長期借入・ビジネスで利用したいビジネスローン

長期で利用したいビジネスローン

ビジネスをしているとネックとなってくるのが資金繰りです。資金量に十分な余裕があれば日々の取引は問題ありませんが、資金量が厳しい場合や、設備投資などで大きな資金が必要となるとすぐに用意できるお金の量が減ってきます。

 

このような時にはローンサービスを利用することになりますが、ビジネスに使えるローンとしては、その都度契約を行って借り入れを行うものと、カードローンのように限度額を設定していつでもお金を借り入れすることができるものの2種類があります。

 

特にカードローンタイプであれば、急な出費にも対応できるメリットがあります。

 

ビジネスローンとは?

ビジネス向けのローンの多くはビジネスローンと呼ばれます。ビジネスローンという名称でサービスを提供しているのは銀行と貸金業者がありますが、一般的にビジネスローンといえば貸金業者が行うものを指します。

 

銀行の場合には審査基準が厳しいので簡単に利用設定をすることができませんが、貸金業者の場合にはハードルが低いもので、ビジネスに特化したものもあれば、単に消費者金融のシステムを使って、ビジネス用途に使えるようにしただけのものもあります。ただ、いずれの場合においても無保証人で利用できるのが大きなポイントで、また多くの商品は無担保で利用できます。

 

一方でデメリットとしては金利が高めということです。このためビジネスローンの多くは長期借入には向いていません。このため、いわゆるつなぎ融資として利用される傾向にあります。

 

加入は個人事業主または法人で行われますが、個人事業主であっても事業の状態を見て限度額が設定されるので、年収の3分の1以上の借り入れが可能です。このあたりが個人向け融資とビジネスローンの違いです。また事業性資金を得るために使われるのでほとんどのケースで有担保タイプも用意されています。

 

貸金業者が提供しているビジネスローンのメリットとしては、審査基準がゆるやかでかつ審査がはやいことがあります。特に銀行とは異なって取引のない相手も対象になっているので、事業によって十分に返済が可能であれば、利用できる可能性が高くなります。

 

このため即日融資が可能なものもあり緊急性のある融資に頼るといったことが可能です。また振込融資もあるなど利便性が高いものです。また総量規制の対象外で事業規模に応じて限度額が設定されます。

 

一方でビジネスローンのデメリットは限度額が低い、金利が高いの2点と、稀に悪質な業者が存在することです。

 

限度額に関しては上限が300万円から500万円がほとんどで、1000万円まで借りられる場所は限られています。金利も8%から18%と個人向け融資とほとんど代わりありません。そして何よりも注意しなければならないのが悪徳業者が存在することです。

 

特に長期借入は金利の高さからそもそも向いていませんが、業者の都合で融資を停止したり、一括返済を求める貸し剥がしといった行為が行われる可能性があります。このためビジネスローンを利用する時は、業者の状態もよく見ておく必要があります。

 

ビジネスローンの選び方

ビジネスローンは金利の高さから利用しない方が良いものですが、現実的に商売を行うと何かとお金を調達しなければならない時に遭遇することがあります。この時に一々、銀行に行ってローン申請をするよりも限度額を設定して借り入れができるビジネスローンを利用できるようにしておいた方が迅速に資金調達を行うことができます。

 

ただ気をつけることは金利が高いローンは長期借入には向いていないということで、あくまでも短期間で資金回収が可能なつなぎ融資として利用するのがビジネスローンの賢い使い方です。

 

ビジネスローンの選び方としては、まずは目的と条件から選ぶことです。すぐに手続きを済まして借り入れを行いたい場合には貸金業者を選ぶことになります。

 

いわゆるノンバンク系と呼ばれるもので、金利は高めで、500万円程度まで借り入れしかできませんが、当日中に審査の可否を知ることができます。また必要書類も本人確認と決算書など最小限で済むメリットがあります。

 

一方であくまでも低金利や長期借入もしたい場合には銀行のビジネスローンを選ぶべきです。審査は厳しいですが、低金利で数千万円までの限度額の設定が可能です。ただ、審査は最短のところでも2、3日程度は必要で、1週間程度は見ておく必要があります。また必要書類も本人確認、決算書のほか、登記簿謄本、事業計画書、納税証明書などが求められることになり、銀行の場合にはほぼ通常の事業用途向けの融資と変わらない手続きとなります。

 

このようなことから、銀行系の場合には長期借入を行いたい場合や、少しでも金利負担を減らしていつでもお金を借りられる状態にしておきたいといった場合に向いています。一方でノンバンク系今すぐ資金が必要といった際に緊急的に調達するといった場合に向いており、これらの性質を理解した上で資金計画を立ててビジネスローンを利用することが大切です。

 

また選び方のチェックポイントは、融資条件の確認で用意すべき書類についてもまずは確認する必要があります。ついで金利や限度額です。

 

融資までの時間はほとんどのノンバンク系では即日に対応しており遅くても翌営業日には振込による融資を受けることができます。またカードローンタイプのものでは、利用できるATMの数もポイントです。またノンバンク系では金利が高いので短期で返済するのが無難ですが最長借入期間も選ぶ基準になります。そして何より確認しておくことは悪徳業者でないかどうかです。

 

ビジネスローンはココがおすすめ!

ビジネスローンを調べるのであればインターネットのランキングサイトや比較サイトが便利ですが、バナーが貼ってあるだけの広告サイトもありますし、普通の個人向けカードローンやフリーローンを紹介しているだけのところもあります。このため実際に利用する場合には、その会社を見て検討する必要があります。

 

ただビジネスローンでおすすめなところは限られてきます。特に大手で実績のある会社の方が安心して利用することができます。代表的なビジネスローンの業者としてはビジネクスト、シンキ、オリックス・クレジット、セゾンファンデックスなどがあります。参照:ビジネスローン

 

ビジネクスト

大手消費者金融のアイフルと三井住友信託銀行が共同出資で設立した事業用ローン専業会社です。金利は8%から18%と一般的なビジネスローンの水準ですが限度額が上限1000万円まで借りることができます。また来店不要で申し込み、契約、借り入れ、返済まで行うことができます。ただ審査には3日程度掛かります。

 

シンキ

新生銀行グループの貸金業者で消費者金融も行っていますがオーナーズセレクトカードという名前でカードローンタイプのビジネスローンも提供しています。

 

金利は13%から18%で限度額は300万円と少なめですが、同じ新生銀行カードローン、レイクの自動契約機を使って契約することも可能で、当日融資も可能ですし、楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日融資と返済を受けることができます。また法人の場合には経営者が連帯保証人になる必要がありますが、オーナーズセレクトカードでは保証人不要で利用ができるメリットがあります。

 

オリックス・クレジット

ORIX CLUB CARDの名称でサービスを提供しており、金利が6%から17.8%で限度額は500万円です。ノンバンク系としては金利の低さがメリットのビジネスローンで、審査もはやいメリットがあります。またジャパンネット銀行の銀行口座を持っていれば24時間365日、即時振込、即時返済ができます。ただ金利が低いこともあり利用条件が業歴1年以上となっており、創業目的で資金を利用したいといったことはできません。

 

セゾンファンデックス

事業コースとして提供しており、金利は6.5%から17.8%で限度額は500万円までとなっています。当日融資も可能ですが、個人向けに特化しており、法人は利用できません。

 

このほかにもビジネスローンを提供しているノンバンクは多くありますが、いずれも金利が18%前後で借り入れできるのは300万円程度となっています。

 

本当に必要なのはビジネスローン?

お金を借り入れる方法はいくつもあり、ビジネスローンはあくまでもその選択肢の一つに過ぎません。このためビジネス用途に使うのだからビジネスローンを利用するというのは、短絡的過ぎ、実際に自身にとって有利なものであるかどうかを判断する必要があります。

 

銀行系ビジネスローンは金利が低く融資限度額も数千万円程度まで借りられるものの審査基準が厳しく審査にも時間が掛かります。ただ利用できるようにしておけばつなぎ融資や長期借入にもフレキシブルに使えるメリットがあります。

 

一方でノンバンク系のビジネスローンは、金利が高く融資限度額も500万円程度と少ないものです。代わりに審査に通りやすく利用しやすいのがメリットですが、金利の高さは長期借入では多額利息を負担しなければなりません。このためあくまでもノンバンク系のビジネスローンは超短期のつなぎ融資として利用するのが無難です。

 

利用手続きをしていない場合で緊急性のある融資であれば、ノンバンク系のビジネスローンという選択になりますが、時間的な余裕があれば銀行系のビジネスローンを検討するのが無難です。また長期借入を考えており時間に余裕があれば、公的融資という選択肢もあります。

 

公的融資である日本政策金融公庫や中小企業金融公庫、新規開業ローンは、手続きが煩雑ですが、金利が1%から5%と低く設定されています。特にこれらの公的融資は開業歴が短い個人事業主でも利用が可能です。

 

また銀行でもカードローンタイプのビジネスローンではなく、用途を定めて資金を融資する事業者向けローンを利用することで低い金利でお金を借りることができます。いずれにしても借りたお金は必ず返済しなければなりませんが、ビジネスは必ずしも上手く行くとは限りません。この際に金利が少しでも低ければ負担も少なくて済むメリットがあり、完済も目指しやすくなります。

 

このため融資が必要になったら公的融資をまずは探し、ついで銀行の各種ローンを探し、最後にノンバンク系のビジネスローンという流れで検討するのが無難です。

 

ノンバンク系のビジネスローンを利用する場合には、公的資金や銀行からの融資が断られた場合と、どうしても数日中に資金が必要になり、必ず返済できる見込みがある緊急融資として利用するのがもっとも賢いビジネスローンの使い方です。

 

場合によっては・・・

ビジネスローンはビジネス用途向けのつなぎ融資として利用するのが賢い利用方法で、長期借入には向いていません。また場合によっては銀行カードローンの方がおすすめなケースもあります。

 

個人事業主や中小企業の場合には、事業に資金を多く使ってしまい生活費が困窮する場合があります。この場合に、ビジネスに使うローンを選ぶのではなく生活資金を借りるために使うというものです。

 

銀行カードローンにしても消費者金融のキャッシングにしても、基本的には借入れたお金はビジネス向けに使ってはいけないことになっていますが、事業者の生活費補てんのために借りることは禁じていません。

 

多少、荒業になりますが、本来支払われる個人事業主や中小企業経営者に支払う報酬をビジネス用にとっておき、代わりにカードローンやキャッシングで借りたお金を生活費として使うというものです。

 

この場合には後日に返済できることが条件ですが、ビジネスローンと異なって審査の時に事業についての情報を提供する必要がありませんし、収入に関しても前年度の実績が審査の対象となるので十分な過去の収入があれば利用が可能です。ただやはり金利負担が大きくなるので、選ぶのであれば低金利の銀行カードローンを選ぶのが良いでしょう。

 

おすすめの銀行カードローンとしては、三菱東京UFJ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンがあります。メガバンクのカードローンですので金利はもちろん限度額も高く審査もはやい特徴があります。三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックであれば、金利は1.8%から14.6%で、限度額は500万円までとなっており、銀行併設のテレビ窓口であれば即日融資も可能です。

 

三井住友銀行カードローンは金利が4%から14.5%で限度額は800万円まで設定することができます。インターネットなどから申し込みを行い、審査を受けたあとに三井住友銀行の本支店にあるローン契約機を利用すれば、即日でカードを受け取り融資を受けることができます。

 

これらのカードローンは15%前後の金利でスタートしますが、利用実績を積み重ねることで金利の引き下げが可能で、特に三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは2%前後の低金利まで下げることができ、ビジネスローンを利用するよりも金利負担を少なくすることができるメリットがあり、また長期借入も可能です。

関連ページ

融資トラブルを回避!安全にお金を借りるポイント
消費者金融でお金を借りるのは危険?それとも安全?
過払い金請求後の借り入れは可能か?
給料の前借りは労働基準法で禁止されている理由
ゴールデンウィーク(GW)中でも借りれるキャッシング
急な出費で10万借りる時の理由・言い訳
どうしても金欠、貯金0になってしまう人の為の無理なくお金を増やす方法
5万円〜10万円で損をしないキャッシング方法
生命保険で一時的に現金を手に入れる方法
無利息で借りたい方向けのキャッシング業者を紹介
総量規制で自動車ローンが借りられない場合
どっちがお得?嫌われ者のリボ払いはなぜ危険なのか?
即日振込希望!スピード重視!ネットで完結させたい方向けのキャッシング
キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのか?
過去に金融事故を起こした人のリストは存在するって本当?
借金が返せない!どうしても返済不能の時の最終手段
初めて車を買う人必見!カーローンはこう選ぶ!
職業別&借り方別!お金を借りる方法大調査
知らないうちに連帯保証人に!?連帯保証人の責任と注意点
遅延損害金とは?各社別に返済遅延時の対応まとめ
労金(ろうきん)のカーローンのメリットとデメリットを徹底比較!
自動車ローンに頭金は必要?頭金を払うメリット・デメリット
自分に合う住宅ローンって?選び方のポイントと審査
使わなきゃ損!目的別ローンの種類と選び方

お金借りる

×