お金借りる至急.com

京都銀行カードローンを増額する方法!

メガバンクや消費者金融のカードローンの他にも地元の金融機関のカードローンや中小規模の消費者金融などが利用できます。中小規模の消費者金融の中には、学生でも融資が受けられるサービス(キャッシングホワイト)もあります。

 

京都の地方銀行では京都銀行があります。

 

京都銀行カードローンは、公共料金やその他の引き落としで利用している口座の残高が不足すると、自動的に融資してもらえる便利な機能が付いています

 

京都銀行カードローンに新規に契約すると限度額が低めに設定されますが、契約後に限度枠を増額してもらうことが可能です。他の金融機関と比較した場合の京都銀行カードローンのメリットと、京都銀行カードローンで限度額を増額してもらうための審査に通過するための条件をご紹介します。

 

京都の都市銀行と大手消費者金融

京都市内には大手都市銀行の支店や大手消費者金融の本支店があり、それらのカードローンサービスの内容(限度額と年率)を簡単に紹介します。

 

三井住友銀行カードローンは限度額が800万円以内で、金利は4.0%〜14.5%です。三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は限度額が10万円〜500万円で、金利は1.8%〜14.6%です。みずほ銀行カードローンは限度額が1,000万円以内で金利は3.5%〜14.0%です。りそな銀行のカードローンは限度額が800万円以内で金利は3.5%〜12.475%です。都市銀行のカードローンは申込みや手続き時間などの条件を満たせば、即日融資が可能です。

 

大手消費者金融でも希望すれば即日融資が利用できます。京都市内にある大手消費者金融各社の本支店やローン契約機、専用ATMの数を紹介します。

 

モビットはローン契約機のみ7箇所です。プロミスは三井住友銀行のローン契約機も利用でき、契約機の数は18箇所で専用ATM18台と有人店舗が1箇所あります。アコムはローン契約機(むじんくん)が19箇所あり、専用ATMが20台と有人店舗が1台あります。アイフルはローン契約機が16箇所と専用ATM11台があり、有人店舗が1箇所です。ちなみにアイフルの本店は京都市下京区にあり、京都銀行の本店から徒歩数分の場所にあります。

 

各社とも有人店舗の数がゼロまたは1店舗しかありませんが、大手消費者金融の有人店舗が全くない都道府県もたくさんあります。京都市内にはモビット以外の大手消費者金融の有人店舗が設置されています。

 

京都に住んでいる人でカードローンを利用するのであれば都市銀行や大手消費者金融各社が利用できるので、お金を借りるのに恵まれた環境にあると言えます。

 

一般的に都市銀行や大手消費者金融のカードローンサービスの特徴は審査時間が短いため、申込手続きから実際に借り入れが利用できるようになるまで時間がかからないことです。午前中に申込手続きをすれば、その日の午後または夕方には融資が受けられる即日融資サービスも利用できます。

 

都市銀行や大手消費者金融では、平日だけでなくて土日祝日でも即日融資のサービスが利用できる場合があります。このため、どうしても急にお金が必要になった場合には、都市銀行か大手消費者金融のカードローンに駆け込むことができます。

 

都市銀行や大手消費者金融のカードローンは利便性が非常に高いというメリットがありますが、便利なサービスの対価として金利が高めに設定されています。さらに大手金融機関や消費者金融は審査の基準が厳しいので、審査基準に満たなくて融資が利用できない可能性もあります。

 

地元の銀行や信用金庫、中小規模の貸金業者は地元の人しか利用できませんが、大手消費者金融よりも低い金利で借り入れができる場合があります。ローン金利が低い方が返済額が少なくて済みます。

 

京都の中小消費者金融

京都には中小規模の消費者金融がたくさんあります。京都市内には多くの大学があり、中には学生にも融資してくれる貸金業者があります。中小規模の貸金業者は大手消費者金融と対抗するために、有利な条件でローンが利用できる場合があります。

 

中小規模の消費者金融を利用する場合には、正規の業者であることを確認する必要があります。法外な金利で違法に貸付を行うヤミ金業者があるからです。

 

京都にある中小規模の消費者金融を紹介する前に、違法な業者と正規の業者を見分ける方法を簡単にまとめておきます。

 

ヤミ金の手口は、利息制限法の上限金利(10万円未満であれば年率20%、10万円以上100万円未満であれば年率18%)を上回る法外な高利で貸付を行う、契約完了前や希望していないのに勝手にお金を振込んできて金利を払うように強要(恐喝)する、職場に返済の督促電話をかけてくる、などです。

 

いずれの行為も法律で禁止されていて、正規の貸金業者がこのような事をすると登録が取り消されてしまいます。

 

正規の貸金業者であることを確認する方法として、貸金業者の登録番号をチェックすることができます。金融庁のサイト(http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php)を利用すると、貸金業者の登録番号を入力すると正規の業者かどうかが確認できます。貸金業協会の登録番号も調べてみることができます。

 

ヤミ金業者の中には正規の業者の名前と登録番号を勝手に表示する悪質な業者が存在します。このため、電話番号や所在地も確認するようにしましょう。

 

京都にある中小規模の貸金業者をいくつか紹介します。いずれも正規の業者です。

 

京都にある中小の貸金業者には「キャッシングホワイト」(京都府都知事(11) 第00368号 日本貸金業協会会員 第003432号)、「大久保商事」(京都府都知事(11) 第00318号 日本貸金業協会会員 第002028号)、「鳳株式会社」(京都府都知事(3)第03392号 日本貸金業協会会員 第005358号)があります。鳳株式会社はビジネスローンで、キャッシングホワイトと大久保商事は個人向けの融資を行っています。

 

キャッシングホワイトは数少ない学生ローンのサービスを行っています。キャッシングホワイトの学生専用ローンの条件ですが、20歳以上の安定した関西在住の学生(予備校生〜大学院生、専門学校・短大生)で、必要書類は学生証と免許証(または保険証・住民票)、印鑑です。限度額の範囲は3万円〜20万円、金利は年率15.0%〜20.0%で即日融資も対応しています。

 

申込手続きはインターネットの他に電話や店舗窓口が利用できます。キャッシングホワイトの資金の使い道は自由で、学費以外にも利用できます。キャッシングホワイトの学生専用ローンは、学生が多い京都ならではのサービスです。

 

京都の地方銀行カードローン

 

京都の地方銀行で一番有名な金融機関が京都銀行です。

 

一般的に地方銀行や信用金庫のカードローンサービスは、その金融機関の営業区域内に居住している人でなければ利用することができません。ところが京都銀行カードローンは京都銀行の営業区域以外に住んでいる方でも利用できます

 

ただし、京都銀行カードローンを利用するためには京都銀行の普通預金口座を開設している必要がありますし、京都銀行カードローンの契約手続きの際に店舗窓口に出向く必要があります。そのため営業区域外に住んでいる方が新規にカードローンの契約を結ぶ場合には不便に感じるかもしれません。京都観光に訪れた際に、カードローンの手続きを行うこともできます。

 

京都銀行カードローン(京銀カードローンW)には、自動引き落としに利用している口座の残高不足の際に自動融資が行われる便利な機能が付いています。カードローンの契約後に利用限度額を増額してもらうことも可能です。

 

京都銀行カードロー(京銀カードローンW)のスペックをご紹介します。

利用条件は、年齢が20歳以上60歳以下の安定した収入がある人で、京都銀行で他のカードローンを利用していないことです。外国籍の方でも、永住者であれば利用できます。他のカードローンを解約すれば申し込みができます。

 

仮申込はインターネットで出来ますが、本申込は郵送と窓口で手続きを行います。必要書類は本人確認書類と届出印鑑、限度額が100万以上の場合のみ収入証明書が必要です。利用限度額は30万円〜500万円、金利は年率3.975%〜11.975%です。メガバンクよりも金利が低く抑えられています。契約後に限度額を増額してもらうこともできます。

 

 

限度額増額は、利用実績・返済実績・前年度の年収を基準にして審査が行われます。京都銀行カードローンを少なくとも半年〜1年の利用する必要があります。増額の審査に通過すれば2週間ほどでサービスに反映されます。京都銀行カードローンは限度額に応じて借入金利が下がるので、利息を節約するために増額してもらうことができます。

 

京都銀行カードローンの他に、おまとめ目的で利用するのであれば「グッドサポート」がおすすめです。

 

グッドサポートの利用条件は20歳以上で返済時の年齢が満76歳未満、安定した収入があればパート・アルバイトの人でも利用できますが、学生や年金生活者は利用できません。

 

申込方法は京銀カードローンWと同じで、必要書類は本人確認書類と源泉徴収票または税務署印のある確定申告書です。限度額は10万円以上1000万円以内で、金利は3.675%〜13.675%です。グッドサポートの利点は、他社からの多重債務の一本化や借り換えにも利用ができることです。

 

グッドサポートも一般的な銀行カードローンの金利よりも低めに設定されているので、おまとめローンや借り換えローンとしても利用すれば金利を下げることができます。京都銀行カードローンまたは京都銀行フリーローンを利用すれば、メガバンクよりも低利で借り入れができます

 

京都の信用金庫ローン

京都に住んでいる方であれば、京都銀行カードローン以外にも信用金庫のローンも利用できます。地元の信用金庫である京都信用金庫でもカードローンサービス「京信スーパーカードローン」を取り扱っています

 

京信スーパーカードローンの利用条件ですが、

  • 京都信用金庫の営業区域内に居住または勤務していること
  • 返済時の年齢が20歳以上68歳未満である

ことです。主婦、パート・アルバイトの人でも最高限度額が30万円まで利用可能です。限度額は30万円・50万円・100万円のいずれかで、年利14%です。

 

京信スーパーカードローンは京都銀行カードローンよりも金利が少し高めですが、一般的な銀行・信金カードローンと同じ水準です。金利や限度額を見る限り、京信スーパーカードローンよりも京都銀行カードローン(京銀カードローンW)の方がおすすめです。

 

実は、京都信用金庫には当信用金庫と取引がある方向けに「スマートLINE」「キッチンLINE」というお得なカードローンがあります。

 

「スマートLINE」

サービス内容ですが、限度額は30万円・50万円・100万円・200万円で、いずれのコースも年利が4.8%です。利用できる年齢は20歳以上65歳未満(最終返済時の年齢は70歳未満)です。「スマートLINE」も、申し込みをするためには京都信用金庫の営業区域内に居住または勤務している必要があります。

 

「スマートLINE」の申込み方法はインターネットまたは郵送で、本人確認書類の提出が必要です。「スマートLINE」に申込ができるのは、「京信ポイントサービス」を利用中でサードステージ以上である必要があります。京信ポイントサービスは、京都信用金庫の口座で取引をするとポイントが加算されます。

 

京都信用金庫の普通預金庫口座に5万円以上の給与または年金受取があるだけでサードステージになります。他にもクレジットカードや公共料金の自動引き落としなどでもポイントが加算されます。京都信用金庫の口座に給料振込を利用している方であれば、年利5%を切る低金利のカードローンが利用できます。

 

「キッチンLINE」

限度額が100万円以内ですが、「スマートLINE」よりも更に金利が低くなります。「キッチンLINE」は年率3.8%で、京都信用金庫で住宅ローンを利用していることが申込条件です。年齢や申込方法は「スマートLINE」と同じです。「キッチンLINE」は住宅ローンと同時に申込むことができ、家族カードも発行してもらえます。「キッチンLINE」の家族カードの発行条件は特に決められていないので、家族であれば学生でも家族カードが利用できます。

 

京都信用金庫では、一定の取引がある人に限り使い道が自由のカードローンで年利5%を切るサービスが利用できます。京都信用金庫の営業区域内に居住していて、給料の振込先に当信用金庫の普通預金口座が利用できる方であれば金利が低い「スマートLINE」が一番おすすめです。

 

まとめ

京都の地元の金融機関である京都銀行や京都信用金庫のカードローンは、一定期間の利用実績や他のサービスと併用すれば有利な条件で融資が受けられます。

 

京都銀行カードローン(京銀カードローンW)であれば、1年以上の利用実績を作れば限度額を増額してもらえる可能性があります。限度額が増額されると適用される金利が下がるので、長いこと利用し続けるほど有利な条件でカードローンが利用できます。

 

注意すべき点ですが、審査結果によっては増額が認められない場合や、逆に限度額が下がってしまうことがあります。京都銀行カードローンを利用している場合は、年収が上がった際などに増額の審査を申込んでみるようにすると良いでしょう。

 

京都は平安時代から続く、非常に長い歴史を持つ町です。京都は一見さんお断りの料亭にみられるように、お金持ちよりも長いお付き合いのある人との関係を大切にするような土地柄です。京都銀行カードローンで増額を申し込む際も、利用期間や実績が重視されます。

 

最初は希望した限度額が認められないかもしれませんが、利用実績を作ることで限度額を増額して有利な条件でローンが利用できるようになります。京都銀行のカードローンを利用する際は、長期間にわたり利用を続けるようにしましょう。

 

京都信用金庫では給与振込や公共料金・クレジットカードの引き落としなどで当信用金庫を利用している人向けに、低金利のカードローンサービスがあります。住宅ローン利用者向けに低利のカードローンのサービスを実施している銀行や信用金庫は日本全国にたくさんありますが、年利5%を切るほどの低利のカードローンは非常に少ないです。

 

京都信用金庫の営業区域内に住んでいてカードローンの申込みを検討している方は当信用金庫の普通預金口座を給料の受取口座に指定して、「スマートLINE」に申込んでみることをおすすめします。

 

京都銀行カードローンや京都信用金庫カードローン「スマートLINE」「キッチンLINE」はメガバンクのカードローンよりも低い金利で借り入れができるので、返済時の利息を節約することができます。即日融資が必要な場合は大手消費者金融やメガバンクのカードローンを利用する必要がありますが、日数に余裕があれば京都銀行カードローンや京都信用金庫のカードローンの利用も考慮してみることができます。

 

京都銀行カードローンは、京都に住んでいない人でも申し込みができます。低い金利でカードローンを利用したい方であれば、観光などで京都を訪れた際に京都銀行の本支店に立ち寄ってカードローンの申込をすることができます。

 

学生の多い京都には、日本でも数少ない学生専用ローンサービスを取り扱う消費者金融業者があります。関西地区の学校に通う学生でどうしても急にお金が必要になった場合には、キャッシングホワイトの学生専用ローンを利用することができます。キャッシングホワイトの店舗では気軽に相談ができる雰囲気なので、初めてローンを利用する学生でも安心して利用することができます。

お金借りるランキング

お金借りる

×