッシングの枠も総量規制の対象になってきます。

 

また、信用情報機関に確認をしますと、総量規制に対してあとどのくらい申請者がお金を借りることが可能であるかを確認することもできますので、総量規制に抵触しないような借入の申し込みをしておくことが肝要です。借入の限度額が不十分な場合には借り換えやおまとめローンを使ってみると良いでしょう。

 

5:お試し審査

多くの金融機関ではお試し審査のシステムを持っています。これはあらかじめ本審査を受ける前に借り入れが可能かどうかの診断をweb上で行うものです。短時間で行うことができますので、時間的な制約を受けることもありません。本審査の結果と完全に一致するものではありませんが、参考として借入が可能かどうかの判断をするのにはとても便利なサイトとなっています。

 

使い方もそれほどむずかしいものではありません。お借り入れの診断においては、生年月日、所得、現状の借金の状況を入力するだけで簡単に診断することが可能なwebサイトも存在しています。それほど面倒なことがありませんので、実際に借り入れの申し込みをする前に使ってみると良いでしょう。

 

6:銀行のカードローンの利用

消費者金融からのキャッシングは総量規制の対象になるのですが、銀行からのカードローンは総量規制の対象にはなりません。銀行のカードローンの場合には消費者金融に比べて審査が厳しいという面もありますが、総量規制の対象外ということもあり、利用する人も多くいます。

 

銀行のカードローンの審査は確かに厳しい面もありますが、実際のところは消費者金融のそれとあまり変わらないという特徴もあります。更には銀行のカードローンの方が消費者金融よりも金利が安くなっています。

 

昔は銀行のカードローンは一部の人しか使うことが出来ないとまで言われていましたが、最近はそのような傾向ではなくなり多くの人がその恩恵を受けることが可能になって来ています。しかしながら、審査が非常に甘いというふれこみの金融機関からのお金の借入は避けるようにしましょう。

 

非常に危険な場合が多く、法外な金利での返済を求められてしまうことも考えられます。また、不覚にも闇金からのお金の借入をした場合には、直ちに弁護士に相談をすることが肝要です。間違っても、闇金にはお金を払ったりしてはいけません。

 

審査が通りやすい消費者金融や銀行はどこ?

銀行や消費者金融からのお金の借入の際には必ず審査が必要になってきますが、その審査が甘い金融機関は世の中に存在しているのでしょうか?

 

たとえば消費者金融の審査に以前落ちてしまったという経験を持っている方にとっては審査が甘い金融機関があるのであれは是非ともそこからお金を借りたいと思うのではないでしょうか?

 

しかしながら、実際の所は審査が甘い金融機関は存在していないと考えて良いでしょう。

 

むしろ、審査が甘くて誰にでもお金を貸してくれる金融機関があるとしたらむしろそれは非常に危険なものであると考えたほうが良いでしょう。金融機関の審査においては、本当に貸しても大丈夫かどうかについて十分な審査が行われます。ですから、甘い審査によってお金を借りることをすると場合によってはお金を返せなくなってしまいます。

 

そんなことは誰に取ってもいいことではありませんので、金融機関としても慎重な審査を行うようにしているのです。ですから、適正な審査によって安全性を確保しながらお金を借りていくことが一番堅実な方法になります。

 

ですから、審査が甘い金融機関は存在していないのです。確かに金融機関のCMなどを見ると審査に通れば最短で1時間でお金を借りることが出来るとは言われていますが、それは時間的な利便性を言っているだけですので、誰もが審査に通るとは言っていません。いくつかの消費者金融や銀行ではその公式HPに審査の成約率を掲載しています。

 

どこの金融機関でも100%とはなっていません、成約率は40-50%程度になっていますので、少なくとも二人に一人は落ちてしまうことになります。

 

この数字を見ても審査に甘い金融機関が存在していないことが理解できると思います。消費者金融に比べて銀行の方が更に審査に通りにくいというデータもあります。大手の金融機関に比べて中小の金融機関の方が審査が比較的甘いとも言われていますが、それでも絶対に審査に通る訳ではありません。

 

しかしながら、審査に通ればお金をかしてもらえるようになりますが、必ず借りたお金は返す必要がでてきますので、その点は最初から十分に認識しておくことも必要です。

 

また中小の金融機関の中には闇金のようなものもまぎれている可能性がありますので注意が必要です。闇金の場合には法定金利よりも高い金利でお金を貸し付けることをしますので、返済をすることが不可能になってしまいます。また、違法な取り立ても行ってきますので、気持ちの上でも追い詰められてしまいます。

 

大きなトラブルに巻き込まれてしまったら、すぐに弁護士に相談をすると良いでしょう。闇金対策に明るい弁護士であれば、スムーズに解決向けて動いてくれるようになるでしょう。繰り返しにはなってしまうのですが、結局のところ楽にキャッシングの審査を通すことはできないと考えておいていいでしょう。

 

誰にもバレずにお金を借りるには

キャッシングによってお金を借りる場合にほかの人にわからないようにお金を借りることができるものなのでしょうか?借りる人の方で十分なケアを行っておくと家族にもそして仕事関係の人にも知られることなくお金を借りることが可能になります。

 

お金を借りていることが判らないようにするには無人契約金を使わないで、自宅からネットを使って借り入れの申し込みをすると良いでしょう。ネットでの契約であっても1時間以内にお金を借りいれることが可能な金融機関もあります。そのような金融機関を選べばばれる可能性が少なくなります。

 

また、口座振り込みの際に奥さんなどにばれてしまうのを気にするのであれば、来店契約がお勧めです。この場合にはカードを受け取る必要が出て来ますが、自分の住んでいる場所からかなり離れたところを選べば知り合いなどに知られてしまうことが少なくなります。

 

また、金融機関の担当者から連絡がある場合が考えられます。もしも自宅の電話番号を金融機関に知らせてしまうとそれによって家族にばれてしまう可能性がでてきますので、可能であれば、自分の携帯電話を連絡先として金融機関に知らせておくと良いでしょう。携帯電話が難しい場合には自宅の電話を指定することになりますが、この場合も自分だけがほとんど使っている電話を連絡先とするのが良いでしょう。

 

また、電話での連絡なしにweb上で契約を行ってお金をキャッシングできる金融機関も存在していますので、ばれる可能性をかなり減らすことも可能です。また、お金をキャッシングによって借り入れる際には必須の、職場への在籍確認も個人名で連絡をしてきますので、金融機関からのそれであるとは職場に知られてしまう可能性を減らすことが可能です。

 

また、自宅などに郵送物が送られてしまうと困るような場合には、全てのやり取りをweb上で行うことが可能な消費者金融を選んで借り入れをすると良いでしょう。また、お金を借り入れる際にはコンビニなどのATMのご利用がお勧めです。そのようにしておけば、自分の銀行口座からお金をおろしているようにも見えますので、お金を借りいれているとは思われない可能性が高くなります。

 

ここで忘れてはいけないのが、お金の返済に延滞を出してしまうと、最初は携帯電話への連絡だけですが、延滞を続けてしまうと自宅や勤務先に連絡が行くようになってしまいますので、家族や職場の人たちにお金を借りていることがばれてしまいますので気を付けるようにしましょう。

 

借り過ぎないことが一番重要です。無理のない借り入れをしておけば、無理のない返済となりますので、延滞となることもほとんどありません。

 

他社の借入審査で嘘をついた場合

キャッシングの申し込みの際に他の金融機関からの借入れについて嘘の情報を金融機関に伝えたら嘘をつき続けることができるものなのでしょうか?

 

確かに、複数の金融機関からの借入をしてしまうとキャッシングの審査には不利に働くことが予想されますので、できればほかの金融機関からの借入れについては秘密にしておきたいものですよね、しかしながら、金融機関からの借入の情報は信用機関の情報を検索すればすぐにわかりますので、他の金融機関からの借り入れを隠しておくことは現実的に不可能になってしまいます。

 

更には、もしも嘘の申告をしてキャッシングの申し込みをしていたことが判明すればそれによって、申し込みをした人の信用がかなり落ちてしまいますので、それだけで、審査に落ちてしまうことになりますので、やめたほうが良いでしょう。

 

また、自分の給与を過大に申告した場合にはどうでしょうか?一定の金額以上の借入の場合には必ず給与を証明する書類の提示が必要になりますので、その段階で嘘をついていることが判明してしまうことになります。

 

しかしながら、小額の借入であれば給与の証明の必要もありませんので、ばれる可能性は確かに少なくなりますので、借り入れることが出来ることもあるかもしれません。しかしながら、金融機関は顧客に関する膨大なデータを持っていますので、申込者に関する給与についてはおおよその推測が可能となることが多い物です。

 

仮に、確証がないにしても、あまりにも推測される給与とかけ離れた申告をしている場合には、残念ながら心象が悪くなってしまいますので、審査には不利に働いてしまうことが多くなります。場合によっては本来は提示の必要がない給与の証明書の提示を求められるかもしれません。その段階になって給与が虚偽であったことが判明すると、信用を著しく失うことになりますので、やはり借入が出来ないことになってしまうでしょう。

 

このようなことをしてしまうと、借り入れの限度額を下げられてしまうことも起こります。更には現在の借入を全て一気に返済してくださいというようなことも起きてしまいます。そのようなことになってしまっては大変ですので、そうならないように正直に自分の情報が金融機関に伝えるようにしたいものです。お金を借りる際に一番大事なことは本人の信用です。嘘をつくような方は金融会社の方でも信用するのが難しくなってしまいます。

 

どんなときにも正直な気持ちを持って対応していくことが必要です。

 

住民票で本人確認が出来るカードローンはある?

キャッシングの申し込みの際には本人を確認するための書類の提示が必要になりますが、これは住民票でもいいのでしょうか?

 

一般に本人を確認するための書類としては運転免許証やパスポートが用いられますが、確かに住民票も公的な機関が発行するものですので身分証明書としては有効と考えられます。しかしながら、運転免許証やパスポートには本人の顔写真がついていますので、本人であることの確認が容易なのですが、住民票の場合には顔写真が付いていませんので本人であることを確認することが大変難しくなってしまいますので、キャッシングの借入の際の本人を確認する書類としては受け付けてもらうことが出来なくなってしまいます。

 

しかも、住民票は特定の資格を持っている方(弁護士や税理士)であっても取得が可能ですので、そのような観点からも本人を確認するための書類としては有効なものには認定することが不可能です。

 

従って、ほとんどのキャッシングが住民票の提示では受け付けてもらうことが出来ないシステムとなっています。しかしながら、一部の銀行ローンのでは住民票の提示によってお金を借りることが可能になります。身分を証明する書類が用意できない場合にはこのようなタイプの銀行ローンからの借入を考えると良いでしょう。

 

その他のサービス

いわゆる大手の金融機関以外にもお勧めの銀行カードローンが存在しています、ここではお得な情報を持った銀行のカードローンなどを紹介していきます。

1:バンクイック

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンであり、TVCMなどもながされていましたので、多くの人に認知されている金融機関です。多くの人にバンクイックが愛されている理由としてはその、金利の安さです。銀行系のカードローンの中では非常に低い金利でお金を融資してくれるという特徴をもっています。

 

また、借り入れの限度額が500万円となっていますので、フリーローンにも対応可能ですし、更には借り換えローンやおまとめローンも最適な銀行カードローンといえます。

 

お金の借入は、ATMを使っての借入の方法と口座振り込みを依頼するという2つの方法が選択できます。ATMを利用する際にはバンクイックカードが必要になります。口座振り込みを依頼する場合には、会員マイページへの登録が必要になります。口座をご利用になる場合には午後2時までの対応となっていますが、ATMの場合にはほぼ24時間ご利用になれます。

 

ATMの場合には1000円単位でご利用になれますが、口座をご利用になる場合には10000円単位でのご利用となります。急にお金が必要な場合にはバンクイックの場合には最速で40分ほどでバンクイックカードを発行してもらうことが可能になります。

 

2:楽天銀行

楽天銀行のカードローンは、楽天市場や楽天トラベルでおなじみの楽天株式会社が運営をしているカードローンです。ネット会社ならではの経営方式で、店舗は存在していませんが、TVCMなどで多くの人に知られる存在となっています。2017年4月の段階で586万口座が開設されているほどの人気となっている銀行です。日本人の20人のうち一人はこの銀行の口座を持っている計算になります。

 

現在の所経営状態も非常に安定していますので、お金を借りいれても破たんをするような可能性はないと考えておいて良いでしょう。カードローンの金利は非常に低いものとなっています、更には800万円までの限度額となっていますので、入学金や授業料の借入にも便利です。

 

銀行系のカードローンは通常審査が厳しいと言われていますが、楽天銀行のカードローンの場合には審査がそれほど厳しくなく、主婦の方や学生にも積極的にお金の融資を行うということをしています。楽天銀行では楽天だけの審査基準を持っています。

 

楽天の会員のランクが高い方の方が審査にパスしやすいという特徴があります。普段から楽天のサイトを利用している人に多くの特典のあるカードローンであると言えます。

 

3:みずほ銀行

みずほ銀行は日本差3台メガバンクの一つとして知られています。みずほ銀行のカードローンには金利の異なる「コンフォートプラン」と「エグゼクティブプラン」が用意されています。いずれプランも最大で1000万円を借り入れることが出来るようになっています。例えば家のリフォームのために借り入れることをする人や車を買う時に借り入れをする人などに活用されています。

 

ほとんどの銀行のカードローンでは1000万円の借入をすることが出来ませんが、みずほ銀行のカードローンは数少ない1000万円の借入を可能にしてくれるカードローンどなっています。みずほ銀行のカードローンを使うにはみずほ銀行の普通預金口座を持っていることが求められます。口座を持っている方であれば、web上で借り入れの申し込みをすることが可能です。

 

最速でその日のうちに借り入れを完了させることもできます。残念ながら、口座をお持ちでない方の場合には銀行の窓口でまずは口座を開設することが必要になります。窓口ですとその場で口座を作ることが可能ですが、郵送での口座開設の申し込みの場合には2-3週間の時間が必要と考えておくと良いでしょう。

 

みずほ銀行のカードローンの場合にはATMの使用に対して手数料が発生してしまいます。またネットサイトからの振込みも出来ないというデメリットも存在しています。

 

4:スルガ銀行

静岡県沼津市にあるスルガ銀行のカードローンであるリザードプランは多くの人に利用されています。サッカー選手であるゴン中山選手のCMでもおなじみのカードローンです。スルガ銀行は静岡県沼津市が拠点の地方銀行です。中山雅史さんのCMを放送中の「リザーブドプラン」というカードローンが好評です。

 

20歳から70歳までの方で一定の安定した収入がある方でしたら、スルガ銀行に口座を持っていない方であってもご利用になれます。最大融資額は800万円となっています。VISAの機能を持っているカードでしたら海外からもATMからお金を借りることが可能になります。ローン用のカードは自宅または勤務先に郵送されてきます。

 

カードの申し込みからカードの発行までには1-2週間ほどの期間が必要になります。ほかの銀行への振込みサービスはカードが届く前からであってもご利用になれます。スルガ銀行のリザードプランはガン保障の特約を付けることが可能ですので、お勧めです。保険料は銀行の方で負担してくれますので大変お得なプランです。

 

5:百五銀行

三重県の津市にある百五銀行のカードローンであるDREAMはスマホから借入を申し込めることで人気を集めています。借入が出来るのは三重県・愛知県全域か、岐阜県・和歌山県のなかでも一部に住んでいるあるいは勤務をしている人となっています。20歳から65歳の一定の給与をお持ちの方であればだれもが申し込み可能です。

 

外国人の方であっても一定の要件を満たせば申し込みが可能です。仮審査の前に5秒で行える診断を受けることが可能です。ネットから仮審査の申し込みをすることが可能です、ネットサイトに必要事項を記入するだけでOKです。ネットの代わりに電話またはFAXで審査の申し込みを行うことが可能です。審査にあたっては職場への在籍確認が行われますが、プライバシーに配慮した方法を取ってくれますので安心です。

 

6:北洋銀行

北海道札幌市にある北洋銀行のカードローン「スーパーアルカ」は利用限度額が1,000万円となっています。20歳から69歳の一定の給与がある人であればお申し込みが可能です。しかしながら北海道にお住まいで更にはお仕事を道内でされていることが要求されます。北洋銀行に口座をお持ちでない方もお申し込みが可能ですが、年金だけの収入の方は申し込みができなくなってしまいます。

 

申し込はお好みに合わせてweb、電話、ファックス、郵送からお選びになれます。毎月の返済は北洋銀行あるいはセイコーマートのATMからとなってしまいます。ほかの銀行のプラントは異なり返済日の連絡サービスはありませんので自分で返済のプランを管理することが必要になります。審査はおよそ1日程度と考えておくと良いでしょう。急ぐ場合には北洋銀行のアルカ支店へのお問い合わせが便利です。

 

7:千葉銀行

千葉県千葉市にある、ちばぎん(千葉銀行)からの借り入れを検討するならば、借入の限度額が800万円である、「クイックパワーアドバンス」がお勧めです。最速でその日のうちに借り入れが可能になります。20歳から65歳の一定の安定した給与をお持ちの方であれば誰でもが申し込み可能です。

 

更には500万円の借入までは給与の証明書が必要ありません。ちばぎんの口座をお持ちでない方も借り入れが可能ですが、その日のうちに借り入れを行いたいと考えている場合には、口座の開設をされた方が便利です。毎月1日に2000円以上を自動的に返済するシステムとなっていますので、返済を忘れてしまう心配がないというメリットをもっています。

 

8:ろうきん

ろうきん(中央労働金庫)は労働者のための福祉的な意味合いの強い営利を目的とはしていない金融機関です。労働者のための銀行ですので、金利が低いというメリットがありますが、逆に審査が厳しいというデメリットもあります。労銀のカードローンはショッピング、リフォーム、冠婚葬祭にお使いになることは特に問題ないのですが、事業目的や投資の目的に使うことはできません。

 

500万円までの貸し付けを受けることが可能です。20歳から65歳未満の方であって、一定の給与や勤続の条件を満たした方であれば借入が可能になります。

 

返済に際して給与からの振込み、公共料金の自動支払い、web通帳などを申し込むことによって金利の引き下げを行うことが可能になります。借りている方が何らかの理由によって離職したり給与が減ってしまったときには返済額を減らして、その期間を延長することも可能になります。

 

9:セブン銀行

セブン銀行のカードローンは20歳以上で70歳未満の方であればお申込みになれます。年金生活者のかたや主婦の方でもお申込みになれますが、専業主婦の方の場合には配偶者の方の給与や勤務先の情報が申し込みの際に必要になります。金利は比較的高く設定されていますが、審査機関が短くしかも審査が消費者金融と同じように通りやすいという傾向があります。

 

セブン銀行のカードローンの場合には借入の限度額を選択することが出来るようになっています。また、だんだんと借入の限度額を上げることも可能ですが、一度に多くの増額を希望するとその審査に落とされてしまうこともありますので注意が必要です。セブン銀行のキャッシュカードを使うと全国の提携ATMからの借入が可能になります。

 

申し込み後30分程度で審査結果を得ることができます。また、口座を持っていない方であっても申し込みが可能です。同時に口座の開設申し込みをすることになります。

 

10:アコム

アコムは三菱UFJ系の消費者金融で、日本で唯一、マスターカードのライセンスが与えられています。アコムのカードローンは800万円までの借入が可能です。借入は20歳から69歳の一定の安定した給与をお持ちの方であればお申し込みが可能です。しかしながら、給与がない専業主婦の方は借り入れをすることが出来ないシステムとなっています。

 

アコムは比重に審査時間が短いという特徴があります。また即日の借入を希望する場合には夜の10時まであれば自動契約機をご利用になることができます。即日の借入の際には楽天銀行、三井住友銀行UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のご利用が便利です。お金の返済はコンビニの提携ATMを手数料無料でご利用になれますが、お金を借りる場合には手数料が発生します。

 

11:フタバ

フタバは長い創業の歴史を持った老舗の中小の消費者金融として知られています。いわゆる大手の消費者金融からの借入が難しい方のための消費者金融としてしられています。しかしながら、審査はもちろん厳重におこなわれますので、100人に一人くらいの割合でしかお金を借りることが出来ません。

 

最初は50万円までしか最大でお金を借りることができませんが、信用が増していけば最大で200万円までお金を借りることが可能になります。

 

12:ベルーナ

ベルーナノーティスは女性専用のカードローンで、経済的にそれほど恵まれていない非正規雇用の女性の利用が多い消費者金融となっています。総量規制のルールによって女性の場合には特に専業主婦の場合にはお金を借りることが非常に難しくなっていますが、配偶者の給与も加味してお金を貸してくれますので、専業主婦の方もお金を借りることが出来るようになります。

 

借入れの手続きにあたっては、配偶者との婚姻関係を証明する書類と本人確認書類と同意書の提示が必要になります。20歳から75歳までの方が借入の申し込みをすることが出来るようになりますが。専業主婦の方は借り入れにあたって配偶者の同意が必要になります。

 

始めてベルーナをご利用になる場合に、銀行振り込みでの借り入れを希望すれば14日間無利息でお金を借りることが出来るようになります。最大で10万円まで借り入れることができます。遅延損害金は20%と決められています。

 

メイプルカードと呼ばれる専用のカードを利用するとコンビニ、三菱東京UFJ銀行、東京スター銀行のATMを手数料無料でおつかいになれます。借入の審査は最速で30分で終了します。

 

13:ビジネスパートナー

ビジネスパートナーの借り入れには来店の必要がなく基本的に無担保無保証でOKな「スモールビジネスローン」が便利で人気を集めています。このプランですと満20歳から満69歳までの法人または個人事業主の方は借り入れの申し込みをすることが可能になります。最大で500万円までの借入が可能です。他社のビジネスローンに比べて審査が甘く、翌営業日には審査結果が分かるので、急ぎで融資が必要な人におすすめです。

 

スモールビジネスローン審査においては申請者の年収が高いものであっても過去に金融面でのトラブルを起こしているような場合には審査に通らなくなってしまいます。また、複数の金融機関からの借入がある場合もマイナスに働いてしまいます。また、事業においてこれまでに十分な利益が出ていないと判断されてしまうような場合も借り入れに対する返済能力に疑問符をつけられてしまいますので、注意が必要です。

 

ビジネスローンの場合には事業計画書の提出は任意ですが、重要な判断材料になりますので可能な限り提示したほうが良いでしょう。現在赤字であっても、今後の展開によって大きく黒字に転換できると考えているような場合にはその点についてしっかりアピールするようにすると借入れに対してプラスに働くことが期待できます。

 

借入審査でよくある質問

良く聞かれる借入関係のQand Aです。

 

ドコモのdカードを使ってお金を借りることが可能ですか?

ドコモのクレジットカードであるdカードを使うとマスターやビザといったクレジットカードのようなクレジット機能を使ってお金を借りることが可能になります。dカードの会費は初年度はむりょうとなっています。(翌年からは年会費1250円)借入にあたっては学生の場合には上限が50000円となっています。

 

65歳以上の方は上限が100000円に設定されています。その他の方は年収の3分の1以内の条件で90万円までの借入が可能です。dカードのゴールド会員の方は100万円までの借入が可能です。

 

50万円を借り入れる場合には年収の証明書が必要になります。ほかの金融機関からの借入と合算して100万円を超える借り入れをする場合にも同様に年収の証明書が必要になってきます。海外での借り入れも一定の条件を満たせば可能になります。

 

24時間の間いつでも提携のATMからのお金の借入が可能になります。また、webや電話によってお金の振込みを依頼することも可能です。

 

キャッシュカードからお金の借入をすることは可能ですか?

銀行から発行されているキャッシュカードは口座の中にあるお金を引き出すためのものですのでそれを使ってお金を借りることが出来ないシステムになっています。借入を銀行から行いたい場合には別途銀行のカードローンの申し込みお勧めです。銀行のカードローンは消費者金融に比べて利息が安いという長所があるのですが、逆に審査が厳しいという短所もあります。

 

いくつかの銀行を調べてみて、利率などを比較して最適な銀行からの借入をすると良いでしょう。また、それぞれの銀行で必要となる書類が若干異なってきますので、準備を十分に行うことがお勧めです。また、希望すれば現在お使いのキャッシュカードを銀行ローン併用の形に変えることも可能ですので、銀行の方にそれを問い合わせてみると良いでしょう。

 

学生だけれどもお金緒借りることが可能ですか?

学生の場合には基本的に奨学金を活用することがお勧めです。無利子のタイプと有利子のタイプがありますが、有利子のタイプであっても非常に利息が低い設定になっていますので、キャッシングなどでお金を借りることよりも返済の負担を少なくすることが可能になります。まずは通っている学校の奨学課に問い合わせて各種奨学金の情報を集めてみると良いでしょう。

 

基本的にその範囲内で何とか生活をするようにするのがお勧めですが、もしも更にお金が必要な場合には、金融機関からお金を借りいれることが可能になります。しかしながら、アルバイトなどの収入が無いような場合には借入をすることが難しくなってしまいますので、そのようなときには親に相談をしてお金を工面することを考えていくと良いでしょう。

 

借入、ローン、融資の違いについて

借入は広い意味で色々なものを借りることを言います。借りる相手は、銀行である場合もありますし、友人である場合も考えられます。一方でローンや融資は原則としてお金の借りることを意味していますのでほとんど同じ意味になります。ローンや融資で得られたお金は金融機関から借りたお金ですので必ず返すことが求められます。

 

更に利息を付けて返済することも必要です。ですから、お金を借りる際には計画的な借り入れが必要になります。もしも返済できないことになってしまうと大きなトラブルになってしまうことも考えられます。自己破産などの債務整理をするような展開になってしまうと、大きな制約のある生活が必要になります。

 

そのようなことにならないためにもどんなときにも借りたお金はしっかりと返すことを心がけていくようにしなくてはなりません。

 

4件以上借入があると新たな借り入れの審査には通らなくなってしまう?

絶対に通らないと断言することはもちろんできませんが、審査に非常に通りにくい状態であるのが間違いありません。できればおまとめローンなど活用して借入の数を減らした方が、金融会社がもつイメージが異なってきますので、1-2件の借入件数に減らして置くことが肝要です。

 

そのようにしておくとかなりの確率で審査に通りやすくなってきます。また、総量規制のルールがありますので、すべての借入の総額が年収の3分の1に相当するような場合にはそれ以上の借入は法律のルール上不可能ですので、そのような場合には借り換えローンをつかって、総量規制における枠を増やすこともお勧めの方法になります。

 

在籍確認はどんなときにも行われますか?

一部の小額の借入の際には在籍確認が行われませんが、ほとんどの借入の審査において在籍確認は行われます。お勤め先に金融機関の方から電話で勤務状態の確認をすることになりますが、それをされてしまうと困ってしまうような場合には金融機関の方に相談しても良いでしょう。

 

しかしながら、間違っても在籍確認をされてしまうのを避ける意味で虚偽の連絡先を金融機関に伝えることはやめたほうが良いでしょう。そのことによって、金融機関からの信用が下がってしまって、審査を却下されてしまうことは十分に考えられますので。

 

日本政策金融公庫からの借入はかなり難しいものなのでしょうか?

ここに回答を入力日本政策金融公庫は政府系の金融機関がその業務を行っており、更には借り入れたお金の使途も限定されています。借入れにあたっての審査は非常に厳重なもので、しかも審査機関が非常に長いものとなっています。

 

ビジネスのためにお金を借りいれる際には、他の金融機関が行っているビジネスローンなどを活用すると良いでしょう。

 

信用金庫の借入審査の甘さについて

信用金庫からお金を借りいれる際の審査はなんとなく甘いような感じを受ける方もいますが、実際の所は通常の銀行と同じような厳格な審査となります。しかしながら、信用金庫からの借入は総量規制の対象になりませんので、借り入れの限度額などで困っている場合にはお勧めです。

 

法人の銀行からの借入は個人の場合よりも大変ですか?

法人が銀行からの借入をする場合には個人がそれを行う場合よりも手続きが煩雑になりますので、その分余計な時間が必要になります。個人の場合とは異なり即日での借入はできないと考えておいて良いでしょう。

 

ダイナースカードの審査基準

これまではかなり審査が厳しいとされていたダイナースカードですが、最近では25歳以上で年収500万円以上であればメンバーになれる仕組みとなっています。ダイナースカードからのキャッシングも可能ですが、審査が非常に厳しく更には利息もかなり高く設定されていますので、他のクレジットカードからのキャッシングの方がお得であるといえます。

お金借りるランキング

関連ページ

融資トラブルを回避!安全にお金を借りるポイント
消費者金融でお金を借りるのは危険?それとも安全?
過払い金請求後の借り入れは可能か?
給料前借りの前に確認したいこと【保存版】
ゴールデンウィーク(GW)中でも借りれるキャッシング
急な出費で10万借りる時の理由・言い訳
どうしても金欠、貯金0になってしまう人の為の無理なくお金を増やす方法
5万円〜10万円で損をしないキャッシング方法
生命保険で一時的に現金を手に入れる方法
無利息で借りたい方向けのキャッシング業者を紹介
総量規制で自動車ローンが借りられない場合
長期借入・ビジネスで利用したいビジネスローン
どっちがお得?嫌われ者のリボ払いはなぜ危険なのか?
即日振込希望!スピード重視!ネットで完結させたい方向けのキャッシング
キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのか?
借金が返せない!どうしても返済不能の時の最終手段
初めて車を買う人必見!カーローンはこう選ぶ!
職業別&借り方別!お金を借りる方法大調査
知らないうちに連帯保証人に!?連帯保証人の責任と注意点
遅延損害金とは?各社別に返済遅延時の対応まとめ
労金(ろうきん)のカーローンのメリットとデメリットを徹底比較!
自動車ローンに頭金は必要?頭金を払うメリット・デメリット
自分に合う住宅ローンって?選び方のポイントと審査
住宅ローンを利用するなら早めが肝心!カードローンの解約方法!
使わなきゃ損!目的別ローンの種類と選び方
債務整理と過払い請求について
どうしてもお金を借りたい!でも審査に通過できる自信がない!そんな時の最終手段を考えよう!
過去に金融事故を起こした人のリストは存在するって本当?
親しき中にも礼儀あり!親にお金を借りる時の理由や金利ってどうすれば良い?

お金借りる

×