みずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」

みずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」とは?

みずほ銀行には、非常に魅力のあるカードローンがあります。利用限度額も高く、おまとめローンにもぴったりです。銀行のカードローンなので、総量規制の対象でもありません。専業主婦でも申し込みができます。多くの人が利用できるよう受け入れ幅を広くしているのです。

 

みずほ銀行カードローンのプランは2種類あります。

 

  1. 金利3.0〜7.0%のエグゼクティブプラン
  2. 金利3.5〜14.0%のコンフォートプラン

です。

 

みずほ銀行の住宅ローンを契約している人は、金利を0.5%低くしてもらえます。最低金利の3.0や3.5%は、0.5%下げた数字です。

 

利用限度額は最大1,000万円です。200万円までの利用なら、収入証明書は要りません。申し込みから審査、融資までの手続きは、すべてWEBだけで済むので、店頭へ行く必要がありません。

 

みずほ銀行カードローンについて

みずほ銀行カードローンは、エグゼクティブプラン、コンフォートプランともに利用限度額が最大1,000万円という高額に設定されています。業界でも、トップクラスです。限度額が高いことから、かなり余裕をもっていろいろなことに使えます。

 

事業性資金には利用でませんが、そのほかの使途は自由です。生活にも買い物にも急な医療費の出費にも教育費にもとても役立ちます。また、みずほ銀行カードローンは総量規制の制約を受けないので、年収の1/3超でも借り入れができます。限度額の高さと合わせて、かなりの融資額を期待できます。

 

もちろん、審査はありますが、この種のカードローンとしては、非常に使いやすくなっているのです。金利も銀行ならではの低さで、エグゼクティブプランが年3.0〜7.0%、コンフォートプランが年3.5〜14.0%です。

 

収入証明書も限度額200万円までは必要ないので、煩わしい手間がかかりません。

 

パートやアルバイト、派遣社員、自営業の人でも申し込みができます。専業主婦の場合は、配偶者が安定かつ継続した収入があることという条件を満たせば、申し込み可能です。専業主婦が利用できる銀行カードローンは最近減りつつあります。そういう意味でも、専業主婦にとっては、とても助かるルールです。ただ、その場合は限度額は30万円に設定されます。

 

専業主婦はもちろん、他にも広範囲の人が利用できるようになっているので、なかなかカードローンを利用できなくて困っている人は、みずほ銀行カードローンの利用を検討してみてもいいでしょう。

 

担保・保証人は必要ありません。無担保・無保証で限度額も高く、金利も低いのですから、非常にメリットの大きなカードローンです。なお、エグゼクティブプランとコンフォートプランの2種類があるみずほ銀行カードローンですが、どちらを利用できるのかは審査によって決まります。特に、エグゼクティブプランは金利が低いこともあって、審査がやや厳格です。

 

みずほ銀行カードローンの審査

インターネット、郵送、電話、窓口など、みずほ銀行カードローンの申し込み方法はたくさんありますが、インターネット申し込みが一番手っ取り早いです。

 

具体的な手順を見ていきましょう。

 

申し込み資格
  • 契約時に年齢が満20歳以上満66歳以下
  • 安定かつ継続した収入が見込める人に限られます
  • 保証会社の保証を受けられなければなりません
  • 外国人は永住許可を受けている場合のみ
  • 本人に収入がない場合、配偶者が上記の条件を満たしていれば、利用可能です
  • みずほ銀行の普通預金口座を開設する必要があります

 

必要書類
  • 本人確認書類として、運転免許証かパスポートなどのうち一つ
  • 収入証明書として(限度額が200万円超の場合)、源泉徴収票か課税証明書などのうちの一つ

 

申し込み方法

公式サイトからみずほ銀行カードローンの申し込みができます。口座を持っていて、キャッシュカード兼用型を申し込む場合は、「みずほ銀行口座をお持ちの方はコチラ」のボタンを押します。

 

逆に、口座があっても、カードローン専用型のほうがいいのなら、「口座をお持ちでない方」のほうを押します。口座がなければ、同じボタンをプッシュしてください。

 

審査について

審査の主な担当者はオリコです。したがって、オリコから在籍確認の電話があります。電話が来る場合でも、みずほ銀行カードローンであることがばれないように気を使ってくれます。

 

審査結果

結果は、申し込み時に記入したメールアドレスに連絡が入ります。

 

契約手順
みずほ銀行に普通預金口座がある場合

限度額が200万円以下ならば、そのまま余計な手続きをせずに契約に進めます。

 

口座がない場合

普通預金口座開設とみずほ銀行カードローンの申し込みを一緒にしたければ、通帳が送られ、その後カードローン口座が開設され、カードローン機能が付いたキャッシュカードが送付されます。

 

同時がいやなら、普通預金口座開設の手続きが先になります。それから、契約書類を送り返します。

 

契約が済むと

カードローン口座が開かれた旨の連絡がメールで入り、みずほ銀行カードローンの契約内容確認書を受け取ることになります。

 

みずほ銀行カードローンを利用する場合

キャッシュカード兼用型の場合

契約が済み次第、すでに所有しているものか送付されてきたキャッシュカードで、いつでもみずほ銀行カードローンを使えます。

 

カードローン専用型の場合

契約が完了したのち、1〜2週間してから専用カードが送られてくるので、それ以降みずほ銀行カードローンを使用できます。

 

どこのATMが利用できるか

みずほ銀行のATMはもちろん、提携金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニなどのATMを使えば、いつでも借り入れが可能です。借入額は限度額以内です。何回利用しても構いません。主なコンビニATMを紹介しておくと、セブン銀行、イーネット、ローソンなどが利用可能です。

 

※キャッシュカード兼用型を使おうと思っても、提携金融機関やゆうちょ銀行では、取引内容によって利用できないことがあるので、よく確かめてみましょう。

 

みずほダイレクトを通して使うときは

みずほダイレクトに申し込んでおけば、借り入れがスムーズにできます。パソコン、スマホ、電話から簡単に融資額を調達できるのです。

 

利用方法は簡単です。ログインしてから、カードローン取引の画面へ進み、カードローン口座を選びます。次に、入金を希望する口座を決定します。そのまま進んで、入金額を入力し、第二暗証番号を入れて、借り入れを実行し、受付番号を確かめて完了です。受付番号は念のため控えておきましょう。

 

借り入れ可能時間は、平日の0:00〜15:00です。ただし、祝日や振替休日に当たると、銀行がお休みになるので、お金を借りることはできません。なお、この時間が適用されるのは、インターネットバンキングとモバイルバンキングです。

 

テレフォンバンキングの場合は、自動音声サービスとオペレーターサービスがありますが、ともに上記の時間とは違っているので、確かめておく必要があります。

 

自動貸越機能とは

キャッシュカード兼用型のカードを持っていれば、この機能を使えます。これは、預金口座からお金を引き出す時に、残高が足りなくなっている場合に役に立ちます。足りない分を利用限度額の範囲内で自動で貸してくれるのです。

 

最短即日で利用することができます!

 

みずほ銀行の普通預金口座があれば、余計な手続きが必要ない分、みずほ銀行カードローンの申し込みから審査、融資実行までが早く、最短即日での借り入れも可能です。

 

口座を持っている人の融資までの流れは以下のようなものです。

 

まず、申し込みはインターネットのみ最短で即日審査結果が出ます。ただ、申し込みが午後の場合は、回答が翌営業日になるので、早めに申し込む必要があります。
審査結果は指定のメールアドレスに送られてきます。

 

続いて、本人確認書類、収入証明書(限度額が200万円超の場合)などをカメラで撮影し、登録用URLにアップロードします。その後、みずほ銀行カードローンの契約完了のお知らせが来て、すでに所有しているキャッシュカードでいつでも借り入れが可能になります。

 

お手持ちのキャッシュカードにそのままみずほ銀行カードローン機能が付くので、新たなローンカードの発行はありません。その分余計な時間を取られないので、即日融資ができるというわけです。

 

一方、みずほ銀行に口座がない人は、このように素早く手続きが進みません。なによりもまず普通預金口座を作る必要があるからです。

 

みずほ銀行カードローンと口座開設を同時に申し込んでも、通帳を受け取るのに1週間、カードローン開設とカードローカード付キャッシュカードが送られてくるのに長ければ2週間くらい掛かります

 

みずほ銀行カードローンと口座開設を一緒にしたくない場合は、さらに時間を要します。最初に口座を作り、みずほ銀行カードローンの申込書を返送し、カードローン口座が開かれ、カードローン専用型カードが送られてくるのですが、全部で3〜4週間は掛かると見ておかなくてはなりません。

 

審査自体は、口座があってもなくても要する時間は同じですが、後の手続きに大きな違いがあるので、融資の時期が異なってくるのです。そういう意味でも、できるだけ早くみずほ銀行に普通預金口座を作っておくほうが、いざとなったときに助かります。みずほ銀行カードローンの即日融資が受けられれば、何かと便利だからです。

 

「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」の金利一覧

みずほ銀行カードローンを申し込んだとしても、エグゼクティブプランかコンフォートプランか、どちらのほうが適用されるのかは審査が終わるまでわかりません。

 

しかし、利用する前にエグゼクティブプラン、コンフォートプランそれぞれの金利を調べておけば、後で返済するときの金額の差がわかりやすくなります。

 

以下に並べてみましょう。

 

エグゼクティブプラン

限度額が200万円以上300万円未満なら、基準金利は年7.0%です。

 

以下同様に、

  • 300万円以上400万円未満なら、6.0%。
  • 400万円以上500万円未満なら、5.5%。
  • 500万円以上600万円以下なら、5.0%。
  • 600万円以上800万円未満なら、4.5%。
  • 800万円以上1000万円以下なら、3.5%

です。

 

かなり低い金利設定であり、コンフォートプランよりもお得です。以下にコンフォートプランの金利も紹介しますが、できればエグゼクティブプランを利用したしたいというのが本音でしょう。しかし、自分では決められないので、審査結果を待つしかありません

 

コンフォートプラン

利用限度額が10万円以上100万円未満なら、基準金利年14.0%。

 

以下同様に、

  • 100万円以上200万円未満なら、12.0%。
  • 200万円以上300万円未満なら、9.0%。
  • 300万円以上400万未満なら、7.0%。
  • 400万円以上500万円未満なら、6.0%。
  • 500万円以上600万円未満なら、5.0%。
  • 600万円以上800万円未満なら、4.5%。
  • 800万円以上1,000万円以下なら、4.0%

です。

 

金利は固定金利ではなく、変動金利なので、その時その時の情勢で変わることがあります。確かにエグゼクティブプランのほうが好条件ですが、それだけ審査に通りにくくなります

 

※住宅ローンの契約もみずほ銀行と結んでいれば、基準金利よりも0.5%低い金利が適用されます。
※最初に返した時の金利がずっと当てはまるわけではありません。借入残高が減れば、それに応じて、金利も下がっていきます。

 

返済方法

自動引き落としによる返済

自動引き落としによる返済の日は毎月10日と決まっています。10日が銀行休業日の場合は、翌営業日に引き落としが行われます。返済用預金口座から一定額が自動的に返済に回されるので、10日までに必要額を準備しておかなければいけません。

 

返済方式は、残高スライド方式です。

 

残高スライド方式とは、借り入れ残高に応じて、返済額が変わっていくという仕組みです。

 

以下に具体的な返済額を示しておきます。毎月10日時点の借入残高で返済額が決まります。残高には、金利も含まれています。

 

残高が1万円未満なら、その額がそのまま返済額になります。

 

以下同様に、

  • 1万円以上100万円以下なら、返済額は1万円。
  • 100万円超200万円以下なら、2万円。
  • 200万円超300万円以下なら、3万円。
  • 300万円超400万円以下なら、4万円。
  • 400万円超500万円以下なら、5万円。
  • 500万円超600万円以下なら、6万円。
  • 600万円超700万円以下なら、7万円。
  • 700万円超800万円以下なら、8万円。
  • 800万円超900万円以下なら、9万円
  • 900万円超1,000万円以下なら、10万円。
  • 1,000万円超なら、11万円。

 

100万円ごとに1万円ずつ返済額が上がっていくので計算はしやすいですが、借り入れ額が多ければ、その分負担も大きくなります。

 

※金利が変更された場合、金利分だけで毎月の返済額を超えることもあります。

 

任意返済について

毎月コツコツ返していくのも悪くありませんが、できれば早く借金を減らしたいものです。そうなると、随時返済を利用して、少しでも残高を低くする必要があります。注意してほしいのは、任意返済を行ったとしても、自動引き落としによる返済は免除されないという点です。だから、その分のお金も必ず用意しておきましょう。

 

※借入残高を利息を含めてすべて返済したいなら、店頭まで行って、手続きをすることになります。

 

みずほダイレクトで返済

みずほダイレクトなら、いつでも随時返済が可能です。平日15:00以降や土日祝日に返済を行うと、翌営業日に入金がされることを忘れないようにしましょう。

お金借りるランキング

お金借りる

×