土地を担保にお金を借りる方法とは?

銀行カードローンや消費者金融からのキャッシングは担保不要、保証人不要となっています。
実際には銀行カードローンには保証会社がありますが、それでも担保も保証人も不要ということは万が一返済が滞ったときの保証がありません。
そのため金利を高く設定し、リスクを回避する方法が取られています。

 

土地を担保にする

 

担保のあるお金の借り方

逆に、担保を差し入れる借入方法もあります。そもそも担保とは一体どのような役割を持っているのでしょうか?

 

万が一、返済ができなくなった場合には担保を処分して返済に充てる保険ともいえるものです。

 

債権者は権利設定をあらかじめ行っていた担保の売却をして貸付金額の回収を行います。
融資の金額が大きくなっていても、担保があれば返済が滞った場合の保証あるため、金利は格段に低く設定されています。
その代表ともいえるのが住宅ローンです。

 

住宅ローンでは購入する住宅そのものが担保となります。
返済が滞ると住宅という担保を売却して返済資金に利用するため、金利を低く借りることができています。

 

担保で最も評価が高いのは不動産

住宅ローンを利用する場合には通常、購入する物件(不動産)に抵当権(または根抵当権)という権利設定を行います。
不動産は価格が高いことから大型融資の担保として使われる機会が多くあります。

 

その中でも建物とは違い土地は年月がたっても価値の変動が大きくありません。
評価に変動が少ない担保であれば審査にも有利に働きます。

 

もちろん一定の条件が必要です。
どこのどんな土地でも良いというものではなくその価値は評価されなくてはなりません。

 

大きな融資で活躍する担保

金融機関からの融資の中でも大きな金額ほど担保は活躍します。返済の確実性が高まるため審査に高評価を与えるということです。

 

借金である以上、返済をしなくてはなりませんが万が一の保険である担保があることは金融機関側にとっては安心でしょう。
しかし、裏を返せば返済をしなかった場合にはその担保は回収されるということです。

 

お金借りる至急.com ランキングTOPへ戻る