ネットで完結させたい!即日振込キャッシング

 

誰にでもすぐにお金が必要になってしまうようなことはあります。貯金があれば対応することもできますが、そうでない場合はどこからか借りなくてはなりません。最近では即日振込をしてくれる銀行や消費者金融のカードローンが増えてきましたので、慌てずに申し込みをすれば急な融資にも対応してもらうことができます。

 

しかし「即日」を実現するためには業者ごとに条件が異なっている場合があります。特に申し込み時間によってその日のうちに融資ができるのか、翌日になってしまうのかが分かれますので、どのような業者に申し込みをするのが最も早く対応してもらうことができるのか調べておかなくてはなりません。

 

今日お金が必要なのに即日振込ではなかったら意味がありません。

 

即日振込が可能なキャッシングの見つけ方

キャッシング先は銀行やクレジットカードのキャッシング、消費者金融のカードローンなどさまざまなものがあります。即日振込が可能な場合でも、申し込み時間が遅いと翌日になってしまうことがあります。

 

24時間即日振込に対応したサービスを提供している金融機関もありますが、そうしたサービスを利用するためには指定された金融機関の銀行口座が必要となります。もし口座がない場合は最低限この時間帯までに申し込みをしなくては間に合わないということを提示してくれている金融機関から選ぶと安心です。

 

特に銀行営業時間内に手続きを完了させなくてはならないものが多いので、15時までに手続きが完了すれば即日振込が可能なのか、土日やそれ以外の時間帯でも即日振込が可能なのかをわけて考えておくとよいでしょう。

 

最近では審査に時間がかかると言われている銀行系カードローンでも即日振込に対応しているものが増えてきました。そこで条件をクリアできそうな金融機関を挙げた上で、次に重要視したい条件を決めておくとよいでしょう。例えば金利。金利が高ければそれだけ毎月の負担が大きくなってしまいます。

 

特に長期間借り入れをするような場合は小さな金利差でも負担に差が出てきますので、できるだけ低金利のローンを契約するとよいでしょう。中には無利息期間を設定しているカードローンもあります。無利息期間の間の借り入れは利息が発生しませんので、気軽に借りることができます。短期間の借り入れの場合はこの期間内に完済すれば、1円も利息の負担はありません。

 

確実に振り込んでもらえるかを確認

即日振込可能とだけ謳っている金融機関では、具体的にいつまでの申し込みにたいして即日振込可能なのかがわかりません。そこで各社のカードローンを比較してみて、即日振込の締め切り時間がはっきりしている会社を選ぶのが安心です。

 

例えば消費者金融大手のアコム。アコムでは電話申し込みであれば平日14時まで、ネットからの申し込みであれば14時半までで即日振込が可能となります。ネットからの手続きのほうが時間がかかりませんので、急いでいるときはネットから申し込みを行いましょう。

 

これは他の会社の申し込みでも同様で、来店しての手続きや電話申し込みと比較すると、ネットでの申し込みが一番早くなります。

 

また、アコムの場合は楽天銀行に口座があれば、土日祝日を含めて24時間即日振込が可能となります。

 

消費者金融大手プロミスの場合も24時間即日振込が可能なサービスがあります。グループ銀行である三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座があれば、土日祝日でも24時間即日振込ができます。

 

ノーローンの場合も同様に楽天銀行の口座があれば24時間即日振込ができます。

 

このようにネット系の銀行口座があると即日振込が可能になる金融機関が増えますので、すぐにお金が必要でない場合もあらかじめ銀行口座を作っておくと安心かもしれません。ネット系銀行の口座があると、キャッシングした後の返済手続きも楽ですし、一定の条件をクリアするとATM手数料や振込手数料が無料になるサービスもあります。

 

金利が安い

即日振込に対応している多くの会社が消費者金融ですが、中には三菱東京UFJカードローン「バンクイック」のように、銀行カードローンでも対応しているところがあります。なぜ三菱東京UFJ銀行カードローンが即日振込に対応できているのかというと、実はその背景にはアコムの存在があります。

 

アコムは三菱東京UFJ銀行の保証業務を担当しており、アコムの審査に通らないと契約することができないのです。アコムではすぐに審査結果が出るスコアリングシステムを採用していますので、その結果銀行のカードローンでも審査が早くなるのです。このような銀行系カードローンは他にもあり、銀行系の低金利のローンの良さと、消費者金融の対応の早さという2つのメリットをかけ持たせたカードローンを探すのも良いかもしれません。

 

ただし金利が低いカードローンは審査が厳しくなる傾向にあります。確実に即日振込をしてもらうためには、最初から低金利のローンを狙うより、確実に契約ができるという自信がある金融機関へ申し込みをしたほうが良いケースもあります。特に現在他に借り入れがあったりクレジットカードの残高が高い人は審査でマイナスの評価になることがあります。

 

自身の信用情報がどのようになっているのか考慮した上で、即日振込ができそうな会社を選んで申し込みをすると良いでしょう。

 

金利は実は契約後でも交渉することによって下げることができます。

 

また、短期間の借り入れであればそれほど負担になることはありませんので、金利よりも契約の確実性を重要視した方がより良い借入先を見つけることができるでしょう。

 

無利息期間がある

無利息期間の有無も金融機関を選ぶときのポイントの1つです。どの程度の期間お金を借りるかは人によって異なりますが、1か月以内に返済する場合は無利息期間をうまく使えば負担をゼロにすることができます。

 

無利息期間にも実は2種類あり、

  1. 契約した翌日から自動的にスタートするもの
  2. 初めての借り入れによってスタートするもの

があります。

 

即日振込を希望するような場合はどちらのものであっても違いはありませんが、あらかじめ契約をしておこうと思ったときは注意が必要です。無利息期間が契約の翌日からスタートしてしまうと、すぐにお金を借りないと利息が発生しない期間がどんどん短くなってしまうからです。

 

無利息期間がある業者として有名なのが、新生銀行カードローン「レイク」です。レイクはかつて消費者金融でしたが、現在は新生銀行に吸収され、カードローンの名前として「レイク」が残っています。当時から無利息期間をCMで宣伝していたため、CMを観たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

また、プロミスにも無利息期間がります。プロミスの場合はポイント制度もあり、ポイントを使用することによって自分の好きなタイミングで無利息期間を設定することもできます。無利息期間は借入額が大きいときほど高い効果を発しますが、自分の好きなタイミングで無利息期間を設定できる点は利便性が非常に高く、使い方次第では上手に利息負担を減らすことができる仕組みとなっています。

 

クレジットカードはポイントが付くものが多くありますが、カードローンにポイント制度を導入している会社はごくわずかです。

 

「お試し審査」ができる

例え即日振込対応の業者を見つけても、自分が契約したいときにできなければ意味がありません。金融機関によって審査基準が異なりますので、審査に通過できるかどうかは非常に重要です。そこで利用したいのが「お試し審査」です。

 

お試し審査にも2種類あり、

  1. 1つは無記名で年収や他社の借り入れ状況などから判断する審査
  2. もう1つは氏名や生年月日などの詳しいデータを入力することによって審査結果を表示

するものです。

 

無記名のものは気休めのコンテンツです。そこで融資可能と出たとしても、実際の審査では通らないこともあります。名前などの個人情報の入力が必要なものは、実際に信用情報にアクセスして審査を行っているものがあります。

 

信用情報にアクセスすると、そのアクセスがあったことが記録されます。これは申込として扱われますので、お遊びのコンテンツだと思っていろいろなところで審査を行っていると、大量に申し込みをしているものだと判断されてしまうことがあります。

 

銀行でも消費者金融でも、一定の期間内に申し込みができる最大件数を設定していますので、契約するつもりがない審査だとしても申し込みとしてカウントされ、契約したいときに契約できなくなる可能性があることも覚えておきましょう。

 

氏名や年齢を入力する審査を行う場合は申し込みをするつもりで試さなくてはなりません。詳しいデータを入力した審査は、その情報をそのまま申し込みでも利用することができますので、時間の短縮になります。

 

ケータイ・スマホから申し込み出来る

最近では多くの金融機関が、ケータイ・スマホから簡単申し込みができるようになりました。

 

もちろん電話や申込用紙でも問題ありませんが、そちらは契約までに時間がかかってしまうこともあります。また仮審査のあとの本審査では、身分証明書や、場合によっては収入証明書などの書類の提出が必要になります。

 

書類を郵送にしてしまうと即日振込は確実に不可能となってしまいます。そこでケータイやスマホのカメラ機能を使った書類の送信が非常に便利です。

 

撮影した画像をアプリやWebで簡単に送信することができるので、急いで融資をしてほしいときの時間を無駄にしません。書類に不備があった場合でもすぐに撮りなおして再送することができますので、カメラ機能は非常に便利でしょう。

 

このことを考え、申し込みを行う前に書類を用意しておくことも大切です。必要書類は金融機関によって異なることもあります。

 

例えばその日のうちに在籍確認が取れなかった場合です。こちらは給料明細や会社発行の保険証を提示することによって、在籍確認が取れたものとして扱ってくれる会社もあります。

 

あらかじめ給料明細や保険証を画像データとして保存しておくと、その後の手続きがスムーズになります。

 

身分証明書として利用できるのが、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードのような写真付きで国が発行している証明書です。

 

学生証や社員証では不可となりますので、こうした書類を手元に置いておかなくてはなりません。

 

もし証明書がないのであれば、マイナンバーカードを発行しておきましょう。