消費者金融で借りた借金は「時効」で借金がなくなるなんて事はあり得るの!?

消費者金融で借りた借金の「時効」について

消費者金融会社から借金をする際は最後に取引して5年が経過すると時効になり、債権者は取り立てることができなくなります。

 

成立するためには条件があるために事前に確認することが重要で、安易に踏み倒せないために責任を持って考えることが大事です。

 

消費者金融でお金を借りたままにしておくとどうなる?

消費者金融でお金を借りたまま放置する要因は支払える能力がなくなったことや面倒に感じるなどの自己都合があり、前者の場合は今後どうなるか不安になるものです。消費者金融の借入は「時効」が存在するため、成立すると返済義務がなくなるために踏み倒そうと考える傾向があるものです。

 

消費者金融の融資は「商法」という法律が適用され、「債権は5年で行使しないと時効で消滅する」と定義されています。

 

このため、悪徳な利用者はこの事実を知ると返済せずにそのまま時間が経過するまで待とうという魂胆がありますが、実際に成立することは難しく様々な条件があるために悪用しないようにすることが大事です。

 

また、貸主が信用金庫や個人であれば時効の期間は10年が必要なため、内容を把握して対策を講じる必要があります。

 

消費者金融でお金を借りる目的は人それぞれですが、そのままにすると会社が催促の連絡をしてからつながらないと郵便物を使います。しかしそれでも債務者が何もしない状態が続くと法的に回収手段をするため、裁判で認められれば強制執行をするために注意が必要です。

 

消費者金融会社の時効は基本的に5年ですが、起算する日時は債務者が最後の取引をしてからであり、債権者との接触があればその時点で中断されるために誤って援用して失敗して借金を支払う羽目になります。このため、「時効が成立すれば借金がなくなるからいいや」という考え方は実際には通用しないため、責任を持って返済することを心がけることが大事です。

 

待っているだけでは時効は来ない

 

消費者金融の借金は時効があるため5年が経過すれば返す必要がないと思われますが、起算する時期を把握しないと後悔をする羽目になります。その日とは借りた日ではなく最後に返済した日であり、この間にも債権者が内容証明郵便による催促があることや裁判所への差し押さえや仮処分などの法的手続きが行われると時効が中断されます。

 

また、消費者金融会社から借金をしていることを認めて返す意思があることを伝えても時効は中断し、どのようなケースでも成立することは難しいために楽なことを考えずに問題なく返済することが大事です。所定の時間が経過すればそのままの状態にすると自動的に時効が認められるかといえばそうではなく、援用という手続きをしないと成立しないため流れを把握する必要があります。

 

手続きの方法は債権者に対して配達証明付の内容証明郵便で時効援用通知書を郵送しないと適用されないことを認識する事が重要です。しかし、消費者金融会社側もされると貸した金額を取り戻せないため損害を被るため、安易にさせないように対策をしてくる傾向があります。

 

時効は郵便物で催促をすることや裁判所に依頼して法的な回収手段をすると中断するため、電話連絡などを無視し続けて支払う意志がなければ成立することはほぼ不可能になります。

 

消費者金融会社は時効を過ぎると債務者に請求できなくなるため貸した分の金額は損することになり、安易にさせないように対策をするものです。時効は債権者側が催促するアクションを起こせばその時点で中断するため、ミスをしない限りは成立しない仕組みになっています。

 

悪質な利用者は安易に考えて時効を成立させて借金をなくすことを考えがちで待っていれば自動的になると誤った認識をするものですが、債権者側も安易にできないように対策を講じることが特徴です。時効が成立するためには援用という手続きをして債権者側が承認しないとできないため、悪質な場合は会社側も傾向が分かっているため失敗して逆に多くの借金を返済する義務が残ります。

 

実際に時効を成立させることは難しい

消費者金融会社からお金を借りる目的は人それぞれですが、収入の状況が変わって低くなるために支払えなくなることもあります。逆に安易にお金を借りられると錯覚して金銭感覚が麻痺して使い過ぎ、そのまま返済をせずに面倒になって放置する悪質なケースも少なからずあるものです。

 

消費者金融は商法で債権は5年で行使しないと時効で消滅すると定められているため、この制度を中途半端に覚えて借金をチャラにしようと狙うケースもあります。しかし、定められた時間が経過すると自動的に適用されるわけでなく、債務者が債権者に対して援用という手続きをして承認されることが必要です。

 

ただこの手続きをすると100%承認されるかといえば失敗する可能性が高く、理由は起算する日時を間違えたことや債権者が催促をするために郵便物を送付することや法的な回収手段を行使することや借金を認めて返す意思を伝えて中断したことを把握せずに手続きをするからです。

 

債権者にとって時効を行使されることは貸した金額を失うために損害を被るため、あの手この手で阻止しようと考えます。このため実際に成功するかどうか不安な場合は司法書士などに相談し、不可能だと分かれば返済することを考えることが重要です。

 

中でも踏み倒して時効が成立して借金をなくそうという考え方をすると非常にリスクが高く、事故情報が信用情報機関に記録されているため新たにキャッシングなどができなくなるなど今後の生活に支障をきたすことになります。

 

消費者金融会社からお金を借りる際に時効を狙う行為は悪質だとみなされるため、債権者側も傾向を分析して安易に実行できないように仕向けてきます。債務者は司法書士などに頼って援用の手続きをすることを試みますが、最後に債権者側との接触をして5年にならないとできないことを把握せずに失敗することが多いものです。

 

時効は債務者に取っては避けたいことであるため郵便物や法的な方法で頻繁に催促をする傾向があり、これらの事実があったことを忘れて援用手続きをすると逆に失敗して多額の借金を支払う羽目になります。

 

「消費者金融会社の借金は5年が経過すると時効になるからチャラにできる」という甘い考え方は逆に自分自身の首を絞める行為につながり、お金を借りる際には約束通りに返済することが大事です。借金は時効云々より正しく返すことが重要なため、仕組みを確かめて計画的に利用する必要があります。

 

債権者は債務者にお金を貸して利息分の金額で利益を出していますが、時効が成立するとその時点で貸したお金は戻ってこなくなるため損害を被ることになります。このため、借金を踏み倒して時効を狙う行為は姑息であるため、安易に考えずに支払える能力がなくなれば債務整理など最適な対処方法を探すことが重要です。

 

人間は金銭感覚が麻痺すると安易にお金を借りて浪費する癖があり、時効の仕組みを知って悪用するケースも多く債権者側は様々な手を使って阻止する傾向があります。このため、実際に時効を成功させて借りた借金をチャラにできることは非常に難しく、失敗をするとその金額に延滞利息を付けて返済する義務を課せられるため安易に考えないようにすることが大事です。

 

時効を成立させたい時は援用手続きをするために書類を作成して提出することが求められ、弁護士か司法書士、行政書士に依頼しないと時間や手間がかかることや失敗した時のリスクが高いため責任を持って考える必要があります。

お金借りるランキング

お金借りる

×