「おまとめローン」について知っていますか?

「おまとめローン」について

生活や物品の購入でどうしても現金が足りなくなってしまった場合、消費者金融や銀行などから借入を行う人も多いでしょう。最近は簡単に借りることができるサービスも普及しており、多くの人が手軽に借金できるようになっています。しかし一方で、手軽さゆえに借金を重ねてしまい、毎月の返済が辛くなったり管理が大変になってしまうことも珍しくありません。

 

利用する際には非常に頼りになる借金ですが、いざ事情が変わって返済が厳しくなってくると、途端に大きな負担となって圧し掛かってくるのです。そんな時に役立ってくれるのが、借金の返済や管理を楽にしてくれるおまとめローンなのです。効率よく利用するために、おまとめローンの内容や注意点などを知っておきましょう。

 

おまとめローンとは?

近年様々な消費者金融や銀行で取り扱われているため、おまとめローンについて名前を知っているという人も多いでしょう。しかし実際は利用してみないと詳しい内容については分かり辛いことも多く、興味はあるけど手を出せないというケースも珍しくありません。

 

おまとめローンの最大の目的としては、何よりも複数の消費者金融などから借り入れた借金をどこか一つの業者に一本化し、毎月の返済負担額を少なくして将来的な返済計画を見直し、負担を小さくしていくことが挙げられます。

 

おまとめローンを申し込む業者について制限や指定はありませんが、その中からより低い金利となっている商品を選んで融資を受けることが重要となります。低い金利で全ての借金を賄える融資を受け、最初に借り入れていた他の業者の借金は全て返済してしまうのです。

 

こうすることで、返済しなければならない借金はおまとめローンを申し込んだ業者だけとなり、金利が低くなるうえに管理が非常に簡単になるというメリットが生まれます。いくつもの業者から借金をしていると、返済日や返済額などが複雑でうっかり間違えてしまうこともありますが、一本化してしまえば返済日も返済額も1つしか存在しなくなるので、そういった心配もなくなります。

 

しかも金利が低くなるということは元本にプラスして返済しなければならない利息の金額がそれまでより少なくなるということであり、毎月の返済負担を小さくすることができます。おまとめローンは消費者金融や銀行など、各業者によってそれぞれ商品内容や金利が異なるので、現在の自分の借金内容をしっかり知って、よく比較検討することが大切です。

 

おまとめローンを利用した場合のシュミレーション

おまとめローンの内容や、どのように役立つのかということについては実際に利用してみなければ実感できませんが、分かりやすくするために例を挙げシミュレーションしてみましょう。

 

借金を利用している田中さんは、A社にB社、そしてC社という3つ業者から不足していた現金を借りていました。借金には必ず金利というものが発生しますが、いずれの契約でも金利は18%だったと仮定します。

 

さらに借り入れた金額はそれぞれ50万円ずつ、合計で150万円を借りていたとします。田中さんはこの3つの業者に対して、毎月利息を含めた一定額を返済していました。しかし毎月3社に対して返済していくのが難しくなってきたため、D社が取り扱っているおまとめローンという商品のことを知って申し込み、借り入れを一本化してしまおうと考えました。

 

早速申し込みを行い、一般的な借入と同じようにD社の審査を受けて利用を認めてもらいます。田中さんの場合は、それぞれ50万円ずつを借り入れていたため、それをまとめた150万円をD社から融資してもらうことになります。

 

実際には3つの業者ごとに利息が別途発生しているため、正確に言えば150万円に利息分を含めた金額となります。D社のおまとめローンの金利は15%であり、3つの業者から18%ずつ借り入れるよりトータルで見てもかなり利息を節約することができます。

 

融資を受け取った田中さんはA社とB社、C社に対して50万円と利息をそれぞれ返済し、全て債務を返済することができます。おまとめローンを申し込んだD社へは150万円と利息を返済する義務が残っていますが、金利が3社より低いので毎月の返済額をしっかり抑えることができたのです。

 

おまとめローンのメリットとは?

おまとめローンは、現在では非常に多くの消費者金融や銀行が取り扱っています。商品もそれぞれ内容や特徴が異なっていますが、おまとめローンとしてのメリットは共通しています。このメリットを知っていれば、毎月いくつもの借金の返済で苦しんでいる利用者にとって大きな助けとなる可能性もあります。

 

おまとめローンの主なメリットとしては、何よりも金利を引き下げることができるため、毎月の返済額だけでなくトータルの返済総額も節約できるケースが多いということが挙げられます。

 

もちろん商品内容やそれまでの借金の金利などによっては、必ずしも返済額を減らせるというわけではありませんが、多くの場合自分で金利の低いおまとめローンを選べば良いので負担を減らせる可能性は高まります。

 

仮に複数ある借金契約の中の1つで金利が高くなってしまうとしても、他の契約で低くすることができればトータルでは得をするケースが多いです。また、いくつもの契約をそれぞれ管理して、毎月返済日や返済額を気にしながら過ごすという不便さやストレスを解消することもできるので、一概に金利が高くなると意味がないとも言い切れません。おまとめローンを利用すれば返済日も返済相手も1社のみとなるため、時間や労力を節約することもできるのです。

 

さらに、借金をまとめるだけなので任意整理などの債務整理とは異なり、信用情報に傷が付くこともありません。このため、他のローンを申し込んだりクレジットカードを作る際にも信用情報から利用を断られる心配も低くなります。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどを利用する予定がある場合には役立ってくれるでしょう。

お金借りるランキング

お金借りる

×