大手以外にも自分にあったお得なカードローンが見つかる!福岡のカードローン

大手以外にも自分にあったお得なカードローンが見つかる!福岡のカードローン

 

福岡県、特に博多周辺は九州地方の中でも一番栄えており、大手消費者金融や都市銀行の支店があるため、カードローンの契約先で困ることはあまりないでしょう。大手金融機関は申込者数が多い分、契約する相手を選ぶことができます。

 

そのため少し信用力が低かったり過去のカードの利用方法で不利なデータが残っていると、大手ではなかなか審査に通らないような人もいるでしょう。

 

そのような人は大手以外の金融機関も検討してみると良いでしょう。福岡には中小消費者金融や地方銀行、信用金庫もたくさんあります。中にはお得な契約条件でお金を借りることができるカードローンも存在しています。

 

福岡には大手消費者金融がたくさん!

消費者金融の場合、大手でも比較的審査通過率は高くなっています。貸金業法が改正されるまでは消費者金融と銀行を比較した時、消費者金融のほうが無担保融資残高が多くありました。

 

しかし最近では銀行系カードローンが守備範囲を広げており、貸出残高では銀行が消費者金融を抜いています。消費者金融の多くは銀行よりも高い金利で貸し出しをしているため、お金を借りたいと思った人はまず先に銀行で申し込みをするケースが多く、優良顧客を銀行に持っていかれてしまっているのです。

 

そのため大手消費者金融は比較的審査通過率が高くなっています。

 

福岡にはモビット、プロミス、アコム、アイフルなどの大手消費者金融の店舗や契約機が設置されています。特にプロミスは三井住友銀行の自動契約機で申し込みができるため、ローン契約機の数はこの中でも一番多くあります。

 

消費者金融の売りはなんといっても「即日融資」です。しかし即日融資を実現するためにはいくつかの条件が必要になります。例えば契約後に振り込みによる融資をしてもらう場合は、平日の銀行営業時間内にすべての手続きを終えなくてはなりません。普通に働いている人にとって平日の15時までに契約手続きから振り込み依頼まで出すのは、少しハードルが高いかもしれません。

 

プロミスの場合は三井住友銀行やジャパンネット銀行、アコムの場合は楽天銀行の口座があれば24時間いつでも振り込み融資をしてもらうことができます。

 

しかしこうした銀行口座はすべての人が持っているわけではありませんので、条件に当てはまらない人もいるわけです。そのような人たちでも即日融資を実現するために必要なのが、有人店舗や自動契約機です。

 

有人店舗や自動契約機では契約完了後にその場でカードが発行されます。発行されたカードは契約した限度額内ですぐに利用することができます。審査業務は夜の9時など遅い時間まで営業している消費者金融が多いため、こうした設備があるかないかで即日融資の可能性が大きく異なってくるのです。夜遅くまで営業をしてくれていれば、仕事を終えてからの申し込みでも間に合う可能性が高くなります。

 

銀行や消費者金融の審査手順はどこも似たような方法になっています。まず申し込みをすると仮審査が行われます。仮審査では申込内容と信用情報から融資可能かどうかを、システムが自動的に計算して出してくれます。そのため早ければ30分程度で結果を出してもらうことができるでしょう。消費者金融はこの「スコアリングシステム」の精度が非常に高くなっています。その後本人確認や在籍確認など、人による審査が行われます。

 

契約業務の中ではどちらかというとこの本審査のほうが時間がかかるでしょう。在籍確認では職場に電話をし、本当に申込書に書かれた場所で働いているかどうかチェックされます。土日に申し込んだ場合、会社が休みだとすぐに在籍確認が取れないこともあるので注意しましょう。中には書類審査など、別の方法で審査を進めてくれることもありますので、急いでいる人や会社が休みの日に申し込みをする人は相談してみると良いでしょう。

 

審査通過率を上げたいのであれば、希望する限度額は低い金額を指定すると良いでしょう。

 

ただし低い限度額では金利が高くなることがあります。お得な条件でカードローンの契約をしたいのであれば限度額を増やしていく必要があります。カードローンは利用を続けて信用力を付けていくことで、契約内容を変更することができます。消費者金融の場合は限度額が総量規制によって年収の3分の1までと決められています。

 

もし300万円以上の収入があるのであれば、将来的には100万円以上のカードローンにして、金利を15%以下まで下げることできるでしょう。複数の会社から借りるよりも1社からまとまった金額で借りたほうが、お得なローンとなっていきます。

 

福岡拠点の主な消費者金融

福岡にはメガバンクや大手消費者金融以外にもさまざまな中小消費者金融があります。

 

中小消費者金融は知名度も低いため少し心配に思うこともあるかもしれません。中小消費者金融を真っ先に選ぶ人は少なく、多くの人が大手消費者金融や銀行のカードローンの審査で落ちてしまった人たちです。中小消費者金融はそうした審査に通過できなかった人たちの受け皿的な存在となっています。そのため大手金融機関よりも審査基準が緩くなっているところがほとんどです。

 

福岡で営業している中小消費者金融としては、アスカ、スカイオフィス、エフォートコーポレーション、ショーエイ、エクセルなどがあります。

 

アスカは全国的にも知名度のある中小消費者金融でしたが、2016年11月以降にホームページを削除してしまい、インターネットからの申し込みができなくなってしまっています。スカイオフィスも全国的に知名度の高い消費者金融です。大手と比較するとどの点がお得なローンなのでしょうか。

 

スカイオフィスはインターネットから申し込みをすることができます。平日14時までに申し込みをすれば即日融資が可能など、大手消費者金融や銀行と同じスピード感で審査を行ってくれます。融資額は少なく最高金利が20%と高くなってしまっているのは難点ではありますが、どうしてもすぐにお金を借りたい場合には検討しておきたい消費者金融です。最大50万円まで、金利15%〜20%で借りることができます。

 

10万円以上の限度額になれば金利は18%に引き下がりますので、少しでも金利を下げたい人は10万円以上を希望したほうがお得なローンになります。

 

必要書類は免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類と、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書です。スカイオフィスのローンは「カードローン」ではない点に注意が必要です。カードローンは好きなタイミングで契約した限度額内で借りることができますが、スカイオフィスの場合は最初に契約額を全額借り入れ、その後は返済専用となります。

 

カードローンを持っていると返済しては借りてを繰り返してしまい、なかなか完済できない人もいます。このローンは追加融資を受けられないことから強制的に完済を目指していくことになりますので、借金の管理が苦手な人にとっては負担が少なくなる可能性があります。銀行などでは「フリーキャッシング」と呼ばれるタイプの商品と同様です。

 

福岡にあるショーエイもまたスカイオフィスと同じような商品を提供していますが、ショーエイの場合は100万円まで借りることができます。車購入資金のためのキャッシングをすることもできますが、こちらは車が担保となる点に注意しましょう。もし返済ができなくなってしまうと車が差し押さえの対象となってしまいます。

 

車購入のためのキャッシングも無担保キャッシングも金利や限度額の条件が一緒ですので、無担保キャッシングをしたほうがリスクが少ないでしょう。ショーエイはインターネットからの申し込みができますが、店舗も福岡県内に2店あります。

 

中小消費者金融や大手消費者金融に申し込みをする場合は、総量規制の存在を忘れないようにしましょう。特に他社に借り入れがある人は別の会社に申し込みをした時に借りることができる金額が、すでに借りている分低くなります。特に中小消費者金融に申し込みをする人はすでに他社に借り入れがあることが多いので、現在自分の借金がどれくらいあるのか把握しておくことが大切です。

 

申込書には他社借り入れ件数と残高を記入しなくてはなりませんが、正確な数字を書かないと「嘘をつく人」、「借金の管理ができていない人」と思われてしまい、審査の段階から信用が大きく下がってしまうこともあります。クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象なのには注意しておきましょう。

 

未成年でもン借りれる地銀のカードローン

カードローンは「契約」をしないとお金を借りることができません。契約という行為は民法では成人にのみ認められている行為ですので、多くの金融機関では未成年の人が自分だけの判断でお金を借りることはできません。学生専用カードローンでさえ未成年の場合は保護者の承諾が必要になってしまいます。

 

また、多くの金融機関ではカードローンの契約年齢制限が20歳以上となっているため、未成年の人が利用できるカードローンを見つけることは非常に困難なのが現状です。

 

しかし福岡には18歳以上の学生が借りられるカードローンを提供している銀行があります。

 

福岡には地方銀行が5行ありますが、地方銀行はメガバンクに対抗するためにさまざまなユニークな商品を出しているところがあるのです。

 

学生でも契約することができるローンを提供しているのが筑邦銀行です。

 

筑邦銀行には

  • 住まいるカードローン(金利3.5%〜9.5%)
  • ミニカードローン(金利13%)
  • エクセルカードローン(5%〜11.8%)
  • マイポケットカードローン(金利14.6%)
  • キャンパスカードローン(金利8.8%)

があります。

 

この中で学生が利用できるのがキャンパスカードローンです。

 

限度額が最大30万円までと比較的少額ではありますが、消費者金融などと比較してもかなりの低金利で契約できるため、お得なカードローンと言えるでしょう。

 

保証人や担保は不要ですが、未成年の場合は法定代理人(親権者)の同意が必要になります。未成年の人はこっそり親に内緒でお金を借りることはできませんので注意しましょう。お金の使い道は学生生活に必要な資金とされており、就職活動費や資格所得費用などに利用することができます。

 

筑邦銀行以外で学生が利用できるローンを提供している金融機関に、西日本シティ銀行があります。西日本シティ銀行には学生奨学ローンという名前のローンがあるように、見るからに学生をターゲットにしていることがわかるでしょう。10万円から100万円借りることができますので、筑邦銀行と比較するとまとまった金額を融資してもらうことができます。

 

また金利が非常に低く、在学期間中は固定金利で2%、卒業後は変動金利になりますが、おおよそ5%以下の金利になります。通常学生のように収入の低い人はお金を借りるときに苦労するものです。借りることができても少額で高い金利となることが多いのですが、こうした金融機関のように学生をターゲットとしている商品では驚くほどお得な条件で借りることができるでしょう。

 

地銀に申し込みをする場合注意しておかなくてはならないのが、対象としているエリアです。全国から申し込みを受け付けている地銀もありますが、多くの地銀は地元密着型の営業をしているため、そのエリアに住んでいたり働いている人にしか融資を行ってくれません。お得な条件で契約できるようなものが見つかったとしても、対象エリア外からでは契約ができないのです。

 

地銀は大手と比較すると知名度も低いためローンの第一候補として検討されることは少ないかもしれませんが、ユニークな商品内容のローンをたくさん提供しているところもありますので、一度確認をしておくのも損はしないでしょう。中には大手金融機関よりもお得な条件で契約できる商品もあります。

 

地銀の場合、大きな町に支店を出しているところもあります。福岡は日本でも有数の大都市ですので、遠くの地銀が支店を出していることもあり、そうした金融機関のローンを検討することもできるでしょう。

 

住んでいるエリアによって商品の選択肢が変わってきてしまいますので、もし引っ越しをするときにも注意はしておいたほうが良いかもしれません。ただし一度契約したローンであれば引っ越しをしてもそのまま継続して利用をすることができます。

 

福岡県を拠点にしている信用金庫

お金の借り先としてはマイナーかもしれませんが、信用金庫にもお得なローンが多数あります。まず信用金庫とはどのような金融機関なのか知っておきましょう。

 

信用金庫はその地域に住んでいる人たちが会員となって、その地域の繁栄を協力していくために作られた金融機関です。銀行は会社ですので株主がいて、株主の利益が優先される集団です。銀行は収益性の高い大手企業との取引を優先する傾向にありますが、信用金庫は個人やその地域で営業をしている中小企業の支えになることを経営理念としています。

 

同じような金融サービスを提供していても、その目的は大きく異なっているのです。信用金庫は非営利の金融機関ではありますが、金利が極端に低いというわけでもありません。サービスを継続して提供していくためにはコストがかかるため、その分は収益がなくてはならないからです。同じような金融機関に労働金庫があります。

 

福岡県を拠点としている信用金庫は8つあります。

 

  1. 福岡信用金庫
  2. 福岡ひびき信用金庫
  3. 大牟田柳川信用金庫
  4. 筑後信用金庫
  5. 飯塚信用金庫
  6. 田川信用金庫
  7. 大川信用金庫
  8. 遠賀信用金庫

です。

 

福岡信用金庫のきゃっする500は専業主婦やアルバイトでも利用することができます。その名前からわかる通り、500万円まで借りることができます。金利は4.8%〜14.5%ですので、大手金融機関のカードローンと比較しても見劣りするものではないでしょう。

 

専業主婦の場合は配偶者が69歳以下で年金、パート、アルバイト以外の安定した収入がある場合に利用することができます。ただし限度額は50万円までとなります。インターネットやFAXなどから申し込みをすることができますが、最終的には窓口での手続きが必要です。

 

他の信用金庫でも同様ですが、信用金庫のカードローンの場合はほとんどのケースで来店が必要になります。また申し込みをする場合は対象となっている地域を確認してから申し込みをするようにしましょう。

 

口座開設が必要になるケースも多く、銀行とは違う点に注意が必要です。来店が必要になることから当然ですが遠くに住んでいる人は契約で手間がかかってしまいます。離島など遠くに住んでいる人にとっては借り入れ実施までにかなりの時間がかかってしまうこともあります。

 

福岡信用金庫にはアシストという名前のローンもあります。こちらは10万円から300万円で金利が14.6%で固定されています。通常カードローンは限度額が高いほど金利が低くなります。300万円の借り入れで14.6%という金利はやや高くなってしまいますので、アシストは少額の借り入れのほうが適しているでしょう。

 

信用金庫との取引ではそれまでに取引実績があったかどうかで審査に大きな違いが出てくることがあります。中にはカードローンの契約を勧められて契約する人もいますが、実績次第では金利の引き下げ交渉や限度額アップなど融通の利いたサービスを行ってくれることもあります。信用金庫のローンの場合は即日融資ができなかったり、口座開設や会員登録など少し手間がかかってしまうこともあります。

 

しかし消費者金融などから高い金利で借りるよりは確実に負担を減らすことができます。良い付き合いをしているといいことがあるのが信用金庫です。また、信用金庫のローンは銀行系カードローンと同じように総量規制の対象外です。大手金融機関のように大きな存在感のある金融機関ではありませんが、地元に密着しているという点からいえば親近感のある金融機関と言えるでしょう。

 

審査では他の金融機関と比べ、居住年数を重要視する傾向があります。引っ越してきたばかりでは契約が難しいこともありますので注意しましょう。引っ越しで転出してしまっても、すでに契約があって取引をしているのであれば、そのまま利用することは可能です。

 

まとめ

福岡には大手銀行から信用金庫などの地域密着型の金融機関、大手消費者金融から知名度の低い中小消費者金融までさまざまな金融機関があります。特に福岡県内の地銀にはカードローンやフリーローンの種類が豊富で、学生や主婦への貸し出しに積極的なところも少なくありません

 

専業主婦や学生の場合は借りることができる金融機関が限られてしまいますので、このようにユニークな商品をたくさん出している同エリアの人にとっては、福岡はお金を借りやすい街かもしれません。

 

他県にも同じように学生や主婦を対象としているローンもありますが、勤続年数や収入に厳しい制限があるものもあります。福岡の金融機関ではそうした制限が付けられている会社が少ないので、申し込みやすいと言えるでしょう。

 

お金の借り先は大手から中小までさまざまありますが、特にまとまった金額で契約をする場合は有利なローンなのかどうかをしっかりと検討してから申し込みをしましょう。まとまった金額で融資を受ければ当然長い付き合いになります。わずかな金利の差でも最終的に支払う金額に大きな違いが出てくることがあります。

 

お得なカードローンかどうかを見極める方法はいくつかあります。最も簡単に判断できるのが金利でしょう。金利は低ければ低いほど負担が小さくなりますので、利息を払わなくて済みます。ただし毎月の返済額が低い会社には要注意です。返済額が少ないと支払期間が長くなる傾向があり、最終的な利息も膨らんでしまうことがあるからです。そのような金融機関と契約する場合は「随時返済」をうまく活用していきましょう。

 

随時返済は自分の好きなタイミングで返済をしていくものです。早めに元金を減らしていけば、将来発生する利息負担をカットすることができるでしょう。カードローンタイプの借り入れでは随時返済も自由に行うことができますが、フリーローンでは制限されていることがあるので注意しましょう。フリーローンタイプのローンはカードローンのように自由に好きな時に借りることはできませんので、何か使う目的があって金額がわかっているときに利用すると良いでしょう。

 

フリーローンタイプにはさまざまな制限がある場合がありますが、その分カードローンと比較すると同じ金額を借りた場合でも金利が低くなることが多くなります。これは追加融資を受けることができないという不便さが、金融機関にとって破たんリスクを低くするためです。

 

お金を借りるときは契約できるかどうかばかりに注目してしまい、その後の返済についてあまり考えない人もいます。借りたお金は必ず返済していかなくてはなりませんので、収入に見合わない借金を作ることは避けるようにし、お金が必要になってしまった原因についても見直してみる必要があります。お金は借りずに済むのであれば借りないほうが良いでしょう。

 

借りることができる金融機関はたくさんありますし、最近では銀行も無担保ローンに積極的です。簡単に借りることができる分、借金という重みを理解する暇がないことがありますが、お金を借りるような状況になってしまうのはできるだけ避けたほうが良いです。そのうえでやむを得ず借りるのであれば、有利な条件で契約できる金融機関を選択するようにしましょう。

 

カードローンを契約した場合は、契約後に契約内容の見直しもするようにしましょう。新規の契約では金融機関にとってリスクが高いため、あまり良い条件ではないことがあります。

 

利用を続けて信用力ができてくると、限度額をアップしたり金利を下げることもできます。

 

特に金利の引き下げができる状況だとしても、金融機関にとっては利益が下がってしまうわけですから、わざわざ教えてはくれません。交渉がしやすくなるように金融機関とは積極的にコンタクトを取るようにし、信用を深めていくと良いでしょう。

お金借りるランキング

お金借りる

×