キャッシングやクレジットカードでよく出てくる「借入」の意味は?借入れについての疑問を解決!

キャッシングやクレジットカードでよく出てくる「借入」の意味は?

金を借りようとして、カードローンの申し込みをする場合にその申し込みをするときに他の金融機関からのお借入れ状況というもの聞かれることがあると思います。

 

また、クレジットカードの作成の申し込みをした場合も同様に他の金融機関からのお借り入れの状況を確認されることが多くなると思います。

 

しかしながら、このお借入れという物がいったいどのような意味のものなのでしょうか?

 

更になぜ、カードローンの申し込みやクレジットカードの申し込みの際にお借入れについての問い合わせが行われるのでしょうか?このサイトでは金融機関とのやり取りの中で問われることの多いお借入れについて紹介をしてきます。

 

しっかりとした知識を持っていれば、スムーズに金融機関での手続きを行うことができるようになって来ます。

 

「借入」とは「借金」と同じ意味

お借入は基本的には借金のことと考えておいて間違いありません。しかしながら、金融機関がイメージしているお借入れは借金であればなんでも全てを意味している訳ではありません。

 

例えば、お友達や家族・親戚などからの借金はこれには該当しないことになります。

 

金融機関がイメージしているお借いれは、消費者金融や銀行などの正規の金融機関からの借入れと考えておくと良いでしょう。

 

具体的には借入は以下のように分類されています。

 

カードローン、フリーローン、住宅購入のためのローン、自動車購入のためのローン、教育に関する費用のためのローン、ブライダルローン、クレジットカードのキャッシング枠を使っての借入、事業のためのローン、奨学金などがそれ該当して来ます。カードローンでの借り入れは上記に挙げたようにもちろん借入となります。更には各種のローンとよばれているものも借入になります。

 

意外なところでは、クレジットカードでのキャッシングも借入れになります。

 

クレジットカードにはクレジットの機能とキャッシングの機能が備わっています。

 

クレジットの機能での買い物はもちろん借入れにはなりませんが、キャッシングの場合には借入になります。クレジットカードによってはキャッシングの機能のついていない物も存在していますので、普段から自分のクレジットカードのキャッシング機能でどのくらいの金額を借り入れることができるのかを知っておくと良いでしょう。

 

キャッシングの機能は非常に便利なもので、ATMからお金を即日で借り入れることができます。クレジットカードをお持ちの方でしたら、審査の必要もありません。非常に便利なシステムではありますが、もちろんお借入れの一つですので、必ず利息を付けてそれを返済しなくてはなりません。返済のトラブルが起きてしまうと、ブラックリストに掲載されてしまうことも起こりますので、注意が必要です。

 

一方で、奨学金も借入に該当するものです。

 

奨学金についても、きちんと返済をしていないと督促があり、更には差押えの可能性もでてきますので、きちんと返済をしていくことが必要です

 

このような借入についての情報はすべてを遺漏無き様に借入の申し込みの際には報告することが必要です。信用情報機関に照会をすると、金融機関の方でも借入の状態について調べることが可能になりますので、あとから虚偽の内容であったことが判明してくると大きなイメージダウンにつながってしまいます。くれぐれも十分に確認をしてから申し込みをすると良いでしょう。

 

といっても、金融機関に届け出をしなくてはならないお借入れはこの全てではありません。申告の必要なものとそうでないものが存在しています。カードローンは言うまでもありませんが、申告をしなくてはなりません。また、カーローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシングについては忘れずに申告しなくてはなりません。申告の際には件数と借入の金額を申告することが必要です。

 

ところが、同じように借入れには分類されてはいますが、住宅に関するローンや奨学金については申告の必要は全くありませんので、混同しないようにした方が良いでしょう。

 

申告の必要な借入の例は以下の通りです。

カードローン、フリーローン、自動車ローン、クレジットカードのキャッシング枠での借入、ブライダルローン

 

申告の必要のない借入の例は以下の通りです。

住宅ローン、クレジットカードのクレジット枠、奨学金、事業性のローン、携帯電話や家電製品の分割払い、友人や家族・親戚からのお金の借入

 

上記の申告の必要のない借入について、申告を求めてくる金融機関も稀に存在していますので、その時には例外的に申告をすることが必要になります。申告をし忘れないようにすることが肝要です。金融機関の方で、信用情報を照会することによって、借入の状況を把握することができますので、間違っていると心証が悪くなってしまいますので、正しい情報を記載するように心がけなくてはなりません。

 

奨学金の場合には申告の必要はありませんが、一方で教育に関するローンは申告の必要が出て来ます。奨学金の場合には学生支援機構とよばれる公的な機関からの借入ですので、銀行などの金融機関からの仮入れとは分けて考えることが必要です。

 

住宅ローンについても申告の必要はありませんが、別途、申告欄が設けられていることもありますので、その場合には正しい情報を申告しなくてはなりません。

 

クレジットカードを利用する場合も、クレジットの枠での利用やキャッシングでの利用化をしっかりと把握しておくことが必要です。クレジット枠での利用の場合にはリボ払いにしても、借入としての申告の必要がありません。いろいろと混同しやすい部分もありますが。正しい情報を金融機関に申告するようにすると良いでしょう。

 

多くの金融機関からの借入れをしている場合には、新たな金融機関からの借入が難しくなってしまうことも多くなります。できれば少ない方がいいので、おまとめローンなどが使えるのであれば、それを活用するようにした方が良いでしょう。新たな借入の審査に有利に働くことになるでしょう。

 

金融機関へ新たな借入の申請をする場合には、基本的には無担保でお金を借りれているものを申告することが必要であると考えておくといいでしょう。住宅ローン以外のローンはほとんど無担保での借り入れですから、それを金融機関に正しく報告することをしておけばたいていの場合には上手くいきます。金融機関の方で、無担保のローンを申告してくださいというような場合もあります。

 

お借入の申告を金融機関にする際にが、この考え方が全て当てはまってきます。金融機関などからお借入の状況を申告してくださいと言われたならば、この分類に沿って申告をしていけばほぼ間違いないと考えておいて良いでしょう。また、別途申告が必要な借入二ついては金融機関の方から指示がありますから、それについては個別に対応をしていくと良いでしょう。

 

繰り返しになりますが、正しい情報を正確に申告することが必要です。

 

借入の申告する必要性

信用情報機関に照会すれば知ることができる借入れの状況をどうして、申告してもらうようにしているのでしょうか?

 

借入の申請者にお金を貸しても大丈夫かどうかを判断するために行っていると考えておくと良いでしょう。誰でもそうだと思いますが、大きな借金をしている人に、お金を貸すのはためらってしまうものです。金融機関の場合も同様です。多額の借金を抱えている人にお金を安易に貸すようなことはしないものです。

 

非常に中の良い友人であったり、家族や親類であれば、それでもお金を貸すことをする場合もありますが、金融機関がビジネスでそれを行っていますので、貸し倒れの可能性も当然のことながら考えますので、多くの借金をしている人にお金を貸してしまうことはまず考えられません。そのために、借入の状況を申告してもらうようにしています。

 

もちろん、信用情報を照会すれば、簡単に借入の状況は金融機関の方でも把握できるのですが、どれくらい真摯に自分の借入とむきあっているのかについて金融機関の方でも判断する材料としています。借入件数が例えば6件以上あると、新たな借入は難しくなってしまいます。それを避けるために、おまとめローンによって借入の件数を減らしておくと、借入の審査に通りやすくなります。

 

消費者金融からお金を借り入れる場合には、法的な意味で他の金融機関からの借入は重要な意味を持ってきます。消費者金融のカードローンを使う場合には、総量規制と呼ばれる法律の規制によって、年収の3分の1までしか総額でお金を借りることができなくなってしまいます。

 

例えば年収450万円の方の場合にはが総額で150万円までしかお金を消費者金融から借り入れることができなくなってしまいます。すでに120万円を消費者金融から借り入れている時には、30万円以上の借り入れを消費者金融からすることはできなくなってしまいます。

 

一方で銀行からの借入は総量規制の対象にはなりませんので、年収の3分の1以上の借入が可能となります。しかしながら、総量規制はあくまでも法的な規制ですので、返済が保証されていることにはなりません。総量規制いっぱいまでお金を借りてしまうと、かなり大きな返済の負担を負うことになります。場合によっては返済ができなくなってしまうことも考えられます。その場合には債務整理をすることになってしまい、ブラックリストに載ることになってしまいます。

 

ブラックリストに載っている間は新たな借入ができなくなりますし、カードを作ることも出来ませんので、かなり窮屈な生活を強いられることになりますので、注意が必要です。

 

審査を有利にする方法は借入額を少なくする事!

他の金融機関からの借入の総額が多くなってしまうと、借入の審査に対して不利になってしまうものですが、そうだとすると借入の申告の時に過少申告をしてしまったら審査に対して有利に働くことになるのではないかと思う方も多いものです。しかしながら、確かにそれが金融機関に発覚しなければ審査においては有利になると言って間違いないでしょう。しかしながら、発覚しないことは絶対にないと断言できます。

 

なぜならば、我々が普段行っている金融関連の履歴が信用情報機関に全てが記載されるシステムになっていますので、それに対して照会をかければ、すぐに嘘をついていることを突き止められてしまうことになります。金融機関にお金の借入を申請した時には、必ず金融機関の方でその方の信用情報についての確認を行っていきますので、嘘の申告するのは全く持って無意味なことであると考えて良いでしょう。

 

それに、不注意なら修正すればいいだけのことですが、わざと嘘の申告をしていたならば、それは金融機関からの信用を失ってしまって、審査に落ちてしまうことになるでしょう。金融機関の審査においては、その人の仕事や給与も重要な要素になるのは事実ですが、それに加えてその方が信用にたる人物であるかということも重要な要素になってきます。

 

きちんと返済をしてくれるのかを常に金融機関の方では、判断をしています。ですから、虚偽の内容で申請を上げてくるようなことをしてしまうと、それだけで金融機関の方ではきちんと返済をしてくれないのではないかと考えてしまって、借入の審査に対してマイナスに働いてしまうことになってしまうので、虚偽の申請をすることは避けたほうが良いでしょう。

 

また、信用情報機関に申請者の情報を照会した時に、過去に金融トラブルを起こしていて、ブラックリストにその情報が掲載されていると、100%の確率で審査に落ちてしまいますので、どんな場合であっても、借りたお金はきちんと返済するようにすると良いでしょう。

 

お借入の状況をいちいち金融会社の方に申告をするのは、後から信用情報機関の方に確認を入れるのだったらやる意味がないと思ってしまう人も多いのではないでしょうか?確かに後からやるのでしたら、お金の借入二ついての情報を得るためだけでしたら意味がないことのように思えます。しかしながら、借入の申告をするのは実は申請者の人物を測るためのものでもあるのです。

 

申請者の正直度を調べることが申告によって可能になってきます。更には、自分で自分の借入の状況を的確に把握して管理できているかについても、調べることが可能になります。

 

正直な方でないと、金融機関はお金を貸すのを非常に敬遠するようになります。お金を借りたら、それを返済するということをする義務が出て来ます。期日までにそして決まった金額を確実に返済していくことは正直さがかかり必要になってきます。誠実に物事に正直に取り組んでいけるというのが金融機関の理想とするスタイルです。

 

ですから、借入の申告に際して、嘘をつくことなく正直にそれを行える方であれば、安心してお金を貸しても大丈夫と金融機関が判断することになって来ます。言い換えれば、金融機関への借入の申告に際しては、どんな場合においても正直さが重要な要素になります。

 

また、期日までに返済することを忘れずに行っていくには、自分の借入の状態を把握して、それを実行していくことが必要になります。仮に申告の際に、記入漏れが出てしまうようなことがあると、それは金融機関にとっても不安要素になってしまいます。そのような方に金融機関はお金を貸すことはしないと考えて良いでしょう。

 

金融機関に対して虚偽の申告をしてしまうと、それなりの罰則が科せられることもありますので、注意が必要です。例えば、これまでの借入を全額返済するように要求されてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

 

お金を借りる際には、それに対しての自分なりのしっかりとした自覚を持っていることが肝要です。それが無いと、どんなに安定した仕事についていても、お金を借りることが大変難しくなってしまうと考えておいて良いでしょう。

 

借入で嘘をついた場合大変なことになります!

お借入の申告の際に嘘とついてしまうとどのようなことになるのでしょうか?いうまでもありませんが、嘘が発覚してしまうと借入れの審査に通りにくくなってしまいます。もともと審査に通りやすくするために、嘘をついてしまって、その結果審査に通らなくなってしまうのは全く意味がないことと考えておいて良いでしょう。

 

ですから、審査に通りたいと思ったならば、正直にそれを申告するようにした方が良いでしょう。借入の件数が気になるのであれば、おまとめローンなどを活用してそれを減らしていくようにするのがお勧めです。

 

また、仮に申告に際して嘘をついていることが発覚してしまうと、クレジットカードやカードローンの契約が破棄されてしまう可能性も出て来ます。更には、それまでのすべての借入を一括で返すように言われてしまう可能性も出て来ます。金融機関では、申請者の信用情報の確認を行っていますので、嘘はすぐに発覚してしまうものであると考えておいて良いでしょう。

 

一括での返済を言われた時に、借入の総額が20-30万円であるというならまだましですし、何とか対応できるかもしれませんが、200-300万円の借入の場合には到底それに対応できるものではないと考えなくてはなりませんので、最悪の場合には自己破産に追い込まれてしまったり、裁判になったりするような深刻なケースが生まれてしまいます。ですから、どんな場合にも正直な申告をしていくことが必要になります。

 

小額での借り入れの場合には、年収について嘘をついてしまっても給与に関する証明書を記入機関に提示する必要がないので、嘘をついてもそれが発覚することはないと考える人も多いかもしれませんが。

 

確かに正確な給与を金融機関の方でも把握することはできませんが、信用情報などと比較して、他の同程度のステータスの方と比較して、あまりにもかけ離れた、給与である場合には、場合によっては給与に関する証明書の提示を別途要求刺されてしまって、それによって嘘が発覚してしまうこともかんがえられますので、やはり小額の借り入れであっても、給与の情報も正しく金融機関に伝えるようにした方が良いでしょう。

 

それが自分の信用度をアップさせる結果になります。

 

カードローンに申し込んだ後の流れ

お借入の情報は正しく行っていくのは重要であることをこれまで紹介して来ましたが。借入の手続きはどのように行われていくのでしょうか?

 

ここではその流れについて紹介していきます。

 

金融機関にまずは、借入の申し込みを行うことをします。いうまでもありませんが、これまでの借入についての情報は正確に申告することをすることを忘れずに行わなくてはなりません。更には、給与などの情報も正しく確認しながら行っていくことも必要です。審査にあたっては、申請者の申請内容が正しい物かの確認が信用情報の内容を照会しながら行われていきます。

 

信用情報を照会するとこれまでの返済履歴も確認することができますので、その方が期日までにきちんと返済できる方かどうかを判断することが可能になります。

 

また、他の金融機関への借入の申し込みの状況も把握されてしまいます。あまりに多くの借入の申請を同時に行っていると、お金にかなり困った方という判断になってしまいますので、マイナス要素になりますので、一件ずつ借入の応募をするようにするのが肝要です。審査はそれほど多くの時間を要するものではありませんので、一度に多くの申請を上げる必要はありません。

 

信用情報機関に照会をして、買い入れに対して返済のトラブルを起こしてしまっているような場合には審査に通りにくくなります。申請者の給与や勤務年数についても査定されます。有名企業に勤めている方が審査には有利ですし、更には給与が高い方が審査には有利です。しかしながら、いわゆるブラックリストに載っている時には審査に確実に通らなくなります。

 

また、申請者の勤務先への電話連絡が行われることになります。この作業を在籍確認とよんでいます。在籍確認の作業がスムーズにいかないと、審査に遅れがでてしまいます。また、在籍確認ができないと審査に落ちてしまいますので、その点は注意が必要です。在籍確認の作業は務め先に連絡が入りますが、基本的に申請者が在籍を行っているかどうかの確認をするだけの作業ですので、申請者の方がお金の借入れをしようとしていることを勤め先に知られてしまう可能性はほとんどありませんので安心です。

 

また、金融機関に連絡する勤め先の情報も正しい物を伝えるようにしたいものです。正しい情報を伝えておかないとやはり金融機関からの信用を下げることになってしまいますので、審査に落ちてしまうことにつながりますので留意が必要です。

 

在籍確認に手続きにさいして、金融機関から職場への連絡を希望しない場合には、あらかじめ金融機関に相談をすると良いでしょう。それなりの対応を考えてくれることになるはずです。しかしながら、在籍確認の手続き自信を省くことは原則として不可能とであると考えておいていいでしょう。

 

在籍確認の作業が完了して、問題なければ借入OKということになります。審査終了後、実際に金融機関との契約を行っていきます。金融機関との契約をするとローンカードが手に入ることになります。ローンカードは自動契約機あるいは郵送で手に入れることが可能になります。急いでお金を借り入れたい時には、自動契約機を利用するのがお勧めです。

 

ローンカードを手にすることができれば24時間いつでもATMを使ってお金を借り入れることができるようになってきます。自動契約機での契約でその日の内にローンカードを手に入れるためには、いわゆるタイムリミットのようなものが存在していますので、その時間内に契約を完了させることが必要になります。

 

ローンカードを使ってATMからお金を借り入れる方法も存在していますが、一方でインターネットや電話からの連絡によって、自分の希望の口座にお金を振り込んでもらいお金を借り入れる方法も存在しています。その日の内にお金を振り込んでもらうには、やはりタイムリミットがありますので、時間内に契約を完了させるようにすると良いでしょう。

 

お金を借りた後には利息を付けて返済をする必要がでてきます。返済にあたってもで、ATMや指定の銀行口座がご利用になれます。また、決まった期日での返済を忘れずに行っていくために、自動引き落としの制度の導入することも可能です。延滞防止にとても有効な方法です。在籍確認の際には、勤務先に金融機関からお金を借りていることを知られてしまう心配は無いと紹介しましたが、延滞などをしてしまうと督促の電話が勤務先に行ってしまうことがありますので、延滞には注意が必要です。

 

借入のまとめ

このサイトでは、金融機関からのお金を借りる際に聞かれるお借入れの意味を紹介してきました。すなわち、お借入は金融機関からの借金で家族や友人からの借金は含まれないものです。

 

また、金融機関からのお金の借入の申し込みをする場合には、自分の借入の情報を正確に伝えることが必要になります。この情報は虚偽の申請をしてしまうと確実に後から発覚してしまいます。さらにはこの情報は金融機関において様々な目的で活用されるものです。

 

一方で、借入の情報について嘘が発覚してしまうと罰則が科せられたり、裁判になってしてしまうこともあるので注意が必要になります。ですから、お借入れの意味を理解してないで、金融機関に借入の申し込みをしてしまうと、それが原因で審査に落ちてしまうこともありますので、その意味を十分に理解して、確認をしながら申し込みをすると良いでしょう。

 

金融機関からの借入の審査に対しては、その件数が多い場合には、審査に通りにくくなってしまいますので、注意が必要です。もちろん、嘘を金融機関に伝えてしまうのはご法度ですので、絶対にしてはいけません。むしろ、おまとめローンなどを活用してその件数を実際に減らす努力をすることが肝要です。

 

また、消費者金融からの借入の場合には総量規制のルールによって年収の3分の1までしか借入をすることができません。

 

一方で銀行からの借入の場合には総量規制のルールには牴触しませんので、3分の1以上の借入が可能です。しかしながら、これは法的にOKとなっている借入の限度額ですので、借入の際には十分にそれを検討して、無理のない計画的な借入を行っていくことが必要になります。

 

また、お金を借りようと思ったら、本当にそれが必要なお金であるかどうかを検討してみることも重要です。例えば贅沢のためのものであれば、必ずしもお金を借りなくても良いかもしれません。また、お金を借りなくても生活のムダを省くことによってお金を生み出すことが可能になってくるかもしれません。更には身の回りの物を処分して必要なお金を用意するという方法も考えられます。

 

ブランド商品を持っているような場合には、質屋などに行って、それをお金に変える方法はお勧めです。特にタンスの中で使われていないブランドのバックがあればそれを活用してもいいでしょう。

 

車やバイクを処分するという方法も考えられます。日本では中古車は高く売ることができないというのがこれまでの考え方でしたが、近年では外国に中古車を販売する業者もいますので、中古車が高い値段で取引されるようになっています。外国への販売というと難しそうな手続きをイメージしてしまいますが、買い取りの申し込みはネットサイトから行うことができますし、手続きはすべて業者が代行してくれますので、難しい手続き無く安心してそれを進めていくことができます。

 

それをしてもどうしてもお金が必要という場合には、計画的にそして堅実に金融機関からお金を借りることをすることになります。

 

金融機関からのお金の借入には必ず審査が必要になります。審査は厳格に行われますが、その審査を嫌って、誰でも無条件でお金を借りることができることを謳った金融機関からお金を借り入れてしまうと、大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性が考えられますので、審査は厳しいかもしれませんが、信用度の高い金融機関からお金を借りるようにしましょう。

 

万が一闇金からお金を借りてしまうと、到底返済が不可能と考えられるような状態になってしまいます。更には尋常ではない取り立ても行われてしまいますので、個人のレベルでは解決が不可能になってしまて、法律の専門家である弁護士に助けを求めることにもなってしまいます。

 

お金借りるランキング

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?
ベルーナローン
専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの上手な返済方法とは?
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
おすすめのカードローンはどこ?!各カードローンの特徴総まとめ
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
カードローンは誰にもバレずに借入れできるの?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
総量規制対象外のカードローンと対象となる借入
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説
アコムの「ACマスターカード」を確実に即日発行する方法
身につけておくべき知識!家族が亡くなったときに自治体や国からもらえるお金
審査に落ちないために・・自分の「属性」をチェックしよう
いろんなシーンでお金が必要になる時にどのカードローンを選べばよいのか比較してみた!
キャッシングローンとカードローンは同じ?2つの違いを徹底解明!
場所も時間も選ばず申し込みできるネットキャッシングの利用方法と注意点
知らないと損するクレジットカードのキャッシングの注意点!
収入が安定している人でも落ちる!?カードローンの審査の流れと審査基準について

お金借りる

×