結婚資金をカードローンで準備したらどうなる?

結婚資金をカードローンで準備

 

近年昔ながらの結婚式は減少傾向にあり、小さな結婚式や写真だけの結婚式も人気がありますね。結婚式に必要とされる結婚資金は平均的で300万円以上と言われています。

 

結婚の時期は何かと物入りとなりやすく、新婚旅行や、新居の準備、引越しなどにも費用が掛かり、こうした結婚資金は総額600万程度ほどにもなります。最近では事前に結婚資金を準備出来なかった人向けにブライダルローンのサービスを行っている金融関連会社があります。

 

ブライダルローンの場合、条件が厳しかったり融資に時間がかかるケースもあり、時間的に準備が間に合わないなどの場合、結婚資金に充てるためカードローンを利用する人もいらっしゃいます。カードローンはブライダルローンに比べると一般に金利が高めに設定されているため注意が必要です。

 

結婚式費用は一般的に前払い

結婚式の費用に300万以上かかったとしても、式のご祝儀もあるし分割で払えばよいと考えていると痛い目にあいます。

 

結婚式の費用は「前払い」が一般的です。

 

地域や式場によって違いがあり、ごく一部で後払いや分割払い、当日清算が可能なケースもありますが、ほとんどは「前日まで」や「数日前」までの支払といったシステムが取られています。最初に少額の手付金を支払い、式の直前に全額支払う方式も見られます。

 

結婚式は女性にとって夢や憧れの対象とされることもままあり、一生に一度のことなので悔いの無い内容にしたいと考える方も多く、今流行の簡素な方式で結婚式を済ませてしまったことや、結婚式そのものを挙げなかったことを後日後悔するといったケースはよく見受けられます。

 

人気のディズニーランドなどでの結婚式を挙げる場合、700万以上の結婚資金が掛かる場合もあり、これを一括で前払いするとなると、なかなかハードルが高くなります。

 

事前に結婚資金のために貯金を準備している場合は対応できますが、大金なので十分な結婚資金を準備出来ない人も多くいらっしゃるでしょう。その為、銀行や信託銀行の中には、ブライダルローンやウェディングローンと呼ばれる一つのジャンルに特化したローンのサービスを行っているところがあるのです。

 

ブライダルローンは通常申し込んだ方の収入や過去の借り入れ状況などの審査に時間がかかるため、結婚式まで時間が無い場合などでは間に合わないケースも出てきます。そもそも審査に通らなければ融資を受けることは当然出来ません。こうした場合でもカードローンであれば、審査がさほど厳しくないローン会社も多くあり、早ければ即日にでも費用を準備することが出来る場合もあります。

 

結婚という新たなスタート地点に立つに当たってローンを抱えたマイナスからの出発となることに疑問を持ったり不安を覚える方はもちろん多くいらっしゃるでしょう。結婚式や新居への引っ越し、新婚旅行などの華やかで楽しいイベントが終われば、待っているのはリアルな「生活」です。生活には当然費用が掛かり、食べていかねばなりません。

 

実際の結婚生活にかかる費用について事前にキチンと考えたうえで、ご自分に合った結婚式の計画を立てることが必要です。華やいだ気分のまま深く考えずに何とかなると思って膨大な結婚資金を必要とするような無理な式を挙げると、経済的に立ち行かなくなった時に豪華な結婚式がかえって夫婦の溝を広げることになりかねません。一生に一度のことですから、後々後悔の無い式にすることも大切ですが、無理な式を挙げて結婚生活そのものが破綻するようでは本末転倒です。

 

結婚前の甘い時期にシビアなお金の相談をするのもなかなか難しいこともあるでしょうが、それこそ後で後悔することの無いようにしなければなりません。ブライダルローンやカードローンを利用して結婚式を挙げることを考えていらっしゃる方は、その後の返済についてお二人でじっくりと話し合うことをお勧めします。可能であれば結婚式を挙げる前にお二人で結婚資金を貯金するように努め準備が整ってから式を挙げても遅くはないのです。

 

ブライダルローンとカードローンの違い

ブライダルローンとカードローンの大きな違いは、まず金利です。

 

ジャックスなどの信託会社や楽天銀行、千葉銀行などがサービスを行っているブライダルローンでは、金利は3.5%〜7.0%程度ですが、銀行や消費者金融の行っているカードローンでは3.0%〜18.0%程度となっています。

 

2016年12月現在の著名な消費者金融や銀行の金利を見てみますと、アコムでは 3.0%〜18.0% 、プロミスで4.5%〜17.8% 、新生銀行カードローンレイクで 4.5%〜18.0% 、みずほ銀行カードローンで3.0%〜14.0% 、三井住友銀行カードローンで 4.0%〜14.5% となっています。

 

特に初めて利用される方ですと信用の蓄積が無いため、最高金利を貸される場合が多くなります。ブライダルローンとカードローンの違いは他にもあります。ブライダルローンでは限度額300万円程度の比較的高額の融資を受けられるチャンスがありますが、カードローンでは一般にそこまでの大金を融資してもらえません。

 

特に初回利用ではさらに融資額が低額になるのが普通です。またカードローンでは、場合によっては即日の融資が可能な場合もありますが、ブライダルローンでは本人の収入によって申し込むこと自体が難しかったり、過去の借り入れ状況の審査が厳しく行われるために時間がかかるケースがままあります

 

またブライダルローンでは結婚資金の使用目的に制限がある場合も多く、結婚式そのものの費用や指輪購入の費用は許可されるが新婚旅行のみでは適用されないなどのケースがあります。

 

結婚式の代金は支払ってしまっているが、その後の引っ越しの費用が足りなくなったというような場合では、ブライダルローンを利用することが出来ないことに注意しましょう。

 

ご自分の取引がある銀行でブライダルローンのサービスが無い場合には、フリーローンについて調べてみることをお勧めします

 

フリーローンとは無担保無保証の貸し付けを意味し、カードローンと似ていますが、一度きりの貸し付けであることが大きな違いです。1度に一定額の金額の借り入れを申請し、それを徐々に返していく形になります。

 

カードローンより多額の金額を申請できるため返済能力の審査は厳しめで一般に申し込みには年収などの制限があります。金利については一概にカードローンよりも安いわけではないことに注意しましょう。実際にカードローンを利用して結婚資金を準備した人の中には、社内融資制度を活用して結婚資金を用立てようと計画していたのに、事務手続きの間違いなどで間に合わなくなってしまったというケースもあります。

 

まずは結婚に関係するすべてのイベントにかかる費用を洗い出しましょう。事前にある程度の結婚資金を準備しておらず、すべてを借金でというのはあまり現実的とは言えません。ブライダルローンを利用するならその適応範囲を把握することが大切です。足りない分の費用をどのようにして準備するか予め考え、その返済方法についてもご夫婦できっちり話合うことが大切です。

 

結婚費用をカードローンで使うときの注意点

結婚資金にカードローンを利用する場合には、ブライダルローンの適応外となった、少額の出費補うためと位置付けた方が良いでしょう。ブライダルローンに比べてカードローンは金利が高いので、長く借りているほど多くのお金を返すことになってしまいます。また借りる額が大きいとそれだけ利息分となる金額も多くなります。

 

ブライダルローンの適応外になる案件や少額の出費の補てんに使用するのが有効です。

 

結婚式のご祝儀が集まったら、そのお金をすぐにローンの繰り上げ返済などに充てるのは賢い方法です。少しでも早く多くのお金を返した方が借金の負担は少なくて済みます。

 

カードローンの中には「無利息期間」が設定されているものがあります。この期間には利息がかからないため、余分な出費をしなくて済みます。「初めての利用で30日間無利息期間」などのキャンペーンを展開しているカードローンもありますので、こういったものを利用するのは大変有効です。

 

現在アコム、プロミス、新生銀行カードローンレイクで「無利息期間」のサービスが行われています。注意すべきは、無利息となる「期間」の設定方法です。

 

アコムの場合ですと、「借入翌日」から30日間無利息ではなく、「契約翌日」から30日間無利息と設定されていることに注意が必要です。契約してから実際に借り入れをした日にズレがあると、その期間は無駄になってしまいます。契約成立とともに借り入れした場合のみ、まるまる30日の無利息期間が利用できるのです。

 

 

結婚資金で最も大きなものは結婚式の費用や指輪代、新婚旅行費などでしょう。こういった項目は金利の低いブライダルローンを活用して、細々とした費用について不足分をカードローンで補うのが良いでしょう。

 

いずれにしろ、多くの借金を抱えてしまうことになりますので、結婚式が予定されている場合は少しでも前もって準備して貯金をしておく方が安全です。結婚というイベントの前後では、大変大きなお金が動くため、金銭感覚がマヒすることが良くあります。2500万円のマンションを契約した直後では25万円程度の家具は安く思えてしまうのです。

 

ところが一連のお祭り騒ぎが終わってしまえば残るのは借金だけとなります。ローンがなかなか返せず、生活が苦しくなると、妻のウェディングドレスの値段に愚痴の一つも言いたくなってしまうのが人情です。ご自分たちでどのくらいの借金なら返済していけるのか、必ずキチンと把握してから結婚にまつわる出費を決めましょう。

 

結婚資金を事前に用意できない場合でも、借金しても結婚式を挙げたいと思うのは自由ですが、本当に大切なのは、結婚してからの長い結婚生活だということを忘れないでください。

 

もしも借金が原因で夫婦仲が悪くなって離婚するようなことになれば、多額の結婚資金をかけて執り行った結婚式は丸々無駄ということになってしまうのです。離婚してなお、結婚式にかかった借金に追われるなどということにはならないようにしてほしいものです。

 

カードローンで結婚資金を準備するなら

十分な結婚資金が貯蓄出来てから、身の丈に見合った結婚式を挙げることが最もベターな方法です。余計な借金を背負うこともなく、結婚生活をマイナスからのスタートとしないためには有効です。

 

しかし結婚式に夢を託したい場合や、事情があって結婚資金が準備出来ない段階で結婚式を挙げる際には、ブライダルローンやカードローンの利用は1つの手です。金利の低いブライダルローンの有効利用がオススメですが、時間的な問題や借り入れ時の審査をクリアできないなどの場合には、カードローンを利用することになるでしょう。

 

カードローンを利用する際の鉄則は、

  • 「なるべく少額の借り入れに留めること」
  • 「早めの返済に努めること」

です。

 

金額の大きな借金はなるべくしないか、金利の低い銀行や会社の融資資度などを利用しましょう。どうしてもカードローンを利用しなければならない場合は自分の返済できる限度を良く見極め、なるべく少額の借金に留めましょう。

 

そしてご祝儀などの収入があった場合やボーナスが支給された時には、一刻も早く繰り上げ返済などを利用して借金の総額を減らす努力をしましょう。消費者金融会社などで行っている無利息期間を上手に利用して、余計な借金を背負うことの無いように注意しましょう。

 

結婚資金が足りなくても結婚式を挙げることには賛否両論があることでしょう。借金してまで豪華な結婚式を挙げることが果たして幸せな結婚生活に結びつくのか不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。しかし、結婚式はたった一度きりというのもまた事実であり、後で余裕が出来てから執り行うことが出来たとしても、女性の多くは自分の若くて一番綺麗な時期に結婚式を挙げたいと願う場合も少なくないため、年取ってから結婚式を挙げても意味が無いと思う方もいらっしゃるのです。

 

後で後悔しても年齢ばかりは取り戻しようがありません。しかし現実の生活が破たんすることの無いよう、長期的な経済の予測をある程度は立ててから賢く借金をする必要があるのです。

 

奥さんが望んだから高いウェディングドレスを買ったけれども、借金で苦しくてあの時あんなもの買わなければと思ってしまうなら、お二人の結婚生活にとってこれほど不幸なことはありません。

 

実際には結婚生活とは毎日のただ平坦な日常の繰り返しであり、そこにこそ価値があるということも出来ます。いずれはお子さんが出来れば、お子さんの教育には思いがけないような大金がかかる時代です。お子さんが出来たタイミングで学資保険を貯金する必要も出てくるでしょう。

 

借金を抱えて結婚生活をスタートするのは大変リスキーだということを十分に考えたうえで無理のないローンを組むようにしてください。

 

最も大事なのは結婚式ではなく、結婚「生活」です。新婚旅行も楽しいでしょうが無理して借金してまで旅行しても離婚に至ってしまえば楽しい思い出もただの不幸な思い出にしかならないことを考えてください。これらのことを考えたうえで身の丈に合ったローンを賢く利用するようにしましょう。

お金借りるランキング

お金借りる

×