広島の消費者金融と銀行系カードローンを比較

 

広島県でカードローンを借りる場合には、地方銀行や消費者金融などのカードローンの中から自分に一番合ったものを選択しましょう。一般的には銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されていますが、審査基準が厳しいという点があります。

 

一方で、消費者金融は金利は少し高いものの一定の基準をクリアすれば、借り入れ当初期間は金利が0円で利用できるなど、お得な場合もあります。また、地方銀行のカードローンでは口座開設が不要で、ATMで返済ができるプランもありますので、それぞれの特徴を知ることから始めましょう。

 

広島の消費者金融事情

広島県内の消費者金融の中でも、まずは大手の消費者金融を見ていきましょう。

 

広島県内にある大手の消費者金融会社は、モビット、プロミス、アコム、アイフルがありますのでそれぞれの特徴をみていきましょう。

 

まず、一番大事な借入金利についてですが、モビットは限度額が最大800万円までで金利は3.0%から18.0%となっています。プロミスは、限度額が最大500万円までで、金利は4.5%から17.8%となっています。アコムは、限度額が800万円までで、金利は3.0%から18.0%となっており、モビットとまったく同じ条件になっています。

 

最後にアイフルは、限度額が500万円までで、金利は4.5%から18.0%となっています。いずれにしても、融資金利はかなり高めに設定されており銀行のカードローンと比べてもかなり金利が高いことがわかります。

 

カードローンの返済は、月々の返済額で考えてしまうと、大した額ではないように感じますが、実は金利負担は相当なので金利が1%違うだけで返済総額は大きく変わってきますので、できるだけ金利の低いところで借りたいところです。

 

しかし、大手の消費者金融では、最初の利用に限って、当初30日間は利息がまったく発生しないといった特典もあり、使い方によってはお得に借りられることもありますので、各会社の特徴を押さえておきましょう。次に店舗やATMの数を見てみましょう。

 

広島県内にモビットの有人店舗は1つもなく、ローン契約機が4台あるだけです。プロミスは、広島県内に有人店舗が1つあり、ローン契約機が23台、専用ATMも23台だけありますので、困った時にはすぐに利用することができますし、返済するときも近くで返すことができて非常に便利です。

 

アコムもほぼ同じ条件で、広島県内に有人店舗が1つあり、ローン契約機が22台、専用ATMも23台ありますので、こちらもお金が急に必要になった場合の強い味方になってくれますし、返済にも困りません。アイフルも広島県内にある1つの有人店舗があり、ローン契約機が22台、専用ATMも9台あって便利です。

 

また、大手の消費者金融の最大の特徴は、とにかく融資までの手続きが非常に簡略化されていて審査実行が早いという点です。具体的には、インターネットサイト上で全ての申し込み手続きが完結しますし、本人確認書類や収入を証明する書類の提出も一切不要になっていますので、審査回答はすぐにでますし、その日のうちに融資実行されてお金が手に入るというメリットがありますので、すぐにでもお金が欲しい人の強い味方です。

 

もちろん、消費者金融のカードローンは、貸金業法に定める総量規制の対象となる為、年収の1/3までしか利用することができませんので、すでに他の消費者金融から借入がある場合には注意が必要です。

 

広島の中小消費者金融事情

広島県内には、中小の消費者金融会社が多くあります。中小の消費者金融のカードローンを利用するにあたって、最も大切なのは、その消費者金融会社が日本貸金業協会に正規に登録された貸金業者なのかという点です。この点は、金融庁のホームページなどで正規の登録業者の確認ができますので、必ず確認を怠らないようにしましょう。

 

もし、確認を怠った結果、無登録の業者からお金を借りてしまった場合には、のちのちになって高額な金利支払いを請求されたり、違法な取り立てを続けられるなど、思いもよらないトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いです。

 

もちろん、銀行や信用金庫、大手の消費者金融会社でお金を借りられない場合にも中小の消費者金融ではお金を貸してくれる場合はありますが、その話には裏がある可能性もありますので、十分に注意しておきましょう。

 

また、悪徳業者かどうかについても、日本貸金業協会のホームページで検索をすることができますので、念には念を入れて十分に確認しておきましょう。日本貸金業協会の悪徳業者のクイック検索では、消費者金融の業者名を入力して検索すると、正規の消費者金融会社であれば何もヒットしませんが、悪徳業者であれば過去に報告された被害事例を見ることができますので、非常に役に立ちます。

 

それでは、広島県内にある中小の消費者金融会社の一覧とその特徴を見ていきましょう。

 

まず、広島市中区にある中央商事株式会社は日本貸金業協会会員番号が第002587号で正規会員です。同じく広島市中区にある株式会社ウツミ屋総合サービスは、日本貸金業協会会員番号が第000811号です。同じく広島市中区にある株式会社シンヨーは日本貸金業協会会員番号が第000054号です。次に、広島市南区にあるエビスリース株式会社は、日本貸金業協会会員番号が第000509号です。広島県福山市にあるクレジットプラザは日本貸金業協会会員番号が第005420号です。同じく広島県福山市にあるピースは、日本貸金業協会会員番号が第005548号です。また、同じく広島県福山市にあるアルククレジックは、日本貸金業協会会員番号が第5380号です。第広島県呉市にあるクローバーは、日本貸金業協会会員番号が第000740号です。最後に、広島県庄原市にあるアペルトは日本貸金業協会会員番号が第002398号です。

 

いずれの消費者金融会社も金利は15%程度と少し高くなっています。しかし、中小の消費者金融会社の最大の強みは、銀行や信用金庫、大手の消費者金融のカードローンの審査が通らなかった場合にも、借りられる可能性があるという点にあります。もちろん、総量規制の対象となりますので年収の1/3までの借り入れにはなりますが、銀行や大手の消費者金融に比べると審査基準が少し緩い傾向があります。

 

広島の地銀カードローン事情

広島県に本社を置く地方銀行には、広島銀行ともみじ銀行がありますのでそれぞれのカードローンの特徴を見てみましょう。

 

広島銀行

取り扱っているカードローンの商品数がとにかく多いのが最大の特徴です。そして、商品によって借り入れ方法や返済方法を選ぶことができます。

 

例えば、カード型の商品は、カードを発行され、借り入れをしたいときにはいつでもカードで借り入れをして、返済は基本的には毎月の約定日に普通預金口座からの引き落としとなります。カードを利用して随時返済をすることも可能です。

 

また、同じカード型でも直接返済型という商品もあり、借り入れはカードで随時できるのに対して、返済についてもATMで直接返済するため、普通預金口座を開設する必要がありません。

 

また、公務員の方専用のカードローンがあるのも特徴的です。公務員カードローンは、限度額が50万円から300万円まで選択することができ、金利は年利で3.725%または4.225%と、カードローンとしては極めて低く設定されています。広島銀行の一般的なカードローンの金利が年利8.0%程度なのに比べてもその低さは際立っています。

 

その他にもミニ公務員カードローンという商品もあり、限度額は10万円までと少ないですが、年利3.725%とこちらも低い金利が売りです。

 

もみじ銀行

一方、もみじ銀行のカードローンは

  1. マイカードプレミアム
  2. マイカードもみじ君
  3. ミニカードローン

の三種類を取り扱っていますので、順番にその特徴を見ていきましょう。

 

マイカードプレミアム

審査基準が厳しい一方で、金利が2.8%から11.2%と他の地方銀行や都市銀行と比較しても圧倒的に低い金利なので注目したい商品です。もみじ銀行の本支店の営業エリア内に居住または勤務していることが融資条件となり、そのうえで勤続年数は3年以上という規定があります。

 

限度額は最大500万円までで、年収に応じて借りられる限度額が決まってきます。また、前年度の年収が最低でも200万以上となっており、さらに、派遣労働者、パート、アルバイト勤務、年金受給者および専業主婦の方は申し込みができません。

 

マイカードもみじ君

派遣労働者、パート、アルバイト勤務、年金受給者および専業主婦の方がカードローンを利用したい場合にはマイカードもみじ君に申し込むことができますが、限度額は100万円までに制限されます。マイカードもみじ君の金利は4.5%〜14.5%となっており、限度額は最大で300万円までとなります。

 

ミニカードローン

これはもみじ銀行で一定の取引をしている人が、最大30万円まで普通預金口座の貸越という形で利用できるもので、金利は10.5%となっています。条件となる取引とは、例えば、もみじ銀行の口座で給与振込指定している場合や公共料金の引き落とし口座に指定している場合などです。

 

広島の信用金庫事情

広島県内には銀行のほかに4つの信用金庫があります。

 

  1. 広島信用金庫
  2. 呉信用金庫
  3. しまなみ信用金庫
  4. 広島みどり信用金庫

 

それぞれの信用金庫でカードローンを取り扱っています。融資を受けるためにはそれぞれの信用金庫の営業エリア内に居住しているなどの一定条件がありますが、条件に合致するようであれば是非検討したいところです。

 

まず、広島信用金庫のカードローンには6種類の商品があります。

ひろしんカードローンは、限度額100万円までで、取引がない場合は年利12.5%ですが、住宅ローンの契約をしている人は年利8.0%優遇される制度があります。

 

また、いますぐまかせんサイは、限度額が100万円から500万円までとまとまった資金が必要な方におすすめで、金利も4.9%から8.0%と低めに設定されていますので、一定の融資条件をクリアできる方にはおすすめです。

 

その他に、子育て世帯限定のカードローンや教育目的のカードローンなど、使途を限定したカードローンがあるのも広島信用金庫の特徴です。

 

次に、呉信用金庫のカードローンですが、くれしんカードローンと、くれしんカードローンきゃっするがあります、

まずくれしんカードローンは限度額が10万円から100万円までで、年利13.5%となっています。次に、くれしんカードローンきゃっするの特徴は、最大で500万円まで利用することができ、融資金利も限度額に応じて異なる設定となっています。

 

例えば、限度額が300万円から500万円までの場合には年利4.5%となります。

 

その他にも、呉信用金庫では子育て向けのカードローンや、教育資金向けのカードローンも発行していますので目的に応じた利用ができる点で注目です。

 

次に、しまなみ信用金庫ですが、三種類のカードローンを取り扱っています。

  1. しんきんカードローン

    まず、融資限度額が50万円までのしんきんカードローンは、年利14%程度となっています。

  2.  

  3. しんきんきゃっする

    限度額が最大500万円まで可能で、限度額に応じて金利も異なっており、限度額300万円から500万円までの場合には年8.8%となっています。この商品は専業主婦の方でも、配偶者の方が安定した収入があり69歳以下であれば申し込みが可能です。

  4.  

  5. エグゼ

    同じく、融資限度額が最大で500万円までのエグゼという商品は、勤続年数が2年以上という条件がありますが、厳しい審査基準をクリアすれば年利7.5%または9.5%という低い金利で利用することができますのでおすすめです。

 

最後に、広島みどり信用金庫のカードローン

基本的には1種類の商品しかありませんが、最大で100万円までの貸し付けで年利8.4%または12.5%と比較的低金利で利用することができます。また、18歳以下の子どものいる家庭限定の子育て専用カードローンもあります。

 

都銀と地銀がおすすめです!

以上見てきたように、カードローンは様々な金融機関で取り扱っており、それぞれに特徴があることがわかりましたが、やはり経営基盤も安定しており金利も低く設定されている都市銀行のカードローンか地方銀行のカードローンを契約することができるとベストです。

 

金利を再確認しておくと、都市銀行の中には2%台のものもありますし、銀行も3%台のものなどあり、消費者金融が15%前後であることに比べて際立って低い金利設定となっています。さらに、都市銀行や銀行のカードローンのメリットとしては、貸金業法の総量規制の対象外となるので年収の1/3以上の借り入れができる点も挙げられます。

 

逆に言うと、消費者金融などのノンバンク系の金融機関は、貸金業法に定める貸金業者に該当するため、総量規制の対象となります。もちろん、金利が低い反面、銀行の審査基準は消費者金融やその他ノンバンク系のカードローンの審査に比べると厳しいので、カードローンの申し込みをしても必ずしも審査が通るとは限りません

 

それでも、銀行のカードローンも申し込み手続きがインターネットサイト上からですべて完結して、しかも本人確認書類や収入を証明する書類の提出も不要なので非常に簡略化されており、申し込みをすることには大きな負担がかかりません。

 

銀行の場合は普通預金口座の開設が条件となるところもありますが、即日で審査回答が出るところも多く、場合によっては即日融資できるところもあります。

 

返済方法も各銀行の特色があり、カードで随時返済するタイプのものもあれば、毎月普通預金口座から約定日に定例返済というものもあります。

 

また、広島銀行のカードローンは、カードで何度でも随時借り入れができるものもあれば、最初に一括で借り入れをしておいて、後は分割で返済するというタイプのものもありますので、自分に一番適したものを選ぶことができます

 

一方で、広島県内の信用金庫のカードローンは金利も銀行には劣りますし、審査や融資にかかる時間も少し長めです。

 

もちろん、消費者金融のカードローンは申し込み手続きがインターネットサイト上からですべて完結しますし、本人確認書類や収入を証明する書類の提出も不要なので、即日回答および即日融資実行が可能であることを大きな売りとしています。でも、時間的な余裕があるようであれば、銀行でカードローンを契約することをおすすめします。

 

もし、消費者金融でカードローンを契約した場合にも、その後に銀行でカードローンの申し込みをして借り換えをするという方法もあります。そうすれば、金利負担も少なくて済みます。最も、銀行の審査基準は厳しく、消費者金融などのカードローン専業の金融機関で借り入れがある場合には、それだけで審査が通らなくなってしまう可能性もありますので、十分に注意しておきましょう。