今すぐお金が必要!そんな時うまくお金を工面する方法とは?

今すぐお金が必要!お金を工面する方法とは?

どんなお金持ちであっても急にお金に困るというようなことはあるものです。そんな時のために短時間でお金を用立てることを可能にする方法を知っておくのは決して悪いことではありません。決して恥ずかしいことではありません。

 

お金のやりくりに困ってしまうということは誰にでも起こりうることです。

 

インターネット上にはお金に関する情報があふれていますが、実際にどのようにお金を工面すればいいのかについて記載しているサイトは少ないように思います。そのような観点からお手軽簡単にお金を用立てる方法を紹介していきます。様々な方法があるもので参考にしてみてください。

 

お金に不自由すると気持ちが焦ってしまってキャッシングしたかないと考えてしまいがちですが、キャッシング以外にもいくつかの方法がありますので参考にしてみると良いでしょう。

 

キャッシングなどの場合には、単に元本を返済するだけでなく、利息を付けて返済する必要があります。返済してみると意外に利息の負担という物が大きなものであることを認識するようになります。かといって親戚や肉親からお金を借りるのはトラブルの元であるのは言うまでもありません。

 

結局のところ、キャッシングは最後の手段と考えておくのが良いのでしょう。キャッシングをすることになる前に、短時間でお金を工面する方法を実際に実践してみるのが最良の方法となってくると言えるでしょう。このサイトではそのような方法ばかりを紹介しています。

 

時間に余裕があるなら日払いのバイトをする

 

時間に余裕があるのでしたら、単発のバイトをしてみてはどうでしょうか?

 

仕事によってはその日のうちにサラリーをもらえるような場合も多いので非常に便利なものです。ではどのようにして単発のバイトを探せばいいのかということになりますが、一般の求人誌を活用するのではなくて、単発のバイトのみを扱っているサイトを探すのが賢い方法になってきます。

 

そのようなサイトの便利な点が、一般の求人雑誌とは異なって、自分の働きたい日の求人情報のみを自分も目的に合わせて探せるというメリットがある点です。ですから効率よく自分の仕事を探すことが出来ますので、単発バイトを行う際には非常に多くの人がこのサイトを利用しています。

 

このような単発の求人サイトでは、働く場所(エリア)を指定して求人を探すことができます。また、自宅の最寄りの駅から何分くらいの所にある職場という条件でも仕事を探すことができます。更には仕事を始める日時を指定して仕事を探すことも可能です。また、何日間くらい働きたいかということを指定して仕事を探すこともできますので、まさに求人者のニーズに合わせた職探しが可能です。

 

もちろん職種を限定して仕事を探すことも可能です。また様々な条件を指定して仕事を探すことも出来ます。例えば給料の支払いは日払いである、あるいは面接は不要、研修は不要、交通費の支給あり、更には年齢制限なしなどの条件を付けて仕事を探すことも可能となっています。

 

すぐに仕事に就きたいと思うような場合には面接や研修のいらない仕事を探すのがお勧めです。更には、即給与システムの会社であれば給与をその日のうちにいただける可能性が出て来ます。したがって、お金を直ぐに自分の手元にもらえるようになります。

 

求人への応募はwebサイトから可能ですので、仮に採用になったら、相手の指定する場所に行って仕事をするだけでOKということになります。働いたその日または翌日に給与をいただきたいと思っている場合には給料の支払い条件をしっかりと確認してから仕事をするようにするといいでしょう。

 

一方で、面接は不要あるいは研修は不要と書かれている求人であっても登録会への前もっての参加が必須という条件がついていることもありますので、その点が注意が必要です。

 

また、勤務時に身分証明書の提示が必要になる場合があります。そのような場合には身分証明書を当日忘れてしまうと仕事に就けない場合もありますので注意が必要です。そのようなことが無いように勤務関連の書類にはしっかり目を通すようにしておくことが肝要です。

 

単発バイトの求人サイトではどのような種類の仕事が多いのでしょうか?

 

  • 一般的には倉庫の中で行う軽作業
  • チラシの配布業務やサンプリングの仕事
  • 引越しや事務所移転関連の仕事
  • 運送業
  • ドライバー関連の仕事
  • コンビニでの仕事

に関する求人が多くなっています。

 

コンビニの場合には経験者のみの採用という条件が付く場合もあります。

 

インターネットで不用品を売る

 

お金が必要な時の一番手っ取り早い解決方法が自分の持っているものをネットなどで売ってお金を得る方法です。これは誰にでも簡単にできる方法ですので、お勧めです。インターネット上で物の売買を行っているサイトはたくさんありますので、そのようなサイトを利用すれば難しい手間は必要ありません。サイトに登録するだけで物品の売買が可能になります。

 

自分が売りたいと思っている商品の情報をサイトに入力するだけでOKですので簡単です。商品の写真を添付することも可能です。価格などは自分で設定して入力可能です。商品のサイズ、素材、状態、ブランド・メーカーなどを記入して商品価値を高めることも可能です。

 

オークションサイトを利用する場合には、自分で値段を設定することはできませんので、希望の額よりも低い金額で落札されてしまうこともありますし、逆に自分の希望の額よりも高い金額で落札されてしまう可能性もでてきます。あまりにも低い金額で落札されてしまうことを避ける意味で最低落札額を設定することも可能です。

 

インターネットを通じて物品の売買を行うことのメリットは自分の好きな価格で商品の取引を行えるという点にあります。例えば古道具屋や質屋にそれを持っていくとかなり低い金額でのみしか物を取り扱ってもらえないというデメリットが考えられます。いわゆるネットサイトを使うと買いたたかれないというメリットがあります。自分で販売価格を決められる点がネットサイトの最大の魅力ということになります。

 

また、特定のお店にもって行く必要が無いというのもネット販売のメリットです。インターネット上の仮想のお店を設定しているイメージですので、時間や場所の制約を受けずに物の取引が可能になるというメリットがでてきます。

 

更には、古道具屋や質屋ですと取り扱える商品のジャンルが限定されてしまうというデメリットがありますが、インターネットサイトですと非常に幅広いジャンルの商品の取引が可能になるというメリットが存在しています。また、マニアックな商品であってもネットサイトであれば販売可能となってきます。

 

インターネットサイトで販売を行った場合には一定の手数料を支払う必要が出て来ます。一般的には決まった月額使用料を支払うことが必要になります。無料のサイトもありますので、月額使用料は必ずしも必要でない場合もあります。

 

また、売買した商品の価格に一定の割合を掛けた売買手数料を支払わなければならないサイトもありますが、そのような費用が全く必要のないネットサイトも存在しています。また、車やバイクなどの高額の商品の売買をする場合には一定の手数料を支払う形態になっているネットサイトも存在しています。

 

自分の取り扱いたい商品の特徴に合わせて最適なネットサイトを利用して売買を行っていくといいでしょう。

 

商品の代価の支払いの場合にも、その費用をのみを支払う場合と手数料が必要になる場合があります。商品の送料についても同様で売り手が支払う場合と買い手が支払う場合がありますので、あらかじめ確認しておくといいでしょう。また、ネットサイトの特定の会員である場合には、手数料が不要になる場合もありますので、確認しておくといいでしょう。

 

ネット販売サイトは非常に便利なシステムではあるのですが、必ずしも自分の商品が売れるかどうかの保証はないのでその点があらかじめ認識しておく必要があります。いかに商品を魅力的に相手に伝えられるかどうかということが商品の売れ行きに大きな影響を与えることになりますので、その点はよく考えておくと良いでしょう。

 

また、商品が売れてからお金を実際に手にすることが出来るまでにそれなりの時間が必要になることもありますので、その点は留意しておかなくてはなりません。お金のやりくりに困っているようなときには実際にどのくらいの期間で対価を手にすることが出来るかあらかじめイメージしておくことが必要です。

 

しかも、オークションなどの場合にはなかなか落札者がお金を入金してくれないようなケースも考えられますので、かなり時間的な余裕を持った商品の取引をいつも心がけておくと良いでしょう。お金に困ることが無いように定期的に商品をネットサイトで売るようにしているというのも良い方法になります。

 

身近な人にお金を借りる

お金を必ず返せるということであるならば、親類や友人からお金を借りるということも考えられます。しかし、親類や友人であると人間ですから甘えがでてしまいますので、貸してくれる相手に対する礼儀の意味も含めてかならず、借用書を作成することがお勧めです。借用書を作っておくと、貸してくれる相手からの信用を得ることができます。

 

更には、いくら借りていつ返すかを決めることが出来るようになりますので、お互いに情報共有することが出来るようになります。お金を借りた事実を忘れる心配がなくなります。また、借用書を作ることによって、必ず返そうという気持ちを持つことが可能になります。

 

万が一、お金を返してもらえないような場合が起きた時には借用書を作っておけばそれを証拠に裁判を起こすことも可能になります。

 

借用書はお金を借りる側が作成して、貸す方がそれを保管する形になります。トラブルを避ける意味でも借用書はお金を返してもらえるまでは保管しておくようにすると良いでしょう。

 

借用書を作ることによってお金を借りることが出来たという事例は多く聞きますので、親しき仲にも礼儀ありの気持ちで借用書を作る習慣を身に着けておくと良いでしょう。

 

 

借用書を作成する場合には下記の条件を記載する必要があります

  1. 借用書を作成した日付
  2. お金を借りた人の名前(直筆)とその住所と押印(実印であるほうが望ましい)
  3. お金を貸した人の名前(直筆)
  4. 借りたお金の額
  5. お金を借りた日付け
  6. お金の返す方法とその期日

 

借用書は専門家に作成を依頼することもできますが、当事者同士で作成することも可能です。必要事項は忘れずに記載するようにしましょう。

 

会社から給与を前借する

急にお金が必要になってしまった場合自分が勤めている会社からお金を前借するという方法も考えられます。お金にやりくりに困ってしまったら会社の方に給料の前借をお願いしてみるといいでしょう。単に前借をお願いするのではなくて、きちんと理由を伝えて前借をお願いすると良いでしょう。

 

しかしながら、まだ働いていない分の給与を会社から借りることになる訳ですから、必ずしも前借に対応してもらえるかどうかは不明ですが、場合によっては借りることも可能になるかもしれませんので、検討してみると良いでしょう。

 

給料の前借りは一般社員の方のみということはありません。アルバイトの方や派遣社員、契約社員の方であっても前借をお願いすることは可能ですので、急な場合にはお願いしてみるといいでしょう。もちろん、いつも前借りが可能という訳ではありませんのでその点は注意が必要です。

 

また、給料の前借制度を持った会社であってもすぐにお金を手に入れることが出来るとはかぎりませんので、担当者と相談してみると良いでしょう。相談することによって迅速に対応してもらえることも可能になってきます。

 

更には、労働基準法では主産や、病気、災害などで急にお金が必要になりそれに対応する費用を支払う必要があるときはそれに対する前借が可能であるという規定がありますので、正当な理由がある場合には忌憚なく会社に相談すると真摯に対応してもらえることがおおくなります。

 

病気、事故、災害、出産、結婚、死亡によってお金が必要になった時には遠慮なく会社に相談してみると良いでしょう。働いている方のみならず働いている方が養っている方について同様の理由でお金が必要になった場合もお金の前借をすることが可能となりますので、遠慮なく相談してみると良いでしょう。

 

前借をした場合には会社とその返済の方法についてきちんと相談しておくと良いでしょう。できれば口約束ではなく文書で返済の方法について取り決めをしておくと良いでしょう。そのようにしておけば後からトラブルとなることを避けることが可能になります。

 

一部の会社では従業員への貸付制度が整っている場合もありますので、それを急な物入りの際に活用することもできます。借入の限度額や金利などは会社によって異なっていますので予め確認しておくと良いでしょう。場合によっては保証人が必要になることもあります。会社の福利厚生の制度の一部ですので、低い金利でお金を借りることが可能になります。

 

自治体からお金を借りる

急にお金が必要になった場合にお住いの地域の自治体からお金を借りることも可能です。この制度は生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金と呼ばれています。この制度を活用すると急にお金が必要になった場合に無利子で10万円までお金を借りることができます

 

この制度は国の制度ですので、日本のどこに住んでいてもお金を借りることが可能になるという大変便利な制度です。

 

この制度を活用するためには下記の条件を満たしている必要があります。

低所得者世帯

世帯の人員に対して平均月額の一定額を下回っている場合にその世帯は低所得者世帯という範疇になります。しかしながら、生活保護を受けている世帯や収入が全くない世帯ですとこの制度を利用することが出来ません。

 

緊急にそして一時的なお金が必要であること

常日頃からお金に困っている場合にはこの制度を使うことはできません。あくまでも緊急にそして、一時的なお金の不足に対して10万円を借りることが出来る制度です。

 

返済能力がある

お金を貸した後に返済ができるということが必要です。例えば多額の借金を抱えているような世帯や借金の返済にトラブルを抱えているような世帯ではお金を借りることが出来なくなってしまいます。

 

自治体の方でお金を返せる世帯であると判断することが必要になります。債務整理を行う予定のある世帯も基本的にこの制度を使うことはできません。

 

この制度は以下のような条件の場合に適用が可能です。

  1. 給料を盗まれてしまった。
  2. 家事などの天災に遭遇した。
  3. 医療費などの支払いが高額であったために生活費がなくなってしまった。
  4. 事故に遭遇した。
  5. 年金や保険金の支払いまでのつなぎとしての生活費が必要。
  6. 会社の都合で解雇されてしまった
  7. 7初めての給与の支払いまでのつなぎとしての生活費が必要。

 

窓口は各自治体の社会福祉協議会ですので疑問点がある場合には遠慮なく相談してみるのがお勧めです。申し込みから5日程度でお金を貸してもらえるようになります。しかしながら、申し込みが却下されてしまうことも考えられますのでその点は留意が必要です。

 

お金の返済は各種自治体のルールに沿って行われていきます。例えば貸し付けを行った2か月後から1年をかけて返済することルールとしている自治体も存在しています。

 

福祉金庫からお金を借りる

福祉金庫制度を活用する方法も考えられます。急にお金が必要になった世帯に対して無利子でお金を貸し付ける制度となっています。しかしながら緊急小口資金の制度とはことなって全国どこでも活用できる制度にはなっていません。この制度が利用できるかどうかは自分の住んでいる自治体への確認が必要です。

 

自治体にこの制度があれば誰でも利用できるわけではありません。それぞれの自治体で利用条件を確認しておくことが肝要です。

 

基本的には緊急にそして一時的にお金が必要な世帯が対象の制度です。

 

  • 釧路市では低所得世帯であって借入れの翌月からの返済可能な世帯となっています
  • 足利市では低所得世帯が対象となっています
  • 高山市では生活に必要な資金を他から借りることができない世帯となっています
  • 熊本市では生活に困窮していて、生活を立て直すためのお金が必要な世帯であるかまたは、家族の急病などによって急にお金が必要となった世帯となっています。

 

お金を借りる場合には連帯保証人が必要になります。熊本市ではどんな場合においても連帯処方人が必要です。また、釧路市では20000円以上の借入を行う場合には連帯保証人が必要です。

 

借入を行える最大の額も自治体によって異なっています。

  • 釧路市では最大5万円まで
  • 足利市では最大3万円まで
  • 高山市では最大10万円まで
  • 熊本市では最大5万円まで

と決められています。

 

ほとんどの自治体で10万円までの貸し付けとなっています。ご利用を考えている場合にはお住いの地域の社会福祉協議会あるいは役所の福祉課に相談してみるといいでしょう。貸し付けにあたっては審査が必要ですので、必ずお金を借りることが出来るわけではありませんので注意が必要です。

 

また、借りたお金の返済の方法も自治体によって異なっています。

  • 釧路市では貸付けの翌月から返済を開始して1年以内で終了することになっています。
  • 足利市では貸付けの1か月後から返済を開始して10か月以内で終了することになっています。
  • 高山市では貸付けの2か月後から返済を開始して20か月以内で終了することになっています。
  • 熊本市では貸付けの翌月から返済を開始して5か月以内で終了することになっています。

返済プランを検討してみてお金の返済が難しいような場合はこの制度への申し込みはやめたほうが良いでしょう。

 

相手が自治体ですが、借りたお金はきちんと返すことを行っていくことがもめられますので、安易な気持ちで借金をしない方が良いでしょう。

 

色々な方法でお金の工面を考えてはみたけれどもどうしてもそれが難しいという場合にはキャッシングの利用を考えてみることも必要です。キャッシングの場合には即日でお金を融資してもらえる可能性もありますので、急にお金が必要になった場合にはとても頼れる存在になってくるものです。

 

しかしながら、キャッシングの場合にはあらかじめ審査が必要ですので、その審査に通らなければお金を借りることが出来なくなってしまいます。

 

例えば債務整理を行った経歴があるような場合には審査に通らなくなってしまいますので注意が必要です。いわゆるブラックリストに載っていると急な場合のキャッシングに対応してもらえなくなってしまうこともありますので注意が必要です。

 

同様に複数の金融機関からお金を借りているような場合にも審査に通りにくくなってしまいますので、お金の借入はどんなときにも計画的に行っていくことが肝要です。

 

 

また、最初からお金を沢山借りることはできませんので、消費者金融が決めた限度額でしかお金をキャッシングであっても借りることが出来ませんので注意が必要です

 

借入に際しては総量規制のルールも存在していますので、年収の3分の1までしかお金を借りることができませんので、他に借金があるような場合には審査に通ってもキャッシングを十分に活用できない可能性も出て来ますので注意が必要です。

 

キャッシングは審査にパスしてしまえば、お店に行かなくてもたとえばネットバンクのような形でお金を借り入れることが可能ですので非常に便利なものです。更には、初回利用の場合には30日間は無利子でお金を借りることも可能な消費者金融機関も存在していますので返済の負担を緩和することもできます。無利息で借りたい方向けのキャッシング業者を紹介

 

しかしながら、とても便利な存在である消費者金融ではありますが、借りたお金は必ず返済しなくてはなりませんので、キャッシングを行う際には計画的な借り入れが必要です。また、女性専用の相談窓口が用意されている消費者金融も存在していますので、女性の方であっても安心してお金を借りることが出来るようになっています。レディースローンと普通のカードローンの違い

 

一方で審査に通ることが出来ずにお金を借りることが出来ないという場合には、キャッシングによってお金を借りてしまうと大きなトラブルを起こしてしまう可能性が高いことを意味していますので、それは避けたほうが良いでしょう。消

 

費者金融としても貸倒しのトラブルは避けたいところですし、一方で借りたお金を返せなくなってしまうと借りた側は債務整理などの手続きを行うことになってしまって、その後の生活にかなりの制約を受けることになってしまいます。

 

お金のやりくりに困らないように、日ごろからムダを省いていくことを考えなくてはなりません。無理な借金は絶対に避けなくてはなりません。返さすあての無いお金を借りてしまって、その返済のためにお金を他から借りるようなことをすると謝金は雪だるま式に増えてしまって大変なことになってしまいます。

 

ですからお金を借りる際にはどんな場合にも計画的に行わなくてはなりません。それは自分の人生を守るための方法になります。

 

また、キャッシングにおいて何度かお金を借りて正しい期日で返済していくと消費者金融の方からの信用がアップしますので、だんだんと借りることが出来るお金の額が増えてくることになります。そのような状態になれば消費者金融をとても有効に活用していることになりますので、自分の使えるお金の幅が増えてくることになり人生を有意義に過ごせるようになってきます。

 

そのためにはムダを省きそして計画的にお金を運用していく習慣を身につけなくてはなりません。

 

また、お金を有効に活用できる用になると次第に自分の給与も増えてくることになることも多いものです。このようなプラスの循環に自分がいられるようにするのが賢い生き方になります。その目的のためにキャッシングを利用するのであればまさにお勧めです。

 

しかしながら、自分の贅沢のためにキャッシングを使ってしまうような状態になると自分の生活はどんどん荒んでしまって、マイナスの方向に傾いてしまうことが多くなります。キャッシング以外の方法を見れば明らかなように自分の贅沢のためにお金を貸してくれるような制度は皆無です。ですから、自分への贅沢は働いたお金の中から仮に余剰があるのであればそれを行うようにするのが最良の方法といえます。

 

世の中には甘い審査でお金を貸し付けてくれることが話題になっているような金融機関も存在していますが、そのような金融機関から間違ってお金を借りてしまうとたちまちお金の返済にトラブルを起こしてしまうことになることが多い物です。借金を踏み倒してしまうようなことをしてしまうと大きく自分の社会的な信用を失うことになってしまいますので注意が必要です。

 

債務整理などを行うことになってしまうと、その後の借りいれをすることが不可能になってしまいます。カードを作ることも出来なくなってしまい、かなり不都合な生活を強いられることになります。

 

つまり、急にお金が必要になった場合には、まずは自分の生活を見直して無駄を省きそして倹約をすることが必要です。更にはすぐにキャッシングの手段を行うことをせずに、様々な方法でお金を用立ててもらうことを考えることも必要です。いろいろな方法でお金を作り出すことが出来ることは本サイトで紹介してきたとおりです。

 

しかしながら、万策尽きてキャッシングを行う場合には、計画的にそして無理のない借り入れをすることがどんな場合にも必要になります。また大手と言われている信用の高い金融機関からの借入をどんな場合にも行い、そして借りたお金は必ず返すようにしなくてはなりません。そのようにしていくと、だんだんとお金に困ることもなくなっていくでしょう。

お金借りるランキング

お金借りる

×