アプリからも借入可能!スルガ銀行カードローンの即日融資の方法は?

アプリからも借入可能!スルガ銀行カードローンの即日融資について

カードローンの契約で気になるのが、いつ借入ができるかです。カードローンの契約をする人の中には、急いで資金を集めなくてはならない人もいます。そのため「即日」で借入ができるカードローンというものは一定の需要があります。また、借入方法も重要で、インターネットバンキングやアプリから簡単に利用できるもののほうが需要が高くなります。

 

ATMで借りると手数料がかかってしまうことがありますが、基本的にインターネットバンキングやアプリからの振り込み融資では手数料がかかることはありません。即日融資対応のカードローンでも、いくつかの条件を満たさないと翌日以降の融資になってしまうこともありますので、申し込みをする前に、自分の状況が即日融資に対応しているか確認することも重要です。

 

独自性のある経営方法が特徴の「スルガ銀行」

スルガ銀行は静岡県に地盤を置く地方銀行ですが、独自の経営戦略によって注目を集めている金融機関でもあります。金融ビッグバンと呼ばれる1996年から2001年の間にスルガ銀行もインターネットバンキングに対応しました。日本初のインターネット専業銀行の登場が2000年に入ってからですので、それよりも早くに時代の流れに乗った銀行でもあります。

 

システム開発力も高く、銀行のさまざまな手続きを簡単に行うことができるアプリも公開しています。スルガ銀行は国内に134店舗あり、静岡県以外の地域でも幅広く営業をしています。一番静岡県から遠い場所では、福岡にも店舗が1つあります。県内には「地銀の雄」とも称される静岡銀行がありますので、それに対抗する第二の地銀としてスルガ銀行はその存在感を高めています。

 

スルガ銀行では銀行内にお店を設置する「インブランチストア」という形態で出店し、注目を集めました。商業施設内に銀行支店が設置されることは多かったのですが、銀行内にお店が開かれるのはとても珍しいことでした。このような独自戦略を評価され、2003年には企業の競争力向上のために設立された「ポーター賞」を受賞しました。

 

この賞を受賞する企業は毎年3〜4社ありますが、現在でも銀行業で受賞しているのはスルガ銀行だけです。この賞では住宅ローンの利用条件や審査時間の短縮を高く評価されています。

 

そのような独自路線の戦略で注目を集めるスルガ銀行には、8種類のカードローンがあります。カードローンの種類の豊富さからも、利用者が自分にとって有利な条件で借入できる商品を開発していることがわかります。

 

では、即日で借入ができるカードローンはどのようにして選んだら良いのでしょうか。

 

スルガ銀行で取り扱っているカードローン

スルガ銀行が扱っている8つのカードローンは、

  1. 「リザーブドプランカード」
  2. 「リザーブドプランPLUSカード」
  3. 「Tポイント付きリザーブドプランカード」
  4. 「リザーブドプランカード(エポスカード保証)」
  5. 「自動繰越サービス」
  6. 「eビッグキャッシュ」
  7. 「バンカーズライン」
  8. 「セレブドリームローン」

です。

 

これらのカードローンは種類によって違いがありますが、限度額10万円から800万円で借入をすることができます。金利は3.9%〜14.9%です。銀行系カードローンとしてのスペックは、他社の提供しているものと比較しても平均的な内容となっています。

 

銀行のローンとしては国内で初めて共通ポイントサービスの導入に乗り出しました。Tポイント対応のリザーブドプランでは毎月のカードローンの返済額に応じて30〜1000ポイントのTポイントをためることができます。

 

また、貯まったTポイントを1ポイント1円として返済に使うこともできます。ポイントは随時返済には適用されませんが、この制度があることによって実質的な金利は契約した時のものよりもさらに低くなります。毎月の約定返済額は借入金額によって異なりますが、支払った金額の1%がTポイントで還元されます。

 

これらのカードローンは保証会社が複数あり、スルガキャピタル、ダイレクトワン、オリエントコーポレーション、エポスカードなどの保証を受けることができれば契約可能です。契約時の年齢が20歳以上70歳以下で、安定した収入があれば申し込みをすることができます。即日融資を受けるためには必ずWEBから申し込みをしなくてはなりません。

 

「リザーブドプラン」はメリットいっぱい!

地方銀行ではその地域に住んでいたり、働いている人しか契約できないカードローンを提供していることも珍しくありません。しかしスルガ銀行は地方銀行ですが、居住地域に関係なく申し込みをすることができます。

 

また、銀行カードローンでは預金口座の開設が必要になることもありますが、リザーブドプランは口座開設不要で契約ができます。即時融資はWEB申し込みのみ対応していますので、必ずネットから申し込みをするようにしましょう。

 

お昼の12時までには契約が完了している必要がありますので、午前の早い段階で申し込みをしておかなくてはなりません。混雑時には審査に時間がかかることがあります。ゴールデンウィーク前や年末年始では申込件数が増える傾向にありますので、混雑しているときに申し込みをしても間に合わなくなる可能性があります。

 

スルガ銀行ではコンビニATMやゆうちょ銀行ATM、専用アプリで借入をすることができます。アプリが利用できることで、自宅や職場にいても簡単にお金を借りることができるようになっています。

 

一般的なカードローンでは保険加入はありません。

しかしリザーブドプランではがん保証付き消費者信用団体生命保険に加入できるため、万が一病気で返済ができなくなってしまった場合は保険から返済が行われるようになります。これは住宅ローンで行われている保険制度で、カードローンでも適用されるところはとても珍しいです。がんになってしまうと医療費がたくさんかかってしまうこともありますので、この保険に加入していれば借入をしている人にとっても、安心して治療に専念することができます。

 

他行口座でも利用できる「リザーブドプラン」

リザーブドプランにはいくつかの種類がありますが、スルガ銀行に口座を持っていなくても借入をすることができます。WEB申し込みで審査に通ることができれば、他行の口座宛てに即日融資をしてもらうことができるのです。銀行系カードローンが即日に対応していない理由の1つに、銀行口座を開設しなくてはならないという手間が入ることも1つの要因です。

 

口座開設をすれば金融機関にとってはお金の管理をすることができるため、リスクを減らすことができます。しかし利用者側から見ればカードローンの数だけ預金口座が増えてしまい、資産が分割されてしまう原因にもなります。たくさん預金口座があると利用者側の管理も大変になってしまうでしょう。

 

他行口座でも即日融資ができますが、スルガ銀行の預金口座があってすでに取引実績があると、審査で多少優遇される可能性はあります。

 

こうしたことは他の銀行系カードローンでも同様で、全く初めて取引をする人からの申し込みより、普段から銀行を利用していて、給料の振込先や公共料金の引き落とし口座として利用している人ほど信用が高くなるのです。すでにスルガ銀行で何かしらの取引をしている人は、他社のローンを検討する前にスルガ銀行のローンで、適しているものがないか探してみると良いでしょう。

 

スルガ銀行に口座がない人は毎月の約定返済が、口座引き落としではなく専用カードによる入金返済になります。口座引き落としによる返済を希望する人は、スルガ銀行に預金口座を持っておいたほうが便利でしょう。返済期日は締め日から返済期日まで10日ほどありますので、当日に支払う必要はありません。

 

WEB申込も出来る「リザーブドプラン」

WEB申し込みの大きなメリットは、即日融資に対応していることだけではありません。手書きの書類が不要になることによって、手続きを簡略化させることができます。手書きの書類は不備があったら書き直しをしなくてはなりませんし、書くのにも時間がかかってしまいます。書類を取り寄せる面倒もあります。しかしWEB申し込みであればフォームに入力するだけですので、間違えても簡単に修正ができますし、入力速度も手書きよりも早くなります。

 

金融機関側にもWEB申し込みはメリットがあり、届いたデータをデジタルデータとしてそのまま再利用することができます。そのため審査結果をスピード回答でき、即日融資に対応することができるのです。契約ができたらアプリでの利用がとても便利です。アプリはiPhoneにもAndroidにも対応しています。アプリにはリザーブドプランだけでなく、口座開設やインターネットバンキング、Visaデビットやクレジットカード、ATM検索などさまざまな機能があります。

 

アプリのGPSを利用して最寄りから探すこともできます。アプリから残高照会や返済金額の確認をすることができますので、お金の管理にも便利でしょう。アプリは通信を行いますので、ネットにつながった環境が必要です。電波のない場所では利用できませんし、アプリの通信料によってパケット料金が発生します。アプリの通信量自体はそれほど多くはありませんが、残パケット数が少ない場合は注意し、wifiなどを有効活用するようにしましょう。

 

アプリの詳しい利用方法はスルガ銀行のホームページで解説されています。Android版はアプリのセキュリティーも高くなっており、ウィルススキャンやアプリ署名チェックなどの機能もあります。

 

「リザーブドプラン」のメリット・デメリット

リザーブドプランは条件が合えば即日融資をすることができますが、お昼までに契約が完了している必要があることから、即日融資に対応した時間は午前9時から12時までの間の申し込みのみとなっています。そのときの審査状況によっていつ審査が終わるかは確約できないため、時間内に申し込みをしたから必ず即日で借入ができるというわけではありません。即日融資に重点を置いた申し込みをするのであれば、他社の申し込みをしたほうが安全なこともあります。

 

しかし急ぎで融資を希望しているわけでないのであれば、リザーブドプランはとても魅力的な商品です。静岡県外の人も利用することができますし、専用アプリを利用できるのも便利です。銀行口座を開設する必要がないので、手続きも簡略化できます。保険でローンを全額返済できるのは魅力的であり、おまとめローンの借り換え先としても有力な候補になるでしょう。

 

リザーブドプランの保証会社は複数ありますので、銀行系カードローンですが審査通過率は高くなります。保証会社のうち、どこか1社でも保証をしてくれれば契約することができるためです。リザーブドプランにも種類がありますので、上限限度額や金利を比べて、どのリザーブドプランが適しているのか確認してから申し込みを行いましょう。

 

ポイントを貯めたい人はTポイント付きのものを選ぶのが良いでしょう。Tポイントもアプリで確認することができますので、毎月の約定返済でポイントを増やす楽しみも生まれます。
プリはスマートフォンを持っている人しか利用することができませんが、パソコンからインターネットバンキングを通して利用することも可能です。

 

まとめ

スルガ銀行のリザーブドプランは他の金融機関にはないような機能がたくさんそろっています。中でも消費者信用団体生命保険に加入できるカードローンは珍しく、利用者にとっても精神的な負担が少なく、金融機関や保証会社にとってもリスクの少ない設計です。銀行にとっては保証会社の存在が保険のような役割を果たしていますが、さらに生命保険が加わることによって、2重のリスク回避を行っているのです。

 

リザーブドプランの金利は消費者金融と比較すると低くなっていますが、無利息キャッシングはありません。短期間の利用であれば他社で契約をしたほうが有利になることもあります。最近ではアプリを提供している会社も珍しくはありませんので、アプリがあること自体は便利ですが、それだけがカードローンの決め手になるわけではありません。

 

スルガ銀行カードローンの魅力は、

  1. 保険に加入できること
  2. Tポイントが付くプランがあること
  3. 保証会社が複数存在していること

などです。

 

カードローンの契約をするとき、そのローンの強みが何なのかをしっかりと把握しておきましょう。そして自分の利用金額と返済期間をしっかり計画しておくことも大切です。リザーブドプランの返済日は毎月1日で、変更することはできません。給料日が1日の人は問題ありませんが、別の日にお給料が入る人は、返済できるだけのお金を用意しておく必要があります。

 

締め日から返済日までは10日ほど余裕がありますので、口座不要でローンの契約をした人は、忘れずにATMなどから支払いをするようにしましょう。返済に行くのが面倒だと思った人は、口座開設をしておくのがおすすめです。

お金借りるランキング

お金借りる

×