プロミスで増額したい人は必見!他社で負債を増やす前に増額をする方法

プロミスで増額!他社で負債を増やす前に増額をする方法

いつも以上にお金の借入が必要になってしまったときには、キャッシングの利用額の増額申請をしておくのがとても便利な方法であるといえます。なぜならば、新しく消費者金融からの借入を行うよりも、従来の消費者金融での借入額の増額を行うプロセスの方が煩雑な手続きが必要でないので楽であると考えられます。

 

しかしながら、誰でもが簡単に増額の申請を行うことが出来るという物ではありません。つまり、増額の申請に対しては厳格な審査が必要になってきます。

 

増額審査にあたってはどのような審査が行われることになるのでしょうか?このサイトでは大手の消費者金融であり多くの利用者に愛されているプロミスでの増額審査について紹介をしていきます。

 

具体的には、

  • プロミスでの増額審査においてはどのようなポイントが審査の対象になるのか
  • プロミス増額申請の審査に落ちてしまうのはどのような人の場合なのか
  • 最高でどのレベルまで増額させることができるのか、
  • ロミスでの増額申請の審査を効率よく進めていくにはどのような点を気を付けておけばいいのか

を紹介していきます。

 

プロミスに借り入れの増額申請を行うことを考えている方や以前プロミスに増額の申請をした際に審査にパスすることが出来なかった方にお勧めの情報となっています。

 

プロミスで増額をする2つの方法とは?

プロミスで借り入れ金額の上限を増額するには2種類の方法が存在しています。

 

一つ目はプロミスの方から増額についての案内がありそれに対応する形で増額の審査を受けることを行っていくものと、いまひとつは利用者の方からプロミスの方に増額の申請を行っていくやり方です。一般的には前者の方が審査に容易に通りやすい傾向にあります。逆に後者の方が審査に通りにくいという傾向にあります。

 

プロミスから増額申請の案内が来た場合の対応について紹介をしていきます。

多くの場合においてプロミスから電話で増額可能性についての案内がきます。プロミスからの案内に対応して増額希望の返答をすると勤め先の情報や収入の情報についての確認が行われます。また家族構成などに変化があるかどうかについても確認が行われます。

 

更には、お住まいや電話番号などに変更があるかどうかについても確認が行われます。確認された後に、プロミスの方で審査を一定の基準のもとに行われます。審査の結果増額が可能であると判断された場合には、電話で申請者の方にプロミスから連絡が入るようになります。かなりの確率で増額がOKとなりますが、場合によっては増額申請が却下されてしまうこともあります。

 

プロミスは利用者の情報をサーベイして増額の可能性がありそうな方に連絡をしているので、申請者の方から増額の申請があった場合に改めて詳しい審査が行われるようになりますので、絶対に増額がOKとなる訳ではありません。また、増額はOKとなっても増額の幅が制限されてしまう可能性も出て来ますので、その点はあらかじめ留意が必要になります。

 

プロミスの審査は公明正大に行われていますので、仮に審査が不可という場合には何らかの理由があるので、そのような場合にはそれを修正して改めて増額の申請をするのがお勧めです。

 

プロミスの方から増額の可能性があるとサーベイされる方は以下のようになっています。プロミスとのお付き合いがこれまで1年以上の実績がある方で、最近3-6か月の間にプロミスからの借入に遅れが無いことが条件になります。プロミスとの契約後一切借り入れの実績がない方も増額申請の対象になれます。

 

しかも、プロミスが行うキャンペーンの期間であれば、プロミスとの契約期間が1年未満であっても増額申請の候補になる場合があります。年末・年始、お盆GWなどにはしばしばプロミスのキャンペーンが行われています。しかも、東京や大阪といった大きな都市ですと、プロミスとの契約期間が1年未満であってもプロミスの方から増額申請の提案が行われるようになります。

 

最近3-6か月の間プロミスからの借入に対して遅れが出ていなうことが増額申請の候補になるためには必須の条件になってきますが、仮にプロミスへの返済がおくれてしまっても返済日の翌日以降に行われるプロミスからの電話連絡に対して、対応をすることをしながら返済期日から7日以内にお金を返済していれば、増額申請の候補になることが可能になります。

 

しかしながら、返済期日から10日経ってお金を返済することをしてしまった場合にはプロミスの方から返済に対して遅れを出してしまったと認識されてしまって、増額申請の候補から外されてしまうことになります。一度候補から外れてしまうと最低3カ月は候補になることができませんので、その点は注意が必要になります。

 

プロミスからの増額の案内は申請をしない場合には何度もあることが多くなります。しかしながら、増額申請の手続きをして、残念ながらプロミスでの審査に落ちてしまった場合にはしばらくの間プロミスからの連絡は来なくなってしまいます。更には、すでに限度額が50万円を超えている場合にはプロミスの方から増額申請の連絡が来ることはありません

 

プロミスの方からではなく利用者の方からプロミスに増額の申請をすることも可能です。

この場合には電話でプロミスの方に増額希望があることを伝えます。利用者の希望に対して、プロミスの方で、就業状況の変化の有無、収入の変化の有無、また家族構成の変化の有無、更には住所や電話番号などの変更の有無について確認が行われます。

 

更には、利用者の方からプロミスに増額の申請をした場合には借り入れたお金の使用目的についての確認も行われるようになります。確認内容をもとにプロミスの方で増額申請が妥当であるかどうかの判断が行われます。判断は30分程度で終了します。その結果はプロミスの方から電話で利用者に伝えられることになります。

 

プロミスでの増額申請の審査を行ってもらうには、プロミスとの契約期間が1年以上あり、最近3-6か月の期間においてプロミスからの借入に対して期日通りの返済を行っていることが必要になります。しかも、借り入れのお金の使用目的が適切であることも求められます。利用者からの増額申請の場合にはなかなかOkとならないことが多いのですが、絶対に不可能という訳でもありません。

 

お金の使用目的が妥当であれば、増額申請が認められることもあります。借り入れたお金の使用目的としては、旅行の費用、学費、家電製品の購入などの名目であれば特に問題になることはありません。一方で借り入れたお金の使途が不明の場合には、増額申請が認められなくなりますので注意が必要です。

 

贅沢目的の借入の場合も増額が認められにくくなります。しかも、他社への借入の返済のためということをプロミスに伝えると、増額申請よりもプロミスの商品の一つであるおまとめローンを勧められることが多くなりますので注意が必要です。

 

プロミスの増額審査でチェックされる項目

プロミスに増額の申請を行った際のプロミス側で行う審査では、主に次のポイントがチェックされています。

 

  • 利用者の信用情報
  • 利用者のお勤め先
  • 利用者の収入
  • 利用者のご家族
  • 利用者のお住まいに関する情報

となっています。こ

 

の中で特に利用者の信用情報はとても大事な審査項目となっています。プロミスからの借入に対して何らかのトラブルを起こしてしまって信用情報にそれが記載されているような場合には増額の申請は間違いなく却下されてしまいます。

 

またほかの金融機関からの借入に対してトラブルを起こしてしまって、いわゆる債務整理などを行っている場合もいわゆるブラックリストにその情報が記載されてしまっていますので、信用情報の観点から増額申請が却下されてしまう原因になってしまいます。一度ブラックリストに載ってしまいますと、最低5年はその情報を消すことができませんので、その間は基本的に増額申請を行うことが出来ないと考えておいていいでしょう。

 

また、借金を返済はしているけれども、返済の期日に間に合わないこと(延滞)をしばしばやっている場合も、信用情報に対してマイナス要素になってしまいますので、この場合も増額申請の審査に落ちてしまう原因となってしまいます。借りたお金はきちんと貸して決して債務整理をしない、また、約束の期日までには必ずお金を返すということを常日ごろから行っていく習慣を身に着けておくことがとても重要です。

 

プロミスへの増額申請の場合には最近1年間の間に延滞は2回までであれば、マイナス要素にはなりませんが、3回ある場合には100%審査には落ちてしまいますので注意が必要です。

 

更には延滞が2回までであっても連続して延滞をしている場合にはやはりマイナス要素になってしまいますので、増額申請は却下されてしまうことになります。

 

債務整理以外にも、利用者が強制解約、代位弁済を行ってしまうことになった場合にも、ブラックリストにその情報が記載されてしまいますので、注意が必要です。

 

また、総量規制によって年収の3分の1までしかお金の借入が出来ないルールになっていますので、それに抵触するような増額の申請は法律の観点から認められないことになります。

 

増額申請の審査に当たり、在籍確認ができない場合には申請が却下されてしまいます。特にプロミスに登録している勤務先と現在の勤務先が異なっている場合には、その情報をプロミスの方に申請に先立って連絡をしておく必要があります。

 

在籍確認の手続きは利用者の勤務先にプロミスの方から電話で連絡をすることによって行われるシステムになっていますので、お勤め先が変更になっていることを正しく連絡していない場合には在籍確認が出来なくなってしまいますので、増額申請は却下されてしまうことになってしまいますので注意が必要です。

 

電話での在籍確認を望まない場合には、あらかじめプロミスに連絡をすると対応をしてもらえるようになります。

 

また、プロミスに届けて出ている年収に関する情報から現在の年収が低下している場合にも増額申請は不利になってしまいます。100万円以上年収が下がっているような場合には増額申請は却下されてしまうと考えておいて良いでしょう。

 

女性の場合には特に結婚をすることによって、増額申請が却下されてしまう可能性が出て来ます。結婚によって出産や子育てに忙しくなってしまうと、それによって仕事ができなくなり収入が減ってしまう可能性が考えられるからです。また、一人暮らしを始めたような場合にも光熱費などの出費が増えることになりますので、増額申請に対しては不利に働くことがおおくなります。

 

その他、急に何らかの理由によって定常的な出費が増えてしまったような場合も増額申請に対しては不利に働いてしまいますので留意しておくといいでしょう。

 

増額はいくらまで可能?

 

プロミスに増額申請を行った場合にはどのくらいの増額が可能なのでしょうか?

 

一般的に利用者からの申請の場合であってもプロミスから増額可能の案内があった場合でも5-10万円ほどの増額をイメージしておくといいでしょう。同じ5-10万円の増額ではありますが、プロミスから提案があった場合に比べて,利用者からプロミスに提案をする場合にはOKになる確率が格段に低くなりますので、5-10万円必ず申請すればアップするものではないと考えておくと良いでしょう。

 

しかしながら、プロミスから増額申請の案内があった場合には、お金の借入の予定がすぐある訳ではなくても急にお金が必要になった場合の備えとしてそれを行っておくのも良いでしょう。

 

一方で自ら、増額の申請を行う場合には、利用者が何らかの理由でお金に困っている可能性をプロミスの方で考えてしまうことが予想されますので、却下されてしまう可能性が高くなってしまいます。普通にプロミスからお金を借りて、期日通りの返済を行って入れば、しばらくするとプロミスの方から増額の案内が来ることが多いのでそのタイミングを待って行うのが最良の方法であると考えておくのが良いでしょう。

 

また、プロミスの方から増額の提案がなされたとしても、総量規制の枠を完全に使って増額をすることは絶対にないと考えておくといいでしょう。なぜならば、法律で決められている総量規制は法律上の借入の上限ですので、それまで借りてしまうと実際にはかなり苦しい返済プランを余儀なくされてしまうことになります。

 

最悪の場合には、融資したお金を回収できないということも考えられます。利用者の方は債務整理の手続きを取ることになり、その後かなりの制約を生活において強いられてしまいますので、リスクを伴う貸付けは決して行わないように消費者金融の方も考えているからです。

 

つまり、プロミスに増額の申請を行った場合に却下されてしまうのは、増額するのは金融のプロから見てもかなり危険であるという判断をされたと考えて良いといえます。ですから、それを解消していくには、たとえば年収をアップさせるなどの工夫が利用者の方にも必要になってきます。

 

また、巷では極甘審査ファイナンスや,激甘審査ファイナンスなどと言われている消費者金融も存在していますが、このような金融機関は非常に危険なものであると考えておいた方がいいでしょう。

 

このような金融機関からの融資を受けてしまうと、たちまち返済にトラブルが出てしまって、債務整理を行う羽目になってしまうことが考えられます。債務整理をおこなってしまうと、その後お金の借入をすることが出来なくなってしまいます。また、いろいろな面で生活に制約を受けることになりますので、できればこのようなトラブルに巻き込まれないようにすることが肝要です。

 

一般に年収が多い利用者の方が同じ限度額からの増加額が多い傾向にあります。年収が多い方が返済能力が高いと判断されるからです。また同じ年収であっても、契約社員よりも正社員の方が返済能力が高いと判断される傾向にありますので、増加額が大きくなる傾向になります。残念ながら、派遣社員やアルバイト・パートの方は増額の割合が少なくなってしまう傾向にあります。

 

借りたお金はきちんと返すのが当たり前のことですので、プロミスの方にこの方にお金を貸してもきちんとかえってくることを予想させることが出来れば大きな金額のアップが期待できるようになります。そのためにはたとえば、誰もが知っているような有名企業に就職をするというのはお勧めの方法になります。

 

また、公務員は安定した職業であるというイメージを持たれますので、そのような職を得るのもお勧めです。また、医師や弁護士のようなお堅い職業の方も増額申請に応じてもらうことがしやすくなってきますので、自分のイメージをいかにアップさせていくかを常に考えておくことは消費者金融との付き合いの中で重要な要素になってきます。

 

最近では連続して同じ職場に何年以上勤務すると正社員となれるというルールも出来てきていますので、契約社員の状態から、永久雇用の正社員になることが出来れば、それも増額申請には有利に働くことになります。また、田舎で家族と一緒に生活をしている状態から急に都会でひとり暮らしを始めたというような場合には、これまでとは比べモノにならないような大きな出費が予想されるようになります。

 

このような場合には逆に総額申請には不利に働いてしまいます。結局のところプロミスへの増額申請で認められる額は5-10万円でその方の生活やお仕事の状況でそれが少し上下することになると心得ておけば問題ないといえます。

 

しかしながら、プロミスからの借入の限度額がすでに50万円の場合にはプロミスの方から増額の提案はなされることはありません。このような場合には利用者の方から増額の提案をすることになります。50万以上の借入限度額を認めてもらうのはかなり難しいと言えますが、場合によっては認められることもあります。

 

しかしながら、先にも述べたように総量規制の枠いっぱいに限度額が認められることはありません。また、50万円がすでに総量規制の限度額である場合には、これ以上借り入れの枠を増やすことは不可能となります。

 

プロミスに「信頼される人」になるには

プロミスから信用されることが借入の限度額をアップさせる最良の方法であるといえます。

 

これは仕事をする場合にもあてはまることですが報連相をしっかりすることはとても重要です。どんな細かいことであっても常に利用者の方からプロミスに報連相することを行っていると大きな信頼関係が芽生えてきます。

 

例えばお住まいの情報が変わったらすぐにプロミスに連絡をする習慣を身に着けておくといいでしょう。住所が変わった場合には言うまでもありませんが、お勤め先の情報や電話番号、電子メールのアドレスが変わったら迅速にプロミスの方に連絡するようにしておくといいでしょう。このような自分からの申請をこまめに行っているとその情報はすべてプロミスの方に記録されることになりますので、自己管理がきちんとできる人というイメージをプロミスが利用者に持つようになります。

 

信用度がアップすれば、この人にお金を貸しても大丈夫そうだというイメージをプロミスが持つようになります。

 

年収が多い人に貸したら絶対に大丈夫ということにはならないのが金融業界の常識です。収入はそれほど多くなくても堅実な借り入れをしてそれを上手に運用して利息を期日までに返すことが出来るという方が一番安心できる利用者ということになります。このような方であれば、総額申請に対してOKと判断する可能性が非常に高くなります。

 

また、他の金融会社からの借入が無く、プロミスからだけお金を借り入れて、これまでに全く金融トラブルが無いということも信用度が上がります。

 

どんな場合においても期日を守れないというのが億万長者であっても信用を得ることができません。自分の年収に甘えてしまって、多少の遅れは問題ないと自分で勝手に考えて、お金を返す期日をいつも守らないということも信用を失ってしまう原因になります。このような方の利用限度額が収入に比べてかなり低いものとなってしまうことがしばしばです。

 

一方で、期日などをきちんと守ってプロミスとのお付き合いをしている利用者の場合には自分の経済的な状態がアップしたら積極的に報告するようにするのはお勧めです。一流企業の正社員になることが出来たというのは大きなセールスポイントになります。

 

またお勤め先が一部上場の会社になった、昇進などによって年収が大きくアップしたような場合にはそれは自分のセールスポイントになってきますので、遠慮なくそしてただちにプロミスの方に連絡をしておくといいでしょう。

 

しかしながら、いくら自分をアピールすることが大事だといっても虚偽の内容をプロミスに連絡するのが控えるべきです。借入の限度額をアップさせる審査においては在籍確認の手続きがとられます。在籍確認では自分の雇用形態がプロミスによって確認されますので、虚偽の内容をプロミスに報告しているとそれはマイナスに働いてしまって審査に落ちてしまう原因になりますので注意が必要です。
給与などの情報は口頭でプロミスに報告するよりも給与明細などの形で報告するようにする方が良いでしょう。公式の書類の提示がある方が当然のことながら、増額の審査にはプラス材料になってきます。また、これまで一人で生活していたのですが、実家で家族と一緒に暮らすようになったというのもプラス材料になりますので、プロミスに報告しておくといいでしょう。

 

家賃などの支払いの義務がなくなりますので、増額の審査には当然のことながら有利になります。支出が減ったことを証明する書類を出すのはなかなか難しい部分もありますが、例えばプロミスに対して住所変更の届け出をする場合に、一人暮らしを解消して実家で生活するようになりますという情報を添えておくと良いでしょう。一言それを添えておくだけで審査には有利に働いてきます。

 

プロミスからのお金の借入の返済に関しては期日を守ること返済額を厳守することはとてもだいじなことですが、万が一それが守れない場合(延滞)にも報連相はとても大事になってきます。万が一延滞してしまう時には返済の期日の前にプロミスに連絡をして善後策を取ることが肝要です。その際には必ず支払いの意志があることをプロミスに伝えておくことが重要です。

 

返済日から7日までであればあらかじめプロミスに連絡をしておけば金融的なペナルティを受けることはありません。

 

もちろん約束した期日までに確実に利息を付けてお金の返済をすることを行っていかなくてはなりません。このような対応をしておけば、借り入れの増額申請に対して延滞がマイナスに働くことはありません。きちんと期日前に連絡する態度はプロミスから見ても信頼できるものとなってくるでしょう。

 

プロミスでは限度額の増額キャンペーンが適宜行われています。

 

例えば年末・年始、お盆の時期、GWの時期にしばしばキャンペーンが開催されます。キャンペーンの時期ですと普段よりも増額の審査の基準が緩和されますので、増額を受けやすくなります。更には普段よりも大きな増額を受けることも可能になってきます。

 

キャンペーンの期間ですと、プロミスとの契約期間が1年無いと受けることが出来ない増額を1年未満の利用者であっても受けることが可能になる場合があります。また、キャンペーンの期間は金利の低下のサービスを受けることも可能になりますので、借り入れの限度額の増加を大きく活用できるチャンスが生まれてきます。

 

キャンペーンは先にも述べたように1年に数回開催されます。案内は利用者の方にプロミスから送られてきますので、キャンペーンの時期を待ってそのタイミングで増額申請をすることもお勧めです。キャンペーンの案内は電話でプロミスからやってきますので、忘れずにプロミスからの電話には出る習慣を身につけておくといいでしょう。さもないと耳よりのキャンペーン情報を逃してしまうことになります。

 

また、電話にいつも出て対応する態度もプロミスにとっては好印象になりますので、借り入れの増額申請には当然ですがプラスに働いてきます。一般社会人としては当たり前の報連相をいつも行っていけばプロミスから有利な条件でそしてワイドのお金を借りてそれを運用できるようになってくるものです。

 

プロミスで増額するまとめ

プロミスからの借入の限度額のアップをするためにはプロミスとの契約が1年以上あって、最近3-6か月の間延滞がないことが必須の条件になります。

 

この条件を満たしていれば、プロミスの方から限度額アップの申請の案内がやってくることになります。案内が来なくても利用者の方からプロミスの方に増額の申請を行うことはできますが、できれば印象の問題もありますのでプロミスからの案内を待ってそれを行うようにすることが賢明です。

 

更には、プロミスからの案内ではない場合には借りたお金の使途を説明する必要もでてきますので、手間が増えてしまうことになります。適当な理由でないとそれが理由で却下されてしまうことになります。また、延滞の可能性が考えられるときにはプロミスに速やかに連絡をして、返済の期日を延ばしてもらうことを相談すると良いでしょう。

 

期日から1週間以内であれば、プロミスの利用者への信用度が低下することはありません。何事もプロミスに相談するという姿勢が大事になります。プロミスの方でもどんな些細なことでも常に相談をしてきてくれる相談者というのは信用して付き合っていくようになります。

 

プロミスでは多くの場合において増加の申請が認められた場合にその額は5-10万円程度となっています。

 

申請者のプロミスでの信頼度によって増加額が多少上下する可能性がでてきます。また、日本には年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないという総量規制と呼ばれる借り入れに関する法律がありますので、総量規制の枠いっぱいまでの増額は100%認められないと考えておいていいでしょう。

 

場合によっては限度額を下げられてしまうこともあるということは認識しておくと良いでしょう。収入が下がった場合や女性の場合は結婚が理由に限度額が下げられてしまう可能性があります。また、すでに50万円の借入限度額を持っている方はそれ以上限度額をアップさせるのはかなり難しいものと考えておいていいでしょう。

 

このような方の場合にはプロミスの方から増加申請の案内は来ませんので利用者の方から申請をして限度額をアップさせる必要があります。絶対に不可能な申請ではありませんので、必要であれば、申請をしてみてもいいでしょう。

 

逆に利用者側の雇用形態が良くなった場合など、大幅な支出の減少があった場合などは申請が認められやすくなりますので、自分の状態をうまくプロミスにアピールすることが肝要です。また、定期的に行われているプロミスのキャンペーンを活用すれば借り入れの限度額を普段よりも楽にアップさせることが可能になりますので、キャンペーンのタイミングが見逃さないようにすると良いでしょう。

 

借入額の増加の審査の際には在籍確認のプロセスが行われることになっています。届出のあるお勤め先の方に本人に関しての在籍確認が電話で行われることになりますので、仮にお勤め先が変更になっている場合にはそれを増額の申請を行う前に忘れずにやっておくことが必要です。忘れてしまっているとそれだけで申請が却下されてしまう可能性がでてきます。

 

プロミスの借入限度額の増加申請の審査自体はそれほど多くの時間を必要とするものではありませんので、自分にとって一番都合のいい条件で審査を受けられるタイミング(キャンペーンやプロミスからの提案)を待ってみるのもお勧めです。

 

個人からの申請の形でプロミスに増額の申請する場合には借入金額の使途を説明する必要が出て来ます。旅行や学費などといった使途であれば問題にはなりませんが、過度の贅沢と考えられるような使途の場合にはそれが理由で申請が却下されてしまう可能性も考えられますので注意が必要です。

 

また、他の金融機関からの借入の返済のためといった使途の場合にはプロミスのおまとめローンを勧められてしまって増額の申請には応じてもらえなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

借入の限度額がアップするとお金をワイドにそして有効に使えるようにはなりますが、借りたお金は必ず利息を付けて期日までに返済しなくてはなりませんので、どんな場合にも計画的で無理のない借り入れを心がけておくことが肝要です。限度額のアップの申請が却下されてしまう場合は冷静の自分の申請を見直してみる必要があります。

 

プロミスのような大手の消費者金融は利用者が確実にお金を返済できるような内容での融資を常に考えています。そのようにすることが双方の利益につながると考えているからです。ですから、限度額がアップしないときにはたとえば自分の収入を増やすなどの努力が必要といえます。

 

また、極甘審査ファイナンスや審査,激甘審査ファイナンスからの借入は非常に危険性をともないますので、どんなに審査が甘いからといってもそのようなタイプの金融機関と関係を持つべきではありません。

 

債務整理を行ってしまうと、いわゆるブラックリストにその情報が載ってしまいますので、不便をその後強いられることになってしまいます。つまりプロミスのような信用度の高い大手の金融機関からの借り入れを無理のない形で行っていくことを忘れずに行っていくことが必要です。

お金借りるランキング

お金借りる

×