アコムとプロミスを徹底比較

アコムとプロミスを徹底比較

消費者金融のカードローンを利用しようと思ったさいには、まずは大手消費者金融を利用するのが無難です。その大手消費者金融でも安心して利用することができるのが、アコムとプロミスです。

 

アコムは東京三菱UFJ銀行のグループ会社の消費者金融ですし、プロミスは三井住友銀行のグループ会社のSMBCコンシューマーファイナンスが展開しているブランドです。

 

いずれも全国展開しており店舗数も多く、審査時間もはやく、即日審査即日融資も可能です。またはじめて利用する人には無利息期間も設けているなど、初心者にも優しいカードローンです。

 

無利息期間

アコムとプロミスを比べるさいにポイントとなるのがはじめて利用時の無利息期間です。

 

アコムもプロミスも両方とも30日間の無利息期間が設定されています。ただ実際の無利息期間の内容は微妙に異なります。

 

アコムの場合には、契約をした時点で無利息期間が無条件で提供されていますが、プロミスの場合にはメールアドレス登録とWEB明細の利用登録が必須となっています。

 

インターネットから申し込みを行う場合には、メールアドレス登録も簡単に行えますが、それ以外の申し込み方法では少し手間が掛かるのが欠点といえます。ただメールアドレス登録とWEB明細を利用すれば、返済期日の通知なども行ってくれる便利なサービスですので登録して損になるものではありません。

 

またプロミスの無利息期間は初回借入日から起算されるという大きな違いがあります。初回借入日からなので、契約後にすぐに借り入れをしなくても良いメリットがあります。

 

アコムの場合には契約日が起算日になるので、その日のうちに借り入れなければフルに30日間の無利息期間が適用されませんし、仮に契約後に30日間借り入れを行わなければせっかくの無利息期間が過ぎてしまうデメリットがあります。

 

ただすぐに借り入れるのであればアコムもプロミスもどちらを選んでも違いはありませんし、メールアドレス登録をしたくない場合にはアコムの方がメリットがありますし、借入日からの無利息期間を利用したい場合にはプロミスにメリットがあります。

 

金利

消費者金融のカードローンを利用する上で気になるのが、金利です。金利はお金を借りた手数料として支払うべきお金のことになりますが、金利の利率が高ければ高いほど多くの利息が発生します。

 

現在の日本においては、法律で金利は年率20%と定められているので、これ以上の金利は発生しません。もちろん、アコムやプロミスも同様です。中小の消費者金融などは上限一杯の年率20%としているところも多くありますが、大手消費者金融や銀行のカードローンなどの場合には上限を年率18%と設定しています。

 

これは利息制限法と過払い金の影響で10万円未満は上限利率が20%ですが、10万円以上100万円未満は上限利率が18%、100万円以上は上限金利が15%となっているためです。

 

消費者金融の多くは100万円までの借り入れが中心ですので、18%とすることで金利の取りすぎを防いでいます。また延滞を行ったさいにペナルティとして取られる遅延損害金の利率を20%とするためにも上限金利を18%としているのが一般的です。

 

ただアコムは上限金利を18%としているのに対してプロミスは消費者金融の中では珍しく17.8%を上限に設定しています。0.2%ですが他社より低く設定されているので、少しでも金利の発生を抑えたいという人はプロミスの方が魅力があるといえます。

 

返済方法

借入れたお金は必ず返済しなければなりませんが、返済する方法にも業者によって違いがあります。通常のカードローンの返済では、毎月の指定日に口座振替で引き落とされるか、自社ATMや提携ATMを使って振込によって返済することになります。

 

プロミスの場合には、毎月指定日に返済を行う方法であるのに対して、アコムは毎月指定日のほか35日ごとの返済というものがあります。

 

口座振替は指定日に自動的に引き落とされる方式ですが、そもそも消費者金融の返済では、返済期日が設定され、その期日までに指定した金額以上のお金を返済するという仕組みになっています。このためATMによる返済では指定日前でも返済が可能ですし、返済金額もその時に応じて増やすことができます。

 

毎月指定日の場合には、サラリーマンの場合には給料日またはその後に設定することでスムーズに返済ができますが、自営業やアルバイトの場合には収入がやや不安定になるため、毎月返済というのが難しくなります。この際に35日サイクルの方法を使えば7日から4日程度の余裕が生まれるというメリットがあります。ただサラリーマンのように安定した収入が毎月必ずその日にあるのであれば、35日サイクルの返済方式にメリットは少ないものです。

 

いずれにしても、返済方法は借り入れている人の収入の状態を理解して行うことが選ぶさいのポイントになります。

 

即日融資

消費者金融を利用する理由のひとつに、即日融資の可能性が高いということがあります。銀行のカードローンなどでは審査に時間が掛かり融資まで時間が掛かる傾向にありますが、消費者金融の場合には審査の時間がはやく、また即日融資ができる体制が整っているという特徴があります。

 

即日融資を比較した場合には、実質的にはアコムもプロミスもほとんど差がありませんが、プロミスの方が若干即日融資を受けやすい傾向にあります。

 

アコム、プロミスともに即日融資に対応しており、基本的に申し込みが行われれば営業時間中であればすぐに審査を受けることができます。また14時までの契約完了を行えばカード発行がなくても即日振込みによる融資を受けることができます

 

また自動契約機であればその場でカード発行され、ATMから借り入れをすることができます。なお、在籍確認に関してはアコムもプロミスも電話連絡で行われるので違いがありません。

 

一方でプロミスが若干有利な理由としては、プロミスの無人契約機のほか三井住友銀行のローン契約機でも手続きを行うことができますし、またインターネットで審査を完了してから、最寄りの無人契約機やローン契約機を使ってカードだけを受け取るといったこともできます。

 

特に消費者金融の無人契約機を使いたくない場合には、プロミスの方が三井住友銀行のローン契約機が使えるので強みがあるといえます。

 

審査の通過率

アコムもプロミスも消費者金融のカードローンとしては、ほぼ違いがありませんが利用するさいに気になるのが審査の通過率です。いくら利便性のあるカードローンといっても審査に通らなければ意味がありません。

 

消費者金融の審査通過率は、平均すると5割程度で半分程度の人は審査に落ちるということになります。ただこれはすべての申込者が対象であり、消費者金融の場合には審査基準のゆるさを目当てにブラックリストに載っている人の申し込みが行われていますし、また貸金業法の規制によって消費者金融から借りることができない人の申し込みも行われるので、一般的なカードローンと異なって通過率は著しく低い傾向にあります。

 

では、実際の通過率はというとアコムの場合には48%とかなり高めの数値が公表されています。一方でプロミスの審査通過率は40%程度とアコムよりも低めです。このため単に通過率だけを見ればアコムの方が審査に通りやすい傾向にあります。

 

いずれにしてもアコムもプロミスもサービスの内容としては、それほどの差がありませんが、通過率という点でみればアコムに強みがありますが、十分に利用できる条件にある場合には、どちらも違いはほとんどなく、金利や無利息期間の起算日などといった点を考慮すれば、プロミスのほうがはじめて利用するさいにはメリットが多くあります

お金借りるランキング

お金借りる

×