低金利のカードローンの審査について

カードローンには様々なタイプがあり、一般的な消費者金融のほか、銀行、信用金庫などのローンもあります。カードローンならどれも同じようなものだと考えている方は多いですが、よく比較してみると実質年率に大きな違いがあったりします。低金利なほど利息を減らせるので、総支払額を低く抑えることができるのです。

 

ただし、低金利ローンには審査のハードルが高いなどの特徴もあるため、借入状況・利用目的などによって最適なローンを選んでいく必要があるでしょう。借入条件、審査ハードルなども比較して、自分に合ったカードローンを選んでください。

 

借入条件が厳しい低金利のカードローン

 

Mr.カードローンプレミアムコースは、低金利の銀行カードローンの中でも特に低利率を設定しています。実質年率1.99%〜7.99%という利率は、一般的な銀行カードローンと比べても半分程度なのです。利息を抑えたい方に最適ですが、審査結果によっては実質年率8.99%〜14.79%のスタンダードコースになることもあります

 

どちらのコースになるかは、審査を受ける前の段階ではわからないのです。もしスタンダードコースでの貸出になった状況を考えると、もっと低金利のローンもあったと考えてしまうことでしょう。地方銀行・信用金庫のローンはお得感がありますが、条件がシビアに設定されていることが多いです。

 

年収や勤続年数の条件が厳しい、給与振込や公共料金自動引き落としサービスの利用が必須、該当する銀行・金庫の住宅ローンの利用が条件、などなど。

 

低金利でも借入できないと意味がありませんから、借入できる確率の高いローンから選んでいくことも大切なのです。少しくらい金利が高くとも、借りすぎなければ短期間で返済し、利息を抑えることは可能でしょう。大切なのは自分の信用力や返済能力で借りられるローンに申し込みすることです。

 

審査も厳しい低金利のカードローン

低金利のカードローンの審査にパスすればそれが理想ですが、好条件で融資してくれるローンは審査が厳しいです。厳しくする理由はシンプルであり、十分な返済能力を備えた借り手を厳選することにあります。

 

当然ながら収入が安定している方ほど、延滞せずに返済していくことが可能でしょう。ボーナス支給のある公務員や会社員なら、ボーナス時に繰り上げ返済で一気に元金を減らすこともできます。

 

融資対象者を幅広く設定する場合は、金融機関側としては回収できない可能性が高くなるわけです。そうしたリスク管理として高金利に設定し、万が一のトラブルが発生しても損失が出ないように調整しています。

 

カードローンは主に個人を対象にした貸付であり、原則として担保や保証人などは必要としません。つまりは申込者の信用力を担保にして融資するローンであり、低金利になるほどより高い信用力を求められます。

 

また他社借入件数や金額なども影響し、すでに他社借入のある方も審査が厳しくなる傾向があります。低金利かつ審査にも通過したいという方は、金利・審査通過率なども調べていく必要があるでしょう。

 

複数からの借入

カードローンというのは低金利・高金利を問わずに、連続的に複数ローンに申し込むことはできません。

 

例えば、10社に対して申し込みをして、審査に通過した一番低金利ローンから借りるという方法は使えないわけです。

 

また信用力がそれほど高くない方が、低金利ローンから優先的に申し込んでいくケースもありますが、この場合も借入できないことが多いです。なぜ複数からの借入が好ましくないかというと、借り逃げをしてしまう方が多いのが関係しています。

 

昔は複数社から借りるだけ借りて、そのまま海外逃亡してしまうという話もあったのです。そうした過去もあって、現在の金融機関は審査において信用情報を詳しくチェックします。過去に何度も審査不可となっていると、この人に融資するのはリスクが高いと判断してしまうわけです。

 

申し込み件数が多くなるほど審査は落ちやすくなり、最終的に借りやすいはずの消費者金融からも借入できなくなります。そうしたミスを防ぐためにも、借入しやすいカードローンに申し込んでいくことが大切なのです。多少は金利が高くなっても、早期完済すれば利息を圧縮することは十分に可能です。

 

審査通過率

信用金庫のカードローンは総じて低金利ですが、ほとんどの方は大手の消費者金融や銀行から借りている現実があります。ここで関係してくるのが審査通過率であり、通過率が高いほど借りやすいと言えるのです。

 

特に即日で借入したい場合は、審査に時間をかけるわけにはいきませんから、低金利より審査スピードでローン選びをする方が多いでしょう。

 

消費者金融ではアコム、プロミス、アイフルなど、CMでおなじみの業者の通過率が高くなっています。通過率が高いということは、即日で借入しやすいことを意味しますから、お急ぎの方におすすめです。

 

審査の難易度が高いローンというのは、金融機関側がよく吟味をして融資を決定しますから、融資まで何日もかかってしまうことがあるのです。

 

銀行ローンで低金利かつ借りやすいのは三菱東京UFJ銀行バンクイックで、アコムが保証会社になっていることも審査通過率が高い理由でしょう。審査になんとしても通過したいという方は、カードローンの審査通過率比較を見たり、希望額を減らしたりする対策が効果的です。

 

他社借入がある方ほど、借入できる可能性が高い金融機関を選ぶこと、無理な借り方をしないことが大切となってきます。

 

小額の借入なら

10万円などの少額を借りたいという方は、必然的に返済期間も短くなるでしょう。カードローンの利息には実質年率が影響しますが、それ以外にも返済期間が関係してきます。日割りで利息が発生する仕組みですから、5日で返済すれば5日分の利息を支払えばOKです。

 

同じ金額の借入をする場合でも、返済期間が5日と25日後では利息は5倍も変わってきます。長期の借入になるなら低金利にこだわるべきですが、短期借入になるなら無利息期間に着目するのもよいでしょう。

 

無利息と言えば30日間の無利息が有名であり、アコムやプロミスなどの大手消費者金融が導入しています。さらにレイクの場合は、通常の30日間無利息のほかに180日間無利息も用意しているのです。後者の場合は5万円までという条件付きですが、給料日まで少しだけ借りたいという状況で重宝するでしょう。

 

利息がゼロということは、つまりは借りた金額だけ返せばいいということです。はじめてカードローンを利用するので、使い勝手から覚えていきたいという方にも最適でしょう。利用目的や使い方によってお得なローンは変わってくるため、シミュレーションをして自分にとってお得なローンを選んでください。

 

まとめ

確実に借入できるという保証があるなら低金利ローンが最適ですが、100%の確率で借入できるローンは存在しません。

 

審査に落ちてしまう可能性を考えると、審査通過率で選んだほうがいいことも多いのです。

 

審査不可となってしまった場合、借入できないばかりでなく、信用情報にも履歴が残ってしまいます。すると他社に申し込みしても、1件目以上に借りにくい状況になってしまうのです。よほど信用力に自信のある方なら低金利ローンを選ぶのもよいでしょうが、とにかく早めに借りたいという方は審査通過率の高いローンから低金利のタイプを選ぶことをおすすめします。

 

ローンの利息は金利だけで決まるのではなく、むしろ借入額・返済期間のほうが影響するのです。利息というのは借入した金額に対して日数で発生するので、少し借りてすぐ返すのが利息を抑える一番の秘訣となります。

 

少額を借りて早めに返すという状況なら、金利の差はあまり気になりません。

 

例えば10万円を年率18%で30日間借りても、利息は150円程度なのです。

 

15日間で返済すれば75円程度となるので、金利が多少高くても借り方によっては利息を抑えられるのです。