カードローンはバレずに借入れできるのか?

 

家やクルマを購入するとなれば、家族全員で話し合ってローンの利用を決めるというケースが多いでしょう。住宅、クルマ、教育資金などのためにお金を借りることについては、ネガティブに捉える方は少ないのです。しかしカードローンによる借入れに関しては、誰にもバレずに借りたいと考えている方がほとんどです。

 

バレてしまうポイントは利用明細、ローン利用の通帳履歴などがあるため、これらの対策をすれば問題ありません。

 

カードローンで借入する場面を誰かに見られたくないという方には、カードなしで借入れする方法もおすすめです。振込融資に対応しているローンなら、カードを持たなくても融資を受けられます。利用明細は自宅への書類送付を避けるために、WEB明細を利用する方法がおすすめです。

 

職場バレは嫌!職場に確認電話がかかってこないのはモビット

カードローンを利用するときは、必ず身分証明が必要となります。提示する身分証明が嘘かどうか調べる行為が職場連絡となり、これはほとんどのローンで行われます。審査内容の事実が本当か調べるために行われるわけですが、職場にバレるのではないかと不安を感じる方は多いでしょう。金融機関名では連絡は行きませんが、個人名の連絡でも電話対応した同僚は感づいてしまう可能性があります

 

銀行口座開設の手続きで間違いがあったなどとごまかすことは可能ですが、怪しまれることは少なくありません。審査内容に記載した勤務先に勤務していても、やはり職場に連絡が行くのは抵抗があるものです。在籍確認の内容は簡単で、生年月日・電話番号などを聞かれるだけというケースが多いですが、一般的な流れとしては申込者が在籍しているか聞くという方法になります。

 

同僚が本人は不在にしていますと返した場合も、在籍しているという証拠になるわけです。在籍確認は時間にして1分程度で終了するので、それほど気にする必要はありませんが、内容が気になるなら事前に金融機関に確認しておくといいでしょう。大手の金融機関ほど誰にもバレずに利用できるように配慮してくれるので、職場連絡が原因でバレるケースはほとんどありません。同僚に対しては適当にごまかしておけば、それ以上は突っ込まれることはないはずです。

 

どうしても職場連絡に抵抗があるという方は、電話連絡なしを原則とするモビットがおすすめです。WEB完結申込を利用すれば、在籍確認が行くことはありません。社会保険証と給与明細書が必要となりますが、これはWEBで提出が可能です。プロミスなども以前は在籍確認なしに対応していましたが、現在は変更になっています。金融機関側としては利用者が信用できる人物か判断するために、職場連絡をしたいのが本音なのです。

 

大手の消費者金融、銀行ともに原則として在籍確認はあるものと考えてください。同僚が電話に出ることに抵抗があるなら、自分が在籍している時間帯にかけてもらい、自分が直接出るという方法が確実でしょう。ただ職場規模が小さい場合は可能でしょうが、ある程度大きな規模となると無理があるものです。

 

また職場によっては在籍確認に対応していないところもあり、特定社員への電話に応じていないケースもあります。在籍していても個人情報保護のために、あえて答えないという会社もあります。

 

カード郵送に注意!カードは契約機で受け取りが鉄則

カードローンの審査を受けると、職場への在籍確認のほかに自宅連絡があります。

 

なぜ連絡がくるかというと、提示された住所が存在するかを確認するためです。金融機関としては住所不定の相手に融資することは大きなリスクと考えています。融資を受けてそのまま逃げられてしまう可能性があり、実際にそうした方は過去に大勢いたためです。

 

自宅への連絡は基本的にありますが、固定電話ではなく携帯・スマホに連絡してもらう方法もあります。ただし固定電話があったほうが信用力は高くなるので、家族にバレないタイミングで固定電話に連絡してもらう方法もおすすめです。

 

家族にローン利用が発覚するケースとしては、電話よりも郵送書類・カードがあります。自宅に審査・契約書類・カードなどが届いてしまうと、家族が見てしまう可能性があるのです。家族が間違って開封するケースもありますし、興味本位で見てしまうこともあります。

 

いずれにしても郵送物が自宅に届くのは、誰かにバレるきっかけになります。郵送書類には金融機関名が記載されていることはありませんが、わかる人にはわかってしまうでしょう。

 

例えばモビットならMCセンター、レイクなら新生銀行、プロミスなら事務センターという差出人になっています。

 

これが原因でバレる可能性は低いでしょうが、バレないという保証はないでしょう。安全に借入れをするなら、ネット完結できるローンを利用するのが無難と言えます。ネット完結とは自宅にいながら審査手続きができる方法であり、審査に通過したら自動契約機で専用カードを受け取ります。最初から自動契約機に行くよりも、手続きを簡略化することができるのです。

 

審査・契約・カード発行まで自動契約機で行うとなると、長時間の手続きとなるので誰かにバレる可能性は高くなります。無人店舗と言えども出入りする場面を見られたら、バレる可能性はあるでしょう。誰にもバレずにカードローンを利用するためには、リスクはなるべく減らしていく必要があります。

 

一般的に銀行カードローンは、カードは郵送によるお届けとしていますが、三井住友銀行はローン契約機でカード発行されるので便利です。モビットもプロミスはカードローンでありながら、カードなしで借入れすることが可能です。WEB完結を利用することで、指定口座に振込融資してもらえるのです。家族にカードが見つかってバレる心配はありませんし、自分専用の口座に振り込んでもらえば家族が見ることはないでしょう。

 

大手の消費者金融は誰にもバレずに借入れできる工夫をしてくれるので安心できます。ローンの利用がバレたという場合、その原因はたいてい自分にあります。周囲にバレるような借り方をしていれば、バレてしまうのは仕方のないことでしょう。

 

借入・返済時はWEB利用明細サービスで郵送を回避

ネットが普及する以前のカードローンは、借入れをすると書面による利用明細が発行されていました。自宅に郵送書類が届いて、家族がうっかり開封してしまうケースは多かったのです。毎月のように届いていれば、バレてしまう確率は当然高くなります。ATMで利用した場合はATMで利用明細が発行されますが、背広のポケットに入れたままにしておき、家族が洗濯するときに見てしまうケースもあります。家族と共有する通帳に利用履歴が残り、怪しまれてしまうことも少なくありません。

 

いずれにしても書面による明細はバレる原因となるため、WEB明細サービスを利用できるローンを選ぶのがおすすめです。WEBの専用画面で利用状況を見られますし、各種登録状況の変更も行えます。ネット環境がある方ならWEB明細の利用は基本ですが、アイフルなどの一部の金融機関では利用制限をしていることがあります。例えば、銀行振込の対応や全ATM利用のためには郵送明細を必須としている金融機関もあるのです。

 

WEBによる利用に慣れてしまうと、借入れ・返済がラクラクです。ATMに行かなくとも銀行振込、自動口座引き落としなどの方法で返済ができます。カードローンは借りるときよりも、返すときのほうが面倒に感じるものです。返済の利便性を考えるならWEBでの利用が非常に便利ですが、通帳記入されることを認識しておきましょう。家族と共有する通帳にローン利用履歴が残ると困るという方は、ATMで借入れ・返済をするとよいでしょう。

 

コンビニを利用する方法は、誰にもバレずに借入れしたい方に最適です。店舗ATMだと何度も店を出入りしていると、バレる可能性は高くなります。無人店舗と言えども、店内にスタッフがいないだけであり、店を出入りするところを知り合いに見られればバレます。コンビニATMの優れているところは、提携金融機関が多いのでローンだと特定されないことです。コンビニATMで利用する方法はポピュラーですが、振込・自動口座引き落としで借入れ・返済したいという方はアイフルを検討するといいでしょう。

 

アイフルの魅力は振込名義人を個人名に設定してくれるので、ローン会社から借りたことがバレないのです。家族に通帳を見られても消費者金融だと特定されないので安心です。アコムならACサービスセンターと表記されますが、ネット検索をされるとローンだと発覚します。ネットは非常に便利なものですが、便利ゆえに諸刃の剣ともなるのです。やはり振込・自動口座引き落としで利用するなら、個人名義を設定できるアイフルが最適でしょう。

 

誰かにバレてしまう原因の多くは自分の不備にあるので、自分がしっかりと対策すればまずバレないのです。家族になぜかバレたというケースでは、実は自分がバレるような内容を話してしまったという事例が多いです。

 

延滞したら絶対バレる!職場で給料が差し押さえ命令が・・・

誰にもバレずに借入れしようと思っていても、延滞したらアウトなので注意してください。ローンというのは借入れしてから返済まで、1ヶ月以上の期限がある場合がほとんどです。ゆとりを持った返済プランが用意されているので、問題なく返済できるはずです。もし延滞してしまった場合、ローン会社はすぐに電話連絡を入れてきます。すぐには職場に連絡を入れることはしませんが、契約時に指定した固定・携帯電話に連絡がきます。

 

大抵は翌日〜3日程度で連絡がくるので、ずっと返済せず放置することは不可能です。ローンの利用において最も信用を落としてしまう行為は、黙って延滞することなのです。期日までに返済するのが難しいならば、まずは業者に電話を一本入れて理由を話しておきましょう。お金を用意できず返済ができないという理由なら電話するのは抵抗があるでしょうが、それでも黙って延滞するよりはいいのです。

 

業者スタッフはいつごろ返済できるか聞いてくるので、返済予定を伝えておきましょう。返済期日よりも前に、業者から連絡がくることはありません。延滞しなければまったく心配はないので、ここは特に注意してください。

 

延滞が長くなると頻繁に催促がくるようになりますし、郵送書類が届くこともあります。最初は誰にもバレずに利用できるように配慮してくれていても、延滞を繰り返すようではプライバシーを考慮してはくれません。業者によっては元金の入金は無理でも、利息を入金すれば翌月にジャンプできるところもあります。

 

延滞が長期間続くと会社に連絡が行きますし、最終的に給料を差し押さえられます。延滞期間が長くなるほど、バレる可能性は高くなるのです。たった1日遅れるだけで遅延損害金が発生するなど、利息のほかにもペナルティの支払いをしなくてはいけません。延滞が続くようだと、いつローン契約をストップされるかわかりません。利用履歴は信用情報機関に残されてしまうので、今後のローン契約に影響してきます。

 

延滞が原因でバレないためには、何よりも延滞しないことが重要です。

 

なぜ返済が厳しくなるのか考えてみると理由は至ってシンプルで、返済が厳しくなるほどの借入れをしているから返済計画が崩れてしまうわけです。収支のバランスをしっかりと把握し、安全な返済額を算出していきましょう。そのためには借りすぎないことが大切なので、借入れ額別の毎月の返済額も調べておくべきです。

 

10万円なら月々3,000円でOKだけど、20万円なら6,000円というように大きくなります。

 

月に3,000円なら無理なく返済できるという場合は、そこから逆算して10万円の借入れにするなど調整すればよいわけです。

 

安全に返済できる計画を立てて延滞しなければ、延滞が原因でバレる心配はないでしょう。

 

カードローンでの借金が誰にもバレないためのポイント

 

誰にもバレずにカードローンから借入れするために、基本的なポイントを抑えておきましょう。どういった状況でバレるのか把握しておけば、リスクを回避することができるのです。

 

注意したいポイントは、

  • 職場への在籍確認
  • 専用カードの郵送受け取り
  • 自宅への郵送書類
  • 通帳への利用履歴表示

などがあります。

 

在籍確認が原因でカードローンの利用がバレることはありませんが、怪しまれる可能性はあります。それを避けたい方はWEB完結が可能であり、職場連絡がないモビットがおすすめです。一部の金融機関は書面による在籍確認を行っていますが、基本は電話連絡となります。在籍確認が必須となる場合は、書面より電話による在籍確認を受けたほうが融資までスピーディーになります。

 

以前は自宅にいながら借入れする方法といえば郵送契約でしたが、意外とバレるケースが多かったのです。家族がうっかり開封して見てしまえば、確実にバレることになるでしょう。カードという証拠がある以上、ローンは利用していないと言い訳しても意味がありません。WEB完結サービスにより審査・契約ができ、その後は振込融資をしてくれるローンがベストでしょう。WEB完結なら自宅に書類関係が届かないので、バレる確率はぐっと減少します。

 

振込融資によって通帳記載されるのを避けたい場合は、ATMで借入れ・返済するなどの工夫をしましょう。カードを利用せずにカードなしのキャッシングとして借入れしたいなら、通帳記入を個人名義にしてくれるアイフルがよいでしょう。ただし、返済をするときは振込よりもコンビニATMを利用するのが安心だと言えます。オリックス銀行、みずほ銀行に関しては、カードは自宅へのお届けとなります。郵送物が原因でバレるケースは意外に多いので、郵送物は極力減らしていくことが大切となります。

 

単発的に利用するならバレる可能性は極めて低いですが、数年以上の長期利用をしている方は少なくありません。最初は短期の利用を考えていても、結果的に年単位の契約になってしまう方は多いのです。こうした状況を考慮して、バレる可能性が低い自分に合ったカードローンを選んでいくことが大切でしょう。似たようなローンでも、よく確認すると細部に色々と違いがあるものです。

 

ローンのメリットは事前に把握できることが多いですが、デメリットに関しては契約してから気づくケースが多いのです。振込による借入れ・返済をしていたら、家族に通帳を見られて借金だとバレたという事例は意外と多くあります。自分の借り方・返し方に合ったローンを選び、あとは延滞せずに返済していくことが大切です。

 

延滞をすると自宅・勤務先に催促の電話がきますし、最終的に給料差し押さえになる可能性があります。延滞は自己責任であるため、延滞しないような借り方をすればいいのです。

 

まとめ

最近の金融機関は貸金業法を厳守し、健全な運営を行っています。確かに以前の貸金業者の中には、強引な取立てをしている業者が多々ありました。金利も非常に高く設定されていましたし、時間帯を問わずに連絡してくるケースもあったのです。

 

現在のカードローンに関しては総量規制・利息制限法などの貸金業法により、安全に利用できるようになっています。プライバシー性も向上し、誰にもバレずに借入れできるように配慮してくれます。

 

数多くのカードローンが存在する現在では、優位性を持っていないと顧客を確保しにくい時代なのです。WEB明細サービスもその一つであり、自宅にいながら申し込みすることができます。店舗まで行かなくても審査・借入れができるのは大きなメリットでしょう。昔は対面与信による貸付が主流であり、店舗で契約をしたものです。

 

お金を借りに行くという行為は非常に抵抗があるものですが、ネットの普及によって自宅にいながら振込融資を受けられる時代になったのです。

 

ただし、便利ゆえの諸刃の剣もあり、通帳記入などで家族に利用がバレてしまうケースがあります。振込融資、自動口座引き落としなどのサービスを利用すると記帳されるので、家族と共有する通帳への記帳は避けるようにするべきでしょう。ATMで借入れ・返済をする場合は、自宅に郵送書類が届かないように設定しましょう。

 

書類関係でバレるケースは少なくないので、WEB明細で確認するようにするべきです。

 

自宅へのカード送付に関しても、直接届くのを避けたい方は自動契約機での受け取りをおすすめします。あとは返済期日までにしっかりと返済していれば、バレることはまずありません。延滞した場合の業者の対応は迅速で、すぐさま自宅に連絡がくることになります。翌日の朝10時ごろに連絡がきたという方も多く、たった1日という甘えにより家族全員にバレてしまう可能性もあるのです。

 

長期の延滞をすると職場にも連絡が入ることがありますから、計画的な利用を心がけてください。はじめて契約する金融機関なら、誰にもバレずに借りたいと伝えておけば配慮してくれます。申し込み方法、カード受け取り方法、明細のお届け方法などによってリスクは変わるため、一番安全な方法を聞いておくとよいでしょう。

 

カードローンの利用頻度については、多くなるほどバレる可能性は高くなります。単発的に借入れするローンと割り切って、ローンに依存しないようにしましょう。月に何度も借入れ・返済を繰り返すような使い方をすると、バレるきっかけを増やすことになります。

 

財布のお金が足りないときに、一時的に借りるというような借り方をするのがベストです。借りたお金は一括返済を徹底しておけば、さらにバレる可能性は低くなるでしょう。

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?
専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの上手な返済方法とは?
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
おすすめのカードローンはどこ?!各カードローンの特徴総まとめ
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
総量規制対象外のカードローンと対象となる借入
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説