おすすめのカードローンは?各カードローンのまとめ

 

お金が足りないけど給料日まで待てない、そんなときに助けてくれるのがカードローンです。一般的な目的のあるローンでは利用するたびに審査が必要になってしまいますが、カードローンでは限度額内であれば好きなタイミングに好きなだけ借りることができます

 

カードローンは発行している会社によって特徴が異なっています。自分の利用頻度や使いたい金額、借入期間などを考えて金融機関を選ぶと良いでしょう。

 

また、金融機関からの連絡方法も気になるところです。家族や会社の人にお金を借りていることを知られたくないと思っている人もたくさんいるからです。それぞれの金融機関にはどのような特徴があり、おすすめのカードローンはあるのでしょうか。

 

カードローン比較のポイント

まず、カードローンを契約するうえで比較するポイントを挙げておきましょう。お金を借りると必ず必要になってくるのが、金利に応じた利息負担です。

 

おすすめのカードローンは金利が低く、ATM手数料も無料となっている会社です。

 

無利息キャンペーンをおこなっていればさらに安くお金を借りることができます。

 

無利息キャンペーンも会社によっていくつか種類があり、契約の翌日から自動的にスタートするもの、初めての借り入れの翌日からスタートするものがあります。すぐにお金を借りるのであればどちらでも問題ありませんが、予め契約しておこうというつもりで申し込むのであれば、利用した翌日からスタートする会社を選ぶのがおすすめです。

 

また、コストだけでなく、快適に利用できるかどうかも重要です。特に多くの人が気にするのが、契約がいつ完了していつから借り入れができるようになるかです。カードローンは、即日融資が可能なものと、そうでないものがあります。

 

特に郵送でカードが発行される会社では、申し込みをしたその日から利用することはできません。即日融資対応業者かどうかもカードローンを選ぶポイントの1つです。また、平日の即日融資に対応していても、土日は無理な会社もあります。土日こそお金が必要になってしまうことが多いので、土日でも即日融資ができる会社のほうが利便性が高いと言えます。

 

契約や普段の借り入れによって、職場や家族に借金の存在がばれないかも気になるところです。金融機関によって連絡方法が異なっています。電話で金融機関名を名乗る会社もありますが、個人名でかけてきてくれる会社であればバレる心配は少ないでしょう。取引明細を郵送ではなくWebで確認できるかどうかも確認しておきましょう。

 

モビットの特徴

モビット三菱東京UFJと三井住友銀行が協力して作った消費者金融です。消費者金融でも「銀行系」と名乗っていたこともあり、モビットは登場して以来利息制限法をしっかりと守ってきていました。そのためモビットには過払い金問題の影響がなく、健全な経営をしている会社と言えるでしょう。現在は三井住友銀行系の消費者金融となっています。

 

モビットの特徴は、契約が全てWeb完結するという点です。職場への在籍確認が心配な人はモビットがおすすめです。

 

在籍確認をしないで契約を進めるためには、会社発行の保険証が必要となります。派遣社員やアルバイト、パートでは在籍確認を取らなくてはならないこともあります。書類で完結しますので、土日や祝日の申し込みで会社に電話対応できる人がいない人でも、即日融資が可能となります。

 

また、最大限度額が800万円と消費者金融の中でも高額に設定されているのも特徴の1つです。ただし総量規制の対象となっていますので、年収の3分の1以上の借り入れをすることはできません。2400万円の年収がないと800万円の限度額を設定してもらうことはできませんので、あまりに高額な最大限度額はあまりおすすめポイントにはならないこともあります。

 

金利も消費者金融ですので、銀行のローンと比較すると高くなってしまうことも多くあります。

 

また、提携ATMの利用で手数料がかかってしまうのも、若干使いにくいところです。利用頻度が高い人は手数料の支払いだけで出費がかさんでしまうことがあります。ただし、今までキャンペーンで三井住友銀行のATM手数料が無料となっていましたが、キャンペーンが常設化されたことにより、三井住友銀行のATMだけは手数料がかからなくなりました。

 

プロミスの特徴

プロミスもモビットと同じく三井住友銀行グループの消費者金融です。消費者金融の中でもトップクラスの規模を誇る大きなブランドです。プロミスはカードローンのブランド名で、運営会社はSMBCコンシューマーファイナンスです。

 

プロミスの特徴は土日でも振り込み融資がリアルタイムに行える「瞬フリ」というサービスや、無利息期間があるということです。プロミスの無利息期間は最初の借り入れに適用されるものと、ポイントを消費して適用されるものがあります。ポイント制度を導入している会社は珍しく、特徴の1つです。

 

プロミスにはフリーキャッシングの他にも、目的ローンや自営業者向けのローンの提供も行っています。自営業者向けのローンは総量規制の対象外となっており、年収に関係なく借り入れを行うことができます。どの程度までの限度額が設定されるかは金融機関との信頼関係によって異なりますが、おおよそ年収の2分の1程度までの枠設定が可能です。

 

自営業者の場合は節税のために経費を多く計上していることもあり、年収が低いと判断されてしまうこともあります。年収が低いと総量規制対象のローンではなかなかまとまった資金を集めることが難しくなるので、こうした自営業者向けのローンの提供を行っている会社は貴重です。自営業をしている人にはおすすめなのがプロミスです。

 

プロミスには他にも様々なサービスがあります。三井住友プリペイドへのチャージが行えたり、おとくらぶというプロミス会員限定の割引サイトを利用することができます。割引サイトでは旅行の予約や商品の購入などさまざまなものがお得な料金で提供されています。デメリットとしては、消費者金融ですので金利は銀行に比べると高くなることが多い点でしょう。

 

レイクの特徴

レイクはかつては消費者金融でしたが、現在は新生銀行のカードローンのブランド名として残っています。レイクもプロミスと同様、無利息キャンペーンを行っている会社です。

 

レイクの無利息キャンペーンは選択できるという特徴があります。

 

1つは30日間の借り入れが無利息になるもの、もう1つは5万円までの借り入れの利息が180日間ゼロになるものです。高額な借り入れをする予定がないのであれば、レイクを利用したほうが、圧倒的に金利手数料を抑えることができる場合もあります。

 

レイクの大きな特徴は総量規制の対象外である点です。小口融資を希望する人にもおすすめですが、反対に大きな限度額が欲しい人にもおすすめなのです。ただし銀行系カードローンとしては、他行と比較すると金利が高くなることもあります。それは消費者金融だったころからの名残でもあります。

 

また、レイクは提携しているコンビニのATMでも手数料が無料という特徴があります。この特徴は銀行系カードローンに共通して言えることですが、銀行のローンのほとんどは手数料がかからないのです。

 

180日の無利息キャンペーンを利用する場合は1つ注意しておかなくてはならないことがあります。それはキャンペーン適用中でも返済が必要だということです。

 

無利息期間で延滞をしてしまうと、自動的にキャンペーンが終了になってしまうことがありますので、確実に返済をするためにも、口座引き落としの設定をしておくと良いでしょう。返済しても限度額内であればまたすぐに借りることはできますが、口座引き落としでは反映されるまで数日かかります。返済してすぐにまた借りる場合は、当日ATMから返済の手続きをする必要があります。

 

アコムの特徴

アコムもプロミスと同様、消費者金融のトップを走る企業です。三菱東京フィナンシャルグループの一員であり、カードローンの提供だけでなく、クレジットカードや他社のローンの保証業務も行っています。アコムが保証会社となっているローンはたくさんありますので、知らない間に関係がある人もいることでしょう。

 

アコムの特徴は365日24時間利用することができる点です。自動契約機を初めて設置したのもアコムでした。らららむじんくん、というCMを見たことがある人も多いのではないでしょうか。楽天銀行の口座があれば振り込みキャッシングでも即時着金するという特徴があります。楽天銀行の口座は土日も着金する金融機関として大変人気がありますので、もしアコムに申し込みをするのであれば併せて契約しておいたほうが良いでしょう。

 

アコムにも無利息キャッシングがあります。ただし利用するためには返済期間を35日周期にしなくてはなりません。毎月決まった日に引き落としになるわけではありませんので、自分で支払いの管理をしなくてはなりません。しっかりと覚えていて返済ができるのであればおすすめできる業者です。

 

アコムにもプロミスと同様に自営業者向けのローンがあります。自営業者向けのローンは総量規制の対象外になるという特徴も同じですので、銀行のビジネスローンを組むことが難しい人にとってはおすすめです。ただし金利は比較的高めとなってしまうことも多くあります。限度額をアップしていくことができれば、銀行並みの低金利になることもありますので、長い付き合いを考えている人にも良い会社でしょう。

 

アコムの店頭やアコムのATMでの借り入れは手数料が無料ですが、提携ATMでは手数料が発生します。

 

アイフルの特徴

アイフルは消費者金融業界を自身の力で生き抜いてきた会社です。現在大手で独立系を保っているのはアイフルだけです。チワワのCMで知名度が一気に上がりましたので、CMを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

アイフルには通常のカードローンも即日融資ができるという魅力がありますが、それ以上の特徴が「おまとめMAX」というおまとめローンです。おまとめローンとは複数の借り入れを1か所にまとめることによって、返済計画を立てやすくする商品です。アイフルのおまとめローンは12%〜15%の金利となっており、消費者金融としてはかなり有利な条件です。

 

また、郵便物の届く時間を指定できるというのも特徴の1つです。自宅にいない間に郵便が来て不在票を入れられてしまうと、カードの受け取りに時間がかかってしまうことがあります。時間を指定することによって確実にカードを受け取ることができるようになるでしょう。また家族が受け取って開けてしまい、カードローンの契約がばれてしまうというリスクも減らすことができます。

 

振り込みのときにも「アイフル」ではなく、個人名で入金をしてくれます。通帳を見て借り入れをしていることがわからないようになっているのも、利用者の心情に配慮したサービスでしょう。
しかしアイフルにもデメリットはあります。例えば専業主婦のように収入のない人は利用することができません

 

審査通過率は高い会社ですが、一定の安定した収入があることが大前提です。また、他社の特徴にあるような無利息キャッシングをすることはできません。借りた翌日から利息負担が発生しますので、短期間の借り入れだけで済ませようと思っている人にはあまり適していないかもしれません。

 

オリックス銀行カードローンの特徴

オリックス銀行の特徴は、銀行系カードローンでありながら審査率が高い点です。

 

その理由は、オリックス銀行では保証会社が2社用意されているためです。1社の審査に落ちてしまっても、もう1社で保証を受けることができれば契約することができます。

 

またオリックス銀行はネット系銀行のため、店舗を持っていません。店舗がないことで経営資金を商品の投資に回すことができますので、比較的信用力の低い人への融資も積極的に行っているのです。

 

またATM手数料が無料で、ジャパンネット銀行の預金口座があれば、土日や祝日でも24時間振り込みを利用することができます。総量規制対象外で、さらに300万円の限度額までであれば原則収入証明書が不要という点も特徴でしょう。限度額が大きいので他社の借り換えに利用することもできます。

 

オリックス銀行カードローンのデメリットは、銀行系カードローンでありながら金利が高くなってしまっている点です。消費者金融のローンよりも高くなってしまうことがあります。30万円以下の利用であれば毎月の返済額は7000円です。負担が小さいのは助かるものですが、その中から手数料に充てられる金額が大きくなってしまい、元金がなかなか減らないのも問題点の1つでしょう。

 

オリックス銀行で負担を少なく返済をしていくためには、毎月随時返済を利用して多めに返済することが必要です。幸いオリックス銀行カードローンはコンビニの提携ATMでも手数料が無料ですので、好きな時に好きなだけ返済をすることができます。

 

オリックス銀行には自動契約機や店頭がないため、即日融資には対応していません。契約完了後の振り込み融資も利用できないので、お金を借りることができるようになるまで1週間くらいを見ておいたほうがよいでしょう。

 

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンは、これまで紹介してきたカードローンと比較すると大幅に金利の低い仕様となっています。預金口座がなくても利用することができますが、預金口座を持って自動引き落とし先として指定しておくと、口座残高がなくて支払いができなかったときに自動融資をしてくれる機能もあります。

 

店頭での申し込み以外にも自動契約機を利用することができますので、窓口終了後でも即日融資をすることができます。審査速度が速いのは、保証会社にプロミスを提供しているSMBCコンシューマーファイナンスが入っているためです。

 

三井住友銀行にはVISAデビットもありますので、デビットカードと組み合わせて利用すれば、お金を借りてすぐにネットでショッピングのような使い方もできます。メガバンクのカードローンですので、安心して利用することができるのも特徴の1つでしょう。三井住友VISAカードとは全くの別物ですので、申し込みをする場合は発行元の会社についても気を付けておきましょう。

 

低金利でかつ即日融資ができる便利なカードですが、デメリットもあります。例えば、銀行系カードローンは収入のない人でも利用することができるローンではありますが、三井住友銀行カードローンは専業主婦の利用はできません。預金口座がないと利用できるサービスが限られてしまうのも難点の1つです。

 

結局は口座を作ったほうが良いのでしょう。預金口座を作るためには午後3時までに銀行に行って手続きをしなくてはなりません。また、利用手段が限られてしまっているのも難点です。ATMへ行って手続きをすることになれている人にとってみれば大きな問題ではありませんが、自宅から手続きを簡単にしたいと思っている人には面倒なこともあります。

 

みずほ銀行カードローンの特徴

オリックス銀行や三井住友銀行のカードローンは専業主婦は利用できませんが、みずほ銀行では利用することができます。みずほ銀行カードローンにも預金口座の残高不足で自動引き落としができなかったときに、自動融資を行ってくれるサービスがあります。

 

みずほ銀行カードローンでは預金口座の開設が必要となりますが、すでに口座を持っている人は持っているキャッシュカードにカードローンの機能をプラスすることができるので、その日のうちに融資をしてもらうこともできます。限度額200万円以下であれば収入証明書の提出も不要です。最大1000万円まで借り入れをすることができ、エグゼクティブプランという信用度の高いコースでの契約となれば、金利は3%〜7%と低金利で融資をしてもらうことができます。コンフォートプランでも最大金利は14%です。

 

みずほ銀行はカードローンとしてのスペックは非常に高いのですが、利便性においては少し面倒なこともあります。

 

例えば随時返済をするときにみずほ銀行以外のATMを利用すると手数料がかかってしまいます。1万円以下であれば108円、1万円以上では216円の手数料がかかります。通常の返済方法は口座からの引き落とししかありませんので、近くにみずほ銀行がないと随時返済は利用しにくく感じるでしょう。

 

また、カードローン専用カード発行でWebや郵送での申し込みをしてしまうと、カードが手元に届くまで2,3週間近くかかってしまうことがあります。急いで融資をしてもらいたい場合には時間がかかりすぎてしまいますので、店頭で申し込みをすると良いでしょう。店頭での申し込みであればキャッシュカード兼用でもカードローン専用カードでも、その日のうちに契約することができます。

 

地銀やJAのカードローンの特徴

カードローンはこうした消費者金融や大手金融機関以外にも、さまざまな会社が発行しています。地方銀行やJAが提供しているローンの中には特徴的なものも多くあります。ろうきんやJAは大手の銀行と比較してもかなり低い金利が設定されていますし、静岡銀行のしずぎんネクストワンのように、他のローンの契約があるとさらに金利が優遇されるものもあります。

 

また、スルガ銀行のTリザーブのように、Tポイントが貯まったり、Tポイントから返済ができるような珍しいローンもあります。カードローンでポイントが貯まるシステムを導入している会社は非常に少ないので、こうしたキャッシュバックがあるローンはとてもユニークなものです。

 

インターネットの発達によって、こうした地方で提供されているローンも遠くから申し込みをすることができるようになりました。中には預金口座を作らないと契約できないものもあります。そうしたローンでは契約が可能でも融資まで時間がかかることがありますので、注意しておきましょう。ろうきんや信用金庫の場合は特定の地域に住んでいたり勤めている必要があるものも多いので、金融機関の所在地も重要です。

 

地方銀行と契約するときの選び方としては、金利の高さ、ATM手数料、借入返済方法です。

 

できるだけコストを抑えたいのであれば、手数料の低い会社と契約をしましょう。また、限度額が大きい金融機関であれば、複数の借り入れをまとめることもできます。ただし最初は限度額が小さくなることもあります。金利を低くしてもらったり限度額をアップしてもらうためには、一定期間利用を続けて信用をつけていかなくてはなりません。長い付き合いをする金融機関とは良い関係を築けるように心がけましょう。

 

お得なカードローンを見つけよう!

カードローンを利用すれば必ず金利による手数料がかかります。金利やATM手数料の有無で会社を選ぶのももちろん大切ですが、利用期間が短ければ厳しい条件で借りる必要もあまりありません。利用期間が短い人は無利息キャンペーンを行っている会社を選ぶと良いでしょう。

 

通常こうしたキャンペーンは新規で申し込みをしたときにしか適用されません。キャンペーンが適用される人は利用しておいた方がお得です。ただし、ノーローンのように完済するとまた次の月から無利息キャンペーンを繰り返し利用できるような会社もあります。短期間の借り入れでも借り換えを繰り返すことで、無利息期間のはしごをすることもできます。

 

カードローンを選ぶときに金利の高さだけで決めてしまっている人もいますが、世の中にはたくさんの種類のカードローンが出ています。各社新規顧客獲得のためにさまざまなサービスを展開しています。また、ネット系銀行のように有利な条件にも関わらず、審査通過率の高いローンもあります。

 

カードローンやクレジットカードなど信用取引をする契約は、一定期間に決められた数しか申し込みをすることができません。魅力的なローンがたくさんあるからといって、さまざまなローンに申し込みをしてしまうと、連続して落ちてしまうこともあります。申し込みをする前に、本当に契約をしたいカードローンなのかじっくりと考えておきましょう。

 

お得なカードローンは利用する人の借り入れスタイルや金額によって変わってきますので、契約するかどうかは自分で判断するしかありません。そのために情報収集することは大切ですので、各社のローンを比較できるサイトなど利用して、カードローンに対する知識もつけておきましょう。

 

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?
専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの上手な返済方法とは?
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
カードローンは誰にもバレずに借入れできるの?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
総量規制対象外のカードローンと対象となる借入
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説