カードローンの上手な返済方法とは?

カードローンの返済方法

カードローンを利用して借りたお金は、返済しなければなりません。返済方法はカードローンによって、いくつかの方法が用意されていることがほとんどです。自身に合った方法を選ぶことにより、返済が遅れることなく、完済までこぎつける事が出来るでしょう。

 

返済が遅れてしまったり、返済をすることが出来なくなってしまうと、日常生活に支障をきたす可能性もありますので、お金を借りるという時には、無理のない返済をすることが出来るような金額を借りるということが重要になります。

 

自身の収入や支出のバランスを考え、返済シミュレーションなどを事前に利用することで、無理なく返済をすることが出来る金額を知ることが出来るでしょう。計画的に利用をした上で、上手に返済をしていきましょう。

 

返済方法の種類とそれぞれのメリット・デメリット

カードローンの返済方法は大きく4つの方法があります。

 

利便性を求めるのであれば、コンビニなどに設置されているATMを利用した返済方法がおすすめ

ATMを利用した返済方法のメリットとしてはいつでも返済をすることが出来るということでしょう。通勤時などでも時間帯を気にすることなく返済をすることが出来ます。

 

デメリットとしては、自身でATMまで出向く必要があるということです。万が一、返済を忘れてしまった場合には、余計な利息を支払わなければならなくなる可能性もあります。

 

口座引き落とし

メリットはATMを操作するのとは異なり、自動で決められた期日に返済をすることが出来るため、払い忘れるということがないことです。ただし、通帳に返済をしたということが記録として残ってしまうため、通帳を第三者に見られてしまった場合にはカードローンを利用していることがバレてしまう可能性があります。

 

ネットバンキングを利用する

従来の銀行とは異なり、スマートフォンやパソコン、アプリを利用して返済をすることが出来ます。ATMに行く必要もありませんし、周囲の目を気にすることなく返済をすることが出来ます。

 

デメリットとしては、口座引き落としと同様に通帳に記録が残ってしまうということやネットバンキングを利用するための手続きをあらかじめしておかなければならないということでしょう。

 

銀行振込

指定された期日までに指定された銀行口座に返済額を振り込むという返済方法です。自身の銀行口座から振込をすることになりますが、自宅や職場の近くに返済に利用することが出来るATMがないという場合には、便利な方法であると言えるでしょう。

 

 

デメリットとしては、通帳に記録が残るということや振込をする度に手数料がかかってしまうということが挙げられます。

 

ポイント1:手数料無料のATMを使う

カードローンの上手な返済方法として、手数料無料のATMを使うということが挙げられます。

 

カードローンの返済に利用することが出来るATMはコンビニなどにも設置されているため、非常に便利です。しかし、気をつけなければならないのは、ATMを利用した返済方法では手数料がかかる場合がある、ということです。

 

カードローン業者のATMからの返済であれば、手数料無料である場合がほとんどですが、提携ATMを利用した場合には手数料が発生するというところは珍しくはありません。1回の返済でかかる手数料は100円から200円です。わずかな金額であると思われるかもしれませんが、カードローンの利用額にもよりますが多額のお金を借りているという場合には、返済回数もそれなりに多くなります

 

返済の度に手数料を支払っていると、総額は思っているよりも高額になってしまう可能性もあります。わずかな金額でも節約することが出来るところは節約するということが上手な返済方法であると言えるでしょう。

 

規模の大きな業者であれば、利便性の高い大きな駅の周辺などに手数料無料で利用することが出来る自社ATMを設定しているというところもあります。そのようなATMを利用した返済方法であれば、手数料を支払わずに済みます。

 

ATMを利用した返済方法の際に発生する手数料については、カードローンによって異なりますので、事前に確認をすることをおすすめします。中には、自社ATMだけではなく、提携ATMも手数料無料で利用することが出来るとなっているカードローンもあります。

 

ATMを利用した返済方法は自身の都合に合わせて返済をすることが出来るという大きなメリットがありますが、選択するATMの選び方を間違ってしまうと、損をしてしまう可能性もあります。安易に利用するところを決めずに、ATM選びは慎重に行うようにすると良いでしょう。

 

ポイント2:返済期日を給料日後に設定

カードローンの返済日はあらかじめ決められています。業者側が一方的に決める場合もあれば、返済期日を自由に選択することが出来る場合もあります。カードローンの返済で絶対に避けるべきことは、返済が遅れるということです。返済を期日までに行うことができなかった場合には、そのペナルティとして、通常よりも高い金利を課せられてしまいます。

 

また、返済が遅れるということが何度も続いた場合には、利用限度額が下げられてしまう可能性もあります。そこで、返済期日を自由に選択することが出来るという場合には、給与日の翌日に返済日を設定するようにしましょう。また、いくつかの期日の中から選択することが出来るという場合には、出来る限り給与日に近い日に設定しておくようにしましょう。

 

給与が入って、すぐに返済をすることが出来ますので、返済延滞を防ぐことが出来ますし、給与が口座振込となっている場合には、その口座から返済金額が引き落とされるように設定しておくことで、お金を使ってしまうということを防ぐことが出来ます。

 

自身で振込などで返済するといった返済方法を利用するという場合には、返済日を忘れてしまう可能性もあります。業者の中には、返済日が近付くとメールなどでその旨を知らせてくれるようなサービスを提供しているところもありますので、このようなサービスを上手に利用し、返済日を忘れてしまわないようにしましょう。

 

給与日と返済日が離れているという場合には、返済金額を手元に確保し、使ってしまわないようにすることが大切でしょう。

 

返済日を選択することが出来るところは、それほど多くはありませんので、カードローンの申し込みをする時には、事前に確認をすることをおすすめします。このような返済方法は、お金があると、すぐに使ってしまうという人には特に適している方法であると言えます。お金の管理を上手く行うことが出来るようになります。

 

ポイント3:余裕があるときは繰り上げ返済

カードローンでは、最低返済額が決められています。これは、借りている金額によって異なりますが、毎月最低でも、決められた金額は必ず支払わなければならないものです。決められている金額以下の返済は認められませんが、決められている金額以上の返済は認められています。

 

お金に余裕があるという時には、決められた金額以上の金額を返済することにより、完済までの期間を短くすることが出来ますし、返済回数も少なくて済みます。そして、利息の負担が減りますので、返済総額も少なくなります。

 

さらに、より上手く返済総額を減らす返済方法として、繰り上げ返済をするということです。これは、あらかじめ決められた期日よりも前に返済をするという返済方法です。カードローンの金利は日割りで計算されています。つまり、1日でも早く返済をすることが出来れば、その分利息負担が少なくなるということです。

 

期日前に返済をするという時には、事前に業者に連絡をする必要はありません。通常の返済方法と同じように、ATMなどを利用した方法です。いつでも手軽に行うことが出来ますので、お金に余裕があるという場合には、仕事帰りなどにATMを利用して返済をすることが出来るでしょう。

 

繰り上げ返済という返済方法でカードローンの返済をするという時にはいくつかの注意点があります。

 

特に注意しなければならないのは、早めに返済を行った際の扱いです。業者によっては、返済をしたその月の返済であると判断される場合もありますが、前月の追加返済であるとみなされることもあります

 

前月の追加返済であると判断されてしまった場合には、返済をした月の返済は行っていないと判断されてしまいますので、通常の返済日には再度返済をする必要が出てくるというわけです。借入残高が減るということはかわりありませんが、生活に必要となるお金が減ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

ミニマムペイメントとは

「ミニマムペイメント」、これは一般的な言葉であるとは言えないため、聞いたことがないという人も多いのでは無いでしょうか。これは、カードローンにおける最低返済金額のことを指します。この金額は銀行や消費者金融によって異なりますし、借入残高によっても異なります。

 

例えば、大手消費者金融の場合、10万円を借りた時のミニマムペイメントは4000円であるのに対して、銀行カードローンで同じように10万円を借りた時のミニマムペイメントは10000円です。

 

一見すると、銀行のほうが返済負担が高いように感じられますが、同じところで40万円を借りた場合、消費者金融のミニマムペイメントは13000円、銀行のミニマムペイメントは10万円を借りたときと同じ10000円です。

 

毎月の返済金額が少ないということは、支払い負担が少ないということに繋がります。しかし、返済金額が少ないということは、返済期間が長くなり、利息の支払い負担が多くなるということになります。その為、毎月の返済金額だけにとらわれず、返済総額を考えるということが上手な返済方法であると言えるでしょう。

 

借入残高と利息の関係は知識があれば簡単に計算をすることが出来ます。しかし、計算をすることが難しい場合もありますし、手間もかかるかもしれません。

 

そこで、おすすめなのが、返済シミュレーションを利用するということです。返済シミュレーションは毎月の返済額を設定することで返済回数を知ることが出来るというタイプと返済回数を設定することで毎月の返済額を知ることが出来るというタイプがあります。

 

なお、借入残高とは借りた金額から返済額を差し引いた金額であり、その時点で借りているお金の金額です。

 

順調に返済をしていくことで、その金額は減っていきますし、追加でお金を借りたという場合には、その分だけ借入残高は増えることになるのです。

 

まとめ

カードローンは、以前に比べると利用するハードルが下がってきています。正社員として働いている人はもちろん、パートやアルバイトとして働いている人でも安定した収入があれば、お金を借りることが出来ますし、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でもお金を借りることが出来ます

 

申込方法もパソコンやスマートフォンを利用して申し込みをすることが出来るところがほとんどで、誰にも知られることなくお金を借りることが出来ます。その為、お金が必要になった時に、すぐにカードローンに頼ってしまうという場合もあります。

 

借りたお金は、自身のお金ではなく、返済をしなければならないお金です。カードローンの返済は、少しでも早く、短期間で返済をすることで返済総額を減らすことが出来ます。また、返済時にかかる手数料を抑えることが出来れば、余計なお金を支払わずに済みます。

 

上手に返済を進めるということが、返済回数や返済総額を減らすということに繋がります。ATMを利用して返済をするという時には、手数料無料のATMを上手く利用することで、手数料負担をしなくて済みます。また、通帳に記録が残っても構わないという場合であれば、口座引き落としという方法を上手く利用することで、手数料無料で返済をすることが出来ますし、返済日を忘れて延滞金がかかるなどということを防ぐことが出来ます。

 

ただし、口座に十分な残高がないと、引き落としがされないため、返済日までに十分な残高があることを確認することは忘れないようにしましょう。返済日を指定することが出来る時には、給与日直後に設定することで、残高不足を防ぐことが出来るでしょう。

 

どのカードローンでも、最低返済金額以上に返済をするということは認められています。お金に余裕があるという場合には、追加で返済をするようにすることで、返済期間を短くすることが出来ますので、返済総額を少なくすることが出来ます。

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?
専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
おすすめのカードローンはどこ?!各カードローンの特徴総まとめ
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
カードローンは誰にもバレずに借入れできるの?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
総量規制対象外のカードローンと対象となる借入
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説

お金借りる

×