千葉銀行のカードローンはアルバイトでも利用可能!?

千葉銀行のカードローンは所得証明書の提出が不要で、アルバイトでもお金を借りやすくなっています。地方銀行であるにも関わらずニューヨークやロンドンなど、海外にも進出するほど、千葉銀行は大きな規模を誇ります。

 

商品名はちばぎんカードローンといい、インターネットによる申し込みが可能です。早ければ即日融資にも対応しており、借り入れのしやすさが魅力です。アルバイトだけでなく、パートの立場でも利用できます。

 

住宅ローンを千葉銀行で利用中であれば、カードローンの金利が優遇されたり、口座残高の不足分を自動融資するといったサービスも用意されています。営業地域が限定されており、千葉銀行に預金口座を開設しなければならないなどの特徴がありますので、気を付けましょう。

 

千葉銀行とは?

まずはじめに、千葉銀行がどのような金融機関であるのかを見ていきましょう。千葉県内には他にも金融機関がありますが、中でも最大手の銀行として君臨しています。その規模は県内に留まるだけでなく、全国的に見ても優れています。地方銀行としての総資産で比較すると、千葉銀行は全国第2位の順位です。

 

1943年3月31日に設立しました。最初から千葉銀行の社名が使われていた訳ではなく、過去に存在した千葉合同銀行と小見川農商銀行、大九十八銀行の3つの銀行が合併して、千葉銀行としてスタートした経緯を持ちます。2016年12月の時点において、180近くの店舗数を全国各地に展開しています。

 

最も多く展開しているのが地元の千葉県で、160店舗が存在します。続いて多いのが東京都の13店舗、埼玉県と茨城県には3店舗ずつ進出しています。離れた地域だと大阪府に1店舗が存在します。

 

各支店の窓口においてカードローンの申し込みや内容について説明を聞いたり相談できますので、最寄りの支店の場所について調べておくと、役に立つでしょう。

 

海外に目を向けると、ニューヨークと香港、ロンドンのそれぞれに支店が存在し、上海とシンガポール、バンコクには駐在員事務所があります。駐在員事務所とは企業が海外に進出する前に、事前に設置される拠点のことを指します。その国の市場調査を行なったり、情報収集をすることが主な目的です。

 

意欲的に海外進出を果たしている地方銀行は、他にも存在します。千葉銀行が第2位の総資産を持っている点からして、気になってくるのが第1位の総資産を持つ地方銀行の存在についてです。

 

日本国内の地方銀行で第1位の総資産を持つのは、神奈川県に本店を置く横浜銀行です。横浜銀行でもカードローンを提供していますので、また別の機会に調べてみることをおすすめします。

 

アルバイトでも利用できる千葉銀行のカードローンですが、1種類だけでなく、3種類の商品が提供されています。ローンカードを使ってお金を借りられる便利な商品ばかりですが、3種類それぞれに特徴があり、条件が違ってきますので、事前に商品内容を確認してから申し込みましょう。

 

中にはアルバイトや専業主婦といった立場では利用できないカードローンもありますから、それ以外の申し込みやすい商品を選ぶようにすることが大切です。

 

ちばぎんカードローンとは?

カードローンが3種類存在するのが特徴です。

  1. クイックパワーアドバンス
  2. プレミアクラス
  3. マイワレット

という名称の商品になります。

 

クイックパワーアドバンス

千葉銀行のカードローンの中では最も手軽に利用できる商品で、アルバイトの立場でも申し込みがしやすくなっています。専業主婦も可能で、所得証明書の提出が必要ありません

 

プレミアクラス

所得制限のあるカードローンで、年収500万円以上の人でなければ申し込みができません。条件が厳しいものの、低金利でお金を借りられる点に注目しましょう。口座残高が不足している場合に自動融資サービスを受けられたり、千葉銀行の住宅ローンを契約していると通常よりも低い金利が適用されるといったメリットがあります。

 

マイワレット

アルバイトや専業主婦の立場では利用できないカードローンです。プレミアクラスと同等のサービス内容ではあるものの、借入枠は少なめです。アルバイトでも利用可能なクイックパワーアドバンスの場合、千葉銀行に預金口座があればウェブ完結で申し込むことが可能です。申し込みの際には、提出書類を用意する必要がありません。預金口座を持っていない人でも、本人確認書類さえ提出すれば申込可能です。所得証明書は不要です。

 

クイックパワーアドバンスで書類提出が必要になる場合には、本人確認書類として運転免許証やパスポート、身分証明書や資格証、在留カードに住民基本台帳カードなどが認められています。

 

プレミアクラスとマイワレットの場合だと、勤続や営業年数の確認書類の写し、所得証明書や銀行の届け印などが必要になります。プレミアクラスだと別に不動産登記簿謄本や固定資産税評価通知書など、自宅を所有することを証明する書類が必要になってきます。

 

借入極度額や金利をそれぞれ比較すると、クイックパワーアドバンスが10万円以上500万円以内で4.3%〜14.8%、プレミアクラスだと300万円と400万円、500万円の3種類で3.8%〜5.5%、マイワレットでは30万円と50万円、100万円に200万円の4種類で8.8%〜14.8%の設定になっています。月々の返済額にも違いが見られます。クイックパワーアドバンスは月々2000円から、プレミアクラスとマイワレットだと月々1万円からの返済額です。

 

ちばぎんカードローンのメリットを見てみよう!

千葉銀行のカードローンを選ぶメリットとして、借り入れのしやすさがあげられます。近くの支店に来店して、窓口で面倒な手続きをする必要がありません。

 

千葉銀行の公式サイトからアルバイトや専業主婦の立場でも、インターネットで申し込み手続きができるようになっています。

 

申し込んだその日のうちにお金を借りられる迅速な対応がメリットです。一般的に即日融資と呼ばれるものになりますが、即日融資を実現するには条件があります。

 

借り入れの方法として、千葉銀行が指定する預金口座のカードローン入金サービスを利用する条件と満たしていることがまず1つ目です。

 

2つ目の注意点として、申し込みのタイミングや審査内容が関係してきます。早めに申し込みを完了させておけば、即日融資が実現する可能性が高まります。審査内容によっては当日にお金を借りられないケースがありますから承知しておいてください。即日融資はあくまでも最短で利用できるという意味になっており、全ての人が対象になるわけではないことを、知っておきましょう。

 

クイックパワーアドバンスを選択すれば、書類提出の手間が省かれますので、とても借りやすくなります。千葉銀行のカードローンの優れた部分です。借入希望額に関係なく、所得証明書を提出する必要が一切ありません。

 

本人確認書類については、ウェブ完結による申し込みを選択するだけで提出不要になります。ウェブ完結以外では必要になりますので、急ぎで借りたいなら事前に千葉銀行の預金口座を開設しておくと楽になります。地方銀行であるにも関わらず、全国の金融機関やコンビニなどの提携ATMを使って借り入れができるのが便利です。

 

また、インターネットバンキングやテレフォンバンキングにも対応しているのも特徴です。コンビニであればほぼ1日中営業していますし、土日や祝日も関係ありませんので、いつでも借りやすくなっています。

 

アルバイトを終えて、コンビニで買物をするついでにお金を借りる時には便利でしょう。インターネットバンキングやテレフォンバンキングのメリットは、外出しなくても済み、好きな場所から借り入れの手続きができる点です。パソコンやスマートフォンなど、インターネットが使えるデバイスから気軽に利用できます。自分の都合に合わせて借り入れがしやすくなっているのが、千葉銀行のカードローンの特徴です。

 

ちばぎんカードローンのデメリットを見てみよう!

提携金融機関やコンビニなどから借りやすく、アルバイトや専業主婦でも問題なく申し込みを受け付けてくれる千葉銀行のカードローンですが、メリットがある反面、デメリットの存在にも気を付けて見ていかなければなりません。

 

デメリットのチェック項目としてあげられるのが、千葉銀行の営業地域内に自宅や勤務先あることと、家族にカードローンの利用を知られてしまうリスクについてです。

 

千葉銀行のカードローンを利用する条件として、同行に本人名義の預金口座を開設する必要があります。預金口座の開設は誰でもできるわけではなく、千葉銀行が定めている営業地域に該当する人物でなければ受け入れてもらえないという特徴を持っています。

 

営業地域として指定する地域に契約する本人の自宅があり、居住していることがまず1つ目の条件です。指定しない地域や都道府県に居住していると、預金口座を作ることができません。

 

2つ目の条件が、勤務先が指定する地域に存在することです。正社員だけでなく、アルバイトの立場であっても同様の条件があてはまりますから、住まいのある場所や勤務先の住所を確かめておきましょう。これらの条件を満たすことで、千葉銀行のカードローンに申し込むことができるようになります。

 

お金を借りていることを家族に知られたくない人にとって厄介なのが、郵送物です。

 

千葉銀行のカードローンを利用していて、途中で利用限度額が変更になると、自宅住所に関連書類が郵送されてきます。

 

1人暮らしならまず問題になりませんが、家族と一緒に住んでいると郵送物を受け取った家族に、千葉銀行からお金を借りていることがバレてしまう心配があります

 

家族に知られても困らないように、できればお金を借りる前に家族に話をしておきたいところです。

 

在籍確認についても理解を深めておきましょう。

 

在籍確認とは、カードローンの審査の際に勤務先に電話で確認をする方法です。

 

勤務先に自分以外の人物がいれば、その人が電話に応対することも考えられます。勤務先の人にお金を借りることがバレるリスクがあるものの、銀行名を名乗って電話をかけてくることはまずありませんので、あまり心配することはありません。

 

それでも心配であれば、他社のカードローンへの申し込みを検討するとよいでしょう。カードローンの在籍確認は原則として行われるものですから、特に千葉銀行に限ったデメリットではありません。

 

ちばぎんカードローンのお申込

申込方法は千葉銀行のカードローンの種類によって違ってきます。

 

クイックパワーアドバンスはネット申込みが可能です。プレミアクラスを選ぶとネットで仮審査の申込みをすることになります。マイワレットの場合は郵送で契約するか、直接店舗で申し込みの手続きを行う形です。

 

今回紹介する申込方法は、アルバイトでも借りられるクイックパワーアドバンスのケースです。まだ千葉銀行に本人名義の預金口座を持っていない状態でスタートします。

 

千葉銀行の公式サイトにアクセスし、普通預金口座の申し込みページを開きます。当行口座なしの方はこちらという文字が書かれたボタンが表示されていますので、この項目を選択しましょう。因みに、既に千葉銀行の普通預金口座を持っている人でも、以下の条件に当てはまる人は当行口座なしの人物として申し込むことになります。

 

以前届け出た名前が変更になる場合や普通預金口座のキャッシュカードを発行していない場合で、ウェブ完結申込みの手続きができない人が対象になります。同意条項や留意事項が細かく記載されています。契約のトラブルを回避するためには大切なことが書かれていますので、熟読してから次のページを開いてください。

 

審査申込画面が表示されますので、新規申し込みの部分を選んで、必要情報を入力していきます。必要情報の内訳として、お客様情報と勤務先情報、申し込み情報の3つが用意されています。誤りがあったり、嘘の情報を入力するのはトラブルの元ですので、正確に入力することを心がけましょう。

 

所得証明書の提出が不要ですのでこの点は意識する必要はありませんが、まだ預金口座を持っていない立場だと、本人確認書類の提出が必須になります。指定する本人確認書類を用意してください。運転免許証や住民基本台帳カード、パスポートを本人確認書類として提出します。外国籍の人が申し込む場合だと、在留カードといった証明書を提出する義務が生じますので、忘れずに書類を揃えておいてください。

 

申し込みが完了すると、即日で審査結果を知らせてくれます。審査を無事通過すれば、お金を借りられるようになるという流れです。即日融資にも対応しますが、確率を高めるために平日の申し込みをおすすめします。土日や祝日だと銀行で審査が行われない点に注意しましょう。銀行業務が始まる9時までに申し込みを完了させておくのがよいでしょう。

 

メリット・デメリット

 

ここで一度、千葉銀行のカードローンが持つメリットとデメリットをまとめてみましょう。

 

メリットとしては、クイックパワーアドバンスを選ぶと来店不要で申し込めるのが便利です。但し、プレミアクラスとマイワレットは少し方法が異なってきますので、間違えないようにしましょう。

 

最短で即日融資に対応しますが、当日にお金を借りるには条件があります。

 

カードローン入金サービスを利用しなければならず、千葉銀行が指定する預金口座への入金に限られることがまず一つです。申し込みのタイミングによって即日融資にならない場合があります。平日の9時までに申し込みを完了させておくのがよいでしょう。また、審査内容によっては融資までにしばらく時間がかかる場合があります。

 

クイックパワーアドバンスであれば、所得証明書の提出が不要になります。アルバイトやパートの立場の人、専業主婦でも申し込める、柔軟性の良さを持っているのが借りやすさのポイントです。3つの商品それぞれに特色があり、条件が違ってきますので、利用者の立場に合わせたサービスを提供する仕組みになっています。

 

一番お手軽なクイックパワーアドバンスは使いやすいカードローンとして、大きな存在になってきますが、やや手軽さに欠けるプレミアクラスとマイワレットには優れた部分もあります。住宅ローンの利用者に金利が優遇されたり、預金口座の残高不足で困ったときでも、即時にお金を貸してくれる自動融資の機能を利用できるのが嬉しいサービスだといえるでしょう。

 

デメリットとして目立つのが、千葉銀行が営業地域として指定している場所に自宅や勤務先があることが条件になっている部分です。全国どこからでも利用できるわけではないのが残念ではあるものの、条件に当てはまる人からすれば、とてもサービスの充実したカードローンとして活躍してくれるでしょう。

 

これだけ優れたサービス内容ですので、他の地域からでも利用できればもっと魅力的に映るでしょうが、千葉銀行側も利用条件について見直しを検討している状態ですので、今後に期待してみましょう。利用可能な地域が増えることによって、千葉県やその周辺地域だけに限らず、もう少し遠くの都道府県からでも、いつでもカードローンを使って便利にお金を借りられる可能性が広がります。千葉銀行から提供される最新情報を常に確認しておきたいところです。

 

サービスが充実!ちばぎんカードローン

ここまでのまとめとして、千葉銀行のカードローンである、ちばぎんカードローンの3種類の商品はとてもサービスが充実しているという点で、高評価を与えることができるでしょう。

 

利用条件として自宅や勤務先が指定地域にあることが前提ではあるものの、この条件に当てはまれば、使いやすいサービスとして付き合っていけます。特に千葉銀行で住宅ローンを利用している人にはお得なカードローンです。現在契約中である人はもちろんのこと、これから住宅ローンに申し込みたいと考えている人にとっても注目すべき部分です。金利が優遇されることで利息の負担を抑えた借り入れが可能になります。

 

クイックパワーアドバンスであれば提出書類の種類が非常に少なく、所得証明書の提出は不要です。新規で預金口座を開設する場合は本人確認書類のみ、ウェブ完結なら本人確認書類も不要になります。

 

地方銀行ではありますが、日本最大の都市である東京が近くに存在しますし、競合の金融機関がたくさんあることから、大手の都市銀行に負けないほどの充実したサービス内容を提供しているのが千葉銀行の特徴です。

 

実際に利用中の人もたくさん存在しており、気軽に利用しやすい、迅速な対応をしてもらえる、サービス内容に満足しているといった利用者の意見が寄せられ、高い評価を得ています。地域密着型の地方銀行ですので、地元の個人や企業から親しみのある金融機関として使われていることから、安心して利用しやすいといった意見もあります。

 

ただし、注意点としては銀行からお金を借りていることが家族にバレてしまうリスクがあげられます。利用限度額の変更時や、ローンカードが発行されるタイミングで自宅に郵送物が届きます。絶対ではないものの、郵送物がきっかけで家族にバレてしまい、気まずい雰囲気になるのを避けるよう、対策を練っておく必要があります。この点が気になるなら申し込みを一旦保留にして、他社のカードローンと比較して十分に検討しましょう。

 

在籍確認の電話は審査の段階で必ず行われるものですので、本人以外の勤務先の人が電話に出ることを考えておかなければなりません。完璧に誰にも知られないように利用するには難しいといえますが、在籍確認によってカードローンの利用を他人に知られる可能性についてはリスクが低いため、必ずしもバレるとはいえません。