借りる前に!メリットばかりでない「おまとめローン」の注意点とは?

借りる前に!メリットばかりでない「おまとめローン」の注意点とは?

 

おまとめローンと聞くと、たくさんある借金を1本にまとめることによって、有利な条件で返済を目指せるお得なローンだと思っている人が多くいます。実際たくさんある借金を1本にするだけでも、条件が良くなったり管理が楽になりますので、得をした気分になるでしょう。しかし広告ではその商品の良い部分しか紹介しませんので、おまとめローンも注意点を守らないと損をしてしまうことがあります。

 

実際、おまとめローンに切り替えたことによって返済期間が長くなり、結果として利息負担が増えてしまったという例もあります。損をせずにおまとめローンのメリットを享受するためには、どのような注意点を把握しておけば良いのでしょうか。

 

おまとめローンのメリット

損を知る前におまとめローンを契約した時のメリットについて確認しておきましょう。おまとめローンは複数ある借金を1本にすることによって、金利が下がる可能性が高くなります。利息制限法では限度額が100万円以上になると、上限金利が15%に引き下げられますので、まとまった金額の契約にするだけでもそれなりの利息圧縮効果があるのです。

 

また、複数の会社で利用していると月の中に返済日が複数あり、管理が大変になってしまうことがあります。返済日が多ければうっかり支払い忘れてしまう危険性も高くなり、延滞をすることで信用情報に傷をつけてしまうこともあるでしょう。また遅延損害金が発生すれば利息負担も大きくなります。

 

おまとめローンを利用すれば返済日が1日にまとまりますので、管理が楽になります。返済額の中の利息がいくらで、いくらが元金に充当されたのか、現在の借金の総額がいくらあるのかもわかりやすくなります。もし複数ある借り入れをATMで支払っていた場合、中には手数料がかかってしまうような金融機関もあるかもしれません。おまとめローンでまとめておけば、たとえ手数料がかかったとしても1回だけで済みますので、手数料を減らす意味でも得と言えるでしょう。

 

おまとめローンでは一般的にバラバラで返済をしていたときと比較すると、毎月の返済額が少なくなることが多くなります。

 

例えばアコム、プロミス、アイフルで20万、20万、10万円借りていたとします。この時の毎月の返済額は9000円、8000円、4000円で、合計21000円の返済が必要です。

 

合計利用額は50万円です。もしこの借り入れをおまとめローンや別のカードローンでまとめた場合を比較してみましょう。

 

アコムの借り換え専用ローンの場合、最低返済額は5000円です。ノーローンの借り換えでは15000円、三井住友銀行カードローンでは1万円です。金融機関によって毎月必要になる返済額は異なりますが、バラバラで支払っていたときよりも増えることは稀です。

 

このようにおまとめローンにはさまざまなメリットがあります。同じ金額ずつ返済していた場合でも、金利が低くなったほうが当然元金に充当される金額が増えますので、完済が早くなるでしょう。金利を気にせずに借りてしまう人もいますが、ローンは低金利で契約をしていたほうが圧倒的に有利です。特におまとめローンの場合は利用金額が大きくなりやすく、返済期間も長期化します。わずかでも金利が低いほうが負担を圧縮することができるのです。

 

おまとめローンと言ってもカードローンのように、また好きなタイミングで借り入れができるものと、一度借り換えたあとは返済専用になるローンの2種類があります。また好きなタイミングで借りることができるようなものでは、余った資金はどんどん随時返済をすることで元金を圧縮することができます。もし生活でお金が必要になった場合でも、最低限の金額を借りることで生活を維持することが可能です。

 

生活費まで返済に充ててしまっても問題がないのは、カードローンタイプだからできることです。利息は1日単位で計算されますので、持っていても使わないような資金は少しでも返済してしまったほうが利息負担を減らすことができます。一方追加融資を受けることができないタイプにもメリットはあります。

 

意志の弱い人はお金が足りなくなったらまた借りれば良いと思ってしまう傾向があり、カードローンタイプのおまとめローンではなかなか完済することができないことがあります。追加融資を受けることができなければ、確実に完済を目指すことができます。注意点としては、生活に必要な資金まで返済してしまうと苦しい思いをしなくてはならなくなることです。

 

将来の利息負担は圧縮することができますが、借金の返済はいかに持続して続けることができるかが重要です。

 

一時的に非常に苦しい思いをしてしまうと、その反動でストレスが溜まって消費に走ってしまうこともあります。損せず上手に返済をするには、いかに自分の金銭感覚をコントロールし、借金を確実に減らしていけるかが重要です。

 

カードローンタイプのおまとめローンの場合、利用方法によっては金利の引き下げ交渉や限度額アップをすることが可能です。長期間利用すればするほど金融機関との信頼関係が強まります。通常ローンの契約時での信用力はそれほど高くありません。なぜならその金融機関と初めて取引をすることが多く、判断できる材料が信用情報と申込書くらいしかないからです。

 

収入証明書など提出することで収入を把握することは可能ですが、申込者がどのようなお金の使い方をする人なのかは全く判断することができません。そのため最初の限度額は実は控えめな数字になっていることが多く、限度額が低ければ当然金利も高くなりやすいのです。利用を続けることで有利な条件にすることができれば、将来の利息もカットしていくことができるでしょう。

 

一方借り入れ後は返済専用となるようなローンでは、追加融資をすることはできません。追加融資が必要な場合は再度審査が必要です。通常金利の引き下げと限度額アップはセットにして行われますので、限度額をアップすることができないようなローンでは、金利がそれ以上下がる望みも低くなります。

 

どちらのタイプのローンを選ぶかは申込者の判断にゆだねられていますし、金融機関にはさまざまなローン商品がありますので、適したローンも自分で探さなくてはなりません。目的別ローンとしてのおまとめローンの場合はカードローンタイプよりも、もともとの金利が低くなる傾向がありますが、利用期間が長くても契約条件が変更になることがなければ、最終的にはカードローンタイプのほうが良かった、ということになる場合もあります。

 

大切なのは、毎月どのくらいの負担で、どのくらいの期間で完済を目指すか決めておくことです。最近ではネットで簡単に利息や支払額のシミュレーションができるサービスが提供されています。申し込みをする前に、一度試算をしておくのがおすすめです。そして一度決めた返済額はなるべく変更しないほうが良いでしょう。返済額を変更してしまうと、返済期間も長くなってしまいます。その結果利息負担が多くなってしまって損をすることもあるからです。

 

このようにメリットの多いおまとめローンですが、注意点もたくさん存在しています。

 

おまとめローンのデメリット

おまとめローンの最大のデメリットは、利用方法次第では利息負担が大きく膨らんでしまうことがあるという点です。おまとめローンのメリットに、毎月の返済額が少なくて済むというものがありましたが、これは裏を返せば返済期間が長くなることを意味しています。返済期間が長くなればそれだけ利息を払わなくてはならない期間が延びてしまいますので、延びた分だけ利息を損することになるでしょう。

 

一般的に金利は下がることが多いのですが、わずかな利下げ程度では逆に利息負担が増えてしまうケースのほうが多くなります。

 

おまとめローンの申し込みをする人は「まとめること」に重点を置きすぎてしまう傾向があり、利息が少し下がっただけで満足することもあるでしょう。大切なのはまとめたあとに負担を減らすことなく返済をしていくことです。返済ペースが下がらなければ利息負担が増えることはありません。

 

では実際にはどの程度利息負担が増えてしまうのでしょうか。

 

例えば、アコムから金利18%で40万円、プロミスから17.8%で40万円、アイフルから18%で40万円借りていた場合で試算してみましょう。毎月最低金額ずつ返済をしていった場合、アコムの利息総額は155000円ほど、プロミスが175000円ほど、アイフルが178000円ほどで、合計して508000円近い利息がかかってきます。

 

毎月の3社の返済額は合計で34000円です。元金120万円に対して50万円以上の利息がかかるわけですから、決して安い借り入れではありません。

 

ではこの120万円をアコムの借り換え専用ローンでまとめてみましょう。

 

金利が15%だった場合、最小返済額は24000円で済みます。3社バラバラだったときは毎月34000円でしたので、1万円負担が軽くなりました。しかしこのペースで返済を続けていくと、利息総額は676000円ほどになります。3社バラバラだったときと比較しても17万円以上利息で損をしていることになります。

 

月々の返済額が減ればそれだけ元金の減りが遅くなってしまいますので、金利が3%近く下がったとしても利息が増えるペースのほうが早くなってしまうのです。

 

また、おまとめローンの返済方法についても注意点があります。毎月固定の返済額であればペースを落とすことなく返済することができますが、多くの金融機関は「残高スライド方式」を採用しています。

 

この方式にも2種類があり、

  1. 毎月の残高によって返済額が決定されるもの
  2. 最後の借入時の残高で返済額が決定されるもの

があります。

 

特に気を付けなくてはならないのが前者のタイプです。残高が少なくなると自動的に支払額が少なくなるので、負担は大きく減ってきます。しかし毎月最低額しか支払いをしていないと完済までが長期化してしまい、結果として大きな利息分を損してしまうことになるのです。

 

例えば住信ネット銀行のMrカードローンで見てみましょう。Mrカードローンは銀行系カードローンでもダントツに低い金利で借りることができるものです。

 

プレミアムコースであれば、金利は0.99%〜7.99%の間で決定されます。最大金利がこれほど低いローンは他を探してもめったに見つけることはできないでしょう。そんな超低金利のMrカードローンですが、毎月の返済額は残高スライドリボルビング方式で決定されます。

 

例えば100万円超え150万円以下であれば2万円です。利息分を除いて計算したとしても、このペースで支払っていけばおおよそ50回〜75回程度で完済できます。しかし支払いを続けて80万円超え、100万円以下の残高になると、月々の返済額が15000円に下がってしまいます。

 

そしてこのように残高が減るごとに支払額が下がっていき、10万円以下の残高になると毎月2000円の返済で良くなるのです。10万円を支払いのに4年も5年もかける人はいないかもしれませんが、最低限の支払いだけをしていては、いくら低金利のカードローンでも利息が膨らんでしまうのです。

 

おまとめローンは利息分の損を減らすことができる可能性がありますが、借金の総額自体が変わるわけではないという注意点もあります。

 

また、もしその借り換えたローンがカードローンタイプだった場合、実は他社の返済以外に利用しても規約違反になることはありません。実際最初は借り換え目的で契約したはずが、借りた金額の一部を別のことにも利用してしまい、借金の総額を増やしてしまったというケースもあります。そうなれば当然完済が遠のいてしまい、毎月の負担も増加してしまいます。

 

おまとめローンはうまく利用すればメリットがありますが、さまざまな注意点がありますので、自己管理ができない人は契約しないほうが良いでしょう。そもそもお金を借りている人は収入と支出のバランスがあっていない人が多くいます。本人の生活スタイルを見直さない限り借金生活から脱出することは難しく、新しい金融商品の契約は破たんの一歩となることもあるのです。

 

特に浪費癖がある人やギャンブルが好きな人は要注意です。借り換えでお金を手にしてしまうと誘惑に駆られてしまうこともあります。

 

おまとめローンにはさまざまな注意点がありますので、すべての人に適しているローンというわけではありません。おまとめローンを利用するメリットがある人は、毎月安定した収入があり、例え毎月の返済額が減少したとしても、随時返済を利用して返済のペースを落とすことなく支払いを続けることができる人です。決して借金をすることは悪いことではありません。

 

例えば住宅を購入する場合など、多くの人は借金をして購入しています。上手にお金を借りることができればより豊かな生活を手にすることができる場合もありますが、身の丈に合わないような金額を借りてしまったり、返済能力がない人、金銭感覚が鈍ってしまった人は要注意です。おまとめローンで借金をまとめて返済を続けても完済ができないような人は、そもそもまとめるべきではなく、別の手続きを取ったほうがよいこともあります。

 

誰もが自力でどうにかしたいと思うものですが、もしも借金で失敗をしてしまっても、日本にはもう一度やり直すことができるための制度があります。それが「債務整理」です。債務整理はどのような人に適しているのでしょうか。注意点はないのでしょうか。

 

債務整理がおすすめなケースとは?

借金をどうにかしたいと思ったときに、より低金利なローンでの借り換えやおまとめローンを検討する人が多くいますが、借金を抱えている人の信用力はそれほど高くありません。低金利のローンやおまとめローンは金利が低い代わりに厳しい審査をしているものが多く、希望した契約条件で借り換えができないことも多いでしょう。

 

すでに借金で借金を返しているような人は利用履歴も良くなく、延滞してしまっていることも多くあります。延滞をすると信用情報に延滞があったことが記録されます。こうした情報は審査での判断材料とされてしまいますので、低金利のローンを組みたければ毎月きちんと支払いを続けていくことが大切なのです。

 

毎月の返済額を減らしたい人や、転職や事故、病気、出産、介護費用の捻出などで急な出費や収入減など変化があった人は債務整理を検討したほうが良い場合があります。ただし借金を作った原因がギャンブルや浪費癖などで、お金を借りることに依存してしまっている人は注意が必要です。今の借金をどうにかすることができたとしても、再び借金を背負ってしまうことがあるからです。

 

もしそうした浪費癖がある人は、まずは本人の意識改革から始める必要があります。債務整理をすることによって「金融事故」を起こしたことになり、数年間は新たに借金をしたりクレジットカードを作ることが困難になります。そうした意味では規制することができますので、浪費癖がある人にとっても自分を追い込む状況を作ることができます。

 

また、借金によって大きなストレスを抱えてしまっている人も債務整理をしたほうが良い場合があります。手続きの方法次第では生活を一気に立て直すことができるようになりますので、不安から解放されることができるでしょう。

 

債務整理には4種類あります。当事者同士で話し合いをする「任意整理」、裁判所で手続きをする「個人再生」、「特定調停」、「自己破産」です。任意整理はあくまでも私的な話し合いですので、こちらの要望を金融機関が聞き入れてくれるかどうかはわかりません。金融機関としては元金だけでも返してもらえれば損をすることはありません。

 

そのため話し合いに積極的な金融機関もありますが、中にはかたくなに条件を譲ってくれないところもあります。また、話し合いは個人でするよりも弁護士や司法書士に依頼したほうが成功率が高くなります。弁護士や司法書士の中にも債務整理を得意としている人がおり、すでに金融機関とのパイプがありますので、交渉もスムーズなのです。

 

費用は依頼する弁護士や司法書士によって異なります。

 

また、「過払い金」がある人も債務整理を行うほうが良いことがあります。過払い金がある人は過払い金請求ができます。これはグレーゾーン金利で借りていて払い過ぎていた利息の返還請求です。

 

貸金業法の改正が行われたのが2010年ですので、それ以降の契約であればグレーゾーン金利は撤廃され、過払い金はありません。しかしそれ以前から借りていて、銀行以外の金融機関からの借金だった場合、過払い金がある可能性があります。20%以上の金利で借りていた記憶がある人は請求をするようにしましょう。

 

おまとめローンを契約したときの注意点でもありますが、過払い金は完済をすると10年で時効を迎えてしまい、返還請求ができなくなってしまいます。

 

過払い金がある人はおまとめローンを利用しなくても、過払い金請求で戻ってきたお金で全額完済できることがあります

 

また、人によってはさらにお金が余分に戻ってくることもあるでしょう。過払い金は契約したのが古く、契約期間が長い借り入れほど発生している可能性が高くなります。特に消費者金融から借りている人は金融機関に取引履歴を発行してもらうと良いかもしれません。金融機関は過払い金があったとしても教えてはくれませんので、必ず自ら行動に出る必要があるのです。

 

過払い金請求は「債務整理」の一種として考えられています。ただし戻ってきたお金で完済できた場合、すでに完済済みの場合は債務整理を行ったという記録が信用情報に記録されることはありません。過払い金が戻ってきても借金が全額なくならない場合は債務整理として扱われてしまいますが、過払い金がたくさんある場合は積極的に請求を行っていったほうが良いでしょう。

 

いくら発生しているかは取引履歴を見てみないとわかりません。また、一般的には満額の返還は難しく、多くの人が80%や90%などの割合で「示談」をしています。お互い争いとなれば裁判になりますので、お金が戻ってきたとしても時間がかかってしまうからです。より低い割合での示談のほうが業者は納得しやすくなります。過払い金請求の費用は成功報酬制としているところが多いので、もし失敗してしまったとしても費用がかかることはありません。

 

過払い金もない場合は任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などの手続きをすると良いでしょう。個人再生や自己破産では借金の元金の大部分をなくすことができます。自己破産の場合は持っている資産をすべて処分しなくてはならないという厳しい条件がありますが、裁判所の免責が下りれば、それまでの借金生活とはお別れをすることができるでしょう。

 

資産を処分と言っても一定期間の生活費を確保することはできますので、生活を立て直す手段としては適しています。また、個人再生の場合は住宅などの資産を手放さずに手続きをすることができます。ただし借金の一部が残り、返済を続けなくてはなりません。負担は大きく減りますが返済資金を用意する必要があるので、安定した収入があることが条件になります。

 

個人再生は比較的最近登場した債務整理の手段です。借金の元金が減るので負担は減りますが、ここで滞納すると大変まずいことになります。債務整理によって合意した内容の返済条件が破棄されてしまうと、借金の一括返済を求められてしまうことがあるのです。そうなると手続きをした意味がなくなってしまいますので、どの手続きを選ぶかは慎重に選ばなくてはなりません。

 

借金の問題はとても心に負担を与えます。おまとめローンを利用してなんとかしようとしたい気持ちは多くの人が持つものですし、とても責任のある行動です。しかし無理をし続けていても何も改善しないような場合は、その状況に適した「整理」を行うことも大切でしょう。

お金借りるランキング

お金借りる

×