会社からお金を借りる方法とは?

会社員であれば毎月もらっている給料の前払いで、今必要なお金を対処したいと思うことはあるでしょう。
消費者金融からキャッシングをすること、銀行カードローンの融資を受けることに、今の給与形態では高い金利と支払う利息に不安を感じるかもしれません。

 

前払いが不可能なのかといえばそうとは限らないでしょう。
しかし従業員貸付制度がある会社もあります。

 

上司に相談する

 

従業員貸付制度がある会社が増えてきた理由

大手企業では古くから従業員貸付制度を設けていますが、最近では中小企業でもその傾向が増えてきました。

 

その理由はいくつかあります。

 

  • 昇給はできないけれども、貸付なら対応できる
  • 従業員の消費者金融トラブルを回避したい
  • 返済の滞納による給与差し押さえを回避したい

 

2010年に総量規制が施行され、多重債務者が激減したとはいってもまだまだ債務トラブルは後を絶ちません。
従業員の体験談をもとに、貸し付けをする制度を作る中小企業も目立ってきました。

 

従業員貸付制度を確認する

まずは自分が勤めている勤務先に、従業員貸付制度があることを確認する必要があります。
また細かな規定が決められていますので、必ず下記をチェックしましょう!

 

  • 対応している資金使途
  • 利率
  • 対象者
  • 貸付金限度額
  • 返済方法
  • 担保
  • 手続き方法
  • 必要な書類

 

多くの場合、返済方法は給料からの天引きです。

 

これから先も働くことを約束したうえでの貸付となるため、勤続年数は3年以上の正社員であること、もしくは役員であることなどの条件が加えられていることもあります。

 

どのような資金使途として利用されるのか、審査はもちろんのこと、借用書もしくは契約書を取り交わすこととなります。

 

従業員貸付制度は出世に影響をする?

一般的な資金使途としては住宅購入費や、教育資金として使われることが多い従業員貸付制度です。しかし、将来の出世に影響を及ぼさないのかといえば難しいところです。

 

少額のキャッシングであれば従業員貸付制度を利用するよりも、消費者金融の無利息期間などを活用して短期間で返済をするという方法もあります。

 

お金借りる至急.com ランキングTOPへ戻る