学生の不安を解消!親に内緒でSMBCモビットからお金を借りるには?

親に内緒でモビットからお金を借りるには?

学生は基本的に勉強することがメインですので、仕事を本務にすることが出来ない状態になります。といっても、学生だからと言って全く人付き合いの義務が無いわけでもないので、急にお金が必要になることも考えられます。

 

しかしながら、一定の収入がない学生であってもお金を消費者金融から借り入れることが出来るものなのでしょうか?

 

実際にモビットのような大手の消費者金融では学生であっても一定の条件を満たせばお金を借り入れることが出来るようになってきます。このサイトではモビットから学生がお金を借りる場合の方法(モビット学生ローン)について紹介をしていきます。

 

学生であっても消費者金融であるモビットからお金を借りることが可能です。しかしながら、学生であれば誰でもモビットからお金を無条件で借りることが出来るという訳ではありません。以下の条件を満たすことが必要になってきます。

 

学生であると親の承諾が借り入れに際しては必要であると考えてしまうかもしれませんが、やり方によっては親に内緒で学生であってもお金をモビットから借りることが出来ます。更には、学生ならではの特典のある借り入れもモビットからすることも可能になってきます。

 

学生でもモビットからお金を借りられる条件とは?

学生がモビットからローンによってお金を借りるには基本的に親の同意書は必要ではありません。しかしながら、安定したそして継続的なバイトやパートなどからの収入があることが必要になります。バイトやパートはどのようなものでもいいという訳ではありません。単発や日雇いなどの短期間の仕事ではモビットからお金を借りることはできません。

 

また、継続的であってもリゾートバイトなどの季節限定の仕事も同様にモビットからお金を借りることはできなくなってしまいます。スーパーマーケットやレストラン、飲み屋さんのようなお店で毎日でなくてもいいので長期間にわたって就業していることが必要になります。

 

長期間の就業ですが、少なくとも半年はあることが望ましいといえます。できることでしたら、1年は同じ場所で就業していると良いでしょう。モビットの審査においてはできる限り長い間同じところで働いているとローンの審査に通りやすくなります。長期間であれば有利にはなりますが、半年の就業であっても全く審査に通らないという訳ではありません。

 

また、学生がモビットからの借入を行う際には20歳以上であるという条件が付きます。20歳未満の方はお金をモビットから借りることはできません。20歳未満の方は親御さんにモビットからお金を借りる場合には相談してみると良いでしょう。また、学生さんの場合にはほとんど該当することはないと思いますが、モビットからのお金の借入は70歳以上の方は行うことはできません

 

学生がモビットの審査で有利になる条件とは?

学生の場合にクレジットカードを使ったことがある場合には、モビットからのカードローンの審査において有利になることがおおくなります。クレジットカードを使うということは現金がない状態で買い物をするのと同じですので、借金と同じと考えることができます(クレジットカード会社が建て替えをしてくれている状態と同じです)。

 

借金があることはモビットの審査において不利に働いてしまうのではないかと考えてしまうかもしれませんが、借りたお金をきちんと返済していることになっていれば、モビットのローン審査においては有利に働くことが多くなります。もちろん、クレジットカード会社との何らかのトラブルの経歴があるような場合には逆にモビットの審査に対してマイナス要素になってしまいますので、審査が却下されてしまうことが多くなります。

 

学生からのローンの申し込みがあると、お金の返済能力があるかモビットの方でも慎重に検討を行うことが多くなります。そんな時に学生さんがそれまでにクレジットカードの利用実績があるとそれを参考に審査を進めることができますので、審査を迅速に行うことができます。クレジットカードを正しく使って入れば、審査にプラスに働くことになります。逆にクレジットカードの支払いに延滞などがある場合には、審査が却下されてしまうこともありますので注意が必要です。

 

親に内緒でモビットからお金を借りる方法

学生がモビットからお金を借りたとしても、その情報が通っている学校の方に連絡されることはありません。学校の方は心配ないと考えて問題ないのですが、親にはその情報が伝わってしまう可能性が考えておく必要があります。親と別居している学生の場合にはそれほど心配する必要ないのですが、同居の場合にはモビットからの郵送物などによってその情報が親に伝わってしまう可能性が考えられます。

 

モビットから送られてくる可能性がある郵便物としては、契約関係の書類とモビットカードですので、これを見られてしまうと借入の事実を親に知られてしまうことになります。郵送物によって受け取りをする場合には、モビットに郵送の日付をあらかじめ相談しておくのは一つの方法になります。自分で必ずモビットからの郵送物を受け取るようにすれば、学生がモビットからお金を借りているということを親に知られてしまうこともなくなります。

 

自宅にモビットから郵送物が送られてきてしまうことを避ける方法として、モビットのweb完結申し込みをしておくこともできます。この方式ですとモビットから郵送物が送られてきてしまう可能性はなくなります。

 

この方式を適用するためには

  1. 利用者(学生)が三井住友銀行あるいは三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を保持している
  2. 利用者(学生)が全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)あるいは組合保険証を保持していることが必要になります。

学生の場合にはほとんどの場合において1の条件をクリアすることがwebシステムを活用するための方法になってくるでしょう。

 

また、モビットからの借入に対して延滞をしてしまうと、督促がおこなわれることになります。督促状が郵送されてきたり、返済についての電話での問い合わせが行われるようになります。それによって学生がモビットからお金を借りているという事実を親が知ってしまうきっかけとなってしまいますので、モビットからのお金の借入は計画的に行い故実通りにきちんと返済をしていくことが必要になります。

 

モビットからのお金の借入れに対しては厳格にその返済を行っていくことが求められます。最初のうちは返済を誰もがきちんと行っていくことがおおいのですが、慣れてくるとついうっかりしてしまうこともあります。しかしながら、契約によって行われているお金に借り入れの返済に対しては、うっかりは絶対に許されないということを知っておくことが必要です。

 

うっかり返済の日を忘れてしまって、延滞してしまうと自分の金融面での信用が著しく低下することになりますので、その点は十分に注意しておくことが必要です。

 

学生がモビットに申し込む際に気を付けたい事

モビットに学生がローンを申し込む時に知っておくとよいポイントが2つ存在しています。

まずはスマホの延滞がないか確認しておくことが必要です。

スマホを分割払いで購入している場合にはその支払いに延滞がある場合には、それによって信用情報に傷がついてしまうとモビットの審査に通らなくなってしまうのでまずはスマホの延滞の有無を確認しておくことは重要なポイントになります。

 

学生の場合には社会人に比べてローンの審査が通りにくいという部分もありますので、延滞は決して行わないように気を付けておくと良いでしょう。

 

モビットからの借入の際には絶対に生活費を借りないようにすることも重要なポイント

冠婚葬祭の費用や旅行や付き合いの費用をモビットから借りるのはとてもゆうこうですが、活きていくために必須のお金をモビットから借りてしまうと、生活の形態が変わってしまいますので、ほとんどの場合において破たんしてしまいます。

 

そのようなことが無いようにモビットからの借入の際にはどのような目的でそれを借りるかについての検討をしたうえで特に学生は借り入れをすることがお勧めです。

 

生活費の場合には、節約が倹約更にはムダを省くなどして、できる限りお金をモビットから借りないような工夫が必要です。生活費をモビットから借りてしまうと、金銭感覚がマヒしてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

学生がモビットで借りられる借入限度額

日本には総量規制と呼ばれる借り入れに関する法律がありますので、年収の3分の1以上の借入はできません。モビットからの借入もこの総量規制の対象になってきますので、学生の借入の場合もこの対象になります。

 

例えば年収75万円の学生の場合には、モビットから25万円までしか借りることができません。

 

しかしながら、社会人の場合にもあてはまりますが、貸し倒れの可能性を考えて総量規制の枠いっぱいまでモビットは学生のお金を貸すことはしません。実際に、年収の3分の1の金額を借りてしまうと社会人であっても、その返済に大きな負担を感じることになります。

 

場合によっては債務整理を行うことにもなってしまいます。債務整理の手続きを行ってしまいますと、いわゆるブラックリストに載ってしまいますので、大きな制約を受けることになりますので注意が必要です。

 

社会人に比べて学生は返済能力が低いのが一般的ですので、たとえば75万の年収の方であれば、最大で15万円くらいの融資を受けることが出来ると認識しておいて間違いありません。余りに返済の負担を大きくなってしまいますと、学生の本分である勉強の方に支障をきたしてしまうことも考えられます。本末転倒な状態にならないようにすることが肝要です。

 

親に内緒で借りる時はしっかり計画を立ててから借りましょう

モビットから学生がお金を借りようとする場合に借り入れの金額が大きければ大きいほどその審査が厳しくなることが多いので、必用最低限の額をいつも借り入れるようにするのがお勧めです。借りたお金は必ず利子をつけて返済するようにしなくてはなりません。ですから計画的な借り入れがどんな場合にも求められてきます。

 

間違っても無理な借り入れを行ってしまって、自己破産などにならないようにしなくてはなりません。そんなことになっては楽しいはずの学生生活が台無しになってしまいます。

 

社会人としての自覚も学生のうちから持つようにしなくてはなりません。自分にとって本当に必要なお金はいくらなのか?そして節約や倹約をすべきところはどこなのかをいつも考えて、金銭感覚や金銭管理を行っていけるようにしていくことも必要になってきます。

お金借りるランキング

お金借りる

×