総量規制対象外のカードローンと対象となる借入

総量規制対象外のカードローンと対象となる借入について

平成18年に貸金業法が改正され、総量規制が段階的に施行された後に平成22年に全面施行されました。

 

そもそも総量規制とは、債務者への過剰な貸付により債務者が金融機関への返済に追われ、中には違法な金融機関からの強引な取り立てが発生するなど、社会問題となったことから、個人に対して貸付ができる限度を設定し、過剰な借入にならないよう貸金業法で規定したもので、具体的には年収の1/3を超える借入が原則としてできなくなりました。

 

また、新規で50万円以上の借入を申し込む場合や、合計で100万円以上の借入を申し込む場合には、所得証明書の提示を義務付けました。こうしたことにより、国民が年収に見合わない過剰な借入によって苦しむことを防ぐ狙いがあります。

 

総量規制対象外で借りるなら

総量規制の対象になるのは、貸金業法に定める貸金業者に該当する場合で、貸金業者とは具体的には消費者金融会社、信販会社、クレジット会社を指します。

 

ちなみに、クレジットカードの中でもショッピング機能は総量規制の対象外となりますがキャッシング機能については総量規制の対象となります。したがって、消費者金融でお金を借りようと思った場合には、この総量規制がネックになってきます。

 

過去には消費者金融が多額のお金を貸し付けていたものが、総量規制によって貸付額が大きく制限されてしまうため、実際に多くの消費者金融がこれによって倒産したと言われています。しかし、この総量規制とはすべてのローンが対象になるわけではありません。

 

 

住宅ローンや車のローンなども総量規制の対象外となるのですが、総量規制対象外のカードローンもあります。それが、銀行が発行するカードローンです。そもそも総量規制とは、貸金業法に定める貸金業者に対する貸付の規制になりますので、銀行法で規定されている銀行については貸金業法の対象外となります。つまり、銀行のカードローンは総量規制による借入の制限を受けることがないのです。

 

銀行のカードローンが総量規制対象外のカードローンとなることから、三菱東京UFJ銀行をはじめとする大手の都市銀行はもちろんのこと、地方銀行や信用金庫においても相次いでカードローンを発行しており、特に消費者金融で既に借入をしていて追加で借りられない人に人気があります。

 

さらに、銀行のカードローンは一般的には金利が非常に低く設定されていますので、多少審査が厳しいという点はありますが、借入残高が膨らめば利息負担もばかになりませんので、少しでも安い金融機関で借入をしたいところです。

 

また、最近では大手の都市銀行と消費者金融が業務提携して、銀行のカードローンとして発売している商品もあります。

 

例えば、新生銀行レイクは、元々は消費者金融のカードローンでしたが、今は生まれ変わって銀行のカードローンとなっています。

 

したがって、総量規制の対象外となりますし、また銀行のカードローンとしては珍しく、初めての利用の方であれば借入額全額を30日間無利息とするキャンペーンや、借入額のうち50,000円までを180日間無利息とするキャンペーンを行っていて非常に利用しやすい商品となっています(両者の併用はできません)。

 

新生銀行レイクのカードローンは、専業主婦の方でも利用ができるとあって非常に好評を得ています。その他にも、申し込み手続きがすべてインターネットサイト上から完結して、しかも本人確認書類や収入を証明する書類の提出が不要であるなど、申し込み手続きが非常に簡略化されている点も人気があります。

 

総量規制対象外って何?

では、総量規制対象外とはどういうことかというと、貸金業法に定められた総量規制の除外貸付または例外貸付に該当する貸付のことです。

 

まず、除外貸付についてですが、不動産の購入または不動産の改良のための貸付(つなぎ融資を含む)や、自動車購入時の自動車担保貸付、高額医療費の貸付、有価証券担保貸付、不動産担保貸付、売却予定不動産の売却代金により返済ができる貸付、融通手形を除く手形の割引、金融商品取引業者が行う500万円を超える貸付、貸金業者を債権者とする金銭消費貸借の仲介です。

 

これらの貸付は総量規制の対象から除外されます。

 

そのため、総量規制の対象として計算に入れる貸付は、消費者金融のカードローン、信販会社からのキャッシング、クレジット会社からのキャッシングです。したがって、新しくカードローンを申し込む場合にはこれらのローンの残高と、これから申し込むカードローンの契約額が、年収の1/3を超えないように注意する必要があります。

 

もちろん、総量規制対象外のカードローンである銀行のカードローンはこの計算からは除かれます。

 

また、例外貸付については、顧客に一方的に有利になる借り換えや、緊急の医療費の貸付、社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付、配偶者と併せた年収の1/3以下の貸付、個人事業主に対する貸付、預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでのつなぎ資金にかかる貸付とされています。これらの総量規制の例外となる借入をしている場合には、現在の債務の合計金額から除外して計算することができます。

 

そのため、例えば年収300万円の人が、すでに貸金業者から100万円の借入をしていたとしても、緊急の医療費のための資金であれば、新たに消費者金融に対してカードローンの申し込みをすることができます。(もちろん、審査に通るかどうかは別問題です。)その他にも、いわゆるおまとめローンと呼ばれるものも総量規制の除外とされます。

 

 

おまとめローンは、これまでに利用していた複数のローンを1つのローンにまとめて借り換えることによって、金利負担が軽減されたり、毎月の返済額が軽減されたりしますので、いわゆる顧客に一方的に有利になる貸付に該当されるからです。もっとも、おまとめローンを利用する場合でも、消費者金融のおまとめローンはやはり金利が高いために、できる限り金利の低い銀行のおまとめローンを利用することをおすすめします。

 

銀行のおまとめローンは、証書貸付タイプのもので当初に借り換えた金額を分割して返済していくものと、総量規制対象外のカードローンとして、今後も追加利用ができるタイプのものがありますので、用途を考えて選択しましょう。

 

総量規制対象外で新規借入は可能?

総量規制について詳しく説明してきましたが、総量規制の除外貸付や例外貸付に該当する貸付以外で新規で借入をする方法と言えば、やはり総量規制対象外のカードローンである銀行のカードローンを利用することが最も良い方法です。総量規制とは、そもそも貸金業法の規定のため、銀行法には総量規制という概念が存在しません。

 

したがって、仮に消費者金融のカードローンや信販会社のキャッシングでの借入が年収の1/3に達しているという状況であっても、銀行のカードローンであれば新規で申し込みをすることが可能です。しかし、総量規制対象外のカードローンだからと言って、銀行のカードローンの審査の中で消費者金融のカードローンや信販会社のキャッシングの利用残高をまったく考慮しないかといえば、当然そうではありません。

 

銀行のカードローンの審査の際には他の借入状況を別に判断しますので、総量規制対象外のカードローンの申し込みであっても、銀行独自の審査基準をクリアするかはわかりません。むしろ、銀行のカードローンは金利が低く設定されている分、その審査基準は消費者金融よりも厳しいとされています。

 

具体的には、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングの金利がだいたい年利15.0%前後なのに対して、例えば三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックでは年利1.8%から14.6%で利用することができますし、新生銀行レイクのカードローンでは、年利4.5%から18.0%で利用することができます。

 

ちなみに、銀行のカードローンであって、保証会社が消費者金融という事業のあり方が、大手の都市銀行や消費者金融で行われていますが、この場合には、あくまでも銀行のカードローンということなので、総量規制の対象外として取り扱われます。

 

このビジネス手法は、消費者金融は総量規制で貸付の制限をされているところにおいての新たなビジネスモデルになりますし、一方で、大手の都市銀行にとっても、これまでに苦手としていた個人に対しての貸付について、消費者金融のノウハウを利用することによって、新しい顧客層を獲得することにもつながりますし、新しいビジネスチャンスを得ることもできますので、銀行にとっても消費者金融にとっても双方にメリットのあるスタイルといえます。

 

もちろん、総量規制の対象外であるからといって、審査は簡単に通るというわけではない点には注意が必要です。ただし、審査が無事に通って銀行のカードローンを契約する事ができたら、金利が低いだけではなく、銀行のカードローンを契約できたという一つのステータスが得られるのも銀行のカードローンの大きな魅力の一つです。

 

総量規制対象外で即日融資を受ける場合

 

月末の給料日前など、どうしてもすぐにお金が必要だということはどの家庭でも起こりうることですが、その場合に銀行の預金口座に残高があればキャッシュカードで引き出せるのですが、残高がない場合にはローンに頼らざるを得ません。しかも、即日でお金を借りたいという場合には、一般的には消費者金融のカードローンを利用する方法がよく見られます。

 

というのも、消費者金融よりもカードローンは申し込み手続きが非常に簡略化されており、しかも預金口座を開設する必要がないため、即日融資を売りにしているところがほとんどです。

 

また、すでに契約しているクレジットカードのキャッシング機能を利用するのも1つの手で、クレジットカードさえ手元にあれば、すぐにお金を引き出すことが可能です。しかし、消費者金融のカードローンもクレジットカードのキャッシング機能も、いずれも金利が高めに設定されていますし、しかも総量規制の対象となりますので、すでに年収の1/3まで借入のある人は利用することができません。

 

総量規制対象外のカードローンとなれば、やはり銀行が発行するカードローンを利用することがおすすめです。しかし、銀行の発行するカードローンの多くは即日融資に対応していないというデメリットがあります。というのも、カードローンの返済のために、その銀行の普通預金口座を開設しなければいけないところが多く、普通預金口座開設のための期間が一週間くらいかかってしまうために、それがネックになって即日融資ができないという結果になります。

 

しかし、一部の銀行では総量規制対象外のカードローンでありながら、即日融資が可能なところがあります。その秘密は二つあり、一つは返済用の普通預金口座を開設する必要がないというところです。そしてもう一つが、申込み手続きを簡略化し、融資実行までの時間を極力短くするように努めているところです。

 

銀行の総量規制対象外のカードローンの多くは、インターネットサイト上からすべての申し込み手続きが完結します。必要事項はすべてインターネットサイトで入力するだけでよく、さらに本人確認書類の提出や、収入を証明する資料の提出を省略するなどして手続きを簡略化し、仮審査であればものの5分くらいで回答が出るものもあります。したがって、申し込みから融資実行まで1日でできてしまうのです。

 

具体的には、新生銀行レイクなら、総量規制対象外のカードローンでありながら、普通預金口座を開設する必要がありませんので、即日融資に対応することができます。総量規制対象外のカードローンを探していて、急いで融資を受けたいという方には、新生銀行レイクが最もおすすめできるカードローンです。

 

おまとめローンは総量規制対象外で借入れが可能

おまとめローンとは、現在利用している複数のカードローン等を、一つの金融機関でまとめて借り換えるというもので、金利負担を軽くして、そして返済金額を少なくし、またいくつかの金融機関に返済する手間がなくなるといったメリットがあります。しかし、消費者金融でおまとめローンを実行した場合には、金利があまり低くないため必ずしも得をすることにならない点には注意しなければなりません。

 

おまとめローンは、総量規制の例外貸付に該当するため、消費者金融でも利用することができるのですが、金利負担が軽くならないとあまり意味がありませんので、できるだけ金利の低い金融機関で借り換えをしたいところです。金利の低くない消費者金融でおまとめローンを組んでしまうと、毎月の返済金額が下がって一見おまとめをしたメリットがあるかのように思えますが、じつは返済期間が延びてかえって総返済額が増えてしまうということにもなりかねません。

 

そうなってしまっては元も子もありませんので、総量規制対象外のカードローンである銀行で、低金利でおまとめローンを契約したいところです。しかし、銀行のカードローンは、金利は低く設定されている一方で、審査の通過率が低く、新規で借入をするのは難しいとされています。

 

オリックス銀行カードローンは、総量規制対象外のカードローンですが、他社で借入がある方であってもおまとめローンとして借入が可能であるため、他の銀行の総量規制対象外のカードローンと比べても審査の通過率が高めに設定されています。オリックス銀行カードローンの金利は1.7%から17.8%と消費者金融のカードローンよりも金利が低めに設定されており、借入限度額も800万円までと、おまとめローンとしては申し分ない条件となっています。

 

他社で多くのカードローンを借りていて、月々の負担が重いという人は、オリックス銀行カードローンで借り換えをすることによって、金利負担が減って、かつ、月々の返済額の負担を減らして、総返済額も減らす事ができる可能性が高いのです。

 

すでに、消費者金融などで年収の1/3いっぱいまで借りてしまってこれ以上利用できない人や、総量規制対象外のカードローンを探している人は、新たに借入をするのでなく、おまとめローンで借り換えることによって金利負担や月々の返済額を少なくすることが最も現実的であると考えられます。

 

ちなみに、おまとめローンには、カードローンタイプのものと、継続的な借入ができない証書貸付のものがあります。いずれにしても、総量規制に引っかかってしまってもう新たな借入ができないという場合には、おまとめローンを利用すれば一石二鳥ということです。

 

専業主婦の方は銀行のカードローンで新規借入可能

専業主婦の方やパートで働いている主婦の方がカードローンの申し込みをしようとした場合には、正社員として働いている人と比べると審査がどうしてもとおりにくくなってしまいます。

 

とくに専業主婦の方は貸金業法が改正されたことで、総量規制によって消費者金融からはお金を借りることができなくなってしまいました。

 

一方で銀行のカードローンは、貸金業法の対象ではないため、総量規制対象外のカードローンとなりますので、年収の1/3までしか借りられないといった制限はありません。

 

しかし、銀行のカードローンが必ず審査が通るかと言えばもちろんそうではありません。銀行には銀行独自の審査基準があり、専業主婦の方が利用できるかできないかは、銀行の審査基準によって大きく判断が別れるところです。

 

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンやソニー銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどは、専業主婦の方に対する貸付を行っています。一方で、オリックス銀行カードローンや、新生銀行レイクのカードローンは、総量規制対象外のカードローンの中でも専業主婦の方に対する貸付は行っていませんので注意が必要です。

 

専業主婦の方がカードローンの審査をする場合には、いくつかの注意点があります。まず、カードローンの審査の際には勤務先に勤続確認をする場合がありますが、そもそも、専業主婦の方は働いていませんし、また、わざわざ配偶者の職場にまで確認の電話をするというのとはまずありませんので、その点の心配はしなくていいでしょう。

 

次に、カードローンを借りるに当たっての心配事と言えば、やはり家族にバレる恐れがあるということです。家族にバレるパターンは大きく分けて二つありますが、一つは郵送物が送られてくる際に見られるというものと、もう一つがローンのカードそのものを家族に見られるというものです。

 

消費者金融のカードローンはその点の配慮がなされているため、消費者金融とわからないような郵送になっていたりしますが、銀行のカードローンについてはその対応方法がまちまちなので、家族にバレないようにされているかどうかを十分に調べておく必要があります。

 

その際に重要なポイントになってくるのが、カードローン専用の契約機があるかどうかです。カードローン専用の契約機があれば、その場でカードが発行されますので、自宅にカードが送られてきてバレるという心配もありません。

 

銀行の総量規制対象外のカードローンのうちで、カードローン専用の契約機があるのは、三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックと、三井住友銀行のカードローンが代表的ですので、どうしても家族にばれたくないという人はそういった点も頭に入れておきましょう。

 

個人事業主は総量規制対象外で借入可能

個人事業主の方は、総量規制の例外貸付である個人事業主に対する貸付に該当しますので、総量規制の対象外として借入が可能なのですが、これは実は生活資金の借り入れではなくて、あくまでも事業としての貸付の場合に限られます。したがって、アコムやプロミスなどから生活資金として借入を受ける場合には、当然に消費者金融からの借入として総量規制の対象として年収による制限を受けることになります。

 

しかし、そもそも個人事業主の方が消費者金融からお金を借りることは難しく、所得証明書の提出を求められるなど一般勤労者の方と比べると審査基準は厳しく設定されています。したがって、個人事業主の方が総量規制対象外のカードローンを組もうと思った場合には、銀行の事業者ローンを組むことをおすすめします。

 

事業者ローンとはその名のとおりビジネスローンのことで、生活資金ではなく事業のための資金を貸し付けてくれるカードローンです。オリックスクラブカードビジネクストが有名ですが、個人事業主の方ならこれらのカードローンを総量規制対象外として利用することが可能です。事業者ローンは、場合によって総量規制の対象に一部該当する可能性がありますので、その仕組みを十分に理解しておく必要があります。

 

例えば、ビジネクストの場合は、個人事業主の方が借入をしようとすると、事業資金の借入として総量規制の例外貸付となりますので総量規制の対象とならずに借入をすることができます。また、会社経営者の方は、法人で借入をすることもできますので、総量規制の対象とはなりません。しかし、法人で借入をする場合には原則として法人代表者を連帯保証人として立てる必要があります。

 

一方でオリックスクラブカードの場合には、個人事業主として申し込みをする場合には、総量規制の例外貸付となるのですが、法人で借入を申し込むことはできません。オリックスクラブカードで法人の代表者の方が事業資金として借入をする場合には、法人代表者の方が個人で借入をしなければならないので、この場合には総量規制の対象となり、年収の制限を受けることになります。

 

また、その場合には所得証明書の提出が必要になってきます。この違いを十分に理解しておかないと、総量規制対象外のカードローンを利用したつもりが、実は総量規制の対象となってしまうなど、誤った選択になってしまいますので、はじめにしっかりと仕組みを理解しておくことが大切です。

 

まとめますと、法人で高額の借入をしたい場合には、ビジネクストがよいでしょう。

 

個人事業主の方で少額の借入として利用をする場合には、オリックスクラブカードを利用することをおすすめします。

 

お金借りるランキング

関連ページ

お金やカードローンにまつわる豆知識から法律までを教えます!
クレジットカードの有効期限について
低金利のカードローンの審査
大手銀行のカードローン金利を比較!返済額が少ないのは?
専業主婦必見!カードローンを申込する前に知っておきたい事
派遣社員でもカードローンで借入可能!在籍確認を乗り切るコツ
カードローンの上手な返済方法とは?
カードローンの審査通過率を比較!
カードローンの返済総額を減らすコツ!
カーローン申込みを保証人なしで組む場合
ローン審査に通らない時の信用情報開示方法と開示画面の見方
各都道府県別カードローンをご紹介!
楽天カードの良い点と落とし穴
在籍確認なし!電話連絡なし!で借入できるカードローン
毎月の収入が不安定・非正規雇用の方向けのカードローン
まだ間に合う!クレジットカードの延滞する前にできる事
おすすめのカードローンはどこ?!各カードローンの特徴総まとめ
オトクな金利のカードローンを比較してみよう!
カードローンって借金なの?今さら聞けないカードローンの事
カードローンの審査対策と注意点!カードローン審査に通る為のポイントとは?
カードローンは誰にもバレずに借入れできるの?
学生でも親バレ・職場バレなしで利用できるカードローン!
レディースローンと普通のカードローンの違い
元社員が教える審査の裏!確実にクレジットカードの審査に通るには
なぜクレジットカードを作れない!カードが作れない理由と審査条件を解説
アコムの「ACマスターカード」を確実に即日発行する方法
身につけておくべき知識!家族が亡くなったときに自治体や国からもらえるお金
審査に落ちないために・・自分の「属性」をチェックしよう

お金借りる

×