学生こそお金が必要!学生でもお金を借りられるプロミスのローンの種類

学生でもお金を借りられるプロミスのローンの種類

 

学生さんの本文は勉学ですので、働いてはいませんが、もちろん社会人になるための準備として友人とのお付き合いをはじめとした様々な活動が必要になってきます。そのような活動には当然ですが、お金が必要になって来ます。親からの仕送りを頼りにそれが全てまかなえればいいのでしょうが、なかなか大変です。

 

多くの学生がバイトをしてそれをねん出していますが、急な物入りの時はどのように工面すればいいのか困ってしまうようなこともしばしばです。また、そのような事態と常に心配していると勉学が手につかなくなってしまいますので精神衛生上良い状態とは言えなくなってしまいます。心のゆとりが人生においてはとても重要であるのは言うまでもありません。

 

そんな時に頼りになるのが学生さんも利用可能なカードローンです。学生なのにローンを利用しても大丈夫なんだろうかという不安があるかもしれませんし、また、学生なのにカードローンを利用できるのかというような疑問も出てくるかもしれません。そのために先入観によって、初めからカードローンを活用することを諦めてしまう学生さんがいるようになってしまっています。

 

しかしながら、大手の信用の高い消費者金融であるプロミスですと学生さんであってもカードローンを活用してお金を融通してもらえるようになります。学生だからお金を借りることが出来ないということはプロミスの場合は無いといえます。

 

しかしながら、あくまでも学生の本分は勉強ですので、無計画な借り入れは避けることが必要です。お金を返すために学校をさぼるようになってしまっては意味がありません。勉強の妨げにならない範囲での借り入れをいつも心がけておくようにしなくてはなりません。

 

学生さんはその意味での自己管理能力も必要になります。それにいつも留意していれば楽しくそして充実した学園生活を送っていくことが可能になります。

 

学生でもお金が借りられる!

大手の消費者金融として多くの人がそれを活用しているプロミスは、学生さんもご利用になれるという特徴をもっています。社会人向けのカードローンがメインで一応学生向けのカードローンも用意されているというイメージではありません。

 

学生が利用できるカードローンを4種類もプロミスでは用意していますので、ご自身の目的に合わせてプロミスのカードローンを選んでいくことが出来るようになります。

 

以下の3つのプランがプロミスの学生さん向けのカードローンになります。

 

フリーキャッシング

このプランは20-69歳の方が対象のカードローンです。主婦や学生の方もご利用になれます。

 

おまとめローン

このプランは他社からの借入があることが条件になります。更には安定した収入があれば主婦や学生の方もご利用になれます。20-69歳の方が対象のカードローンです。

 

目的ローン

このプランは安定した収入があれば主婦や学生の方もご利用になれます。20-69歳の方が対象のカードローンです。

 

 

フリーキャッシングのプランは一般の大手の消費者金融と同じカードローンをイメージすることが妥当です。ほとんどのプロミス利用者がこのカードローンを活用しています。おまとめローンは返済の手続きを簡潔にするために複数ある借り入れを一つの形にすることを考えて行うカードローンです。

 

おまとめをすると借り入れの総額がおおきくなりますので、金利を安くすることが可能になります。結果として返済をする金額を少なくすることが出来るようになります。目的ローンはお金の使途が明らかな場合にお使いになれるカードローンです。

 

例えば、学生の場合には、学費やゼミ旅行の費用のためにローンを組むことが可能になります。

 

使途が限定されてしまいますが、金利はほかのローンに比べて低くなっています。一度借り入れをした後は、返済をするしかありません。追加の借入が出来ないという使い勝手の悪さがあります。といっても、学生さんがお金を借り過ぎてしまって、そのやりくりが出来なくなってしまうということを避ける意味では安全性の高いプランであるということも出来ます。

 

また、一部の学生さんの中で起業をしている場合には、自営者ローンというプランを活用することも可能です。

 

学生さんであっても、プロミスからカードローンを使ってお金を借り入れることができますので、必要に応じて有効に使っていくと良いでしょう。お金を借りるということは、利息を付けてきちんと期日までに返済することを意味しています。このルールを守るということは社会的な信用を得る意味で非常に重要なことになります。

 

計画的借り入れて、余裕をもって返済をしていくことができるのであれば、フリーキャッシングは特にお勧めのカードローンです。借入の上限金額の範囲内であれば、追加の借入も可能になっているので、本当に必要な金額をその都度借り入れていくことが出来ますので、計画性の高い借り入れをすることが可能になってきます。

 

一方で目的ローンを使ってしまうと、追加の借入をすることが出来なくなりますので、利息の面を考えるのであれば非常にお勧めですが、目的が決まった費用の借入以外はフリーキャッシングのご利用がお勧めです。

 

利息の問題よりも、お金をいつでも自由に融通してもらえるという利便性を優先したほうが生活の幅が広がることが期待できるようになるでしょう。

 

学生がプロミスを利用する際に注意する点は【収入】

プロミスのカードローンは学生さんであっても活用できるものですが、その際に留意しておくことが必要になることがあります。それは学生さんの収入です。一般の方にもこれは当てはまることですが、収入が無い場合にはお金を借りることが出来なくなります。こ

 

れは、決して意地悪をしているのではなくて、学生さんが借りたお金を返せなくなってしまって、困った状態に陥ることを避けるためにそのようなルールになっているのですから、収入が無いのに、お金がほしいからと言ってお金を借りることは非常に危険で甘い考え方になりますので、避けるようにしなくてはなりません。

 

十分な収入が無いという理由でお金の借入の審査をパスできないときには、借り入れのプランを見直すことが肝要です。どうしても自分の希望の金額を借り入れるためにほかの審査が甘いと言われている金融機関からの借り入れをしてしまう場合がありますが、これは非常に危険です。十分な収入がありませんので、たちまち返済に困ってしまうことが起こってしまいます。

 

場合によっては金利が高いようなケースも考えられますので、注意が必要です。自分の希望の金額を借り入れるためにはそれに見合った収入を得ることが最良の方法になります。

 

学生さんの場合には企業でもしていない限りは、何百万円もする年収を得ることは不可能です。しかしながら、プロミスのカードローンを利用できるようになるには、アルバイトの形でもいいので、それに見合った収入が必要になります。また、バイトによる収入は継続してあるということも必要になりますので、その点も審査の対象になってきますので、留意しておくといいでしょう。

 

また、本当に仕事をしてお金を稼いでいるという実績が必要になりますので、たとえば人材派遣会社に登録をしているだけではプロミスのカードローンの審査にパスすることはできないと考えておくといいでしょう。決して毎日8時間労働する必要がありませんが、たとえば毎月4-5万円の収入が継続してあるという形があれば、プロミスの審査にパスできる可能性が出て来ます。

 

また、最初は借り入れの総額がそれほど高くないかもしれませんが、それはプロミスからお金を借りてきちんと記事までに返済をしていけば、だんだんと総額を増やしていくことも可能になります。

 

借入の総額の増加は自分から申請をして承認されれば行うことができます。

 

場合によってはプロミスの方から増額の提案をしてもらえることもあります。プロミスの方でこの人にお金を貸してもきちんと返済してくれるという信用を持つことが出来れば、自然に借り入れの総額が増える結果となってくるものです。

 

真面目に働いて、借りたお金は利息を付けて期日までに返済するという当たり前の動作は社会人にとって必須のものですが、学生のうちからその考え方を理解して、実行できるようにしておくと良いでしょう。

 

一方で短期的にたとえば夏休みや冬休みにアルバイトをしているような学生さんの場合には継続的で安定した収入という意味で融資を受けにくくなります。毎月一定の収入があることが非常に重要なポイントになってきますので、プロミスのローンを考えている学生さんの場合には働き方の工夫も必要です。

 

プロミスの2つの重要ポイント【借り入れ金額と金利】

学生さんがバイトなどによって稼ぎ出している収入に比例して、プロミスからの借入金額が決まってくることになります。一般的に収入が多ければ多いほど借入金額の上限が大きくなりますが、その他に、プロミスのこれまでの利用回数も大きく関与してきます。

 

つまり、利用回数が異なっていれば、同じ収入の学生であっても借り入れの上限が異なってくることになります。

 

プロミスに限らず消費者金融は貸したお金が返ってこないというリスクを当然のように避けようとしますので、初回は確実にその方がお金を返せるであろう金額を借り入れの上限に設定することが多くなります。何度か借り入れを行って、トラブルなく返済を行っていけば自然と借り入れの上限がアップすることになります。

 

借入の上限は自然にアップして来ますが、年収の3分の1以上の借入は法律で規制されていますので、無限に借り入れ金額の上限が増えるわけではありません。お金を過ぎてしまってどうにもならなくなってしまうと、その人を救済する目的で自己破産の手続きを行うことをします。

 

自己破産の手続きを行ってしまうと一定期間金融面での制約を受けることになりますので、学生さんと金融会社双方が大きなデメリットをこうむることになってしまいます。

 

このような金銭的なトラブルを避けるために借入金額の上限は年収の3分の1にするというルールが定められているのです。

 

借入希望金額は融資の審査に少なからず影響を与えてしまう可能性が考えられます。借入希望金額とその方の年収のバランスが崩れてしまっていると、審査に通るのが大変難しくなってしまうことが多くなりますので、注意が必要です。確かに収入が高い方が審査に通りやすいというのがまぎれもない事実ですが、複数の借入があるような場合には審査に対してマイナスに働いてしまいます

 

また、いわゆるブラックリストに載っているような場合には、100%審査に通ることはないと考えていいでしょう。また、プロミスからの借入に際して、その返済に遅延を出したことがあって、それによってプロミスともめてしまったことがあるような場合やプロミスからの借入に対して債務整理を行ったことがあるような場合も100%審査にパスすることはないと考えておいて良いでしょう。

 

借入の上限が年収の3分の1までと法律に決められています。法律で決められていることですので借り入れをすることは可能ですが、そこまで借り入れてしまうと非常に大きな額の返済が必要になってきます(自分の収入に対して)ので、一般的には3分の1よりもかなり低い金額をプロミスから借り入れるのが安全な方法ということになります。

 

また、法令の範囲内であっても、プロミスの方が融資を許可しない可能性もでてきます。もしも仮に多くのお金を借りたいと思うのであれば、忙しい時間の中をうまくやりくりしてバイトに充てる時間を十分に確保して収入自体を増やしていく努力を行うようにすると良いでしょう。なるべく甘い審査でと考えてしまうと、非常に危険な金融会社からお金を借りる羽目になってしまって、あとから困った問題に直面してしまうかもしれませんので注意が必要です。

 

審査というものは、お金を借りにくくしている要因ではなくて、お金を安全に借りるための審査であるということを十分に認識しておくといいでしょう。借りる側の安全性を確保するための手段であると考えておくのが妥当です。借り過ぎてしまって、お金の返済が出来なくなってしまうと債務整理を行うことが必要になります。債務整理をおこなうとその後一定の期間かなり制約された生活を余儀なくされてしまいますので、審査に通らない場合には借入金額の見直しを損なうのがお勧めです。

 

また、学生の本分は勉強ですので、バイトをしすぎてしまって勉学がおろそかになってしまって、卒業をできなくなってしまうのも問題ですので、計画のある生活を送っていくようにしたいものです。更には、多くの学生が試験前になるとバイトの量を減らすことを行っています。

 

試験前であるにも関わらず、ローンの返済に追われて、バイトを減らすことも出来ないという本末転倒な状態は避けなくてはなりません。人付き合いはとても学生にとっても大事なことですが、勉強をおろそかにしてしまうようなことも絶対に避けなくてはなりません。

 

また、借金の返済に追われてしまって、大事な時期であるのにもかかわらず就職活動の時間もないということも避けなくてはなりません。お金の借り入れをする際には、金銭的な余裕に加えて時間的な余裕も確保しておかなくてはなりません。そこの点に注意しておけば学生ローンを活用して実りのある生活を送っていけるようになるでしょう。

 

学生ローンって何?

学生ローンは学生向けのカードローンのことを指しています。プロミス学生ローンはバラエティに富んでいることで人気を集めていますが、他の金融会社でも学生ローンをおこなっています。その名の通り学生ローンは学生しか使うことできないルールになっていますので、学生であることを証明する書式の提出がご利用にあたっては要求されます。

 

学生ローンと言っても基本的には一般の方がお使いになるカードローンと同じと考えることができます。学生ローンの特典は一般の方向けのカードローンに比べて金利が安いことがあります。

 

例えばプロミスの金利は4.5から17.8%と設定されていますが、これは一般の方がプロミスをご利用になる場合の金利ですので、学生ローンの場合には目安として1%ほど金利が安くなります。そのために返済額総額が少なくなるというメリットがあります。

 

1%金利が少なくなると、10万を借り入れた場合に毎月3000円ずつ返すことを仮定してみると2500円ほど返済額を少なくすることが可能になります。毎月の返済額を少なく設定してしまうと恩恵を受けにくくなってしまうのは事実ですが、定職についていない学生にとっては2500円の差がとても大きなものになるのは言うまでもありません。学生ローンに申し込みをしてお金を借り入れる際には学生証の提示が必要になります。2500円は学割のようなものであると考えてもいいでしょう。

 

しかしながら、学生ローンと言えども利息は存在していますので、計画的な借り入れが必要になります。もちろん、学生であれば誰でもが簡単にお金を借りることが出来るわけで場ありません、借り入れに際しては審査がありますので、審査にパスをしなければ学生ローンを活用することが出来なくなってしまいます。審査にパスするには当然のことながら一定の安定した収入を学生さんがもっていることが必要になりますので、その点はきちんと理解しておくことが必要です。

 

また、他の金融会社から複数の借入をしている場合も審査に通りにくくなってしまいます。あまりに多くの借入をしている場合にはおまとめローンを活用するのもお勧めです。おまとめによって、1件当たりの借入の総額が増えればその分金利が安くなって返済の負担を減らすことが可能になります。プロミスにはおまとめプランが用意されていますが、このプランは学生さんであっても活用できるようになっています。

 

プロミスは審査にパスをすると日本全国に多く設置されているATMからお金の借入をすることが可能になってきます。

 

ATMに行く手間やカード使う手間を省略するために、最近ではプロミスのweb上で全ての借入の手続きを行えるようになってきています。非常に便利で短時間の手続きで完了します(振込先の銀行も指定可能です)ので、利便性の高いシステムが導入されています。

 

更には、プロミスには初回限定で30日間無利子というプランがあります。このプランは学生さんであってもご利用になれますので、利息を大幅に抑えることが可能です。この30日間無利子のプランは初回以外にも、会員サービスにおいてポイントがたまった場合にも活用できます。

 

学生向けのローンを提供してくれている金融機関はプロミス以外にも存在しているのですが、ATMの設置の数やwebサービス無利子のプランはプロミスが一番充実しているので、プロミスからの融資が学生さんの場合にはお勧めといえます。プロミスのATM(三井住友銀行のATM)であれば、手数料なしでお金を引き出すこともできます。

 

また、プロミスや三井住友銀行以外のコンビニなどのATMからもお金を引き出すことが出来るようになっています(この場合は手数料が必要になります)。非常に便利なシステムを持ったプロミスの学生向けのカードローンはお金が急に必要になった時に、いつでもどこでも対応可能という大きなメリットを兼ね備えたシステムということになります。

 

審査にパスをしてプロミスのカードを携帯していれば、緊急の場合にお金の心配をする必要がありません。お日親元から離れて、生活をしている学生さんの場合には緊急時の備えとしてプロミスのカードを用意しておいてもいいでしょう。

 

しかしながら、プロミスのカードは非常に便利でたやすくお金を利用の範囲内であれば都合してくれますが、このお金はプロミスからのギフトでありません

 

返す必要が出てきてしまいますので、必ず返すことが要求されます。まさかの時の備えの意味でカードを用意するのが肝要であって、勉学をおろそかにして、遊興にふけるためにプロミスカードを作って準備しておくのは避けなくてはなりません。学生の本分は勉強することであることを忘れてはならないからです。

 

学生も利用できますが、計画をきちんと立ててから!

日本の経済状況の悪化から以前に比べて苦学生が増えてきているという事実があるそうです。また、少子化の影響で大学などでは経営を維持するために授業料を上げるということも行われています。返還不要の奨学金の導入がうたわれてはいますが、それも財源の確保が出来ないでいるために、学生にとっては昨今は非常につらい時代であると言われています。

 

学生は国の宝とも言われていますので、学生が苦労せずに勉強することが出来る環境という意味で、学生ローンはとても重要なものになっています。一般の方のカードローンよりも金利が安いというのも学生のことをよく考えたプランであるといえます。利息が少ないというのは学生にとって大きな魅力になるものです。

 

もちろん学生さんの方も自分で働いて苦学しようという気持ちを持っていなくては学生ローンの恩恵を受けることはできません。一定の安定した収入が無ければ単に学生というだけでお金を借りることが出来るわけではないからです。更には総量規制という法律もありますので、学生さんの1年間の年収の3分の1までしか借りることが出来ませんので、それほど多くの金額をカードローンで借りることが出来ないかもしれません。

 

しかしながら苦学生にとっては少しの金額でも融通してもらえれば学生生活を充実させていくことが可能になります。学生は確かに勉強だけしていればいいという考え方もありますが、それだけでは人生はつまらないものになってしまいます。時には学生同士楽しい時間を過ごせるような経済的な援助も必要です。学生ローンはそのような観点から学生のために設定されたローンであるということもできます。

 

また、総量規制や金融機関で行う借り入れの際の審査に関しては確かに厳しいものではありますが、これは無理の借り入れを実現するためのものであると理解するのが妥当だといえます。

 

学生さんが、自分の返済能力を超えてお金を借りるようなことが起きてしまうと、自由を謳歌するために借りたお金によって学生さんの自由が奪われてしまうことになります。そうなってしまうと勉学に集中できないというようなことも起きてしまいます。総量規制や金融会社の審査はむしろ学生さんの人生を守るためのものであると考えておくといいでしょう。

 

借りたお金は必ず返済するようにしなくてはなりません。返済できなくなってしまうと大きなトラブルに巻き込まれてしまうことも考えられます。仮に債務整理を行うことになってしまいますと一定の期間ブラックリストにその情報が載ってしまいますので、お金の借入をすることが出来なくなります。クレジットカードなども使うことが出来なくなってしまいますので、制約の大きな生活を余儀なくされることになります。

 

お金を借りる際には、客観的な観点から間違いなくお金の返済ができるようになるということを自分で確認してから計画的にそれを行っていくことが必要です。安心・安全にお金を融通してもらってそれを活用していく姿勢は学生のうちから身に着けておくと良いでしょう。

 

無理のない借り入れプランであるならば、プロミスの学生向けのカードローンは金利も一般の方に比べて低く設定されており、更には全国に設置されている手数料無料のATMもご利用になれますので、非常に使いやすいものであるといえます。

 

このようなプロミスの学生向けのローンの恩恵を受けるには、審査にパスする必要がありますので、プロミスからの借入に限らず金融機関からのお金の借入は遅れることなく期日に正確に返済していくことが必要です。

 

プロミスは学生さんが楽しく充実した生活を送れるようにこのシステムを導入していますので、学生さんの方も学生の本分をわきまえ更には計画的なお金の借入を常に実践することによってより楽しく充実した学生生活を謳歌してもらいたいものです。

 

お金借りるランキング

お金借りる

×