大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?

大手銀行のカードローン金利を比較!

金利が低いほどカードローンでお得にお金を借りられるようになりますが、その条件に適しているのが銀行です。キャッシングで有名な消費者金融の場合で5%〜18%くらいが多い一方、銀行のカードローンを選べば3%〜15%くらいの金利ですから、圧倒的に銀行のお得感が勝っています。

 

そこでカードローン選びを賢く行うためにも、大手銀行を例にあげて、比較していくことにします。また、ショッピングローンで知られる信販会社のキャッシングやカードローンも比較対象として取り上げていきますので、資料として参考にしてください。

 

各社の金利を比較

まずは今回取り上げる、大手銀行や有名な各銀行のカードローンの金利と限度額を、細かく紹介していきましょう。

 

三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 住信SBIネット銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 楽天銀行 じぶん銀行
限度額 10万円〜500万円 最高800万円 10万円〜1200万円 10万円〜800万円 10万円〜1000万円 10万円〜800万円 10万円〜800万円
金利 1.8%〜14.6% 1.7%〜17.8% 1.59%〜7.99% 4.0%〜14.5% 3.5%〜14.0% 1.9%〜14.5% 2.2%〜17.5%

 

続いて、信販会社を確認します。オリックスカードレスVIPは、ローンカードを発行しないタイプのキャッシングです。

 

オリックスカードレスVIP オリックスVIPローンカード 三井住友カードゴールドローン
限度額 30万円〜800万円 30万円〜800万円 700万円
金利 3.0%〜16.6% 3.0%〜16.8% 3.5%〜9.8%

 

このように、カードローンやキャッシングの種類によって随分と違ってくることが分かります。基本的に借入限度額が高くなるほど、低金利が適用される仕組みになっています。

 

これらの一覧を確認する時に、単純比較はできないことを予め知っておいてください。カードローンによっては条件付きで金利が優遇されるパターンがあるからです。

 

例えば、みずほ銀行の場合はカードローンと同時に住宅ローンを利用していると、金利を少し引き下げてくれます。じぶん銀行ならば、携帯キャリアであるauのユーザーであれば、同じように優遇される仕組みになっています。他にも給与振込先として指定していたり、公共料金の引き落としにその銀行を利用していると、優遇されることがあります。

 

期間中に申し込めば、金利割引が適用されるなどのキャンペーンが実施される例も存在します。

 

借入限度額は審査内容によって個別に設定される金額が違ってきますから、明確な金利というものははっきり決まってないと考えてください。審査結果で最終的に利率が決まるため、申し込み前に予想することは難しくなっています。

 

どの会社の金利が有利?

一覧を確認したなら、実際にこの中でどこのカードローンがお得で、返済額を少なくしやすいのか判断していきます。

 

下限金利を見ていけば、三菱東京UFJ銀行のカードローンが一番注目されるでしょう。借入限度額500万円であるにも関わらず、たったの1.8%の利率で利用できます。しかし、最初から最高額の500万円に設定される利用者はごく少数でしょうから、基本的に1.8%が適用される可能性は低いと考えておいてください。

 

最初の頃はまだ実績がありませんので、50万円〜100万円程度の利用限度額に設定されるのが一般的です。そこから開始して延滞なく返済し続けたり、定期的に借りるなどの実績を積み重ねると、優良顧客として評価され、高い限度額が認められる場合があります。

 

つまり、大手銀行などのカードローンを比較する際、下限よりも上限金利を見ていったほうが返済額を少なく抑えるには現実的だと判断できます。

 

上限の利率で見ていくと、大手銀行よりも信販会社である三井住友カードゴールドローンの9.8%が有利であることが分かります。

 

銀行ではオリックス銀行とじぶん銀行が共に17%台ですので、お得感では対象外になってしまうでしょう。17%台だと、金利が高いとされる消費者金融と大差ありませんので、銀行を選ぶメリットが少なくなってしまいます

 

今回取り上げた銀行のカードローンに限定して比較すれば、どれを選んでも殆ど違いがない状態です。

 

14%台のものばかりですので、14%台でも小数点以下の数字が小さな銀行のカードローンを選んでいくのが良いといえそうです。しかし、その差は微々たるものですので、好みで選んでしまっても構いません。

 

実はここで忘れてはならないのが、住信SBIネット銀行です。

 

金利をよく見ると、1.59%〜7.99%という一覧の中でも最も低い利率のカードローンであることがわかります。

 

住信SBIネット銀行はネット専業銀行であることから、余計なコストが掛かりにくいため、お得にサービスを利用しやすい特徴を持っています。

 

但し、住信SBIネット銀行のカードローンは2種類が存在し、申込者の自由な判断で低金利なプレミアムコースを選べないデメリットがあります。通常のスタンダードコースになってしまうと、8.99%〜14.79%の金利ですのでメリットが薄れがちです。

 

返済額はどう変わる?

もっとわかりやすく比較するために、実際に返済額がどう違っていくのか比較していきましょう。

 

先程取り上げたカードローンやキャッシングのサービスで10万円を借りたとして、毎月最低金額で返済を繰り返した場合と、毎月1万円の定額で返済を繰り返した時の金額の差を見ます。

 

三菱東京UFJ銀行ならば最低金額の返済で総額15万4963円、1万円の返済なら10万7280円です。オリックス銀行は毎月1万円の返済ができませんので、最低金額のみで返済すれば11万3209円になります。

 

住信SBIネット銀行だと最低金額は1万円以上ですから、10万7389円の一種類のみです。三井住友銀行とみずほ銀行、オリックスVIPローンカードのカードローンとオリックスカードレスVIPも同様です。三井住友銀行ならば10万7227円、みずほ銀行で10万6956円、オリックスVIPローンカードを選択すれば10万7389円、最後のオリックスカードレスVIPであると10万7280円になります。

 

楽天銀行は最低金額の返済で12万8720円、1万円の返済で10万8878円です。じぶん銀行は最低金額で13万7916円、1万円の返済だと10万8878円の結果です。
最後の三井住友カードゴールドローンは最低金額が1万円で、これに利息を追加して返済する仕組みです。10万5292円を返済することになります。

 

最低金額で毎月返済する方法を選んだなら、最も返済総額が多くなるのが三菱東京UFJ銀行のカードローンです。毎月2000円からという返済額の少なさが魅力的ではあるものの、その分だけ返済する回数が多くなってしまいます。

 

10万円を完済するには6年半もの期間を必要としますので、比例して利息が高くなります。結果的に利息が5万円以上も発生するのが痛い部分でしょう。

 

同様に最低金額を低めに設定できる、楽天銀行やじぶん銀行にも当てはまる結果です。

 

三井住友カードゴールドローンは返済の最低金額が最も高いといえますが、10万円の返済が1年未満で済みますので、5292円しか利息がかかりません。

 

1万円の定額返済で見ていくと、みずほ銀行が6956円の利息で、最も返済額を減らせます。2番目に抑えやすいのが三井住友銀行と楽天銀行です。高くなりやすいのは金利が高めのじぶん銀行で、8878円の利息が発生します。

 

まとめ

ここまでの結果を元に、返済額を減らしやすいカードローンをはっきりとさせてみます。金利が低いカードローンを選ぶほど、返済額を抑えやすいことがわかりました。ですが、借入限度額や実績によって利用者ごとに金利が変化する点には気を付けなければなりません。単純に公開されている金利だけでカードローンを選ぶのは禁物です。

 

返済額の多さによっても、随分と返済総額の差が生まれるようになっています。月々の返済額が2000円や3000円程度であれば、毎月の負担が減って返済しやすくなりますが、その代わりに返済が長期になることで利息の支払いが増していきます。この仕組みを理解せずに利用すると、どんなにお得なカードローンを選んでも失敗してしまうでしょう。

 

具体的に、総合的な判断で最も返済額を減らしやすいカードローンとして結果を発表すると、なんと大手銀行ではなく、信販会社の三井住友カードゴールドローンになります。月々の返済額が1万円を超えてきますので負担が大きいですが、その分だけ素早く完済できて、無駄な費用が発生しないのが優れた部分です。

 

銀行に絞って見ていくと、みずほ銀行のカードローンが低金利でバランスが取れており、返済額は抑えられるという良さを持っています。最初は審査が厳しいでしょうが、借入限度額が最高で1000万円という余裕があるのも安心感があります。国内有数のメガバンクの一つとして存在する信頼性も魅力的です。

 

逆に選ばないほうがよい銀行のカードローンが、オリックス銀行とじぶん銀行です。オリックス銀行は消費者金融とほぼ変わらない水準の金利になっており、1万円の定額返済を自由に設定できません。強制的に毎月の返済額が決まってしまうため、なかなか借入残高を減らすことができず、利息を多く支払う結果になってしまいがちです。10万円の借り入れなら、1万円以上の利息を取られるのが必須になるのが選びにくいといえます。

 

じぶん銀行はこれといった特徴がなく、金利の低さはいまいちで、返済総額についてもそこそこ高めに推移してしまいます。お得感が薄いため、他の銀行のカードローンを選んだほうがよいでしょう。

 

今回は単純な条件で比較をしましたので、その人の立場や返済方法、借り入れの頻度などの条件が違えば、また違った結果になることを忘れないでください。

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの上手な返済方法とは?
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
おすすめのカードローンはどこ?!各カードローンの特徴総まとめ
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
カードローンは誰にもバレずに借入れできるの?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
総量規制対象外のカードローンと対象となる借入
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説

お金借りる

×