会社からお金を借りる

会社からお金を借りる方法とは?

会社員であれば毎月もらっている給料の前払いで、今必要なお金を対処したいと思うことはあるでしょう。消費者金融からキャッシングをすること、銀行カードローンの融資を受けることに、今の給与形態では高い金利と支払う利息に不安を感じるかもしれません。

 

前払いが不可能なのかといえばそうとは限らないでしょう。
しかし従業員貸付制度がある会社もあります。

 

上司に相談する

 

従業員貸付制度がある会社が増えてきた理由

大手企業では古くから従業員貸付制度を設けていますが、最近では中小企業でもその傾向が増えてきました。

 

その理由はいくつかあります。

 

  • 昇給はできないけれども、貸付なら対応できる
  • 従業員の消費者金融トラブルを回避したい
  • 返済の滞納による給与差し押さえを回避したい

 

2010年に総量規制が施行され、多重債務者が激減したとはいってもまだまだ債務トラブルは後を絶ちません。従業員の体験談をもとに、貸し付けをする制度を作る中小企業も目立ってきました。

 

勤務先に従業員貸付制度があるか確認

まずは自分が勤めている勤務先に、従業員貸付制度があることを確認する必要があります。
また細かな規定が決められていますので、必ず下記をチェックしましょう!

 

  • 対応している資金使途
  • 利率
  • 対象者
  • 貸付金限度額
  • 返済方法
  • 担保
  • 手続き方法
  • 必要な書類

 

多くの場合、返済方法は給料からの天引きです。

 

これから先も働くことを約束したうえでの貸付となるため、勤続年数は3年以上の正社員であること、もしくは役員であることなどの条件が加えられていることもあります。

 

どのような資金使途として利用されるのか、審査はもちろんのこと、借用書もしくは契約書を取り交わすこととなります。

 

金融事故があっても借りれるの?

会社でお金を借りようと思っている方の中には「過去に債務整理をしたことがあるけれどかりられるのだろうか」と心配する方もおられますが、会社のルールがそれぞれ違うので一概に申込出来る、出来ないの判断は出来ません。

 

消費者金融や銀行へカードローンの申込は債務整理をしてから5年〜10年は審査に通らないのが一般的ですが、これはあくまでも消費者金融や銀行が決めている申込条件であって、会社でお金を借りる場合は、会社の判断次第になります。

 

ですから、会社が「債務整理をした人は融資できない」と決めている以外は心配する必要はありません。

 

また、会社が従業員貸付制度を採用している場合でも貸付基準は、

  • その人の勤続年数
  • 日頃の勤務態度
  • 会社の経済的な余裕

などで決まるので、過去に債務整理をしいても影響はないものと考えてよいでしょう。

 

従業員貸付制度と消費者金融を比較すると

 

従業員貸付制度は会社内の「福利厚生」にあたり、営利目的ではないので、ほとんどの場合金利を取らない場合が多く、金利を設定していたとしても国の融資制度並みのの設定にしているところが多いです。

 

消費者金融は、貸金業としての事業を行っているので、利息が取れなければ事業として存在できません。大手消費者金融の金利は17.8%、18.0%とかなり高めになります。

 

消費者金融で借入を申込むと、審査があり審査で信用情報機関の個人情報も調べられますが、従業員貸付制度は外部機関への問い合わせなどは、ない場合が多いので債務整理をしたことが有っても心配する事はありません。

 

返済方法は、消費者金融で借りた場合は、借入残高によって毎月返済額がきまっており、返済は遅れる事無く毎月支払わなければなりませんが、従業員貸付制度の場合は、社内担当者と相談して決める事になります。

 

社内担当者は、給料に関する事情を熟知しているので、分割払いする場合は、どのくらいなら無理のない返済を配慮してもらえますし、ボーナスの支払いが近い場合は、一括返済の相談もできます。従業員貸付制度は多くのメリットがありますが、保証人を用意しなければならなかったり、勤続年数によって限度額が変わったりする事があります。

 

また、会社でお金を借りている場合は、仕事がいやになってしまっても、返しきるまで退職したいという事が言い出しにくくなるものです。近々転職する可能性がある方は、制度の利用が足かせになることがないかをよく考えたうえで検討しましょう。

 

消費者金融で借りる場合、利息は必要になりますが、30万円借りたとしても1か月あたり450円程度の金利なので、日常生活に影響を与えるようなものではありません。

 

申込には担保や保証人が不要と言うメリットもありますし、申込は運転免許証や健康保険証が有れば、申込をしたその日にお金が借りられます。

 

キャッシングは利用しなければ利息を払う必要がありませんし、年会費も不要です。借入限度額が決まれば、その範囲内でいつでも何度でも借りられるので「借入れをするたびに追加申込をしなければならない」という不便さもありません。

 

従業員貸付制度も多くのメリットがありますが、借入の申込回数が増えると、社内での信用を落とす事にもなりかねません。そういった事にならないために、キャッシングカードを1枚作っておくというのも、ひとつの方法です。

 

従業員貸付制度のデメリット?出世に影響?

一般的な資金使途としては住宅購入費や、教育資金として使われることが多い従業員貸付制度です。しかし、将来の出世に影響を及ぼさないのかといえば難しいところです。

 

少額のキャッシングであれば従業員貸付制度を利用するよりも、消費者金融の無利息期間などを活用して短期間で返済をするという方法もあります。

 

お金借りる至急.com ランキングTOPへ戻る

お金借りるランキング

お金借りる

×