お金に困った学生必見!学生がバンクイックでお金を借りる方法

学生がバンクイックでお金を借りる方法

学生でもサークル活動や飲み会などはあり、当然お金は必要になります。大学生になると地元や親元などを離れて1人暮らしをしている人も多く、サークル活動や飲み会の他、食費やアパート代、携帯代、交通費、その他生活必需品を揃えるなど、生活していく為のお金が掛かってきます。

 

アルバイトをしている人も多くいますが、突然の出費も少なくありません。そういった場合、切り札となるのが、三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックです。学生でカードローンを利用するのに抵抗がある人もいる事でしょう。しかし、バンクイックは学生でも利用出来てその上安心安全なカードとなっています。

 

ここでは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックで、学生がお金を借りる方法などについて、ご説明します。

 

バンクイックは大手銀行のカードローン

学生でも安心して利用出来るバンクイックは、誰でも知っている3大メガバンクの1つの大手銀行である、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。

 

銀行のカードローンと聞くと、審査が厳しいのではないか、安定した収入の無い学生が本当に借りられるのかなどの不安がある人が多くいます。

 

バンクイックは東京三菱UFJ銀行のカードローンではありますが、消費者金融のカードローンと同様に、手軽に申し込みや利用ができます。はっきり言って、バンクイックの審査は緩いと評判です。

 

更に、3大メガバンクでありますから、全国各地に支店があり、お金を引き出すのが非常に楽なのに加えて、バンクイックはコンビニのATMでお金を引き出す事ができるので、誰でもどこでも利用できます。この規模を誇るカードローンは、そうそうありません。

 

銀行系のカードローンと言えば消費者金融に比べて、低金利で限度額がお得であります。低金利とは返済時にかかる利息が低い事であり、消費者金融と比べて数パーセントの違いがあります。バンクイックは10万円から貸し付けをしてくれ、最高限度額が500万円となっています。金利は4、6パーセントから14、6パーセントとなっており、これは大手消費者金融の最高金利18パーセントと比べても、3パーセント以上低い設定となっています。

 

消費者金融系のカードローンは平均500万円程度が、最高限度額となっています。銀行でのカードローンでは多いところで1,000万円となっているところもありますが、東京三菱UFJ銀行のバンクイックでの最高限度額は、500万円となっています。

 

更に、銀行系のカードローンの最大のメリットとして、総量規制での制限を受けない事です。

 

総量規制とは、消費者金融法と言う法律に則った制限の一つになります。例えば消費者金融のA社が年収600万円の利用者に融資を行うとします。その場合、A社が利用者に融資できる最高限度額は200万円までとなります。これは、消費者金融では利用者の年収の3分の1までしか融資を出来ないと、決められており、これが総量規制であります。

 

しかし、東京三菱UFJのバンクイックを初めとした銀行家のカードローンは消費者金融ではないので、この総量規制の制限を受けません。銀行系のカードローンが制限を受けるのは、銀行法になります。カードローンと一言で言っても、消費者金融系、銀行系、信販系、信金系と様々な種類のカードローンがあります。もちろんバンクイックは銀行系のカードローンであり、あらゆるカードローンの中でも銀行系のカードローンは最強と言われているのです。

 

現在、たくさんの金融機関などで商品化されているカードローンですが、一体どれを選べば良いのかわかりません。よく考えずに選んだ結果、やっぱり他社のものにすればよかったなどと後悔をした人も中にはいる事でしょう。勿論人によって選ぶべきカードローンは異なりますが、基本的に皆が共通して着目する点として、金利が安いか、審査が早く済むか、あまり審査が厳しくないところが良い、と言った感じではないでしょうか。

 

特に金利は返済総額に直結してくるものですから、ほぼ全ての利用者にとって最重要事項でとなる事でしょう。また、すぐにでもお金が欲しい場合は、出来るだけ審査が厳しくなく、すぐに借りられる事が重要なポイントになってきます。事態によっては、最優先事項になる場合もあるでしょう。このような上記のポイントを満たしているカードローンが、三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックなのです。

 

バンクイックは、初めて利用する人、またはそうでない人でも皆に嬉しい特徴がたくさんあります。大きな特徴や魅力として、最短即日で利用できる事、銀行カードローンの中でも低金利であり、限度額も高めに設定されている、ATM利用料が無料である事です。仕事などが忙しくてなかなか窓口にお金を借りに行けない場合でも、インターネットでならわざわざ窓口に行く事もなく、24時間いつでも申し込みが出来ます。

 

しかし注意していただきたいのが、審査がその日のうちに行われるのは21時までです。21時を過ぎて申し込みをしても、営業時間外ですから、審査は翌営業日になります。

 

また、バンクイックの金利ですが、他社の金融機関では最高金利額が17パーセント以上のところが多数あり、やはり、他の金融機関と比較しても低金利である事がわかります。更に、バンクイックはATMでしか借り入れができない為、ATMを利用する頻度は非常に多いと言えます。

 

会社によってはATM利用料を取るところもありますが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは無料です。何度借り入れをしても、何度返済をしても一切手数料はかからないのです。

 

バンクイックは学生でも利用できる!!

先にも述べましたが、東京三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックは、学生でも利用する事ができます

 

社会人がバンクイックを利用する場合は、住所や生年月日など利用者の基本情報の他、勤務先や年収などの情報が必要になってきますが、学生が利用する場合の条件は、20歳以上65未満であり、親の同意が得られていれば余程の事が無い限り、バンクイックを利用する事ができます。

 

20歳以上と年齢制限があるので、未成年の学生の場合は利用できません。20歳になるまで待つか、親に相談しましょう。

 

なぜ未成年がバンクイックの融資を受けられないかと言うと、返済能力が極めて低い事、責任能力がないからです。バンクイックに限らず、どこの金融機関でも同様に、未成年者はお金を借りられません。また、年齢制限の上限は、バンクイックでは65歳未満でありますが、他社では69歳や70歳に設定されているところもあります。

 

高齢者の場合、退職されているので安定した収入が無く、また、疾病リスクが高いからです。それ故、病気や死亡によって返済が出来なくなる可能性が非常に高い事から、返済能力が無いとみなされ年齢制限が設けられているのです。

 

年齢制限に関しては、特に法律で定められた基準があるわけではありません。融資可能な年齢の解釈については、各金融機関に委ねられているので、各金融機関によって融資可能な年齢は異なっています。収入が高く安定していても、年齢制限に関してはそれを満たしていない限り、融資は不可能であります。

 

しかし、年齢制限でも実は例外もあり、未成年の場合でも借りられる場合があります。

 

それは、既婚者の場合です。男性の場合法律では、18歳から結婚できる事になっておりますので18歳で結婚をし、きちんと職に就き安定した収入を得ていれば返済能力があると判断され、成人扱いになります。

 

もし仮に18歳で結婚してすぐに子供が生まれた場合、当然子供にお金がかかってきます。いくら働いて収入を得ていても、18歳という若さでは生活していくのにお金が足りるのか不安があったり、実際足りなくなる事もあるでしょう。そういった場合、融資の利用が可能であると大変心強いものです。

 

当然審査では18歳と言う若さでは返済能力があるのか疑問視されますが、バンクイックは総量規制の対象外となりますので、年収によって審査に落とされる訳ではありません。融資申し込みが出来ないわけではないですので、そのような人には一度相談してみる事をお勧めします。

 

また、未成年でも融資します、などと言った広告をよく目にします。どうしてもお金が必要になった、けれど未成年だからどこも貸してくれないし、親には内緒にしておきたいなどと言った場合、やむを得ずそういった広告を頼りにしてしまう人も少なくありません。そう言った広告を出しているところは怪しい消費者金融や、闇金と言う非合法の高利貸しです。たとえお金を借りられたとしても、金利が非常に高いですから全額返済する事は無理に等しいです。

 

一時的に潤うかもしれませんが、その後は借金地獄が待っています。女性の場合は、風俗などに手を染めなければならない可能性もありますし、映画やドラマのような非常識的で酷い世界へ連れ込まれてしまうかもしれません。ですから、お金に困ってもそのような広告などには決して騙されず、どうしてもという時は、親や信頼できる身近な人に相談してみましょう、

 

学生の利用でもプライバシーは守ります!

カードローンでお金を借りたい場合、気になるのがプライバシー問題です。もちろんバンクイックで借りる学生にとっても同様で、プライバシーが守られるのか気になる点ではないでしょうか。ここでは、バンクイックでお金を借りる場合、学生でもプライバシーは守られるのかについて、ご説明します。

 

学生に限らず、バンクイックでお金を借りたい場合、プライバシーを守る為にはどうすれば良いのでしょうか。その答えはとても簡単なもので、申し込みの仕方を選ぶ事です。

 

バンクイックでは従来通り、電話や郵便での申し込みの仕方もありますが、最近ではやはり、インターネットでの申し込みが主流となっています。

 

勿論スマートフォンからでも申し込みは可能であり、この点からもバンクイックは身近で手軽な存在である事が言えます。

 

バンクイックの申し込みは、インターネットでほとんど済ませる事ができますが、カードローンのカードだけは郵送で送られる事になります。しかし、実は郵送を回避する事ができるのです。

 

三菱東京UFJ銀行にはテレビ窓口と言うものがあり、本来窓口が開いていない時間に各種の銀行業務の手続きが出来るものですが、テレビ窓口ではバンクイックの申し込み手続きもできるのです。上記で、インターネットの申し込みの場合、カードの受け取りは郵送である事を説明しましたが、このテレビ窓口でそのカードローンのカードを受け取る事もできるのです。

 

また、更にはインターネットで申し込みをしなくても、テレビ窓口のみで申し込みをする事も可能であるのです。

 

テレビ窓口で申し込みをする場合、申し込みから審査完了までの時間は最短で40分となっており、他の手続き方法と比べても、審査にかかる時間は非常に早い事が言えます。消費者金融でお金を借りる場合でも同様に、最短40分で審査が完了する会社は存在しますが、その場合は利用者が直接消費者金融会社の無人契約機がある店舗に出向きます。

 

もし誰かにその現場を見られてしまったら明らかにわかってしまいます。しかし、バンクイックの場合、利用者が出向くのは三菱東京UFJ銀行の店舗であり、テレビ窓口はその中の施設の一つにしか過ぎないので、誰かに見られてもお金を借りに行った事は悟られません。先程も述べたように、テレビ窓口は銀行業務なども行いますので、テレビ窓口を出てきたところを誰かに見られたところで相手は何をしていたのかわかりませんので、全く問題はありません。

 

相手にテレビ窓口を利用していた事を悟られても、カードローンと思う人はいないでしょう。テレビ窓口は誰にも知られたくない、プライバシーを守ると言う点で、非常に効果があります。

 

バンクイックでバイトをしていない学生が10万円を借りる場合

学生がバンクイックでお金を借りる場合、20歳以上の学生であれば、親の同意と本人確認が出来れば10万円まで借りられます

 

ほとんどの学生がアルバイトなどをしているでしょうから、アルバイトで稼いだお金から少しずつ返していくでしょう。しかし、バイトなどをしておらず収入が無い学生でも、バンクイックで10万円を借りる事はできるのでしょうか。

 

ここでは、バイトをしていない学生が、バンクイックで10万円を借りる場合について、ご説明します。

 

結論から申しますと、バイトをしていない学生でもバンクイックから10万円を借りる事ができます

 

基本的にバンクイックでは、仕事に就いていない人にはお金を貸しません。しかし、主婦あるいは主夫、学生に限っては、これに関して例外となっています。主婦や主夫、学生の場合はパートやバイトなどをしていなくても、融資を受ける事が可能です。

 

主婦あるいは主夫の人は配偶者の同意を得られれば、融資が受けられます。バンクイック学生の場合は、親の同意が得られれば融資が受けられるのです。しかし、配偶者や親の同意が得られても、もちろん借りられる金額には制限があり、主婦または主夫の場合は最高限度額が30万円、学生の場合は最高限度額が10万円までとなっています。

 

では、アルバイトをしている学生の場合はどうなのでしょうか。先に述べたように10万円までは、バイトなどをしていない学生でも親の同意があれば融資は受けられます。経済的に問題のない家庭であれば、余程の事がない限り、バンクイックからお金を借りる事は可能です。ですが、学生の中には親にバンクイックでお金を借りる事を知られたくないと言う人も、少なくないでしょう。

 

もし、アルバイトをしている学生でそこそこの収入がある場合、その場合は学生として融資を申し込むのではなく、フリーターとして融資を申し込む事ができます。

 

バンクイックはフリーターでも、融資可能となっています。

 

学生であってもフリーター扱いですから、親の同意を得なくても融資を受ける事が可能な上、10万円以上かりる事もできます。ただしもちろんフリーターですから、正社員として安定した収入を得ている人と同様の融資は受けられません。しかし、親や他の人に知られる事なく、自分の力で融資を受ける事ができます。

 

アルバイトやパート、主婦、学生でも手軽にお金を借りられるバンクイックは、全国規模のメガバンクであるからこそ、そのような人にも融資可能であり、何より安心して借りる事ができます。バンクイックの基本的な審査の流れですが、バンクイックでは、インターネットやテレビ窓口、電話、郵送などの申し込み方法があります。

 

利便性と最短スピードを考えれば、やはり、インターネットです。三菱東京UFJ銀行のホームページにある、バンクイック申し込みフォームから申し込みをします。勿論スマートフォンや携帯電話からも申し込みが可能です。Eメールまたは、電話にて審査結果が届きます。

 

その後、テレビ窓口または、郵送にて契約手続きとカードを受け取り、三菱東京UFJ銀行または、提携コンビニのATMで借り入れをします。申し込みから審査結果が来るまでは、最短で30分と非常にスピーディーであり、一般的に銀行は消費者金融よりも審査時間が掛かると言われていますが、消費者記入と同レベル、またはそれ以上の速さであると言えます。

 

インターネットでの申し込みは、24時間受け付けており、スマホや携帯電話からも申し込みできるので、いつでもどこでも気軽にできると言う利点があります。しかし、申し込むタイミングや混雑時には、審査結果が翌日以降にずれ込む場合もあります。すぐにお金が必要な場合は、下手したら間に合わない事もあり得るかもしれません。

 

そこで、すぐにでもお金を借りたい場合、お勧めなのが、テレビ窓口です。先でも述べたように、最短40分でカード発行をしてもらえます。

 

テレビ窓口の最大のメリットは、申し込みから審査、契約手続き、カード発行までわずか数十分程しかかからず、その場で一度に行える事です。カードがあれば、提携しているコンビニのATMでお金を借りられるわけですから、その日のうちに確実にお金を手にする事ができます。

 

ただし、やはりテレビ窓口もインターネット程ではないにしろ、混雑している場合があります。ですから、出来るだけ余裕を持って行動するようにしましょう。

お金借りるランキング

お金借りる

×