収入が安定している人でも落ちる!?カードローンの審査の流れと審査基準について

収入が安定している人でも落ちることってあるの!?カードローンの審査の流れと審査基準

 

カードローンの審査は、お金を借りる希望をローン会社に申込をするときに、ローン会社が必ず行うものです。このカードローン審査に通過することで、金融機関や消費者金融のカードローンの契約を結ぶことができます。

 

しかし、安定した収入のある人であっても、その人の生活状況により審査が通らないことがあります。過去のカードローンのトラブルがなくても落ちてしまいます。それは、金融機関や消費者金融により設けられている審査の基準を満たしていないことになります。

 

しかし、金融機関や消費者金融ごとに設けられている基準は、申し込みをする人が知らないことが多いです。そのため同じような収入のある人や同じような職業で働いている人でも落ちてしまう人と通過してしまう人に別れてしまいます。

 

カードローンの審査の流れでは、申し込みをした審査に落ちてしまう人の中には、予想に反して落ちてしてしまった人がいるはずです。このような状況にならないように対応したい方法を紹介します。準備万端で最初の申し込みで通過しましょう。

 

カードローン審査にかかる時間ってどれぐらい?

消費者金融のカードローンを申し込んで必要な審査の期間は、金融会社により若干の違いがありますが最近ではどの消費者金融系の会社でも即日審査が終了します。即日審査の場合には最短で数時間の審査で終わることになりますが、この期間は一般的な審査期間です。申し込みした本人の過去のお金の借り入れに関する利用状況や申し込みをする希望金額によりこの審査期間が長くなってしまいます。

 

そのため当日融資を受けることができない場合があります。これはほとんどの消費者金融で同じように行われるものです。レイクなどの大手から一般的な消費者金融でも同じような期間が必要となります。消費者金融系のカードローンの申込をするときには、最短で即日融資を行ってくれて、申し込みをした日から3日以内に審査の回答を知らせてくれることになります。

 

しかし、審査が通過した後に金融会社で契約を行う必要があります。この契約が完了しないと融資を受けることができません。この契約を行うことで晴れてカードローンを利用することができます。  
銀行が提供している金融機関では、消費者金融系の消費者会社に比べて日時を要するものです。銀行系の金融機関である三菱東京UFJやみずほ銀行、その他の地方銀行や信用金庫でも日時を必要としています。それは、審査が厳しいと言うよりも利用するカードローンの金利が消費者金融系の消費会社に比べて低いからです。カードローンは通常無担保で融資を行うものです。担保を設定しないため必ず返済できる人にしか融資を行わないことを原則として審査を行うため日時が必要となります。

 

金利を低く貸す事は、返済できる確証を見つけるために行うことになります。そのため日時が必要となってきます。銀行系のカードローンを利用する場合でも、十分な返済能力を持っている人であれば、何も問題なく審査を通過します。そして当日でも融資を受けることができることになります。これは申込者のキャッシングなどの利用状況や過去の履歴により審査の日時が異なってきます。

 

銀行系の金融機関でカードローンの申込をするときには、平日の申し込みしかできません。これは消費者金融のように自動契約機を設置していない銀行が多いからです。そのため銀行の休日なる土日や祝日は契約等を行うことができないためです。しかし、最近ではインターネットの利用によりこの問題が解決している銀行があります。楽天銀行などのネットバンキングの講座を設けている場合には、指定した銀行口座にお金を融資してくれるため土日でも借りることができます。

 

どうしても土日や祝日にお金が必要な場合には消費者金融系の会社に申し込むことになります。また、銀行系の金融機関でカードローンの申込をした場合には審査の日時は早くて当日ですが長い場合には1週間から2週間時間が必要となってしまいます。消費者金融系の会社に比べて長い期間日時を要してしまうことになります。そのため使い分けて利用することも、カードローンを利用する上手な方法です。  

 

お金が急に必要な人は、即日審査を売りにしている消費者金融会社のカードローンに申し込みをすることで、当日審査が通りカードローンを利用することができます。しかし、金利の高いカードローンを契約することになるので、確実に返済できる場合に申し込みを行う必要があります。時間がかかっても返済の負担が少ない金利の低いカードローンを利用したい場合には銀行系の金融機関で申し込みを行いましょう。カードローンの審査に日時が必要となりますが、消費者金融のカードローンに比べると低い金利で利用することができます。

 

運良くこの両方のカードローンの申込の審査が通過した場合には、最初に融資を受ける消費者金融系のカードローンを利用して必要な時に借りることができます。そして返済するときに金利の低い銀行系の金融機関のカードローンで一括返済をする方法があります。この方法であれば金利の低いカードローンで返済を続けることになります。しかし、短期間で申し込みをすることは、カードローンの審査が厳しくなり時間が必要となります。そのためカードローンの審査は、お金の必要性に応じた借り入れ先に申し込むことが安心できます。

 

申込前に「お試し審査」で審査通過できるか探る方法

カードローンの申込に不安がある人は、複数の金融会社に申し込みをして審査が通ることに期待しますがこれは大きな間違いです。

 

カードローンの申し込みの内容について、信用情報に記録されてしまいます。そのため審査を通過が、最初の金融会社に断られた後他のカードローン会社に申し込みをしてもその情報により判断されて審査が不利になってしまいます。その後複数のカードローン会社に申し込みをしても返済できる能力や収入があってもこの信用情報の記録により判断される不利な審査を受けることになります。

 

また、短期間にいくつものカードローン会社に申し込みをした場合に、その中の1社が通過すれば良いと申込者が考えていても、相手側にとってはお金に相当困っているために複数の申し込みをしていると判断されることがあります。これでは複数の会社に申し込んだことがデメリットになってしまいます。そこで一定の目安となる審査があります。この審査は、本格的なカードローンの審査では無いため信用情報に登録される心配がありません。

 

この審査お試し審査と呼ばれるもので、簡単な入力をインターネットのウェブサイトで行うことでカードローンの申込が通過するか通過しないかの目安となる審査となります。このお試し審査を利用して現在の自分自身の経済情報を知る目安となります。このお試し審査は、すべての銀行系の金融機関や消費者金融系の会社すべてで設けているものではありません。カードローンの申込を受け付けている金融機関や会社で儲けているサービスとなります。

 

このお試し審査は、日時を要する審査と異なり簡単に結果がわかります。また、必要な書類を用意する必要がないため、こちらのサービスを利用して申し込みができるかできないかの判断に利用できるメリットが多々あります。   

 

カードローンで利用できるお試し審査は、あくまでも融資を受けることができる目安と考えましょう。このお試し審査を利用した結果融資が可能でも必ず申し込みを行った本格的な審査に通過できる保証はありません。これは収入や返済能力の要素以外が原因により本格的な審査に落ちることがあります。そのため、少ない情報量で判定しているお試し審査では、わからない基準が設けられています。この基準をクリアしていないと本格的な審査を通過することができません。  

 

お試し審査は、あくまでも結果の目安として、カードローンの申込が通過できる金融機関を見つけるためのサービスだと考えておきましょう。このお試し審査は消費者金融の会社以外にも楽天銀行や三井住友銀行で利用できるサービスとなります。まずは、このお試し審査を利用して本格的な審査に通過できるかの目安として判断できます。信用情報などの履歴が記録される心配がありません。そのため複数のお試し審査を短期間で利用することが可能です。

 

カードローン審査に不安な人はぜひ利用してもらいたいサービスです。このお試し審査を利用できるカードローン会社がわからない人は、インターネットから検索をして金融機関でお試し審査を利用することができます。このお試し審査は、本格的な審査を行う前の予備審査だと位置づけておきましょう。必要な情報で判断される審査になります。本格的な審査を行うときに必要とされる情報に比べて少ない情報で審査を行います。そのため本格的な審査を行ったときに多くの情報からカードローンの審査が通過しないことがあります。

 

そのためお試し審査で提供する情報に関して不安のある人が利用できる審査だといえます。このお試し審査で提供する情報は、その後行う本来のカードローンの審査でも同じ情報を提供するため審査に通過できるかの判断ができます。

 

属性審査はどこをチェックされてる?

 

カードローンを利用するための審査が1番気になるものです。だれでもこの審査をしたくない気持ちを持っています。審査でチェックされるのは属性審査と信用情報の審査により融資が可能か調べられることになります。そして属性審査は、信用情報の審査のように信用情報機関に記録されているものではありません。しかし、信用情報の審査と同じようにカードローンの審査では、最も重要視されている項目となります。   

 

カードローンの審査の属性情報は、申し込みをした本人の個人情報が該当します。

 

申し込みを行った時の個人情報を基本としております。申込者の返済能力をチェックすることになります。属性情報では、信用情報の記録のように調査機関に記録されているものではありません。あくまでも自己申告になります。しかし、その自己申告が信用できる証拠と照合して一致しないと虚偽の情報となってしまいます。

 

そこで属性審査では申し込みをした本人が提出する本人確認書類でチェックを行います。

 

属性審査では、個人情報の氏名や住所、年齢、連絡先を記載します。そして返済能力の判断とされる年収、勤務形態や勤続年数、財産に関係する居住形態や居住年数、連帯保証または返済保証してくれる家族構成そして他社の借入件数や実際の借入額の情報を提出することになります。

 

これらの属性審査の情報の中でも重要な項目とされているのが、年収、勤務先や勤続年数、居住形態や居住年数そして住宅ローンの返済額や家賃です。これらの審査を行い総合的に審査を行っていくことになります。そのため収入だけで属性情報の審査を行いません。最近ではパートやアルバイトでもカードローンの申込ができる会社が増えて、審査に通る人もいるのが現状です。   

 

年収は、一般的に高い方が有利ですが、年収の審査基準では、平均年収を上回っているかどうかにより評価が異なります。同年代の平均年収よりも収まっている場合には高評価となり審査が有利に進みます。また、年収が低い場合でも審査に不利と簡単に判断はできません。それがカードローン会社でも返済可能な金額の範囲内で融資を行うからです。

 

カードローンの希望額を低くすることで審査を通過することができます。

 

カードローンの入試で消費者金融系の消費会社では、総量規制が設定されています。年収の3分の1までしか融資ができないためカードローンの金額は、この年収の3分の1までを希望額としましょう。  

 

勤務形態や勤続年数では、職業により信用力が高くなっていきます。また、士業の職業は審査に有利と言われています。自営業の人よりも収入が安定される正社員の方が審査の高い評価を得ることができます。そのため契約社員や派遣社員としてアルバイトやパートの職業の人は、契約がいつ切れてしまうかわからないため審査の評価は低いです。

 

しかし、これらの職業であっても勤続年数が長いと審査にプラスされます。反対に正社員の人でも勤続年数が短いと評価が低いです。勤続年数では5年以上が最も評価が高く3年以上であれば一般的な評価よりも高い水準となります。  

 

居住年数、居住形態によって属性情報の審査は異なります。自分自身の名義となっている持ち家が最も評価が高いです。家族名義の持ち家の場合には返済が難しくなっても家族で助けてもらえる可能性が高くなります。反対に公営住宅に住んでいる場合には所得が低い人が住むための家なので貸し倒れのリスクが高いため審査の評価が低くなってしまいます。

 

居住年数では10年以上生活している人は最も高い評価となっていますが、引っ越しを頻繁にしている場合には審査に通らない可能性が高いです。  

 

住宅ローンの返済や家賃の支払いをしていると、カードローンの返済に充てることができるお金が少なくなってしまいます。これらの負担をしていない人は評価が高くなります。属性審査で大切なポイントでは、安定した収入がある人や長く勤務している人はこれらに該当していない人に対してとても有利な審査を受けることができます。カードローンだけでなくおかれる融資を受けるときには、お金を貸す側にとって1番大事なのは返済能力があるかないかです。

 

この返済能力を知るための方法として将来、安定車収入を得ることができる後は見込みがあるかです。そのため給料が高い企業に勤めている正社員や公務員は有利です。反対に派遣社員やパートアルバイトの人は評価が低いことになります。しかし、職業だけで判断されるわけではなく勤務年数も考慮して判断されます。勤続年数が長い人流同じ職場で働いている人は、今後も安定して勤務ができる人だと判断してくれるカードローン会社の担当者がいます。

 

アルバイトの人であっても勤続年数が長い事は安定した勤務ができる人だと判断してくれます。同じアルバイトであっても転職を繰り返している人は審査に通らない可能性が高いです。  

 

 

居住年数などによって判断されるのは、賃貸よりも持ち家そして居住年数が長いほど有利です。属性情報の審査では、持ち家を持っていることは家を購入するだけの経済力があると判断されます。最悪返済が滞った場合でも不動産の家を処分して返済できると判断してくれます。カードローン会社は、貸し倒れのリスクが高い人に融資をするのは避けたいはずです。そのため貸し倒れのリスクが低い人ほど高く評価してくれます。

 

また、住んでいる居住年数も重要視されます。短期間の間に、引っ越しを繰り返す人は、連絡をとることができなくなってしまう可能性が高いです。そのような人にカードローン会社がお金を貸すのは避けたいはずです。以前は、自宅に固定電話があるかどうかが重要なチェック項目としていた会社があります。しかし、最近ではスマホしか持たない人が増えているため、この項目は気にしなくても良い項目になっています。   

 

家族構成も属性情報の審査ではとても影響を及ぼすものです。家族構成が多い人は可処分所得と呼ばれる手取りの収入が多く自分自身に残ることになります。この可処分所得が多い人が自分で自由に使い道を決めてお金を使えることになるため、カードローンの返済にも充てることができるものです。

 

また、両親と同居している人や奥さんや子供と一緒に同居している場合は、連絡が取りやすい環境にあります。また、子供がいる場合でも教育にお金が必要な子供の年齢が過ぎている場合には、審査で有利になります。しかし、カードローンの申込の審査の属性情報の審査で年齢の高い人で独身な場合には不利となることがあります。  

 

属性情報は、いくつもの項目がありますが、カードローン会社により重要視している項目が異なることがあります。収入を第一に注目している会社があれば勤続年数や居住年数を第一に注目している会社もあります。これらの属性情報の重要視している項目に関しては公表されていないです。これらの基準を発表することはその部分をごまかしてしまう人がカードローンの申込をする可能性が高いです。必ず正直に申告をする必要があります。

 

信用情報に不備がないかを確認!

属性情報に問題がなくカードローンの審査に通過しない人は、信用情報に何らかの不備がある人がいます。しかし、どこが不備になっているか気がつかない人は、そのまま何社も申し込みをしてその申し込み履歴が残ってしまいます。この申し込み履歴が残るだけでもカードローンの審査は不利になってしまいます。短期間の申し込みは、お金に困っていると判断されるからです。  

 

属性情報の職業や居住年数で問題なくカードローンの審査に落ちてしまう人はやはり信用情報に問題があると判断しましょう。信用情報によってカードローンの審査が落ちている場合には、金融会社を変更しても審査が通過する可能性は極めて低くなってしまいます。人によっては気がつかないうちに信用情報に傷がついている人もいます。最近では身近なスマホや学生時代に利用した奨学金が原因とされたことがあります。   

 

カードローンの申込をするときに記載した申込書のケアレスミスは必ず確認しましょう。カードローン会社や金融機関に赴いて申し込みの記載をしているときに相手側が気が付く簡単な指摘でも、郵送やインターネットを利用した申し込みでは気がつかずに申し込みをしてしまうことがあります。必ず再確認を徹底する必要があります。特に申込書の記載内容で電話番号や住所が正しく書いてあるか確認しましょう。

 

確認電話をカードローンの会社が行うときに電話番号が違っていれば確認ができず審査が通過することができません。また、住所が違うときにはカードローンのカードが郵送で送られてきても受け取ることができません。必ず書面の確認は大切なものです。また、記入漏れや空欄があることも審査に通過しないことがあります。インターネットの申し込み以外の方法を利用するときにはできるだけ丁寧に記載をしましょう。読みにくい字は、相手側にとっては虚偽の申込と判断されることがあります。   

 

カードローンの利用要件に該当していないと申し込み行っても審査が通過できません。カードローンの申込に関しては申し込み資格が定められており年齢が該当していないと審査の通過ができないでしょう。職業や収入面も正確に記載する必要があります。収入の水増しは虚偽申告になってしまうので、正直に記載が必要です。

 

他の会社で融資を受けている場合には、該当するローンはすべて記載する必要があります。ローンによっては今回の審査が通過しないことがありますが、返済能力の判断するためにも正直に記載しましょう。   

 

気づかないうちに連帯保証人になっていることもカードローンの審査では通過しないことがあります。連帯保証人となってしまった場合は、その債務者の返済状況を確認する必要があります。過去の融資に関する返済などでトラブルがある場合にはブラックリストに掲載されていることがあります。ブラックリストに掲載された場合には一定期間登録されたままになっています。ブラックリストに掲載されたようなトラブルが発生していないときには必ず確認をする必要があります。

 

信用情報機関では本人開示制度が設けられており本人が申し込みをすることでどのような情報が掲載されているか確認することができます。過去に返済の延滞があった人は必ず自分自身の信用情報を取り寄せてみましょう。数種類ある信用情報機関では、インターネットのサイトや郵送を利用した情報開示を行うことができます。

 

信用情報機関により開示の方法が異なりますが、郵送を利用した開示制度は、有力な信用情報機関で採用されています。窓口で受け取る場合は500円それ以外の場合には1,000円の費用が必要となります。

 

ローンの返済延滞がある場合には、事故情報として信用情報に掲載されます。過去の融資の延滞や奨学金の返済が遅れることも登録される可能性が高いです。

 

最近増えているスマホ本体の分割払いの返済が延滞することで信用情報機関に登録されます。

 

最近のスマホの契約では毎月の利用料金と合わせて支払いを行います。そのため本体代金は、厳密に分割でローンを組んで購入したことになります。

 

毎月の支払いが滞ることで信用情報機関に事故情報として掲載されることになります。気がつかないうちに自分自身の信用情報が不利になっていることもあるため、カードローンの審査を申し込むときには必ず確認しておきましょう。

 

信用情報機関で登録されている申し込みの情報や事故情報は、内容によって最長5年または最長10年と期限が決められています。この期限以内にカードローンの申込を行い審査に通らなかった人は、この期限が過ぎてから申し込みをすることでカードローンの審査に通る可能性があります。

 

反対に信用情報で金融事故の掲載がない人もホワイトと呼んでおりますがクレジットカードやローン契約をしていない現金主義を行った人は多、信用情報の履歴がありません。そのためカードローンの審査は通過しないことがあります。

 

信用情報が全くない場合には信用力の判断ができないです。また、債務整理した後に事故情報の登録期間は終了した場合には信用情報がリセットされるため債務整理をした人だと疑われてしまいます。ク

 

レジットカードを1枚も持っていない人で特に30代以上の申込者の場合にはカードを持てない理由があるのではないかと判断されてしまいます。信用情報の確認はとても大切なものです。最初のカードローンの申込で審査に通過できないときには確認をして対応してみましょう。  

 

現在日本では複数の信用情報機関があります。これらの信用情報機関が個別に信用情報を管理しています。この信用情報機関に加盟をしている銀行系の金融機関や消費者系の消費金融会社が情報の提供を受けることができます。

 

カードローンの会社で審査が落ちたときに別の信用情報機関に加盟している業者に申込をすれば審査に通る可能性があると言われていますがそれは大きな間違いです。実際に複数の信用情報機関に加盟している銀行系金融機関や消費者間消費者会社が数多くあります。

 

信用情報機関の重複を避けることは難しくなっております。また、延滞や債務整理に関する事故情報は、日本で利用できる信用情報機関で共有されています。そのため加盟している信用情報機関が異なるカードローン会社で申し込みをしても審査が通るわけではありません。掲載されている期間が過ぎるまでカードローンの申込は控える必要があります。

 

借りる目的によって審査に通らない事も!

カードローンを申し込むのは、お金が必要になったときです。金融機関や消費者金融会社に審査を申し込みするときに、属性審査や信用情報の審査以外にも融資の審査に影響する条件が決まっています。借りることができる借入限度額と申し込み行うカードローンの使用目的は審査に影響します。   

 

借り入れ限度額は、申し込みを行う人により融資をしてくれる金額は異なります。特に消費者金融でカードローンの申込をするときには、総量規制が大きな壁となっています。銀行系の金融機関でカードローンの申込をするときには、この総量規制の対象になっていないものがあります。この総量規制は、申し込みを行った人の年収の3分の1に達するまでの金額を借入限度額を設定して融資をしてくれる制度です。

 

この制度が対象となるのは消費者金融会社になります。銀行や信用金庫などの金融機関は対象外となっているものです。

 

以前までこの総量規制を設けていないため借り過ぎにより返済不能に陥った人が自己破産をすることで、自己破産をする人が増加傾向にありました。この自己破産を防ぐために総量規制が設けられました。この総量規制により借り入れ限度額が決定される要因になっています。この総量規制が対象となっている金融機関では、あの金額を超えたカードローンの借り入れ限度額を設定することができなくなったからです。

 

銀行系の金融機関はこの制度を設けていませんが、消費者金融と比較すると審査が厳しい為簡単に高額な借り入れをカードローンで行うのは難しいです。借り入れ限度額を高く設定することで審査に通りにくい傾向にあります。多額の融資を行っても返済することができなければ、意味がないため、この借り入れ限度額は、実際に必要な金額で申し込みを行いましょう。欲張ってしまう事は審査に通らなくなってしまうことになります。   

 

初めてカードローンの申込を行う人は、借り入れを行う希望額を低く設定することで審査に通りやすい傾向にあります。カードローンによっては、こちらが希望する借り入れ額を選ぶことができるように申込書に記載されていることがあります。30万円から200万円の一定金額が利用限度額又は申し込み限度額と記載されています。初めての人は必要最低限の限度額を記載することが、審査に通りやすい金額となります。

 

初めて申し込みをする人が、高い借り入れ限度額を希望することはお金に困窮していると判断されて、融資を行っても回収できるか警戒されてしまいます。年収と比較しても借り入れ額が小さいほど返済も順調に行うことができると判断されます。総量規制の年収の3分の1は、カードローンの申込をする消費者金融会社だけではありません。借り入れ限度額の希望を記載した申込書とこれまで融資を受けていればその総額が3分の1以上にならないように審査が行われます。  

 

カードローンの申込では、使用目的も大変審査に影響があります。カードローンの申込で記載することや電話のヒアリングで尋ねられるのが、融資を受ける使用目的です。一般的な銀行系の金融機関や消費者金融系の消費者会社が提供しているカードローンは、利用目的は原則自由になっています。融資を受けた人がどのような使途目的でお金を使っても問題はありません。

 

しかし、原則的に自由にお金を使えることができるカードローンでも、ギャンブルなどの賭け事に使用することは、通常の審査以上に厳しい審査になってしまいます。ギャンブルを行うためにお金を借りる人は、必ず返済してくれる人であるか、返済する見込みがあるのかにより判断されます。一般的にはギャンブルをしている人が、返済をしてくれる見込みが少ないといえます。   

 

カードローンの使用目的では、生活費に使うために申し込みを行う人がいます。使用目的が自由となっていますが、生活費のようでカードローンを申し込むときには、会社側は生活に困っている人がカードローンを借りる場合に、返済できるか不安になってしまいます。その結果審査に通らないことになってしまいます。

 

使用目的もカードローンの審査が通過できるような利用目的を記載することが望ましいです。

 

日頃お金を費やしていない一時的な出費のためにカードローンを利用することは、審査に悪影響を与える確率が大変低いです。一時的な出費としては、レジャーや旅行などの娯楽目的や急な冠婚葬祭によりどうしてもお金が必要な時にカードローンを申し込むことが、審査に影響を与えない利用目的となります。

 

この借り入れ限度額や使用目的については、銀行系の金融機関や消費者金融系の消費者会社でも、同じような審査を行います。そのためこれらの記載や限度額を決めるときには慎重に行うことが審査を通過することになります。  

 

カードローンの審査が通らない人のなかには、借り入れ限度額が総量規制の対象金額以上になっている場合や使用目的がNGとなっていることがあります。属性情報や信用情報の審査について問題がない場合には、これらのことが問題となっていることがあります。もう一度申し込みをする目的や借り入れ限度額を検討して頻繁に申し込みを行わないように注意しましょう。

 

カードローンの「審査の通りやすさ」

カードローンの申込行い審査にチェックされるポイントを知ってしまうと、その審査に通るか心配になってくる人もいます。最近ではカードローンの審査に通りやすいものがあるのか気になってしまいます。審査に通りやすい違いがあるのは、カードローンの属性審査を行うときの重要項目が会社によって違うからです。その結果カードローンの属性審査で審査に通りやすい金融機関や消費者金融会社が存在することになります。

 

しかし、審査通過率などに関しては公表されていないため、カードローンの会社ごとの審査基準を知る事は難しいです。インターネットのサイトでも審査に通りやすいカードローンなどの評価を行っているサイトでは、こちらのサイトを参考にしてカードローンを検討している人もいます。しかし、明確な審査基準を公表していないことで確実な情報でないことがあります。全てを信用してカードローンの申込をすることが危険です。   

 

カードローンを取り扱う銀行系の金融機関や消費者金融系の金融会社では、審査基準を公表していないことで、審査に通過するかのラインがわからないです。そこでこれらの金融機関等のカードローンの審査の基準について判断できる目安があります。

 

審査通過率や審査成約率、新規貸付利率の数字を参考にする方法でカードローンの審査基準が厳しいか甘いか判断する方法になります。

 

これらの情報は、秘匿情報ではなくいろんな貸金業者が毎月のデータとして公表している数字になります。新規貸付利率では、新しくカードローンの申込行った人の中で何になって審査を通過して契約できたかの割合を紹介しています。審査通過率となる新規貸付利率が高い場合には、審査に通る人の割合が多いことになります。同じカードローンを取り扱っていても審査に通過しやすい会社と通過しにくい会社が誕生することになります。

 

金融機関や商社金融会社によっては、貸し出しを行った成績を気にするあまり審査の甘さが目立つことがあります。審査が不安で審査の安さを売りにしている貸金業者には注意が必要です。余分な借り入れを行うことで返済不可能なリスクを抱えることになります。カードローンの融資の金額を返済できない場合には、審査が厳しくなるだけでなくカードローンの金利設定も高くなっていきます。   

 

金融機関の銀行や消費者金融会社で審査が激アマの業者だと言われている場合や金利が低い場合、形だけの審査のため誰でも借りることができると、いろんな人に声をかけるのは、悪徳業者ヤミ金に該当する可能性が高いため利用してはいけない相手先となります。  

 

審査が甘い消費者金融会社では、悪徳業者またはヤミ金と判断するための目安があります。電信柱に携帯電話の番号だけを貼ってある即日対応のカードローン会社は、違法業者の可能性が高いです。こまた、都道府県の登録番号や金利を実質年率で表示していることもこちらの業者を見抜く方法となります。   

 

カードローンの審査が甘いところを探してインターネットを利用する人もいます。審査が激甘のところは、カードローンの融資を受けることができる会社として注目されます。審査基準が公表されていないことで、カードローンを提供する会社では異なる判断をすることがあります。

 

融資が厳しい場合や反対に融資が甘いことです。この審査基準が甘いか厳しいかは、銀行系の金融機関は審査基準が厳しく消費者金融系の消費会社は審査が甘い傾向にあります。そのためカードローンの審査では甘い傾向にある会社に申し込みをしてしまうことになります。しかし、消費者金融系の会社は銀行系の金融機関に比べるとカードローンが通りやすい傾向にあります。  

 

金銭を融資するときに審査を甘くすることは、貸し倒れのリスクは高くなってしまいます。銀行系の金融機関は、商社金融の会社と比較すると収入するものが多く存在しています。グリコ見てするようなATMの取り扱い手数料等融資をした利息以外にも収入源があります。そのため返済できる人にしか融資を行わないため、銀行系のカードローンの審査は厳しくなってしまいます

 

反対に消費者金融系のカードローンは、収入源が限られているため、審査に甘い傾向になります。その他に収入源のある銀行系の金融機関は、無理をして貸付を行う必要がありません。返済を見込める人にしか融資をしないため審査のハードルが高いことになります。   

 

現在行える消費者金融系のカードローンの審査率では、銀行系の金融機関で審査が通らない人でも審査が通ることがあります。審査の条件がその会社により異なるからです。  

 

審査通過率は、企業が公表している信用性の高いデータとなっており、こちらの情報を見ることで新規貸し付けに強いカードローンを見つけることが可能です。これは消費者金融会社独自の営業方針と関係しております。新規貸し付けと積極的に行うカードローン会社や新規の貸付や消極的だが、他の借入れ先から乗り換えてくれる人に融資を行う銀行は審査が得意な金融機関だと言われています。  

 

銀行系の金融機関は、カードローンの審査通過率を公表していないのが一般的ですが新生銀行のカードローンについては公表しています。カードローンの審査では、震災通過するか不安な人は審査通過率が高い企業が安心できる申込先です。これらの情報開示の申し込みを行いましょう。初めてのカードローンの審査で不安な人は審査通過率が高いところを選んで申込をすれば、通過できる確率が高くなります。まずは情報収集をすることが大切です。

 

カードローンの審査では、2回目まで審査が通らない状態で3回目の審査からは非常に厳しく審査が行われるので、必ず2回目の審査には通過できるように情報を収集する必要があります。

 

カードローン審査の審査対策まとめ

カードローンの審査の流れでは必ず審査がチェックされる属性審査、信用情報審査と希望している借り入れ限度額、利用目的が主な対象となります。しかし、これら以外にもカードローンの審査に関しては注意すべきものがあります。そこでどのような人がカードローンの審査に落ちてしまうか、考えてみることが審査通過につながることになります。   

 

職業を頻繁に変えている人は、安定した収入を得ることが難しい人になります。また、転職を繰り返すことで給与が増えない場合には。年齢別の平均年収が低くなってしまいます。同じように頻繁に引越しをしている人も、持ち家思っている可能性が低いため審査に通りにくい人です。  

 

消費者金融系のカードローンの申込では、信用情報機関が提供する信用情報はとても重要視されています。そのためこの信用情報機関に事故情報が登録されている人は、審査が通りにくい人になってしまいます。過去に借金の延滞のトラブルだけでなく携帯電話の端末代金の延滞や奨学金の返済延滞も登録される条件です。また、カードローンの申込の審査も信用情報機関に登録される情報です。

 

同時に多くのカードローン業者に申し込んでいる場合には、この情報が登録されてしまいます。申し込みを行うときに記載すべき年収や他の会社から借入を行っている件数や借り入れ額について虚偽の申告をしている場合には、審査が通らないことになります。正直に申告することが信用情報機関の事故情報に登録されるリスクを回避することになります。    

 

カードローンの申込は、借り入れ限度額を希望することができます。しかし、申込者の年収や経済状況などを考えて希望額を多くしないようにしましょう。初めての申込の場合には、最低金額の希望額を記載することが、審査通過につながることになります。カードローンの利用目的は原則的に自由に利用できるようになっています。しかし、申し込みをするときには利用目的を記載することになります。

 

原則自由に使えるカードローンでも利用目的がギャンブルでは、審査に通過しないことがあります。これらの問題点を考えて審査に通りやすい申込者になることができます。しかし、雇用形態や年収については簡単に変更できるものではありません。そこで年収を増やすことも大切ですが、安定した収入を得ることに努力することが、その年収に適した借り入れ額の審査に通過することができます。

 

これらの努力を自分自身で、時間をかけて解決することで審査に通りやすい人になります。

 

カードローンの審査は、一定条件を満たしていることで申し込みを行うことができます。しかし、申し込みができても審査に通過する事は別問題となります。そこでカードローン審査の為に注意したいことを守ることで、審査に通過できる環境を整えることができます。   

 

転職をした後や引越しをした後にカードローンの申込をしないようにしましょう。属性審査でNGとなる条件に該当しているため、3年間は、時間が必要となってしまいます。転職や引越しをした後にカードローンを申し込む事情があらかじめわかっている場合には、転職や引越しをする前に申し込みを行いましょう。   

 

信用情報がどのようになっているか不安な人もいます。いろんなローンを利用していた人は、延滞などのトラブルがある人もいます。そこでカードローンの申込をする前に信用情報に関する情報開示の請求を行います。自分自身の信用情報が現在どのような状態になっているか知ることでカードローンの審査に通過できる状態か確認することができます。

 

事故情報があった場合でも、消えている状態になっているか、消えなければいけない状態になっているにもかかわらず消えていないときには手続きが必要です。これらの問題をクリアしてからカードローンの申込を行います。   

 

カードローンの審査に通過できるか不安な人が行ってしまう間違った行動が同時にいくつものカードローンを申し込むことです。これらの申し込みについては信用情報に利益として残されるものになります。カードローンの申込先企業で信用情報を調べることで分かってしまいます。カードローンの審査には不利な条件となってしまうので、同時にカードローンの申込は注意すべき行動です。

 

また、複数の借入れを他社で残っている状態で申し込むのも審査を通過できる条件に該当しません。申し込み行うカードローンが、これまでの借入れの一本化などの特別な目的でなければ、これまでの借り入れを返済してから申し込むのが、カードローンの審査が通過できる条件となります。   

 

カードローンの申込では、正確に情報を入力または記載する必要があります。中でも自分自身の年収や勤務先そして勤続年数、他の会社での借入れ件数や借り入れ額は、正確に報告する。虚偽申告と思われたときには信用情報にこの履歴が残ってしまいます。間違わないように必ず確認をしてから入力や記載を行いましょう。   

 

カードローンの借り入れ限度額では、申込者が希望する借り入れ限度額を決めてカードローン会社が審査を行います。初めてカードローンの申込を行うときには、できるだけ金額の少ない申し込みを行いましょう。希望する限度額が大きい場合には、審査に通りにくいです。カードローンでは、延滞などの金融事故を起こさなければ、1年間以上利用する人は限度額を増やせる可能性があります

 

カードローンの会社によっては金利が下がることもあるので、できるだけ同じカードローン会社を利用することで実績を残すことができます。カードローンの限度額や金利を下げることに関してはカードローン会社から提案してくれます。こちらから希望するよりもカードローン会社からの提案の方が審査に通りやすい傾向があります。これらの対策を行い最初の申込で必ずカードローンの審査に通過できるように工夫をしましょう。

 

まずは出来る範囲で確かめてみよう!

カードローンの申込と審査に不安な人は、申し込みをする前に自分自身でできる範囲を審査をしてしまう原因となる問題を解決しておきましょう。カードローンの審査でどの項目を重視しているかはカードローンの会社によって違いがあります。しかし、基本的な審査基準は共通しています。そこでこの基本的な審査基準の共通事項を改善するだけでも審査に通りやすいことになります。   

 

収入面で不安のある人は、審査に通らないと考えてしまいます。そこで本来のカードローンの審査の申込を行う前にお試し審査を利用しましょう。年収の記載入力があるためお試し審査によりカードローンの審査が通過するかしないかはっきりわかります。このサービスを利用して審査に通ができるカードローン会社を探すことができます。  

 

年収などの収入面ではなく信用情報に不安のある人もいます。過去のローンの返済をうっかり忘れたことで延滞になっているときには信用情報に掲載されていることがあります。このような信用情報に問題がある人は、カードローンの審査は通過しにくい人です。心配と考えている人は開示請求をして自分自身の信用情報の確認を行いましょう。

 

信用情報の内容によっては削除すべき年数が経過していることもあります。必ず確認をしてからカードの申し込みを行うことが大切です。 

お金借りるランキング

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?
ベルーナローン
専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの上手な返済方法とは?
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
おすすめのカードローンはどこ?!各カードローンの特徴総まとめ
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
カードローンは誰にもバレずに借入れできるの?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
総量規制対象外のカードローンと対象となる借入
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説
アコムの「ACマスターカード」を確実に即日発行する方法
身につけておくべき知識!家族が亡くなったときに自治体や国からもらえるお金
審査に落ちないために・・自分の「属性」をチェックしよう
いろんなシーンでお金が必要になる時にどのカードローンを選べばよいのか比較してみた!
キャッシングやクレジットカードでよく出てくる「借入」の意味は?借入れについての疑問を解決!
キャッシングローンとカードローンは同じ?2つの違いを徹底解明!
場所も時間も選ばず申し込みできるネットキャッシングの利用方法と注意点
知らないと損するクレジットカードのキャッシングの注意点!

お金借りる

×