各都道府県別カードローンをご紹介!

カードローンでお金を借りる場合には、いろいろな選択肢があります。都市銀行、地方銀行、信用金庫、消費者金融などです。どれか一つを選ぶ場合は、それぞれの内容や現在自分が置かれた経済状況、居住地域などをよく考慮する必要があります。

 

内容については、金利が低かったり、即日融資をしてくれたりと、利用者にとってありがたいカードローンもあります。また、都道府県各地の信用金庫には、他の金融機関には見られない好条件な融資をしてくれるところも存在します。住宅ローン契約を結んでいれば、さらにその条件が良くなることも。

 

各地にある金融機関のお得なカードローンについてこれから紹介していくので、参考にしてください。

 

都道府県別カードローン一覧

都市銀行は、各地に本店や支店を設けていますが、それぞれの地域でその数は違います。その数の違い次第で、都道府県によっては都市銀行が使いやすかったり、使いにくかったりします。

 

大手消費者金融でも事情は同じです。アコム、プロミス、モビット、アイフルなどが各地に設置している契約機、ATMは場所、数ともにさまざまなので、利便性が異なってきます。

 

一方、都道府県各地には、地域密着の地方銀行(地銀)という存在もあります。

 

地方銀行には、第一地方銀行と第二地方銀行がありますが、どちらも地元を大切にしていることには違いがありません。それだけに、その地銀周辺各地の人しか使えないということもままありますが、地元の人にとってはとても愛着を感じる郷土色の強い金融機関です。

 

さらに、それぞれの各地には信用金庫もあります。こちらは、銀行と違って、利益を上げることにのみエネルギーを傾けず、地域社会や地元住民のためになることを優先している組織です。その分、商品やサービスの中にも、特に魅力を持ったものが並んでいます。

 

いざカードローンを利用しようという場合、どの金融機関のどの商品にしたらいいのかいろいろと迷うでしょうが、それぞれを詳しく検証し、比較していけば、結論が下せるでしょう。

 

そのためにも、各地にどのようなカードローンがあるのか、よく調べる必要があります。都道府県各地のカードローン一覧があるので、地域ごとの金融機関の存在とカードローンの内容はチェックできます。自分が住んでいるところないしは勤めているところの情報をしっかりと確認し、より良い選択ができるように、日ごろからアンテナを張っておいてください。

 

都市銀行のカードローン

都市銀行に法律上の定義が必ずしもあるわけではないのですが、大都市に本店を構え、日本各地に支店を擁する取引額の多い銀行をそう呼んでいます。

 

かつては、13行の都市銀行がありましたが、現在は4行になっています。紹介すると、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行です。このうち、全国各地に支店を設けているのは、みずほ銀行です。

 

簡単にそれぞれのカードローンを紹介してみましょう。

限度額 金利
三井住友銀行 800万円 4.0〜14.5%
三菱東京UFJ銀行 10〜500万円 1.8〜14.6%
みずほ銀行 1,000万円 3.5〜14.0%
りそな銀行 800万円 3.5〜12.475%

 

限度額、金利にそれぞれ違いがあるので、一番自分に合ったものを選びましょう。限度額は審査によって変わってきます。それに応じて金利も変わってきます。あらかじめチェックをしておいたほうがいいでしょう。

 

融資までのスピードでいうと、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行は即日融資が可能です。おまけに、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行は、口座を作らなくても融資をしてくれます。便利なうえに余計な手続きがない分、素早く借り入れができるのです。

 

即日融資がないという点では、りそな銀行のカードローンはやや物足りない感じもしますが、最高金利が12.475%と4行の中では、一番低くなっています。それほど急いでいないのなら、金利面から言って、りそな銀行で借り入れをしたほうがメリットがあります。

 

大手消費者金融カードローン

大手消費者金融のカードローンについても紹介します。

 

限度額 金利
モビット 800万円 3.0〜18.0%
プロミス 500万円 4.5〜17.8%
アコム 800万円 3.0〜18.0%
アイフル 500万円 4.5〜18.0

 

消費者金融のカードローンでお金を借りる場合、金利が気になるところですが、最高金利はどこもかなり高くなっています。最低金利については、それほどでないところも多く、最高限度額近くまで借りいれができれば、返済負担は都市銀行よりも軽い場合があります。

 

無利息期間がある大手消費者金融もあります。プロミスとアコムです。具体的な内容をそれぞれ比べてみましょう。

 

プロミスは、初回利用・契約時にメールアドレスを登録することになっています。その上にWEB明細を利用しなければいけません。

 

それで初めて、初回借入日の翌日から30日間は無利息で融資が受けられます。アコムは、初回利用時で35日ごとの返済という条件を満たせば、契約日の翌日は利息が付きません

 

どの大手消費者金融も、都会には、有人店舗、ATM、無人契約機をかなり備えていますが、地方へ行くとその数も減少する傾向にあります。各地で状況は違いますが、有人店舗に限って言えば、まったく存在しないところもあります。

 

けれども、大手消費者金融で借り入れをすることを恥ずかしく思う人もいるので、必ずしも有人店舗があるほうがいいとまでは言い切れません。むしろ、無人のローン契約機のほうが都合がいいという人も多いので、その数のほうが問題です。借り入れ自体も、各地に専門のATMが近くになくても、提携コンビニのATMを使えば済むので、何ら支障はありません。

 

中小消費者金融のカードローン

カードローンを申し込みたいのだけれども、銀行や大手消費者金融の審査に通らなかった。そんな声をよく聞きます。確かに、これらの金融機関の審査には一定の厳しさがあるので、条件面でかみ合わなかったり、基準に達していなかったりすると、なかなか良い結果が出ません。

 

そこで、多くの人が頼りにするのが中小消費者金融のカードローンです。銀行や大手消費者金融よりも審査が通りやすいというのが人気のある理由ですが、その分金利がやや高く設定されています。それでもほかに手がない場合には、非常に助かります。

 

ここで気を付けなければいけないことがあります。それは、闇金業者の存在です。高利をむさぼる上に、正式の貸金業者としての認可も受けていないのです。正式の業者と間違えてしまいそうな名称を騙っているところもあります。そのような業者に騙されては大変ですから、カードローンを利用する場合には、しっかりと確かめる必要があります。

 

以下に押さえるべきポイントを紹介しておきましょう。

  1. 貸金業者の登録番号の確認
  2. 悪質業者の検索

金融庁のホームページを覗くと、登録貸金業者情報検索サービスという項目があるので、これから借り入れをしようという業者に正式な登録番号があるのかを調べられます。

 

一つだけ、具体例を紹介すると、中央リテール (法人)は東京都知事(3)第31283号 日本貸金業協会会員 第005560号となっています。ただ、名前を正式業者から勝手に借りている悪質な業者もないわけではありません。正確を期すために、住所や電話番号なども誤りがないかしっかり見ておきましょう。

 

それから、日本貸金業協会のホームページでも各地の悪質業者の検索ができます。クイック検索を行えば、悪質業者の特徴を詳しくチェックできるので、気になることが少しでもあれば、利用してください。

 

地方銀行のカードローンも注目

全国各地の地方銀行にも、かなり使い勝手のいいカードローンがあります。金利もそれほど高くなく、都市銀行のカードローンと比べても、見劣りしません。ただ、地銀まで赴かないと、契約を結べないという条件を課しているところもあります。口座を作る必要があると言われる場合もあります。

 

だから、地銀の営業区域外に居住地があったり、勤め先が遠方であったりすると、融資の申し込み自体を断られることも結構あるのです。

 

一方で、営業区域外でも大丈夫という地銀もあり、その中には全国対応しているところもあるので、確認をしてみても損はありません。

 

地銀の営業区域から引っ越したら、そのカードローンが使えるのかも大事なことです。これも問い合わせておかなければいけません。地銀の中には、インブランチストアやインストアブランチと言って、銀行の中に商業施設があったり、スーパーマーケットの中に銀行があったりする場合があるので、一つ紹介してみましょう。

 

スルガ銀行東京支店の場合です。スターバックスコーヒーの店舗を招へいしているのです。そのほか、外国にまで進出している千葉銀行のような例もあります。しかし、そのサービスを利用できるのも、地銀の近くに住んでいるか勤めている人に限られることがかなりあるので、申し込み条件について誤りがないように確かめておく必要があります。

 

カードローンの特徴として、真っ先に思い浮かぶのが限度額や金利ですが、そのほかの点もよく見ておきましょう。申し込みの仕方も各地の金融機関によって違ってきますし、契約方法も同じではありません。しっかり確認をしておかないと、思いのほか時間を要することもあるので、急いでいるときには困ってしまいます。

 

どうしても、どれがいいか決められなければ、遠慮なくいろいろなことを尋ねてみましょう。それによって、判断ができるようになるでしょう。

 

信用金庫のカードローン

各地の信用金庫は、利益優先ではないので、利用者の利便をいろいろと考慮してくれます。

 

たとえば、カードローンと合わせて住宅ローンの契約を結んだり、口座に給与の振込設定をしたりすると、金利を低くしてくれるというサービスを設けているところがあるのです。初めて利用するにしても、他の金融機関に比べてそれなりのメリットがいくつかあります。すでに何らかの契約があれば、それだけプラスαが付くことも考えられます。

 

信用金庫で扱っているカードローンは、きゃっするという名称であることが多いですが、きゃっする以外にも信用金庫ならではの商品もいろいろあります。

 

具体例を紹介すると、フリーローンです。特徴はカードローンと似ていますが、カードローンは限度額以内なら、何度でも利用できるのに対して、フリーローンは1回だけ借り入れをするだけです。どうしてももう一度利用したければ、再度申し込みをします。フリーローンは、一般にカードローンよりも低金利ですが、信用金庫では特にその傾向があります。

 

一例を紹介してみましょう。

 

滋賀中央信用金庫のフリーローンです。

まず、同じ滋賀中央信用金庫のカードローン「きゃっする」のほうは、金利が9.80〜14.60%で、限度額が0〜300万円です。

 

フリーローン「金ーくん」のほうも紹介すると、金利は固定金利型が4.50%、変動金利型が3.50%です。2016年12月時点の数値です。

 

ちなみに、固定金利では、最初に借りた時の金利がずっと適用されます。変動金利では、契約時以降、経済的諸情勢の変化に応じて金利が変わります。こうしてみると、フリーローンのほうが返済額が少なくなります。

 

信用金庫のローン契約には、WEB完結というものはあまりなく、ほとんどが店舗での手続きになります。その分余計な手続きはありますが、それを補って余りある魅力もついています。

 

地域の特性を知ってカードローン利用しよう!

カードローンを利用するにしても、都道府県各地によって、事情が異なります

 

都銀、地銀、消費者金融、信用金庫などそれぞれ特徴があり、よく比較・検討して、最も自分にあったものを選ばなければなりません。

 

都銀の例で行くと、銀行によっては地方に支店がないケースもあります。そのような地方に住んでいる人がカードローンを利用しようとした場合、店舗まで行かなくてはならないのかは重要な問題です。ネットや電話、郵便だけで契約まで至れるのかをあらかじめ確認して、手続きをうまくするようにしましょう。

 

中小消費者金融は、他の大きな金融機関に負けてはいけないので、独特な商品をそろえています。なかなかお金を借りられない学生のためのローンを作ったり、おまとめにぴったりのローンを準備したりしているのです。

 

また、銀行や大手消費者金融のカードローンを申し込めなかった人の受け皿になるために、受け入れ幅もやや広くしています。そのために、審査には通過しやすくなっているのです。金利は高めですが、ほかのカードローンの利用を断られた人にとっては、利用しやすくなっています。

 

都道府県各地には、地銀や信用金庫もあります。これまでに何らかの契約をしたという人も多いのではないでしょうか。それならば、その契約内容をもう一度確かめてみましょう。うまくいけば、カードローンにもいい影響が及んで、金利を下げてもらえる場合があります。そこまでいかなくても、対象となる信用金庫の口座を所有していれば、カードローン用に改めて準備する必要がなくなります。

 

ここまでそれぞれの金融機関ごとの特徴を紹介してきましたが、都道府県各地によって条件が違うので、よく検証して、間違いのないカードローンの選択をしてください。