いろんなシーンでお金が必要になる時にどのカードローンを選べばよいのか比較してみた!

いろんなシーンでお金が必要になる時にどのカードローンを選べばよいのか比較してみた!

予想しない急な出費が日常的に発生することがあります。こんな時に利用したいのがカードローンです。低金利の銀行のカードローンを利用することで金利を安くすることができます。しかし、おすすめの銀行がどれなのか判断に迷ってしまいます。

 

また、審査が厳しいのも銀行のカードローンです。そこでどのような状況でどのカードローンを利用すれば1番お得なのかおすすめのカードローンを紹介していきます。

 

緊急でお金が必要なら「バンクイック」と「みずほ銀行カードローン」がおすすめ!

急な出費でお金が必要な時に銀行のカードローンで利用してみたいのが、三菱東京UFJ銀行が提供を行っているカードローンバンクイックみずほ銀行カードローンがおすすめです。

 

銀行系のカードローンがおすすめなのは、この両方の銀行が誰でも知っているメガバンクであり、安心して利用できる信頼度が高いです。

 

銀行でカードローンを利用できるため、消費者金融会社に出入りしている姿を見られる心配がありません。また、低金利でカードローンを利用できるため返済の負担が少ないです。銀行によっては特別な配慮してくれる場合があります。カードローンの専用カードは自宅に届いても銀行名の宛名のため家族にわかりにくいです。しかも郵送物が届かないようにすることも可能なので、家族や知人にカードローンを利用していることがわからずに安心して利用できるメリットがあります。   

 

三菱UFJ銀行が提供しているカードローンバンクイックは、インターネットのWeb申し込みが可能で審査が始まります。来店してもテレビ窓口で必要な書類を提出することでカードが発行してくれます。インターネットやスマホを利用して24時間申し込みが可能です。バンクイックの審査では、仮審査を行いこの審査結果の回答により本格的な審査を進めます。

 

このバンクイックの審査基準で重要視されているのが、

  1. 収入
  2. 勤務先
  3. 事故歴

の3点です。この審査がクリアされれば審査に通る確率がとても高くなります。

 

また、バンクイックでは申し込みをした後に勤務先の在籍確認を行い手続きがスムーズに進んでいきます。バンクイックをオススメするメリットは、銀行名の書類が郵送されてくるなど家族にもわからずにカードローンを利用することができる点です。このバンクイックの限度額が500万円となっており金利は年1.8%から14.6%の金利になっています。また専用ATMの一定の日時に利用すると手数料は0円で利用できます。  

 

みずほ銀行が提供するカードローンは、みずほ銀行のキャッシュカードを利用することでWeb完結申し込みが可能となっています。こちらの銀行の口座を持っている人はネット上で完了することができるため店舗や書類の郵送を行う必要がなく審査を進めていくことができます。

 

また、こちらの銀行に口座を持っていない人でもカードローンを申し込みそして利用ができるようになっています。カードローンの利用限度額は800万円となっており金利は年2%から14%の金利設定です。

 

手数料が必要なATMや時間帯がありますが、時間帯を上手に利用することで手数料の負担をすることなく利用することができます。返済方法は3種類の中から選ぶ事が出来ます。返済日を忘れることがない口座を持っている人におすすめの自動引き落としの方法があります。 ATMの返済やみずほダイレクトの返済方法では、返済を忘れてしまうデメリットがあります。  

 

三菱UFJ銀行が提供するバンクイックとみずほ銀行のカードローンは、どちらもメリットがあり魅力的なカードローンですが、限度額の設定や金利負担を考えてどちらの銀行のカードローンに申し込むことができます。

 

1〜5万円の少ない金額を今すぐ借りたい人が審査を通過するには?

少額の借り入れをしたいと考えている人でもカードローンの申込は同じように審査を受けることになります。 1万円〜5万円の少ない金額を借りる時でもキャッシングのカードローンは、審査を受けて借りることになります。銀行系のカードローンでは三菱UFJ銀行のバンクイックがオススメですが、消費者金融系のアイフル、プロミスやアコムなどのカードローンもオススメです。   

 

三菱UFJ銀行のバンクイックは、年利金利が1.8%から14.6%と低金利になっているため、少額の借り入れを行っても金利負担が少ないです。しかし、カードローンの申込の審査は、今すぐ借りたい金額にかかわらず最低限度額の申請を行い普通の審査を行います。バンクイックの審査では、事前に仮審査を行い本格的な審査を行います。

 

そのため消費者金融系のカードローンに比べると、状況によっては時間が必要となってしまいます。審査を通過するには、バンクイックの場合年収と勤務先と事故歴を重要視して審査を行います。この点に問題がなければスムーズな審査となり当日に審査が終了してキャッシュカードの借り入れを利用することができます。   

 

消費者金融系のカードローンでは、重要視しているポイントは、返済能力の年収と勤務先です。1万円〜5万円の少額の借り入れを行う場合でも、借り入れ限度額の設定を行う関係で必ず審査を行います。消費者金融系では返済能力の年収が300万円以上あり安定した企業に勤務している場合には審査がスムーズに進んでいきます。しかし、審査基準はその会社により異なるので安心できません。この2つのポイントに不安がある場合には、審査の申し込みで工夫が必要です。

 

年収が300万円以上でなければ申し込みの借り入れ限度額を低く申し込みをする。安定した収入に不安のある勤務先の場合にはお店勤務先の情報を正確に記載することです。特に勤務確認となる電話番号は必ず間違えないようにしましょう。虚偽の申請をしていると勘違いされてしまいます。  

 

プロミスが提供するキャッシュカードは、インターネットの申し込みで時間を短縮することができます。最短で30分で審査が完了しお金を借りるのも最短で1時間で可能となります。審査に問題がなくお金を早く必要とする場合にはプロミスがオススメです。アイフルは、審査に不安がある人が少ない金額を借りたい人にオススメです。

 

申し込み方法が簡単になっているため勤務先の情報を間違える可能性が低いからです。こちらの会社では1,000円単位で借りることができるようになっており必要なお金だけを借りることができるカードローンです。   

 

銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンで悩んでいる人は、利用する金額に応じて選びましょう。消費者金融系のカードローンは銀行系のカードローンと比較して利息が高い会社があります。しかし、なかには無利息期間を設けている会社があります。この無利息期間中に返済した場合には利息が0円で返済することが可能です。

 

給料日前に小遣いが少なくなってきて1万円〜5万円の少ない金額の借り入れを行っても数日または1月以内に返済できる場合には、消費者金融系の無利息期間のあるカードローンがオススメです。この無利息期間以上に返済期間が必要な場合には、利率が低い銀行系のカードローンがオススメです。

 

銀行のカードローンはなぜ安心・安全なの?

銀行系のカードローンが他のカードローンに比べて安心で安全なのには理由があります。しかし、安心で安全なメリットがありますがデメリットもあるため銀行系のカードローンのことを理解して申し込みを行い利用してもらいたいです。銀行系のカードローンのデメリットは、その銀行の専用ATMや提携先のATMでしか手数料の負担がないことです。

 

しかも銀行の都合により利用できない時間もあります。また、審査の時間が消費者金融系のカードローンに比べて長いことです。審査に時間がかかる場合には最長で2週間必要な場合があります。急な借り入れを行うときに向いていないことになります。しかし、これらのデメリット以上にメリットがあるため、同じカードローンを利用するならば銀行系のカードローンをオススメします。  

 

銀行系のカードローンが安心で安全なメリットは、お金の借り入れをしていることを周囲に知られないようにすることができます。銀行に出入りしている場合では、お金を借りる目的以外に銀行利用することがあります。自分自身の銀行口座からお金の入出金を行うときにも銀行利用します。そのため住んでいる地域の銀行でカードローンを利用しても周囲の人は銀行を利用しているだけでお金を借りていることがわかりません。周囲または家族に知られることなくカードローンを利用できるのが銀行系カードローンの安心で安全なところです。

 

消費者金融系のカードローンでは、総量規制が対象となっています。年収の3分の1しか限度額が設定できず借り入れを行うことができません。しかも、年収の確認は申し込みの審査をした時だけでなく定期的にその後も年収の確認ができる書類の提出義務があります。そのため個人情報を頻繁に提出することになります。しかし、銀行系のカードローンでは、総量規制の対象外となっており、審査以外に年収に関する証明書の提出を原則行っておりません。そのため個人情報の流出又は漏えいがなく安心です。  

 

銀行系のカードローンは、消費者金融のカードローンと比較しても低金利で提供しています。また同じ銀行系のカードローンでも有名なメガバンクの場合には、さらに低金利でカードローンを利用できます。金利の負担が低くなるため銀行系のカードローンは安心で安全です。また、銀行口座のある銀行でカードローンを申し込むと、自動的に引き落としを口座から行ってくれます。

 

支払い忘れをすることなく毎月返済を続けることができるため、事故歴などのトラブルを回避することができます。これらのメリットが銀行系のカードローンになるため安心で安全です。

 

初めての人におすすめなキャッシングとカードローンはどれ?

キャッシングとカードローンを初めて利用する人にオススメすることが、両者の性格や特徴を理解しておかなければおすすめすることができないです。このキャッシングとカードローンは、共通している特徴もありますが大きく異なる部分があります。そのためはじめての人にオススメするときには、これらの特徴を説明して理解してもらうことが必要です。間違った使用方法を理解してしまうと、あとで大きなトラブルに発展してしまいます。  

 

キャッシングの特徴は、ショッピングの時に現金の代わりに利用できるクレジットカードにキャッシングの機能が付いているのが一般的です。キャッシングはクレジットカードを作るときに一緒に申し込むことで同じカードとして利用することができる機能といえます。クレジットカードに付属しているため独立してキャッシングだけのカードを作るわけではありません。これがキャッシングの特徴といえます。   

 

カードローンは、銀行系のカードローンや消費者金融系のカードローンなど複数の会社や金融機関でカードローンの提供を行っています。カードローンはカードローン専門のカードを利用することになります。ショッピングなどの機能が付いていないカードとなります。

  

 

キャッシングとカードローンのどちらも共通しているのは、申し込みを行い事前に審査を受けなければどちらのカードを作成することができないことです。クレジットカードを作成するときにキャッシング機能をつける場合には、カードローンと同じような個人情報を記載する必要があります。そのためどちらのカードも事前に審査を受けてキャッシングやカードローンを利用できることになります。

 

キャッシングとカードローンの違いは、返済方法が異なることです。一般的にキャッシングは決められた返済期日に一括払いの返済をすることになります。しかし、カードローンの返済は最初から分割払いで返済をしていくことになります。そのため両者の金利の手数料が大きく異なります。キャッシングの場合には一括返済をするため最長でも1月の期間の利息を返済するのに対し分割払いとなるカードローンは、その返済期間の利息を毎月元金と一緒に返済していくことになります。   

 

キャッシングでオススメなのは、無利息期間のサービスがある消費者金融で発行されたキャッシング機能付きクレジットカードを利用する方法です。一定期間無利息の期間があるためこの期間内に返済することで利息の負担がなくお金を借りることができます。これは銀行系のカードローンに比べて大変有利な金利です。しかし、無利息期間での返済が難しい場合には銀行系のカードローンを利用して低金利の返済が可能となります。  

 

キャッシングでオススメの消費者金融は無利息期間が設けられているプロミス、アイフルやアコムがあります。カードローンは金利が低いみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローンがオススメとなります。

 

土日祝日でも利用できるおすすめのキャッシング・カードローン

キャッシングやカードローンの利用は現在土日祝日でもほとんどの銀行系、消費者金融系どちらでも可能となっています。コンビニエンスストアや提携先もしくは専用のATMが土日祝日でも稼働していることで、いつでもキャッシングまたはカードローンを利用してお金の借り入れを行うことが可能となります。しかし、利用するためには審査を通過してカードの発行してもらう必要があります。

 

土日祝日に利用する場合にカードを所有している場合には、問題ありませんがこれからカードを発行してもらう場合には、土日祝日にカードの発行ができない場合があります。銀行系のキャッシング付きクレジットカードやカードローンは、発行できないです。これは土日祝日に銀行の店舗の窓口で受付を行っていないためです。土日祝日に銀行の店舗の窓口で受付を行っている場合には土日祝日でもキャッシング付きクレジットカードやカードローンの発行が可能な場合があります。

 

しかし、それは少数の銀行となっており一般的には平日に申し込みをして発行されることになります。  

 

消費者系のキャッシング付きクレジットカードやカードローンは、土日祝日でも発行されます。消費者金融系の各消費者金融会社は土日祝日でも営業を行っており、カードの発行を行ってくれる無人ATMもしくは専門の窓口を設けていることで、土日祝日でもカードの発行がほとんどの消費者金融会社で可能となっています。そのため急な土日祝日にお金が必要となりこれからキャッシングのクレジットカードやカードローンの申込をする場合には消費者金融会社がオススメとなります。   

 

消費者金融系のキャッシング付きクレジットカードやカードローンの申込をするなら、いろんなサービスがある会社がお得です。特に大手の消費者金融会社では無利息期間を設けている会社があります。30日間または一定期間利息が元金に加算されないためこの期間に返済することで無利息で融資を受けることが可能となります。このサービスが魅力的なもので、一括返済できる範囲内でのキャッシングやカードローンの利用をするときには、おすすめのカードとなります。

 

しかし、無利息期間の範囲内で返済することが難しい場合には銀行系のキャッシング付きクレジットカードやカードローンの金利負担よりも利率が高いです。返済する負担が少ないキャッシング付きクレジットカードやカードローンの申込を行う必要があります。

 

銀行系のカードでは、利率の低い三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行のカードローンがオススメです。消費者金融系では、無利息期間のサービスがあるプロミスやアコムそしてアイフルがおすすめです。

 

在籍確認なしでお金を借る時の必要書類

 

クレジットにキャッシング機能付きのカードの申し込みやカードローンの申込をするときに、一般的に行われるのが勤務先の在籍確認です。書類に記載された勤務先に勤めているかどうか確認するために電話で在籍確認を行うのが一般的です。深く在籍を確認するわけではありませんが、通常勤務先に確認の電話を入れて調査を行います。

 

しかし、勤務先への電話を避ける審査を選ぶことができます。それが勤務先の電話を避ける場合には書類提出をして在籍確認を完了させる方法です。これは勤務先に電話で在籍確認をしない代わりに書類提出で在籍確認を完了させる方法です。こちらの方法は一般的な在籍確認の方法ではありません。そのためこちらの方法を採用できる会社は限られています。必ず確認をしてみることが必要でしょう。  

 

 

在籍確認を使用できる書類は、ある程度限られています。

 

消費者金融系のプロミスの場合には、提出書類は2種類必要です。給与明細書で直近1ヶ月分、健康保険証のコピーを提出することが可能です。プロミスは通常、書類での在籍確認を行うことが可能な会社となっています。しかし、審査の状況によっては電話での在籍確認を行う場合があります。  

 

アイフルの場合には1種類提出することになります。直近1ヶ月の給与明細書、前年度の源泉徴収票そして健康保険証の中からいずれか1種類は必ず提出することになります。  

 

アコムでは、2種類の書類を提出します。直近1ヶ月分の給与明細書と健康保険証のコピーを提出することになります。  

 

モビットでは、1種類の提出書類を行います。直近1ヶ月分の給与明細書、前年度の源泉徴収票そして健康保険証コピーです。こちらのモビットでは基本的に源泉徴収票の提出行うことで在籍確認を完了することになります。しかし、審査の状況によってはもう1種類書類の提出が必要な場合があります。

 

電話での在籍確認を原則的に行わない会社になります。そのためモビットの金融会社では後、在籍確認を必要な書類で完了してくれることになります。

 

電話での在籍確認をしてもらいたくない人は、モビットのカードローンを利用することをおすすめします。
 

 

銀行系のカードローンではみずほ銀行が在籍確認なしを利用することができます。

 

しかし、源泉徴収票や直近の給与明細書等を提出することになりますが、申込内容に不備がないように記載するよう注意が必要です。申し込み内容に不備がある場合には在籍確認の電話または申し込みの審査が通らないことがあります。

 

主婦・大学生・フリーターでも借りられるの?条件は収入次第!

収入があって安定した仕事に勤務している人は、安心してお金を借りることができます。しかし、消費者金融系の会社や銀行系の金融機関でも主婦、大学生やフリーターでもお金を借りることができます。   

 

主婦の場合でも、パートやアルバイトをしている兼業主婦では、お金の借り入れをすることが可能です。パートやアルバイトで一定の収入があるからです。しかし、正社員と同じような審査により限度額が同じとは限りません。しかし、お金を借りることができるキャッシングやカードがあります。

 

高額な金額の借り入れの申込ができませんが、借り入れの申込行うことができるのは、一定の収入があることと年齢が20歳以上69歳未満であれば変えることができます。本人確認の書類を提出することになりますが、お金を借りることができます。

 

しかし、兼業主婦でも審査に通りやすい人と通りにくい人に分かれています。審査に通りやすい人は年収が高く長く勤続年数がある人です。しかも優良企業で事故歴のない人は審査に通りやすく借りやすい主婦だといえます。審査に通りにくい主婦は年収が低く勤続年数も半年未満など短い場合に審査に通りにくいです。

 

勤務の属性も水商売や無職では、難しい状況です。また、三菱東京UFJ銀行が提供しているバンクイックのカードローンでは、専業主婦でも限度額が10万円までは借り入れをすることができるサービスです。   

 

学生の場合には学生ローンを利用する以外にも消費者金融系の会社では借りることができます。しかし、アルバイトをしていることが条件となります。一定の収入がなければお金を借りることが難しいといえます。また、学生の場合には申込をした場合の限度額が大変低いのが特徴です。   

 

フリーターの場合には働いていることになるためお金の借り入れをすることができます。特に安定した収入のある人は審査に通りやすい特徴があります。安定所収入は6ヶ月以上定期的に働いていることになります。   

 

キャッシングやカードローンを利用できるフリーターの場合にはアコムと三菱東京UFJ銀行があります。申し込みの審査では職業の種類よりも安定した収入が審査で重要視されています。継続的な返済能力がある人が審査に通ることになります。消費者金融系の借り入れの申込をした場合には、信用情報機関に登録が行われます。

 

しかし、銀行の信用情報機関と消費者金融が利用する信用情報機関は異なります。そのため消費者金融の審査に落ちてしまった人は金融機関の三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行に申し込みをすることができます。

 

「審査が甘い」は要注意!

カードローンの比較では、審査が甘いカードローンは、だれでも申し込みができると考えます。実際に審査の時間が短くだれでも審査が通るカードローンは、審査が甘いと言われておりますが要注意する必要があります。  

 

銀行系の金融機関が発行するカードローンは審査が厳しいと言われております。審査に費やす時間も消費者金融系の会社が発行するカードローンの審査よりも長い場合があります。この審査が長い場合や簡単に審査が通らないカードローンの審査は審査が厳しいものだと言われています。審査が甘いカードローンは誰でも発行してもらえる可能性が高いです。

 

しかし、会社によって審査基準が設けられており、その審査に合格することでカードの発行が可能となります。審査に甘いドローンではこの審査基準が緩くなっている場合や審査基準の数が少ない場合があります。年収が低い場合でも継続して勤続年数が長ければ審査に通るカードローンや編集が高ければ勤続年数が短くても審査に通るカードローンなど、銀行系のカードローンではどちらも重要視される審査基準が片方だけで通過する場合があります。

 

このように審査基準の数が少なければ少ないほど審査に通りやすくなるため、審査基準が甘いカードローンだと言われることになります。しかし、審査基準の甘いカードローンは注意しなければいけません。審査基準が甘い代わりに、借り入れの条件や返済の条件が厳しくなっていることがあります。  

 

カードローンでは申込者が借り入れ限度額の希望を書いて提出します。審査基準が甘い場合にはこの借り入れ限度額が低く設定されるようになっています。高額の借り入れをする場合には利用できないカードローンとなってしまいます。  

 

審査基準が甘い事は、消費者型の金融会社にとっては貸し倒れのリスクが高くなります。そのためこのリスクを軽減させる方法として負担すべき金利の利率が高く設定されていることがあります。法律で認められている金利の上限金利いっぱいまで設定されているものです。

 

この設定により毎月返済する返済額の負担が増えることになります。審査基準が甘くカードローンの発行ができた場合でも、借り入れ限度額が低いことや返済する金利負担が重い場合があります。これらの条件があるため審査基準が甘いことを理解して申し込みを行いましょう。

 

審査に通らないのはなぜ!?ブラックの人は借りられない!

お金の借り入れで審査に通らないのは、カードローンの各会社の比較よりも審査基準をクリアすることができないからです。カードローンを発行する各会社では審査基準をそれぞれ設けています。細かい審査基準を含めると、10項目以上設けていることがありますが、その中でも注目される審査基準にクリアしないと審査が通らないことが多いです。

 

特に銀行系の金融機関が発行するカードローンでは、消費者金融系の会社が発行するカードローンの審査基準に比べて厳しくなっています。

 

安定した年収があるだけでなく、優良企業に勤務している事、勤続年数が長いなどいくつもの審査基準を設けています。これらすべての審査基準をクリアしないと審査が通らないことになります。この審査基準は会社により設けている内容が異なります。カードローンの比較が行われているインターネットのサイトでは、ある程度予想される審査基準の情報を載せていることがあります。

 

各銀行系の金融機関や消費者金融系の会社で設けられている審査基準を参考にすることで審査に通ることができる相手先を見つけることができます。   

 

ほとんどの銀行系の金融機関や消費者金融系の会社で設けられている審査基準をクリアしている経済状況であっても審査に通らない人がいます。それが信用情報機関に事故歴などが掲載されるブラックリストに名前が掲載されている人です。

 

過去に返済のトラブルや自己破産を申請し認可された人は、ブラックリストに掲載されます。このブラックの人は、現在の経済状況がとても素晴らしくてもカードローン等の発行を行うための審査を通過することはありません。信用情報機関で公表しているブラックリストに掲載されていることで、審査対象外になってしまうからです。  

 

ブラックリストに掲載されている人でも、一定期間経過した場合にはこの情報が削除されます。しかし、何らかの理由でブラックリストに掲載された状態になっているときには、自ら手続きを行いブラックリストから削除してもらいましょう。この手続きを行いブラックリストに名前がのらないことで審査が通ることになります。

 

ブラックリストに掲載されるのは、借り入れの延滞などの大きな事故歴以外にも些細な理由で掲載されることがあります。不安な人は必ず確認をしてから申し込みを行いましょう。

お金借りるランキング

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?
ベルーナローン
専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの上手な返済方法とは?
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
おすすめのカードローンはどこ?!各カードローンの特徴総まとめ
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
カードローンは誰にもバレずに借入れできるの?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
総量規制対象外のカードローンと対象となる借入
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説
アコムの「ACマスターカード」を確実に即日発行する方法
身につけておくべき知識!家族が亡くなったときに自治体や国からもらえるお金
審査に落ちないために・・自分の「属性」をチェックしよう
キャッシングやクレジットカードでよく出てくる「借入」の意味は?借入れについての疑問を解決!
キャッシングローンとカードローンは同じ?2つの違いを徹底解明!
場所も時間も選ばず申し込みできるネットキャッシングの利用方法と注意点
知らないと損するクレジットカードのキャッシングの注意点!
収入が安定している人でも落ちる!?カードローンの審査の流れと審査基準について

お金借りる

×