自動車ローンの審査に落ちる理由

 

自動車ローンを使いたいという人は多いものですよね。憧れのマイカーを手に入れたい、という気持ちはとても良くわかりますし、地域によっては車が生活必需品ということもあるでしょう。

 

とはいえ、自動車ローンには審査があります。誰でも必ず使えるというわけではないというのが大きなポイントです。

 

落ちるときには必ず落ちる理由があり、その対策をすれば審査に通る可能性はとても高くなるものなのです。

 

ではその理由とは一体何でしょうか。自動車ローンに落ちる理由とは一体どういうものか、幾つかのパターンを紹介しましょう。

 

審査が通る条件とは?

まず、審査に通る条件です。
条件の最も大きなところは「年齢」です。

一般的には20歳以上65歳未満ということや、完済時に70歳未満というところが多いでしょう。年齢がこれ以外の場合、ほとんどすべての自動車ローンでは通る可能性はまずありません。完済するまでの年齢がとても重要なポイントになってきますので、高額なローンであれば通らない可能性も出てきます。

 

次に「安定した収入がある」ということです。

この安定した収入というのは、一般的には「月に1階以上どこかから収入がある」ということが条件にあります。例えば給料を毎月もらっている会社員や公務員、会社を運営して利益を上げている事業資金が代表的なところでしょう。また、自動車ローンの種類によっては不動産収入でもOKとするところがあります。自動車ローンを実施する金融機関次第では、年金やネットビジネスでの収入もOKとする場合があるのです。

 

また、収入の額も重要です。

年収は最低でも200万円ほどあれば、自動車ローンに通る可能性は一気に高くなります。実は年収が低いあまりに審査落ちするという人もいるので、年収は最低でも200万円はほしいところでしょう。金融機関によっては150万円以上などの審査要件がある場合もあります。

 

そして雇用形態も見られます。

基本的には正社員や公務員などが通る可能性が高いでしょう。ちなみにパートやアルバイト、派遣や契約社員などの雇用形態も一応は反映されますが、安定した収入があり一定以上の収入さえあれば、派遣や契約社員でも十分通る可能性はあります。派遣や契約社員の場合は少々厳しい傾向もありますが、必ず落ちるというほどひどい状況ではありません。

 

ここまでは難しい条件ではないでしょう。実はこのくらいの条件を満たしていれば十分通る可能性はあるものです。

 

ではこれ以外のパターンを見ていきましょう。

 

まずは年齢です。年齢については、未成年者(18歳から20歳)の場合、親を連帯保証人にしたり親権者の同意があれば使えることもあります。また、親子の担保ローンにしたり、リレー返済という形式でのローンを組む場合もあるでしょう。

 

安定した収入の場合は事業収益や年金でもOKです。年金については2ヶ月に1度という支給ですが、それでも毎月の安定した収入として見られるので、十分自動車ローンを組める可能性はあります。

 

また、パートやアルバイトでも一定の勤務期間があり収入があればOKという場合が多いでしょう。短期・単発のアルバイトの場合は認められないことが多いので、この点は注意したいところです。

 

ちなみに休職中の場合、審査は非常に厳しくなります。

 

それでも安定した収入があり、年収200万円をキープできることが条件として審査に通る可能性もあります。ちなみにこの場合、休職した理由なども加味される事が多いのです。

 

専業主婦の場合、本人に収入がないので通る可能性は少なくなります。ただ、本人以外の配偶者などの連帯保証が可能だったり、収入のある配偶者名義での審査ならば通る可能性が非常に高くなるでしょう。

 

外国人の場合、永住権があるか、日本国籍を所有することが条件です。また、中には日本語が読み書きできたり、日本人の連帯保証人を立てることを条件にする場合が多いでしょう。やり取りの際には日本語を使うため、日本で生活していく以上一般的に必要な日本語の読み書きや商習慣に慣れていることも大事なポイントになります。

 

例えば印鑑や契約の意味、義務や慣習を知っているということがポイントです。

 

審査に通らない理由は何?

逆に、審査に落ちてしまう理由とは一体どういうものでしょうか。ここではいくつかの条件を紹介します。

 

代表的なものは「自分・家族が金融事故を起こしている」ということでしょう。

 

この金融事故とは、長期的な延滞や債務整理・自己破産・代位弁済や強制解約の履歴があるということです。

 

長期的な延滞とは主に2ヶ月から3ヶ月ほど、クレジットカードの代金や他のキャッシングサービス、各種ローン、携帯電話の端末の分割払いなどを滞納したという場合です。こういった滞納は1ヶ月程度が過去に1回あったくらいなら落ちる理由とはなりにくいのですが、2ヶ月もしくは3ヶ月以上続いた場合、落ちる理由となりやすいのです

 

債務整理や自己破産なども金融事故の典型例です。債務を放棄したり返済能力がなくなったのですが、自動車ローンを新しく組みたくても十分落ちる理由になりえます。

 

代位弁済とは、自分の代わりに保証会社が返済したという場合です。

 

これは自分が毎月返済しなくてはならないフリーローンなどを利用した場合、返済ができなかったとき、代わりに保証会社が建て替えて返済してくれるというものです。こういった履歴があると、審査に落ちる理由となりやすいのです。

 

また、強制解約とはクレジットカードや各種ローンを滞納したり悪い利用をしたために強制的に解約されたという場合です。こういった人は、基本的にローンを組んでも他の用途に転用してしまったり、悪い利用をしかねないので、自動車ローンを組むときもかなり慎重になってしまいます。

 

次に「年間の返済額が年収の35%から40%位の人は落ちやすい」という傾向もあります。

 

これは自動車ローンに限らず、他の各種ローンやキャッシング、クレジットカードのリボ・分割払い、奨学金などの返済に年収の3割程度当てている人ということになります。

 

こういう人はお金を借りすぎている可能性や、身の丈に合わないほどの借金をしている可能性もあります。一般的に平たく言えば借り過ぎなので、自動車ローンでこれ以上の借金を背負わせるのは危険ということで判断しやすいのです。

 

ただし、このときに対象になるローンの種類がどれか、ということは金融機関によって違ってきます。

例えばカードローンは当てはまるけれども住宅ローンは当てはまらないというところもあれば、クレジットカードのリボ払いや分割払い、奨学金などは当てはまらないという金融機関もあります。

このため、金融機関を選べば自動車ローンに通る可能性が出てきます。

 

また、先ほど出てきたような各種ローンや分割払いなどを延滞したことがある人の場合、残念ながら審査に落ちる可能性があります。借金はそもそも毎月ルールにそって返すものですから、厳しいところだと延滞した時点で落ちる可能性があるのです。

 

勤務期間が短い場合も問題でしょう。勤務期間とは、今の会社で働き始めて何年か、というものです。一般的に1年や2年程度では短いことが多いので、だいたい最低でも2年は働いていないと落ちる理由になりかねません。

 

最後に、申込時に嘘をついた場合も当てはまります。

 

基本的に申し込みのときに嘘をついたことが発覚した時点で、自動車ローンに落ちるものなのです。収入の面だけではなく、各種本人確認や在籍確認などを行い申請された内容が本当に本当なのかどうか、ということを確認します。中には証明書類を提出させるところもあるでしょう。

 

こういったところから嘘が発覚すると、自動車ローンに通らないばかりか、その金融機関での今後の借り入れが一切できなくなる可能性もあるのです。

 

どうしても審査に通らない時の奥の手

こういった審査に通らないときには、いくつか奥の手があります。

 

まずは各種金融事故を起こしている場合です。実はこの金融事故の情報ですが、消すことができます。消す方法としては、上書きするということはまずありません。ただ、こういった金融事故の情報はずっと残るわけではないのです。一般的に、長期延滞の場合は1年から5年経てば消えます。また、数年前のちょっとの滞納くらいなら目をつぶる金融機関もあります。

 

また、代位弁済や強制解約の履歴も5年経てば消えます。これは信用情報の記録から消えるので、そもそも落ちる理由がなくなるのです。特に金融機関の場合、こういった情報が消えさえすれば借りられる可能性がとても高くなりますから、時期を見て考えましょう。

 

一方、債務整理の場合は最長5年は情報が残り、この期間は自動車ローンに限らずどんなローンでも落ちやすくなっていますが、その5年間をすぎれば問題はなくなります。また、自己破産の場合は最長10年残りますが、その後なら問題はありません。金融事故を起こしている場合、時間が経つことによって事故の履歴は消えます。長期滞納などの場合なら、数年経てばローン審査に通る可能性はあるのです。

 

次に、過去の滞納です。滞納については年に2回から3回ほど、数日程度の滞納なら大目に見るというところが多いでしょう。ただ、それよりも長く、また回数も多い場合は心証が悪くなり、厳しいところだと審査に落ちる可能性が高くなります。

 

ただ、過去の滞納履歴も落ちる理由となりますが、同時に信用情報の中では5年間情報が保持され、その後に消えるものなのです。このため、できるだけ自動車ローンを意識した場合は滞納しないように気をつけるのが一つの方法となるでしょう。

 

特に気をつけたいのが直近の支払いです。直近2ヶ月くらいの支払いを重視する金融機関の場合、最低でも支払いできていることが条件です。直近の支払いがしっかりできていないと落ちる理由となりやすいので、この点は注意してください。

 

逆に言えば、今後数カ月だけ気をつければ自動車ローンに通る可能性も高くなるのです。数ヶ月間気をつけてしっかり支払いを行うと、それだけで審査に通りやすくなる可能性は出てきます。

 

逆にこれまで全くこういったローンや携帯電話の端末の分割払い、あるいはクレジットカードの利用がない場合も問題になりやすいでしょう。こういった場合、実はこれまでの履歴がないことから、そもそもその人が本当に信頼できる人かどうか判断する基準がなく、自動車ローン以外の様々なローンも含めて通りにくい傾向があります。

 

これをスーパーホワイトといいます。こういった人は信用情報に書けるようなローンなどの利用履歴がまったくないため、信頼できる人かどうかを判断するのが難しいのです。また、ある程度年齢が行った人のスーパーホワイトは債務整理など金融事故を起こして各種ローンが組めなかった人の状態と、とても良く似ているのです。このため、その見分けをつけるのも難しく、審査に落ちる可能性があります。

 

こういった場合は自動車ローンを組む前に審査のゆるいクレジットカードを発行してもらいある程度利用したり、携帯電話を買い替えて端末の分割払いを行って信用情報を作るのも方法です。信用情報は借りて返済したり、分割払いを滞納せず行っていればし易いものです。クレジットカードや分割払いに抵抗がある人でも、ある程度の支払いや分割払いなどの履歴を作り、信用情報を作り上げておくと、自動車ローンに通る可能性はとても高くなるわけです。

 

支払うのは車本体以外にもある!

ちなみに、自動車ローンを使う場合は車本体の支払い以外にも様々な支払いが発生します。

 

まずはオプションです。

これは車をより快適にしたりかっこよくするためのものに対しての支払いです。基本的にメーカーオプションとしてカーナビをつけたり、オーディオを付けるなどの分やその作業代などが当てはまります。また、販売店がETC車載器をつけたり、小物入れやシートカバーをセットする場合はその費用がかかる場合もあります。こういったオプション料金も、自動車ローンとして支払うことができます。

 

次に、各種税金を支払わなくてはなりません。

税金は自動車取得税、重量税、自動車税、消費税などがあります。こういった税金も自動車ローンとして支払うことが可能ですが、初回購入時のみの支払いとなり、二年目以降の支払いには使うことができませんので注意してください。

 

そして、諸費用もかかります。

これは車庫証明取得代行費用や印紙代、登録代行費用、納車費用・納車手数料、自賠責保険料、自動車リサイクル料などです。こういった費用は購入時に一緒にかかりますが、自動車ローンとして支払うことも可能です。

 

こういった各種費用は、一般的に新車購入時にかかります。中古車の場合はまた変わってきますが、それでも購入時にかかる様々な費用や手続きのための手数料などは自動車ローンとして支払うことが可能です。

 

このため、仮に手元にお金がなくても、あまりお金を大きく準備できなくても借り入れで全て自動車ローンで賄うことはできます。

 

また、自動車ローンの用途は幅広くなっています。一般的には新車購入時に使うもの、というイメージがあるかもしれませんが、中古車の購入時にも利用できます。これは制限がある場合もあります。中には自動車ローンを借りたい金融機関が「中古車専用ローン」というものを準備している場合もあります。この場合、そちらを利用することになる場合が多いでしょう。

 

次に車のパーツ購入、メンテナンスのためにも使えます。基本的に車をより良くするため、車の環境を整えるためにも使えます。これは内装・外装のどちらにも利用が可能です。車の改造にも使えるのです。

 

そして駐車場設備のためにも使えます。例えば駐車場を整えたり形作ったり、屋根付きのカーポートを設置するような場合にも使うことができるでしょう。駐車場の整備については詳しくは金融機関と相談したいところですが、これも自動車ローンの利用が可能です。

 

税金や車検の費用支払いとしても可能です。税金や車検の費用についてはその時によって支払うということになりますが、おおむね自動車ローンが使えます。フリーローンやカードローンを使うのよりも利率が安いので、とても使いやすいのではないでしょうか。

 

意外なところでは自動車免許の取得費用としても利用できます。

 

これは合宿免許でも通学免許でも可能です。自動車免許の取得費用といっても、一般的な車の取得だけではなく、バイクの免許取得にも可能です。

 

自動車という名前ですが、バイク購入のためのローンにも利用できます。バイクについてはオートローンという形もあり、またバイクローンというものもありますが、自動車ローンでもバイク購入時に使う事ができます。こちらは新車・中古どちらでも可能です。

 

こういった車の本体以外の支払いは忘れがちなので、試算する段階で車を諦めてしまうこともあるかもしれません。ただ、その前にできれば自動車ローンの利用を検討し、できるだけ審査に通りやすい状況を作っておいたほうが良いでしょう。