専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事

専業主婦がカードローンを申込する前に知っておきたいことは?

 

男性の正社員のような地位が安定した人というのは、カードローンの審査に通りやすいとされています。一方で専業主婦や、パートとして仕事をしている主婦だと、申し込みの際に審査を受けたとしても結果的に断られてしまい、前者に比べるとカードローンが利用できない確率が高くなります。

 

専業主婦の場合は貸金業法が改正されたことによって、収入が無いばかりに消費者金融からの借り入れが非常に困難な状況です。

 

審査の難易度が高まってしまいがちな専業主婦や主婦が、カードローンの契約を無事に結ぶことができるための知識を紹介していきます。

 

専業主婦の方がカードローンを利用する時の注意点

専業主婦ならカードローンに申し込む前に、消費者金融と銀行の違いについて知識を身につけておいてください。この2つは融資を顧客に提供する際に基づく法律が違います。消費者金融は貸金業法という法律に従って融資を行っています。銀行の融資は銀行法です。

 

貸金業法には総量規制が存在し、利用者の年収の3分の1までの貸付に限られています。つまり、収入が全く無い専業主婦だと原則として借りられない状態です。

 

但し、総量規制がある貸金業法であったとしても、配偶者貸付という特例を使うことによって、お金を借りられるようになります。配偶者の同意が得られることで借りられるようになるものですが、配偶者の年収の3分の1に達する借り入れがある状態だとそれ以上借りることができません。

 

配偶者貸付は便利ですが、家族に借金をすることを知られてしまうことや、殆どの消費者金融が配偶者貸付に積極的に対応していない状況です。

 

銀行の場合だと総量規制のような法律がない銀行法ですので、年収の3分の1といった条件は存在しません。専業主婦ならば銀行のカードローンを選ぶべきだと判断できるものの、そうすんなりと利用できる訳ではありません。それぞれの銀行によって考え方が異なり、専業主婦を受け入れるところ、そうではないところの2種類があることを知識として覚えておきましょう。

 

審査の注意点についてですが、専業主婦は会社に勤務していませんので、電話による在籍確認がなくなります。

 

配偶者の職場に在籍確認が来ることもないため、この点は安心して大丈夫です。

 

借金するのを家族にバレたくない専業主婦は多いでしょうが、バレる心配があるのが契約書類やローンカードの郵送です。銀行ならば銀行名で送ってくる確率が非常に高いですが、出来る限り家族が受け取ったり封筒を見ても、借金をしていることがバレないような配慮のあるところに申し込むのがおすすめです。

 

実は銀行の中には消費者金融と同じように、契約機を使って郵送物無しで申し込めるところが存在します。該当する銀行は三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行です。

 

三菱東京UFJ銀行ではバンクイックという商品を提供しており、各支店に設置しているテレビ窓口を使うことにより、ローンカードの発行までその場で行ってくれます。ローンカードの発行まで行うには運転免許証を用意する必要がありますので、運転免許証がない人は後日郵送でローンカードを受け取る形になります。

 

三井住友銀行の場合は各支店のローン契約機か、消費者金融のプロミスの自動契約機を使ってローンカード発行まで行えます。

 

キャッシュカードにローン機能が付帯されるタイプを選ぶのもおすすめです。普段の口座管理に使うキャッシュカードならば、家族に見られても借金がバレるリスクが少ないでしょう。この手のカードローンは、一部の銀行が提供するサービスになっています。

 

主婦(パート・アルバイト)の方でも利用可能

注意点がたくさんある専業主婦の立場と違って、パートやアルバイトとして働いている主婦の立場であれば、難易度が下がってきます。総量規制がある消費者金融でも借りることが可能です。実際にパートやアルバイトの主婦でも申し込みできると公言している消費者金融が非常に多いため、利用できるカードローンを探すのはあまり苦労しないといえるでしょう。

 

知識として、パートやアルバイトで収入を得ていても、安定収入があることが条件になってきます。安定収入の定義は決まっていませんが、毎月のようにその仕事で収入が得られている立場だと考えればちょうど良いといえます。

 

多くの場合で1年以上の継続勤務の必要はなく、数ヶ月程度であっても借りられるサービスが多い状況です。

 

年収の多さは、一般的なカードローンの場合だとあまり気にしなくても構いません。年収が多いほど審査に有利になるのは確かですが、年収が少なくても無理なく借りて、期日までに返済できる能力さえあれば、割と審査に通るカードローンばかりです。これは消費者金融だけでなく、銀行でも通用する知識です。

 

専業主婦と違って収入がある主婦ならば、収入の多さで消費者金融と銀行のどちらを選ぶか考えていきましょう。銀行に比べて消費者金融のカードローンは金利が高いといわれますが、収入の多い人だと利用限度額を高く設定できる可能性があります。利用限度額が高いと、低い金利で借りられる場合があることを知っておきましょう。

 

上限金利の部分を比較すれば銀行のほうが圧倒的に低金利なところばかりですが、下限金利を見ていくと大手の消費者金融なら十分に低い金利が適用されますので、無理に銀行を選ぶ必要はありません。

 

収入証明書の提出基準がやや厳しいものの、基本的な審査内容は消費者金融の方が安定しているとされますので、高い利用限度額が狙える人なら消費者金融を積極的に選んでみてください。

 

大手の消費者金融には銀行系消費者金融というところがあります。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などの大手銀行が関連するグループの消費者金融のことです。

 

有名なところならプロミスやアコム、モビットなどが存在します。銀行系の割には銀行のカードローンに比べて審査通過率が高いのが魅力です。それでありながら有名な銀行系消費者金融を利用できる安心感が得られます。

 

過去に返済期日を守らずに延滞を繰り返し、金融事故に関する記録がなければ、パートやアルバイトの主婦でも審査に通る確率が高いといえますので、消費者金融の中でも借りやすくてサービスが充実している、銀行系消費者金融を選ぶことをおすすめします。

 

因みにパートやアルバイトではなく、派遣社員として働く主婦でも普通に申し込めますからぜひチャレンジしてみましょう。正社員や公務員の立場の主婦ならば、もっと有利な立場で申し込めます。

 

主婦におすすめ!

パートやアルバイト、その他の立場で収入が得られている主婦であれば、有名な大手消費者金融を自由に選べるチャンスが専業主婦よりもあります。

 

おすすめのカードローンとして、プロミスレディースに注目してください。プロミスレディースは大手消費者金融のプロミスが提供している、女性向けのカードローンになります。専業主婦では利用できませんが、少ない収入でも安定してさえいれば、女性なら誰でも申し込みを受け付けてくれます。

 

内容自体は普通のカードローンですが、嬉しいのがオペレーターが女性に限られていることです。申し込みや契約の疑問、利用中に困ったときに電話で相談する際に女性オペレーターが対応してくれるため、安心して電話をかけられるのがメリットです。

 

申し込んだその日のうちにお金を借りることができたり、三井住友銀行のローン契約機で申し込みからカード発行まで出来る点を、知識として覚えておくと便利です。郵送物に関する心配が少ないため、家族にバレにくいのが主婦にとって嬉しい存在になるでしょう。

 

アイフルは大手消費者金融ですが、銀行系ではなく独立した消費者金融として事業を行っているのが特徴です。とはいえ、銀行系消費者金融とほぼ同じサービス水準ですから、使い勝手の悪さはあまりないといえます。

 

アイフルの知識として、プロミスレディースと似たようなスラリという女性専用のカードローンが存在します。これも女性オペレーターが電話対応してくれるため、主婦がプロミスではなくアイフルを選ぶ際には、スラリの存在を覚えておくと何かと役に立ちます。

 

無人契約機でローンカードの発行が可能で、郵送してもらう場合でも配達時間えらべーるを活用することで、希望した時間にローンカードを送ってもらえるようになりますから、家族にバレにくいといえるでしょう。

 

モビットも有名な消費者金融ですが、ここには女性専用のカードローンは存在しません。それでも主婦におすすめできるのは、電話連絡が一切ないという優れた特徴を持っているからです。

 

カードローンの知識として必ず覚えておきたいのが、在籍確認の電話連絡があることです。消費者金融も銀行も、どちらにも当てはまる条件で、主婦にとってはあまり歓迎できない確認方法ではあるものの、モビットのWEB完結申し込みを選ぶことによって、この問題が解決できます。在籍確認がなく、連絡はEメールで受け取ります。これなら職場だけでなく、自宅に電話がかかってくる心配がありません。

 

また、WEB完結申し込みは振込キャッシングのみのサービスですので、ローンカードが発行されません。

 

郵送によって家族にバレる心配もなくなります。ATMで手軽に借りることができなくなるものの、振込融資で十分な主婦ならば、モビットのWEB完結申し込みを選んでみることをおすすめします。

 

専業主婦におすすめ!

収入がない専業主婦が選ぶなら、銀行のカードローンに的を絞るのが重要な知識です。

 

最初に取り上げるのが、みずほ銀行です。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行に並ぶ、大手銀行として知られています。総量規制対象外のカードローンを用意しており、キャッシュカード一体型のローンを利用できるのがメリットです。

 

契約の際には、みずほ銀行に普通預金口座を開設する必要があります。既に持っている専業主婦であれば、手続きが簡単に行えますし、即日融資も可能になります。

 

手元にキャッシュカードがあるなら、カードが郵送されませんので、家族に郵送物を不審に思われる心配が極端に少なくなるでしょう。低金利で借りられるのも魅力です。

 

三井住友銀行カードローンは、銀行系でありながら審査時間が短いのが特徴です。最短30分というスピーディーな対応をしてくれます。

 

三井住友銀行に預金口座を持っていないと、郵送やローン契約機、プロミスの無人契約機でローンカードを受け取るようになります。

 

口座を持っており、インターネットバンキングのSMBCダイレクトを利用できる立場であれば、WEB完結申し込みによって郵送物を受け取らずに借り入れができるようになります。

 

WEB完結申し込みだと専用のローンカードが発行されない点を知識として覚えておきましょう。キャッシュカード一体型のローンになりますので、1枚のカードで管理できるのが便利です。

 

新生銀行レイクには、女性専用のカードローンが用意されています。レディースレイクというもので、これなら専業主婦であっても不安なく相談しやすい環境を保ちながら、借り入れができるようになります。

 

レイクの知識として、消費者金融の会社名として運営されてきた歴史を持ちますが、今は新生銀行に吸収合併された形でカードローンのサービス名として残っているだけに過ぎません。

 

消費者金融ではありませんので、専業主婦でも利用できます。もちろん、総量規制対象外です。それでありながら大手消費者金融のように全国に多数の無人契約機があるのが魅力的な部分だといえるでしょう。

 

最後におすすめするのが、ソニー銀行です。大手家電メーカーとして有名な会社ですが、銀行業も営んでいます。配偶者に安定収入があれば無収入の専業主婦であっても、ソニー銀行のサービスを利用可能です。

 

ソニー銀行の強みは、他社のカードローンと比較して圧倒的に金利が低いことです。上限金利が13.8%しかありません

 

他社の低金利だとされるサービスを見渡すと、多くの例で14%台ですから、14%を切ってくるソニー銀行は専業主婦にとっては非常に魅力的に映るでしょう。

 

低金利であるのに加えて、月々の返済額が最低2000円からというのも嬉しいところです。月々の負担をできるだけ抑えたいと願う専業主婦にとって、とても使いやすくなっています。

 

まとめ

専業主婦だけでなく、パートやアルバイトとして働く主婦にとっても役に立つ注意点は以上です。基本的な内容ばかりですが、これだけでも十分な知識だといえます。

 

カードローンを利用したことがない、かなり昔に利用した程度で今の状況がよくわからないという人でも、これらの知識を参考にすれば、失敗の少ない申し込みができるようになるでしょう。

 

家族にバレにくい方法も紹介してきましたが、残念ながら100%防ぎきれる方法というのはなく、あくまでも確率を下げるだけに限られます。それでも注意点を守れば、家族にバレて気まずい雰囲気になるのを上手に回避できるようになるでしょう。

 

家族にバレないようにするには電話連絡と郵送物がポイントになってきます。在籍確認などの電話連絡では銀行なら銀行名、消費者金融であれば担当者の個人名でかけてきますし、カードローンの申込内容やサービス内容を他人に伝えるようなことはしませんので、必要以上に心配することはないといえます。在籍確認以外の電話連絡なら、自分の携帯電話番号にかけてもらうようにするとリスクを大きく減らせます。

 

郵送物に関しても、銀行名であればキャッシュカードの受け取りなどと家族に伝えれば良いだけですし、消費者金融であっても利用がバレにくい他の会社名が印刷されている例が多いですから安心です。それでも不安ならローンカードを発行可能な、無人契約機が利用できるところで申し込むことで対処できます。

 

また、みずほ銀行や三井住友銀行のようなキャッシュカード一体型のローンを選んだり、モビットのWEB完結申し込みによるカードレスで電話連絡なしのサービスを利用するのも、バレない対策として非常に強力に作用してくれます。利用明細書は各社のWEB明細サービスに登録することによって郵送を止められますから、ぜひ活用してみましょう。

 

これらの対策方法はカードローンによって対応が異なってきます。対応部分を予めチェックして選ぶようにすることも、専業主婦や働いている主婦が周囲に内緒でお金を借りるコツだといえます。

 

女性らしい物腰の柔らかい対応をしてくれる、女性専用サービスの利用も検討してみましょう。男性のオペレーターだと不安を感じる女性は少なくありません。特に返済についての相談では不安がとても強くなりますので、相手が女性であると予めわかっていれば、直ぐに相談する勇気が生まれることでしょう。

 

返済が滞ってしまうと督促が届くなどして、借金を抱えていることが家族にバレる危険が高まります。

 

早めに相談すれば無理なく返済できるようにアドバイスをしてくれますから、督促が届くような事態を回避しやすくなるでしょう。

 

カードローンは商品選びや借りることだけでなく、返済についての正確な知識を身につけるのも大切であることを十分に理解してから申し込みにチャレンジしてみてください。

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの上手な返済方法とは?
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
おすすめのカードローンはどこ?!各カードローンの特徴総まとめ
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
カードローンは誰にもバレずに借入れできるの?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
総量規制対象外のカードローンと対象となる借入
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説

お金借りる

×